adr_ude
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ボールを目の前すると力がはいる」

「ショットが安定しない」


と悩んでいませんか?

実は無駄な力みを取り
ショットを安定させる

ちょっとしたコツがあります。

ということで今日は
「ショットが安定するアドレスの作り方(無駄な力を取る意外な方法)」
をシェアします。



■ショットが安定するアドレスの作り方(無駄な力を取る意外な方法)

(1)アドレスのチェックが最優先

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
ゴルフはアドレスが大事です、

「ショットが安定しないのはスイングに問題がある」

と考えている方も多いですが、、、

実は、、、

「ショットが安定しない理由はアドレス」
というケースがとても多いです。

アドレスに問題があるのにスイングを直しては
問題が複雑になるだけです。

「ショットが安定しない」と悩んだら
まずはアドレスをチェックしましょう。


(2)ボールがあると力がはいる意外な原因(アドレスが変わっている)

「素振りのときは良いけどボールを目の前にすると
 なぜかスイングが変わってしまう」

「ボールを目の前にすると、ついつい力が入ってしまう」

と悩んでいる方も多いです。

これも根本の原因は「アドレス」というケースが多いです。

ボールを打たない素振りのときは
自然にリラックスしたグリップの位置になるのに

ボールが目の前にあるとボールにあわせてアドレスするので
グリップの位置がずれてしまう。

「素振りのアドレスは良いのに
 ボールを目の前すると、アドレスが変わる」

意外と多いケースですが
気づいていない方は多いです。


(3)腕は肩の下でリラックスさせる(ドライバーとアイアンは少し違う)

アドレスには重要なポイントがいくつかありますが

「グリップの位置」も大切です。

グリップの位置は
スイング全体に大きく影響します。

グリップの位置が体から離れすぎると
腕の力に頼ったスイングになります。

無駄な力がはいりやすくなります。

無駄な力がはいると飛距離をロスしますし
ショットが不安定になります。

「肩と腕の力を抜く」「グリップの位置は肩の下」がオススメです。

肘の力を抜いてアドレスしましょう。

後方から見たグリップの位置はプロでも個人差が多少あります。

一般的にアイアンではグリップは肩の真下で
クラブが長くなるほどグリップ位置がわずかに前にでます。

adr_ude
グリップの位置はずれやすいです。

素振りのときはリラックスして適切なのに

ボールを目の前にすると
ずれてしまいやすい部分でもあります。


(4)素振りをして「リラックスしてスイングできるボール位置」を見つける

細かい話をすると

適切なボール位置には個人差があります。
体格や骨格に個人差があるからです。

素振りを何度もして
「リラックスしてスイングできるボール位置」
を見つけましょう。

「グリップは肩の下にしなくてはいけない」と
厳密に考えるより

「素振りをしてリラックスしてスイングできるボール位置を探す」

の方が実践的かもしれませんね。

知人の安田コーチは他のレッスンプロに比べて
素振りを重視する方なのですが

「素振り」の効果は理にかなっているし
実践しやすい方法ですね。

 * * 

ショットが安定するアドレスの作り方(無駄な力を取る意外な方法)
ご紹介しました。

(1)アドレスのチェックが最優先
(2)ボールがあると力がはいる意外な原因(アドレスが変わっている)
(3)腕は肩の下でリラックスさせる(ドライバーとアイアンは少し違う)
(4)素振りをして「リラックスしてスイングできるボール位置」を見つける

ゴルフのアドレスはゴルフの基本。

その基本であるアドレスでさえ

わかっているつもりでも
コースでボールを前にするとずれてしまうものです。

だからこそ
「どんな状況でも基礎を実践できる」

という練習が必要ですね。

あなたは、今よりも良いスコアをだせる実力を
すでに持っています。

あとはその実力をコースで発揮するための
正しい練習をするだけです。

参考になれば幸いです!

一緒に頑張りましょう!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。