golf_grip

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

こんにちはアオイです。

「30y飛距離アップするには?軽くふっても飛ぶグリップとは?」


先日、こんな質問を頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
飛距離がでなくて悩んでいます。

女子プロは軽く振っているように見えるのに
飛距離がでています。
ミート率が高いからでしょうか?

年齢により、体力に自信がないので
効率良く飛ばす方法を知りたいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女子プロが飛距離が出るのは
「ミート率が高い」というのもありますが

軽く振っているように見えるのは
「スイングに無駄が少ない」からです。

スイングの中心はゆっくり動いているけど
実はヘッドは走っていますよ。

では、無駄の少ないスイングで
しっかり飛ばすにはどうしたら良いのか?

ということで今日は
「30y飛距離アップ(軽くふっても飛ぶグリップとは?)」
をシェアします。

■30y飛距離アップ(軽くふっても飛ぶグリップとは?)

(1)あなたももっと飛ばせるのに、だいぶ損しています

多くの一般ゴルファーの方は
もっと飛ばせる力があるのですが

スイングに無駄があるため
飛距離を落としています。


(2)ほとんどのゴルファーができていない「下半身主導のスイング」

飛距離を損する原因の1つが
「下半身が先行していない」です。

バックスイングでも、ダウンスイングでも
下半身が先行することで飛距離を伸ばせます。

どうすれば下半身先行のスイングができるのか?

ポイントはいくつかありますが
「グリッププレッシャーを強くしすぎない」
もポイントです。

腕に無駄な力がはいると
腕でスイングをしてしまいます。


(3)グリッププレッシャーは10段階で「4」くらい

グリップはゆるければ良いのか?
というと答えは「NO」です。

クラブを落とすユルユル状態を「0」
限界まで強く握った状態を「10」

とするなら、「4」くらいが目安です。


(4)前傾角度をキープしてインパクト

飛距離を損する原因の2つ目が
「インパクトで伸び上がり」です。

前傾角度が変わるので
ミート率も落ちますし

ボールを押す力も出しにくくなります。

前傾角度をキープすることで
ミート率も高くなり飛距離を伸ばせます。


(5)腹筋に力を入れると、無駄な力みがとれて、前傾角度もキープしやすい

オススメは「腹筋に力を入れる」です。

軸が安定する効果があります。
腕やグリップから無駄な力を抜く効果があります。

 * * *

30y飛距離アップ(軽くふっても飛ぶグリップとは?)
シェアしました。

長くなったので、まとめます。

(1)あなたはもっと飛ばせるのに、だいぶ損しています
(2)ほとんどのゴルファーができていない「下半身主導のスイング」
(3)グリッププレッシャーは10段階で「4」くらい
(4)前傾角度をキープしてインパクト
(5)腹筋に力を入れると、無駄な力みがとれて、前傾角度もキープしやすい

ここまで読んでくれた
あなたは勉強熱心な方です。

きっと、平均的なゴルファーよりも
ゴルフが上手だと思います。

ただ、スイングの悪いクセというのは
本人も気づいていないものです。

ぜひ、この機会に

「スイングに無駄な動きはないか?」
「そのために、飛距離ダウンやミスショットが増えていないか?」

をチェックしてみてください。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!



■追伸

実は、今回ご紹介した方法より
もっとシンプルな方法で

飛距離も伸ばし、再現性の高いスイングを
身につける方法があります。

自宅でできる方法です。

もし興味がありましたら下のボタンを押して
「いいね」や「シェア」をしてください。

好評であれば、近々、
「飛距離もでて、再現性の高いスイングを自宅で身につける方法」
を詳しくご紹介します。

具体的な悩みがあれば
コメントでおしえてください。



■追伸2

大変な状況がつづいていますが
いかがお過ごしでしょうか?

自宅待機で運動不足になっていないでしょうか?

こういう時は気づかないうちに
ストレスがたまりやすいので

意識して運動や散歩をすると良いですよ。

一緒に乗りこえていきましょう!

そのあたりも考えて

「自宅でできるゴルフ上達術」

をテーマにした企画などを考えています。




■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。