iron1

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「なぜ、素振りが最強の飛距離アップの方法なのか?」

スイングを安定させながら
飛距離を伸ばす

最強の上達法があります。

それは「素振り」です。

素振りをするとショットが
安定するのは当然として

トレーニングにもなり
飛距離も伸びます。

ということで今日は
「なぜ、素振りが最強の飛距離アップの方法なのか?」
をご紹介します。


■なぜ、素振りが最強の飛距離アップの方法なのか?

(1)「打つのではなくスイングせよ」ボビージョンズ

「打つのではなくスイングせよ」

と言ったのは聖球と呼ばれ
マスターズの創始者でもあるボビージョンズ。


私たちゴルファーはボールが目の前にあるとどうしても

「ボールを芯でとらえたい」

「ナイスショットを打ちたい」

という気持ちがでてきます。

すると「ボールに当てるスイング」をしてしまいます。

その気持がスイングをギクシャクさせてしまいます。

「素振り」ならスイングに集中できるので

正しいスイングをつくるために
効率が良いのです。


(2)クラブを逆さまにもって素振り

ヘッドを走らせるドリルをご紹介します。

クラブを逆さまにもちます。

ボールの先で「ビュン」と
音がするように素振りをします。

ボールよりも左側で音がするのが正解。

ボールの手前で音がする場合は

ボールの手前でヘッドスピードが最大になっています。

ボールの先で「ビュン」と音がする素振りをしてから
実際にボールを打ちます。

ヘッドが走り飛距離がアップします。


(3)素振りを繰り返すのはトレーニングになる

通常どおりにクラブをもって
連続素振りをするのもおすすめです。

左側で「ビュン」と音がするように素振りをします。

反復することで
スイングに必要な筋肉がきたえられます。


(4)自然に下半身主導のスイングになる

左側で風を切る音を出そうとすると
自然に下半身主導のスイングなります。

下半身リードでゆったりとスイングできれば
左側で風を切る音をだせますよ。

ぜひ、試してみてください。

 * * *

なぜ、素振りが最強の飛距離アップの方法なのかを
ご紹介しました。

(1)「打つのではなくスイングせよ」ボビージョンズ
(2)クラブを逆さまにもって素振り
(3)素振りを繰り返すのはトレーニングになる
(4)自然に下半身主導のスイングになる

イ・ボミ選手もジュニア時代は毎日100回、素振りをして
スイングを作ったそうです。

これは思っている以上に
効果の高い練習です。

ぜひ、練習メニューにとりいれてください!

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

応援しています。



■追伸

大変な状況がつづいていますが
いかがお過ごしでしょうか?

自宅待機で運動不足になっていないでしょうか?

こういう時は気づかないうちに
ストレスがたまりやすいので

自宅で素振りなどをして
運動するのも良いですよ。

一緒に乗りこえていきましょう!



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。