JUUSINN
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば飛距離が伸びるのか?」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昨日、メルマガで募集を開始した
「飛距離アップのオンライン勉強会」ですが
おかげさまで満席になりました。

熱心な方が多くて嬉しいです。
要望が多ければ、また開催したいと思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


では、本題に入ります。

先日、「飛距離アップには素振りが最強」
という話をしました。

では、

どんな素振りをすれば飛距離が伸びるのか?

ということで今日は
「飛距離が伸びる、足のパワーを使える素振り練習法」
をシェアします。


■飛距離が伸びる、足のパワーを使える素振り練習法

飛距離を伸ばすには
足の力を使うのが重要です。

腕の筋肉って小さいです。
足の筋肉って大きいです。

小さい筋肉は、細かい動きは得意だけど
パワーは弱くて再現性が低い。

大きい筋肉は、細かい動きは苦手だけど
パワーは強くて再現性が高い。

つまり大きな足の筋肉を使うと

大きなパワーで飛距離も伸びて
ショットも安定しやすいのです。

ではどうするか?

オススメは素振りです。

ボールを意識しないことで
スムーズなスイングに集中できます。


(1)ハーフスイングから徐々に大きくする

素振りをする時は
「ハーフスイングから始める」
がおすすめです。

スタートはボール前後30cmくらいの
もっと小さなスイングでも良いです。

徐々に大きくしていきましょう


(2)フォローの位置から、右足を踏んでテークバック

下半身を使いやすくするために

テークバックのスタート位置をかえます。

クラブヘッドをボールの位置より先にだして
アドレスします。

インパクト後の30cm先のフォローの位置です。

そこから、

「右足を踏み込んで」テークバックをスタートします。

フォローの位置から行うことで
勢いをつけてテークバックをしやすくなります。


(3)テークバックは重いものを後ろに投げるイメージ

「重いものを目標方向の後方に投げるイメージ」
にすると下半身を自然に使いやすいです。

ボーリングのボールを後ろに投げるイメージです。

腕の力にたよらず、足を踏み込んでなげますよね。

このように「重いものを投げる」というイメージは
手先の動きでなく、体全体を自然に動かしやすくなります。


(4)左足を踏み込んでダウンスイング

ダウンスイングは
「左足の踏み込み」からスタートします。

「床をゆらす」というくらい強気で踏み込んでOKです。

強く踏み込むほど
ヘッドスピードはあがります。


(5)ダウンスイングは重いものを目標方向に投げるイメージ

「重いものを目標方向へ投げるイメージ」
にすると下半身を自然に使いやすいです。
 
この動きを連続で繰り返すと
自然に足と腕が連動します。

足の力が腕へ伝わり、力がクラブへ伝わり、ヘッドが加速します。


 * * *

飛距離が伸びる、足のパワーを使える素振り練習法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ハーフスイングから徐々に大きくする
(2)フォローの位置から、右足を踏んでテークバック
(3)テークバックは重いものを後ろに投げるイメージ
(4)左足を踏み込んでダウンスイング
(5)ダウンスイングは重いものを目標方向に投げるイメージ

何度か素振りをして感覚をつかんだら
ボールを打ってみましょう。

ボールを打つより
素振りを増やすのがポイントです。

下半身主導のスイングができると
飛距離も伸びますし、ショットも安定しますよ。



■追伸

飛距離をロスしている要因には個人差があるので

本当は、個別にお話を聞いて
対策をするのがベストです。

下半身を使えていない方が多いので
今回のドリルは多くの方にとって有益ですよ。

「私は下半身を使ってスイングしているよ」
と思う方も

「今よりもっと強く」左足踏み込んで
ダウンスイングを開始してみてください。

「練習場の床を揺らす」くらい強気で
踏み込んで下さい。

きっと、更にヘッドスピードが上がりますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸2

今回の記事が参考になりましたら
「いいね」「シェア」をしていただけると励みになります。