dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

こんにちはアオイです。

「どうすれば、飛んで曲がらないショットを打てるのか?」


先日、こんな嬉しい報告を頂きました。

===============
●●の試合でスコア78、3位でした。

ドライバーは股関節を意識
ショットが安定しました

6月は理事長杯があります。
優勝目指して更に頑張ります。
===============
(省略してご紹介しています)

ショットのレベルを上げるためには
「股関節の使い方」が重要です。


もしあなたが
「飛んで曲がらないショットを打ちたい」
と思うなら

今回の記事が参考になるでしょう。

ということで今日は
「股関節を使い、飛んで曲がらないショットを打つ方法」
をご紹介します。


■股関節を使い、飛んで曲がらないショットを打つ方法

(1)「正しい前傾」出来ていますか?

ゴルフは「股関節から前傾する」が重要です。

お腹から前傾していませんか?

今、これを試してください。

「股関節にシャフトを当てて、後方に押す」
hipjoint


もしクラブが手元になければ
クラブのかわりに手で押してください。

「お尻を後ろに突き出す」というイメージが
わかりやすいかもしれません。

もし「いつものアドレスと違う感覚」があるなら、、、

股関節を正しく使えていない可能性が高いです。

ヘッドスピード、ミート率を損しています。

ベテランゴルファーでも意外と出来ていない方が多いです。

もしあなたが出来ていないとしても
悪いのはあなたではなく正しいレッスンが少ないからです。

ぜひ、この機会にチェックしてください。


(2)股関節から前傾すると「股関節に乗れる」

股関節から前傾すると
「バックスイングで股関節に乗れる」
ようになります。

kokansetu1


テークバックの初動から股関節に乗ります。

すると、、、

・右ヒザの位置をキープしやすく
・パワーがたまりやすい
・自然に肩がまわる
・トップの位置が安定する
・前傾角度をキープしやすい

など、、、

飛んで曲がらないショットが打てるようになります。

 * * *

股関節を使い、飛んで曲がらないショットを打つ方法
ご紹介しました。

(1)「正しい前傾」出来ていますか?
(2)股関節から前傾すると「股関節に乗れる」

ショットのレベルアップのために
とても重要なポイントです。

アドレスというのは
気づかないうちにズレているものです。

ぜひこの機会にチェックしてください。

今までと違うショットが打てるかもしれません。

参考になれば幸いです。



■追伸

この方法を実践された方から

「ドライバーで今までにない飛距離がでた」
「アイアンの番手が1つ変わった」

というご連絡をいただきました。

ドライバーの飛距離を伸ばすには
次の2つが大切です。

・ヘッドスピード
・ミート率

多くの方はどちらも伸びしろがあります。

ミート率をあげると
飛距離が伸びるだけではなく

フェアウェイキープ率が高くなります。

明日は

「飛距離を伸ばしてショットも安定する
 ミート率の上げ方」

についてお話しようと思います。

楽しみにしていてください。



■追伸

あなたも何か良い結果がでたら
報告をいただけると嬉しいです。

メルマガに返信すれば私に届きます。

またはブログやFacebookに
コメントしていただけると嬉しいです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。