golf_dr
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすれば、安定したショットを打てるのか?」

ゴルフが上手い人は
ショットが安定しています。

ショットが安定しないと
コースでOBになったり

バンカーや池に入ってしまいます。

では、どうすれば
安定したショットが打てるのか?

ということで今日は
「ショットが安定する正しいスイングを身につける3つのステップ」
をシェアします。


■正しいスイングを身につける3つのステップ


正しいゴルフスイングを身につけるために
3つのステップがあります。

1.正しいスイングの知識を学ぶ

2.意識して、正しいスイングをできるようになる

3.無意識に、正しいスイングをできるようになる


(1)正しいスイングの知識を学ぶ

まずは「正しいスイングの知識」を学ぶ必要があります。

体を動かす前に頭で理解をします。

では「正しいスイング」ってなんでしょうか?

ゴルフにはスイング理論がたくさんあって
プロによって教えている内容に違いがあります。

クラブの進化によって
スイング理論も少しずつかわります。

スイング理論はたくさんありますが
「絶対にはずせない基本」というのはあります。

それが「正しいスイングの知識」と言えます。

一般ゴルファーはプロに比べて
ゴルフに使える時間が少ないです。

だからこそ「正しいスイングの知識」
を学ぶのが上達の近道です。


(2)「自宅でスイングチェック」が上級者への道

スイングの知識を学んだら
次のステップがコレです。

「意識して、正しいスイングをできるようになる」


どうすれば良いのか?

「自宅でスイングチェック」がおすすめです。

手嶋多一プロはツアー界でも
「練習しないプロ」として有名です。

手嶋プロは21年連続賞金シードを保持し
年齢を重ねてもショットの切れ味は衰えません。

なぜ、練習しないのに強いのでしょうか?

手嶋プロについて面白い話があります。

ツアー中はホテルにクラブを持ち込んで
スキマ時間を見つけては

鏡を見ながらアドレスやスイングの
チェックをするそうです。

「多分どんなプロより
 クラブをさわっている時間は長いんじゃないかな。
 枕元にクラブを置いてますし」

と言っていました。

これは一般ゴルファーも
ぜひ見習いたいです。

クラブを自宅に持ち込み
アドレスやテークバックなど

頻繁にチェックするようにすれば
効率良くスイングを改善できます。

ボールを打つだけの練習より
練習の質も高いですし

練習場にいかなくても良いので
練習の頻度を増やせます。


(3)スイング撮影して上級者のフィードバックを受ける

さらに効率的にスイングを磨くには
「スイングを撮影する」がオススメです。

鏡でチェックもできるのですが
どうしても姿勢が変わってしまいますし

鏡を見ながら、フルスイングをすることはできません。

スイングを撮影すると多くの発見があります。

「うわ、思っているスイングと全然ちがう・・・」
というケースは多いです。

撮影はカメラやスマフォでOKです。

真正面、真後方から撮影してみてください。
カメラの位置はグリップの高さにすると良いです。

定期的に撮影することをオススメします。

プロは自分のスイングを
自分で調整できますが

一般ゴルファーが自分のスイングを
自分で直すのは難しいです。

スイングの「どこ」を「どうやって」直せば良いのか
わからないケースも多いでしょう。

もしスイングの問題点や
直し方がわからないときは

上級者のフィードバックを受けるのがベストです。

あなたが自分で試行錯誤する時間を
大幅に短縮できますし

何よりも安全です。

間違ったスイングの変更をすると
問題が複雑になりますから。

ゴルフ仲間にアドバイスを求めるのは危険です。

きっと、あなたのゴルフ仲間は
あなたと同じレベルのゴルファーですから。

信頼できる上級者にチェックしてもらいましょう。

レッスンプロに見てもらうのが一番確実です。


・自宅でのスイングチェック
・スイングを撮影して上級者のチェック

という手間をかけることで

「意識して正しいスイングができる」を目指します


(4)反復練習で「無意識にできる」を目指す

意識して正しいスイングができるようになれば
ゴールは近いです。

あとは「反復」をすればOKです。

人間は反復すると
無意識に出来るようになります。

自宅で素振りを反復して行えば
スイングが安定します。

 * * *

正しいスイングを身につける3つのステップ
ご紹介しました。

1.正しいスイングの知識を学ぶ
2.意識して、正しいスイングをできるようになる
3.無意識に、正しいスイングをできるようになる

具体的にいうと

1.正しいスイングの知識を学ぶ

2.意識して、正しいスイングをできるようになる

 自宅でスイングチェック
 スイング撮影して上級者のフィードバックを受ける

3.無意識に、正しいスイングをできるようになる

 反復練習で「無意識にできる」を目指す


コースでは
「そこそこ良いショットを打てるか?」
が大事です。

プロだってコースでは
完璧なショットを打てません。

コースではボールを打つたびに
毎回、状況が変わるからです。

コースでは「そこそこ良いスイングを打てるか?」
が大事です。

素振りで反復練習をしておくと
コースで「そこそこ良いスイング」をしやすいです。

毎日、3分で良いです。

自宅で素振りをする習慣を持てば
コースでも無意識に出来るようになりますよ。

これはやった人だけが実感できます。

本当にオススメですので
ぜひお試し下さい。

応援しています!



■追伸

「自宅で素振りをするとショットが安定する」
というお話をしました。

ただ、、、

「自宅に素振りをするスペースが無い」
という方も多いですよね?

「具体的にどんな素振りをするの?」
と悩むかもしれません。

実はオススメの方法があります。

「クラブを振らない素振り」なので

スペースもいらないですし
家具を壊す心配もありません。

「飛距離がでて、再現性の高いスイング」
マスターできるシンプルな方法です。

詳しい方法を安田コーチに
動画にまとめてもらいました。

6/10(木)にメルマガでご紹介する予定です。

楽しみにしていてください。




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。