put_line

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすればパット数を減らせるのか?」


パットについて、こんな質問を頂きました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ショートパットを左にはずしてしまいます。
どうしたら良いでしょうか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
パタ−が日によって調子が変わります。
安定させるにはどんな練習をすれば良いですか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


勉強熱心なあなたもご存知のように

パットはスコアアップの要です。

パットを安定させるには
「自宅でパット練習」が鉄板ですが

パターマットを使わなくても
ショートパットを上達するコツがあります。

ということで今日は
「ショートパットを入れるコツ(パターマットを使わないパター練習)」
をシェアします。


■ショートパットを入れるコツ(パターマットを使わないパター練習)


(1)小さな動きや感覚は忘れやすいから、練習頻度が大切

パットの具体的な話をする前に

「なぜ、パット練習は頻度が重要なのか?」
こちらの記事でご紹介しています。


「いまいち、パットの練習をする気になれない」
という場合は

こちらをご覧ください

地味なパット練習を継続するコツ(パターだけは毎日握る)
http://blog.secret-golf.com/archives/52093978.html


(2)ペットボトルに当てるパット練習

「ペットボトルに当てる」という練習もおすすめです。

水を入れたペットボトルに
パットでボールを当てるという練習です。

パターマットとは違うメリットもあります。

・左右のどっちにズレたかわかりやすい

・「入れる」より「当てる」で強気のパットが身につく

カップ周りのデコボコに負けず
狙った方向にまっすぐにころがり
カップに入りやすくなります。

「パットをショートして外しやすい」

「強気で打てない」

という場合は特に効果的です。

 * * *

ショートパットを入れるコツ(パターマットを使わないパター練習)
ご紹介しました。

(1)小さな動きや感覚は忘れやすいから、練習頻度が大切
(2)ペットボトルに当てるパット練習

パットが入らなければ
他のショットがどんなに良くても
スコアはまとまりません。

パットはスコアの4割をしめます。

「30パットを目指す」
くらいの気持ちで
練習をしてはいかがでしょうか?

もし、あなたのパット数が「30」になったら
どれだけスコアが良くなるでしょうか?

大幅にスコアアップしませんか?

そのために自宅練習をオススメします。

あなたのスコアはまだまだ良くなります。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら
下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。