put8

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすればパットの距離感をつくれるのか?」


パットについて、こんな質問を頂きました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
パットの距離感が悪くて悩んでいます。

何か良い方法はないでしょうか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


勉強熱心なあなたもご存知のように

パットはスコアアップの要です。

パットの距離感を良くするコツは
いくつかありますが

「パットのイメージ」で調整する方法があります。


ということで今日は
「パットの距離感が良くなる打ち方、イメージの作り方」
をシェアします。


■パットの距離感が良くなる打ち方、イメージの作り方


(1)自宅で練習して、芯で打てるようになる

まず、パットの距離感を安定させるには
「芯で打つ」がポイントです。

芯で打つと距離感は安定します。

芯で打つと転がりの良いボールになり
カップインしやすくなります。

芯を外すと同じ振り幅でも
転がる距離がかわりますし

転がりが悪くなるので
カップ周りのデコボコの影響で
カップインしにくくなります。

「芯で打つ」ためには自宅練習が最適です。


(2)仮想カップで距離の微調整をする

グリーンの速さはコースによって変わります。

いつもよりグリーンが遅いから

「10%強く打つ」

なんて難しいです。

人間は機械じゃないですから。

簡単なのは「仮想カップ」です。

強く打ちたいときは

「カップより先」に仮想のカップをイメージします。

仮想カップをイメージして
ストロークすれば

自然に、少し強いタッチをだせます。

下り傾斜など、弱く打ちたいときは

「カップより手前」に仮想のカップをイメージします。

仮想カップをイメージして
ストロークすると

最後に、コロコロとのびてカップに届きます。

カップと仮想カップの距離を変えることで
距離感の微調整ができます。

この方法は簡単で即効性がありますよ。

 * * *

「パットの距離感が良くなる打ち方、イメージの作り方」
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)自宅で練習して、芯で打てるようになる
(2)仮想カップで距離の微調整をする

仮想カップで距離感を作る方法をご紹介しました。

ポイントは「自宅で練習」です。

芯で打てれば、仮想カップで
距離の微調整ができます。

芯で打てないと仮想カップをイメージしても
狙った距離が打てません。

パットがうまくなると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

パットが苦手だとショットが良くても
スコアは安定しません。

パットのコツは他にもありますので
好評でしたらまたご紹介しますね。




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら
下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。

人気があるテーマはもっと詳しくご紹介します。