golf_ts

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「なぜ、ドローボールは飛距離がでるのか?」

と思ったことはありませんか?

ゴルフは飛距離がでた方が有利です。

飛距離アップを考えた時
このテーマははずせません。

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(なぜ、ドローボールは飛距離がでるのか?)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(なぜ、ドローボールは飛距離がでるのか?)


(1)女子プロが飛ぶのはスピン量が最適だから

女子プロのヘッドスピードは
一般の男性ゴルファーとほぼ同じです。

しかし

一般の男性ゴルファーは女子プロに比べて
飛距離が出ません。

一体、何が違うのか?

その大きな違いの1つは
「バックスピン量」です。

ある調査では

女子プロのドライバーのバックスピン量は
「2500回転」
と理想的ですが

男性の一般ゴルファーは「4000回転」
バックスピン量が極端に多かったのです。


(2)ドローボールはスピン量が少ない(スピン量が少ない方が飛距離がでやすい)

右利きのゴルファーは
インサイド・アウトの軌道の方が

低い位置からヘッドがはいります。

するとスピン量が少なくなります。

高い位置からクラブをいれて
カットに打つとスピンが増えそうですよね?

その逆のイメージです。

スピン量が少ないほうが
打ち出し角にあわせて

前にドーンと飛んで
ランもでやすくなります。

スピン量が多いと「吹け上がり」
になりやすく飛距離をロスします。

こちらの表をご覧ください。
トラックマンで測定した、ある調査の結果です。
golf_spin_hikyori

同じヘッドスピードでも
飛距離が変わっているのがわかるでしょうか?

ドローボールはスピン量が少なく
飛距離が伸びやすいのです。

飛距離のでる女子プロは
キレイなドローボールを打ちます。

ヘッドスピードは
一般ゴルファーと同じでも

ドローボールにより
適正なスピン量で飛ばしているのです。


(3)ドローボールはボールの初速が上がりやすい

ドローボールはインサイドアウトのスイング軌道です。

インサイド・アウトのスイング軌道は
切り返しで左サイドの筋肉が伸びて
パワーが溜まりやすいです。

またインパクトでフェース面の開閉により
ボールの初速があがりやすいです。

スピン量だけではなく

ボールの初速が上がりやすいので
ドローボールの方が飛距離がでやすいのです。


 * * *

「なぜ、ドローボールは飛距離がでるのか?」
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・女子プロが飛ぶ理由の1つは「スピン量」が最適だから

・ドローボールはスピン量が少ない
 (一般的にスピン量が少ない方が飛ぶ)

・ドローボールはボールの初速が上がりやすい
 (ボールの初速があがると飛距離がでる)


物理的な理由は
忘れても大丈夫ですが

「ヘッドスピードは同じでも
 ドローは飛距離がでやすい」

とだけ覚えていただければOKです。

飛距離が伸びるとゴルフは有利ですし
楽しくなります。

ドローボールをマスターできれば
あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!


参考になれば幸いです!



■追伸

飛距離アップには
いくつかの方法があります。

・ヘッドスピードをあげる
・ミート率をあげる
・飛びやすい球筋で打つ

などなど、、、

飛距離アップの方法について
興味はありますか?

もし興味がありましたら
「いいね」ボタンを押したり

「コメント」をいただけると嬉しいです。

興味のある方が多ければ

もっと詳しく「飛距離アップの方法」を
ご紹介しようと思います。

あまり人気がなければ
やめておきます。