golg_c


FROM:アオイ
札幌の自宅より


「スライス、フック、フェード、ドローの違いを教えてください」

という質問をたまにいただきます。

ゴルフを上達する上で
重要なテーマですね。

ということで
「スライス、フック、フェード、ドローの違い(フェードを武器にする)」
をシェアします。


■スライス、フック、フェード、ドローの違い(フェードを武器にする)

(1)コントロールされているか、どうかの違い

スライスとは右に大きく曲がる球筋。

フックとは左に大きく曲がる球筋。

フェードとは少し左に打ち出したボールが
右に曲がって目標方向へ飛ぶ球筋。

ドローとは少し右に打ち出したボールが
左に曲がって目標方向へ飛ぶ球筋。

BALL


わかりにくいのが

スライスとフェード

フックとドローの違いですね。

実は、定義自体が曖昧なのですが

ドローやフェードは
コントロールされたショットで

フックやスライスは
意図せずに出てしまうミスショット

と考えるのが一般的です。


(2)曲がり幅を小さくすると飛距離がのびる

曲がり幅が大きすぎて
飛距離をロスしているケースは多いです。

スライスやフックを
フェードやドローにするだけで

平均飛距離は20yくらいのびるものです。


(3)スライスをフェードにできると武器になる

ミスショットの代名詞のように
言われるスライスですが

コントロール出来ていないスライスを

コントロール出来ている
フェードにレベルアップできると

大幅なスコアアップを期待できます。


ドライバーでフェードを打てると
狭いコースでフェアウェイを捉えられますし

アイアンショットでフェードを打てると
ピンを狙える場面が増え

バーディーを狙えます。


たとえば

ピンがグリーンの右サイドにあるとき
ドローボールでピンを狙うのは難しいです。

ピンがグリーンの右サイドにあるとき
フェードボールを打てると

「グリーンセンターに落として、
 右に転がしてピンによせる」

という狙い方ができます。


安田コーチは元々スライサーだったのですが

フェードを覚えてアイアンの精度がたかまり
ドライバーのOBが激減して

大幅にスコアアップしたそうです。


 * * *

スライス、フック、フェード、ドローの違いをご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)コントロールできているか?の違い
(2)曲がり幅を小さくすると飛距離がのびる
(3)スライスをフェードにできると武器になる


タイガー・ウッズも

練習の最初には
20、30ヤードの短い距離で

「フックを2球、スライスを2球」

と曲がるボールを打つそうです。

「曲げる練習」でコントールされたボールを打てると
大幅なスコアアップを期待できますよ。


「ボールを曲げる」

「ボールを自在に操る」

という練習はゴルフのレベルアップに必須です。

参考になれば幸いです!




■追伸

フェード、ドローなどの
「曲げる練習」は

上級者のテーマだと思われているようで

あまり人気のないテーマなんですよね。

多くのゴルファーにとって
「スコアアップの伸びしろ」なのですが

もったいないですね。


フェード、ドローを打つ方法について
興味はありますか?

もし興味がありましたら
「いいね」ボタンを押したり

「コメント」をいただけると嬉しいです。

興味のある方が多ければ

もっと詳しく「フェード、ドローの打ち方」を
ご紹介しようと思います。

あまり人気がなければ
やめておきます。