apr3


FROM:アオイ
札幌の自宅より


「アプローチの距離感があわない」

と悩んでいる方は多いようです。

アプローチの距離感が良いと
寄せワンが増えてスコアがよくなります。

アプローチでワンパット圏内に寄せると
ゴルフスコアって驚くほどよくなります。

アプローチの距離感が悪いと
スコアをまとめるのが難しいです。

ということで今日は
「アプローチの距離感が悪い人の共通点」
をシェアします。


■アプローチの距離感が悪い人の共通点


(1)一般ゴルファーはリズムが早すぎる(プロの1.6倍)

面白い調査結果があります。

50人のアマチュアゴルファーの

アプローチについて
スイングのリズムを調べたところ

「一般ゴルファーはプロに比べて
 アプローチのリズムがが1.6倍早い」

という結果になりました。

アプローチが苦手な人ほど
あせってしまい

アプローチのリズムが早くなりがちです。

アプローチについては

プロは「ゆっくり」振る
アマは「はやく」振る

ということです。

ゆっくり振った方が
距離感が作りやすいです。


「じゃあ、アプローチはゆっくりなほどいいの?」

と言われれば答えは「NO」です。

ちょうど良いテンポには個人差があります。

あなたにとって最適なリズムで
アプローチをできれば

アプローチの距離感は
驚くほど安定します。

どうすれば
「自分に最適な安定したリズム」
でアプローチを打てるのか?


おすすめは「素振り」です。

ボールが目の前にあると
ついついリズムは早くなりやすいです。

・気持ちよいテンポで素振りを繰り返す

・その感覚を忘れないでボールを打つ

これを繰り返すと

ゆったりとした
あなたに最適なリズムで
アプローチを打てるようになります。


(2)「素振り」はアプローチの距離感を整える

あなたにも役に立つと思うので

安田コーチに届いた
生徒さんの声を紹介します。

--------------------------------------------
「距離感が合うようになりました!」

沼袋様 男性 50代

距離感の合わせ方を力加減ではなく
スイング幅で調整したら思った以上に
距離感が合うようになりました。

毎日の素振りを怠らず、日々精進してまいります。
--------------------------------------------

この男性は「距離感があわない」
と悩んでいたそうです。

頂いた感想の中に

アプローチの距離感を安定させる
ヒントが「2つ」あります。

1つ目は
「スイング幅で距離感をあわせる」
というもの。

2つ目は「素振り」です。

素振りは地味な練習ですが

スコアアップのために
多くの効果があります。

「スイングリズムが安定する」
も大きなメリットの1つです。

アプローチはリズムが変わると
距離感が安定しません。

アプローチはリズムが安定すると
距離感も安定しやすいです。

 * * *

「アプローチの距離感が悪い人の共通点」
をご紹介しました。

まとめます。

・一般ゴルファーはリズムが早すぎる(プロの1.6倍)

・「素振り」はアプローチのリズムを整え
  距離感を安定させる効果がある

アプローチの距離感が良いと
寄せワンが増えてスコアがよくなります。

アプローチの距離感が悪いと
スコアをまとめるのが難しいです。

アプローチの距離感を養うには
他にもポイントがいくつかありますが

まずは「アプローチのリズムが早すぎないか?」
を確認してみてください。

参考になれば幸いです!



■追伸

アプローチを上達するコツは
他にもいくつかあります。

たとえば

・ダフリを防ぐコツ
・距離感をあわせる方法
・ワンパット圏内に安定して寄せる方法

などなど。

「アプローチの上達法」について
興味はありますか?

もし興味がありましたら
「いいね」ボタンを押したり

「コメント」をいただけると嬉しいです。

興味のある方が多ければ

もっと詳しく「アプローチの上達法」を
ご紹介しようと思います。

あまり人気がなければ
やめておきます。