dr_ad
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「アウトサイドインの軌道を直す方法とは?」

もしあなたが「アウトサイドインを直したい」と
思っているなら今回の記事が役にたつでしょう。

100を切れないと悩んでいる
ゴルファーの方は

アウトサイドイン軌道で
スライス弾道になっている方が多いです。

スライスは方向も安定しませんし
飛距離も落ちてしまいます。

スライスのために20ヤード近く
飛距離をロスしている方は多いです。

スライスを直せると方向性が安定し
飛距離もでやすくなりますよ。

ということで今日は
「脱スライス!アウトサイドインの軌道を直す方法」
をシェアします。


■脱スライス!アウトサイドインの軌道を直す方法

(1)スライスの主な原因は「アウトサイドイン軌道」

スライスの原因は複数ありますが

アウトサイドイン軌道も主な理由の1つです。

アウトサイドイン軌道は
スライスだけでなく

テンプラにもなりやすいです。

上から打ち込みやすいからです。


(2)ミスショットの「本当の原因」を探すことが第一歩

アウトサイドインになる原因は
いくつかあります。

原因により対応が違います。

ミスショットの「本当の原因」を探すことが第一歩です。


(3)アドレス時点で肩のラインが左を向いていませんか?

スイングをチェックするときは
必ず「アドレス」からスタートです。

アドレスで肩が左を向いている状態だと
アウトサイドインになりやすいです。

右肩が左肩より前に出ている状態。

目標方向より肩のラインが左を向いていると

カット気味のスイングになりやすく
スライスになりやすいです。


(4)アドレスで右肩を少し引く、右ひじを軽く緩める

アドレスの時点で
右肘を軽くゆるめると

右肩が前に出にくくなり
肩がスクエアになりやすいです。

スイングを直すより
簡単になおるケースも多いです。

 * * * 

「脱スライス!アウトサイドインの軌道を直す方法」をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)スライスの主な原因は「アウトサイドイン軌道」
(2)ミスショットの「本当の原因」を探すことが第一歩
(3)アドレス時点で肩のラインが左を向いていませんか?
(4)アドレスで右肩を少し引く、右ひじを軽く緩める

スライスを直せると方向性が安定し
飛距離もでやすくなりますよ。

多くのゴルファーが
アウトサイドイン軌道により

ショットの方向性がわるく
飛距離をロスしています。

アウトサイドイン軌道を直すと
ドローボールを打ちやすくなり

飛距離もでやすいですよ。

まずは

「現状の問題を正確に把握すること」が大切です。

これを間違えると
どんなに練習をしても意味がないです。

スライスに悩んでいる場合は

「アウトサイドイン軌道になっていないか?」

「アドレスの時点で肩が左を向いていないか?」

をご確認ください。

参考になれば幸いです!



■追伸

アウトサイドインの原因は
他にもあるのですが

興味はあるでしょうか?

もし興味がありましたら
「いいね」や「シェア」ボタンを
押してください。

または「コメント」をいただけると嬉しいです。

興味のある方が多ければ

もっと詳しく
「アウトサイドインを直す方法」を
ご紹介しようと思います。

あまり人気がなければ
やめておきます。