dj_iron2
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、
 すくい上げる打ち方は無い」

と言ったのは、メジャーを7勝し
その美しいスイングに評価が高いサム・スニードです。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つスイング。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

簡単にいうと

「ショットが正確になる」
「飛距離が伸びる」
「ミスショットが減る」

など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ということで今日は
「ダウンブローの打ち方(腰を回転させる)」
をシェアします。



■ダウンブローの打ち方(腰を回転させる)


(1)ハンドファーストだけを意識すると手打ちになる

「ダウンブローはハンドファーストに打つ」
はよく言われます。

しかし、

ハンドファーストだけを意識すると
手元が体から離れて

手打ちのスイングになりやすいです。

パワーの使えないスイングになります。

大切なのは「腰の回転」です。


(2)「インパクトはアドレスの再現」ではない、腰を回転させろ!

ゴルフスウィングでは
「インパクトはアドレスの再現」
とよく言われます。

これが多くのゴルファーを混乱させています。

インパクトではアドレス時より
だいぶ腰を回転させます。

この写真を見てください。

ゴルフ世界ランキング1位(2020年度)の
ダスティン・ジョンソンのアイアンショットです。
上段がアドレス
下段がインパクト
dj_iron


「インパクトでの腰の開き」に注目してください。

アドレスでは腰は正面を向いていますが
インパクトで大きく開いていますよね?

「思ったよりも回転している」
と感じませんか?

インパクトで腰を回転させていると
手元がアドレス時より目標方向に移動しやすく

ハンドファーストに打ちやすくなり
身体の回転でダウンブローに打てます。

腰の回転も使えるので
パワーも使えます。

器用に動く手先を使うのではなく
身体の回転で打つので

ショットの再現性も高くなります。


 * * *

「アイアンをダウンブローに打てる腰の回転」
ご紹介しました。

(1)ハンドファーストだけを意識すると手打ちになる
(2)「インパクトはアドレスの再現」ではない、腰を回転させろ!

ダウンブローに打てると
アイアンショットが安定しますよ。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる

秋の薄い芝でも
完璧なショットを打てますよ!

参考になれば幸いです!



■次回予告

ダウンブローに打つには
「肩」の動きも大切です。

これができると
本当のダウンブローに打てます。

肩の動きが間違っていると
ハンドファーストにならず

アイアンで飛距離がでなくなります。

ということで次回
「ダウンブローの打ち方(肩の動き)」
をご紹介します。

http://blog.secret-golf.com/archives/52125539.html



■追伸

メルマガ読者さんから「ダウンブローに打ちたい」という
要望をいくつか頂いたのでご紹介しました。

アイアンショットの精度があがると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。