iron

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば、アイアンで一定の距離を打てるようになるのか?」

と思ったことはありませんか?


以前、こんな質問をいただきました。
----------------------------------------
初めまして、千葉県の60代男性です

「飛ばそうとせず軽く打つと、意外と飛ぶ」
はまさに実感でそのためコースでも飛距離が安定しません
(オーバーしたりショートしたり)

目下安定した飛距離がテーマですが
どうすれば一定の飛距離を
常に打てるようになるのでしょうか?
----------------------------------------

距離感が安定すると
パーオンを増やせます。

距離感が安定しないと
グリーンを外してしまいますね。

ということで
「アイアンで一定の距離を打てるようになる方法」
をシェアします。


■アイアンで一定の距離を打てるようになる方法

(1)距離感が安定するとパーオンが増える

こちらの過去の記事も参考にしてください。

アイアンが苦手ならコレをしてください(パーオンを増やす方法)
http://blog.secret-golf.com/archives/52044275.html

ポイントは2でした。

・番手毎の距離を記録

・アイアンは80%の力感で打つ


(2)ゆるやかなダウンブローに打つ

アイアンでダフると
飛距離がでません。

多くのゴルファーはナイスショットのつもりで
「少しだけダフり」になっているケースが多いです。

練習場のマットは滑るので
少しだけダフっていることに気づきにくいです。

重心が低いキャビティアイアンも
少しくらいダフってもボールが前にとんでくれます。

ただ、、、

それでもダフっていれば
絶対に飛距離は落ちます。

ゆるやかなダウンブローに打てると
飛距離もでやすいですし

距離も安定しやすいです。


(3)インパクトでのロフトを安定させる

インパクトでロフトが寝たり
ロフトが立ちすぎたりと

インパクト時のロフトが安定しないと
飛距離が安定しません。

インパクト時のロフトが安定すると
飛距離が安定しやすいです。

 * * *

アイアンで一定の距離を打てるようになる方法
シェアしました。

長くなったのでまとめます。

(1)距離感が安定するとパーオンが増える
(2)ゆるやかなダウンブローに打つ
(3)インパクトでのロフトを安定させる

ゆるやかなダウンブローに打てると
アイアンショットの距離も安定して

パーオンを増やせますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸

アイアンの打ち方については
こちらの記事も参考にしてください。

アイアンのダフリ対策(低いボールを打つ)
http://blog.secret-golf.com/archives/52125784.html

今より一番手飛ぶアイアンの打ち方(アイアンもアドレスが9割)
http://blog.secret-golf.com/archives/52125784.html

ダウンブローの打ち方 その1(腰を回転させる)
http://blog.secret-golf.com/archives/52125478.html

ダウンブローの打ち方 その2(右肩をさげる)
http://blog.secret-golf.com/archives/52125539.html




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。



■読者さんの声

http://blog.secret-golf.com/archives/cat_50026093.html

あなたもゴルフについて
なにか成果がでたら教えて下さい。
(どんな小さな成果でも良いです)

このメルマガに件名を変えずに
返信していただけると嬉しいです。