アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

checklist

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


先日、アンケートの協力を依頼したメールを送りましたが、
見て頂けたでしょうか?

いつものメルマガの最後にちょっとだけお願いしただけなので
もしかしたら見落としているかもしれませんが、
今日は、そのアンケートの結果をシェアします。


■どうすればメルマガ読者さんの悩みを解決できる?

そのアンケートの前にどんな話があったかというと
メルマガ読者さんから頂くメールがはじまりです。

メルマガ読者さんからゴルフについて
ご相談メールを頂くことは多いです。

読者さんの悩みはひとりひとり違います。

「飛距離が落ちてきた!」

「アプローチのシャンクを直したい!」

「安定して90を切りたい!」

などなど、、、

本当にゴルフが好きで、努力をしているけど、
なかなか課題がクリアできない。

そんな姿が目に浮かびます。。

読者さんから頂く相談は個別に違うのですが、
共通点も多いです。

それで、せっかくなので多くの読者さんの
悩みを解決する方法をメルマガのテーマにしたり、
新しいレッスンプログラムを作りたいと思ったわけです。

どうすれば、できるだけ多くの
メルマガ読者さんの悩みを解決できるのだろうか?


と考えたときに「アンケートを取ろう」
という話になったわけです。

そして、「こんなことで悩んでいるじゃないか?」と思う
テーマをいくつか考えました。

それが以下。


・手っ取り早く100を切る方法

・手っ取り早く90を切る方法

・手っ取り早く80を切る方法

・90日間集中ベストスコア更新講座(130個のレッスン動画&メールサポート付き)

・ハーフ39を切るアイアン上達講座

・パーオンしないで80を切るショートゲーム集中講座

・ドライバー真っすぐ飛ばす方法


個人的には
「90日間集中ベストスコア更新講座
(130個のレッスン動画&メールサポート付き)」
が一番人気だろうと思っていました。

「ベストスコア更新」はゴルファーなら
誰もが目標とすること。

メールサポートも付いているし、
130個もレッスン動画があるし、
90日という期間も妥当だと感じました。

アンケートをお願いするまでもないかな・・・とも思いましたが、

「読者さんに本当に喜ばれるものを作りたい」と考え
念の為にアンケートをお願いすることにしました。

それが先日送ったメールです。



■結果を見て衝撃・・・

Enquete1


一番人気だと思っていた
「90日間集中ベストスコア更新講座」は
ビリから2番目

しかもアンケートをお願いした時のメールの件名は
「手っ取り早くスコアアップする3つの方法」でした。

手っ取り早い方法を探している人が
メールを最後までみるのだから、
アンケートもそちらに集中しやすいと思っていました。

しかし「39を切るアイアン上達講座」や
「80を切るショートゲーム」に票が集まりました。



■まだまだ読者さんへの理解が足りないな・・・

アンケートの結果を受けて思ったわけです。

私はまだまだ
「読者さんへの理解が足りない」
「読者さんの悩みを理解する必要がある」
ということを。

メルマガのテーマを選ぶときも
レッスンプログラムのテーマを選ぶときも、
読者さんに聞かなきゃ駄目だな。

普段から読者さんの悩みを理解する
努力がもっと必要だな。

そうしないと、読者さんの悩みを解決できないし、
喜んでも貰えない。

そんな発見ができたアンケートになりました。

少しでもお役にたてる活動をしていくために、
今後も何かを決めるときは
アンケートの協力をお願いしたいと考えています。

ぜひ、そのときはご協力頂ければ嬉しいです。



■追伸

アンケートの報告だけだと
ちょっと寂しいかもしれませんね。

アンケートの結果を見て、、、
多くの方が悩んでいそうなテーマから
人気の記事をいくつか選びました。

参考になれば幸いです。


3パットを減らすグリーンの狙い方


パターのストロークを安定させる打ち方


アイアンのダウンブローとボール位置


ダフリやチョロになる?スウェーをチェックしてください





■追伸2

アンケートのときに、
「最近1年間の平均スコア」も質問しました。

その結果がこちら。

Enquete2



一般的にゴルフは100を切れない人が多いのですが、
さすがメルマガ読者さんは熱心な方が多いです。

80−100に集中しています。

もちろん平均スコアが100以上でも
恥ずかしがる必要はないです。

大事なのは「ゴルフを楽しむこと」です。

ゴルフは上達すると面白くなるので、
これからも上達ノウハウをお届けします。



secret

FROM:アオイ

札幌の自宅より


「あれ?」

今、この記事を読んでいますか?


記事のタイトルで
「この記事は絶対に読まないで下さい」

とお伝えしたのですが・・・


あなたをからかうために
こんな件名にしたのではありません。

実は、今日のテーマと関係があって
こんな件名にしました。



ということで、今日のテーマはこれ。

「なぜ、打ちたくない場所にボールを打ってしまうのか?」



■なぜ、打ちたくない場所にボールを打ってしまうのか?

あなたは、こんな経験はありませんか?

「左の池に入れたくないな・・・左に打たないようにしよう」

「右OBが怖いな・・・右には打たないようにしよう」

しかし、

気をつけていたのに、意識するほど
打ちたくない場所にボールを打ってしまう。


「ダフりたくないな・・・」

「パットをショートしたくないな・・・」

と思っているのに、やってしまう。


なぜ、気をつけているのに
やってしまうのでしょうか?

その理由と対策を知っていれば、
ミスショットを減らせます。



■意識しても出来ないのはなぜ?

ミスショットまではいかないけど、
こんなケースもあります。

「力むな」と意識していると力んでしまう。

「ヘッドアップするな」と意識しているのに、
ヘッドアップをしてしまう。


なぜ、気をつけているのに
やってしまうのでしょうか?



■人間の脳は否定形を実行しにくい


なぜ「ヘッドアップをするな」
と言われてもヘッドアップをしてしまうのでしょうか?

理由は脳科学の世界では解明されています。

人間の脳は「〜するな」という否定形を
実行しにくいからです。

ですので、「〜する」という
肯定形で意識をしましょう。

「ヘッドアップをしない」

ではなく、

「インパクトからフォロースルーにかけて、
 ボールがあった場所を見続ける」

という意識にすると、
ヘッドアップを防止しやすいです。


(1)右のOBが嫌なら・・・

右のOBが嫌な場合は、

「右に打ちたくない」ではなく、

「フェアーウェイ左サイドの、あの木に向かって打つ」

と狙う場所に集中しましょう。

OBを減らすことができます。


(2)下りパットを強く打ちたくないなら・・・

下りパットを強く打ちそうで怖い場合は、

「強く打たないようにしよう」ではなく、

「カップ手前1mにボールを止めよう」
とボールを止める場所に集中しましょう。

強く打ち過ぎを防止できます。



 * * *

1ラウンド中には何度も
「打ちたくない場所」や「これはしたくない」
という場面があります。

「〜しない」という否定形で意識するか、
「〜する」という肯定形で意識するか。

ほんの少しの違いです。

この小さな積み重ねが、ラウンドを終えた後に
スコアに大きな影響を与えます。

あなたはどう思いますか?



■追伸

いつも読んで頂いて感謝です。




こんにちは、アオイです。


以前、ラウンドレッスンを受けたときのお話です。

私が打った30ヤードのアプローチが、
狙ったところより10ヤードもショートするという
ミスがありました。


30ヤードのアプローチで
20ヤードしか飛ばないのは
あきらかにミスショットです。


アプローチの距離はふり幅で決めています。

これほど距離が狂うことは珍しいです。

何か見落としている可能性が高いです。


「あれ?上手く打てたと思ったけど、、、
 スイングがゆるんだのかな?」

「それとも、傾斜の影響?」


と悩んでいたとき、


ラウンドレッスンをしてくれている
プロが意外な指摘をしてくれました。


「今のは向かい風の影響で、
いつもよりボールが飛ばなかったのですよ」


それまで、50ヤード以内になると
風の影響なんてほとんど考えていませんでした。


30ヤードでも風の影響を受けるものなんだと、
大きな学びでした、


レッスンプロとのラウンドは、自分だけでは
見つからない発見があるものですね。


もし、あなたも機会があれば、
レッスンプロのラウンドレッスンを受けてみてください。

スコアを伸ばす意外な発見があるかもしれませんよ。


ご存知ですか?


「プロとアマ、パッティングの差は8打もある」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このメルマガでも

「パッティング」は重要!

と何度もお伝えしています。


パッティング数は、どのくらいスコアに
影響するのでしょうか?


ゴルフはプロと自分のレベルを
比較して考えることが多いです。


では、トッププロの平均パット数は
どのくらいなのでしょうか?


実は、トッププロの平均パット数は
18ホールで27〜28パットです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アマチュアは、
平均して2パットの36で良いと
思っている方が多いです。


私もゴルフをはじめた頃、
36パットで良いと思っていました。


すでに、パッティングだけでプロと
8打も差がついています。


パッティングはプロのように体力を必要としません。
ですから練習で、その差を縮めることが出来ます。


プロが試合で使うグリーンは、
アマチュアがラウンドするグリーンよりも
遥かに難しいです。

ピンの位置も、グリーンの速さも違います。


私達がラウンドするのは、
プロの試合よりも遥かに簡単なグリーンです。


アマチュアも、36パットは多すぎですね。


目標は、1ラウンドで28パット!
ハーフ14パットをめざしましょう!


ということで、、、

「パッティング数を減らす2つの方法」をご紹介します。



■グリーンの傾斜を正確に把握する方法


パッティングの後に思ったことありませんか?


「あれ?右に曲がった・・・左に曲がると思ったのに。」

「あれ?届かなかった・・・のぼりだったの?」


これはグリーンの傾斜を把握していないことが原因です。


グリーンの傾斜を正確に把握すれば、
カップインの確率は高くなります。

では、傾斜を正確に把握にはどうすれば良いのか?

ポイントは2つあります。


・グリーンあがる前にグリーンの傾斜を確認しましょう。
グリーンに乗ってしまうと傾斜がわかりにくくなります。


・パッティングのラインの後ろからだけでなく、
横から、逆側からラインを読みましょう。

より正確に傾斜を把握出来ます。



■ 安定したパッティングをするために


安定したパッティングをするため、
セットアップのルーティンを持ちましょう。


・ターゲットラインの後ろからボールに近づき
・フェースをターゲットラインにあわせて
・スタンスを決めます

この時、ボールの位置、スタンス幅、
地面からの目の高さ、体の重心が
毎回同じになるようにしましょう。


ルーティングが無意識に出来るまで練習しましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アドレスが安定するとパッティングが安定します。

こちらの記事は保護中になっています。(メルマガ読者限定)

こちらから無料メルマガに登録をしてください。

無料メルマガの登録はこちら

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ