アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

こんにちは、アオイです。


あなたは、グリーンを狙うショットで、どこを狙いますか?


ピン?
グリーンセンター?

どちらも正解ですが、


より【安全】に【スコアをまとめる】ことを重視するなら、

こちらをご覧ください。


ゴルフのスコアをまとめるには
グリーンの狙い場所も重要です。

こちらの記事を参考にして下さい。

3パットを減らすグリーンの狙い方
3パットを減らすグリーンの狙い方


参考になれば幸いです。

FROM:アオイ



「毎回、後半のスコアがくずれます・・・」



こんにちは、アオイです。
メルマガ読者さんから、ご相談を頂きました。



もし、あなたも、

「毎回、後半になるとスコアがくずれる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、お悩みなら、今回の記事を参考にしてください。


「前半と同じスコアでラウンドする方法」をご紹介します。





■ 後半のスコアがくずれる・・・問題は集中力?


<頂いた質問> 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

18ホール集中力が維持できない。
前半は40前半でラウンドしますが、後半になると50回ほどのスコアです。
なぜか毎回こんな状態です。
ラウンド終了するとスコアは必ず83から93です。
是非1ラウンド集中力を維持できる方法があれば教えてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


実は、私もこの症状に悩んだことがあります。


で、あることを気をつけるようにしたところ・・・

「後半のスコアが崩れる」を防止できました。




毎回ということであれば、

問題は集中力というより・・・


「体力」です!


スコアが良ければ、集中力は継続されるのが普通ですから、
前半のスコアが良いのに、後半になって集中力が急に落ちるのは考え難いです。


後半になるほど、ショットが安定しなくなる。
スライスがでる、トップ、ザックリが増える。


ということでしたら、問題は、「体力」です。


特に、「足の疲労」がスイングを乱します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「バックスイングで右ひざを動かさない」の重要性はご理解されていますよね?


足が疲れてくると、気づかないうちに「バックスイングで右ひざを動かさない」
ができなくなります。


解決策は3つあります。



1.前半のラウンドでは、体力を温存する。
 特に「足の疲労」をためないようにします。
 ラフを歩かないようにする、できるだけカートにのる、
 素振りの回数をへらす、待ち時間は座っている、などです。


2.トレーニングにより、体力を増強する
 日常から、「エレベータの使用を少なくして、
 階段を使うようにする」という程度でokです。


3.疲れてくる後半は「バックスイングで右ひざを動かさない」を気をつける
 通常より、意識を強めることで、
 「バックスイングで右ひざを動かさない」を実践できるようになります。


是非、お試しください。


後半も、前半と同じスコアでラウンドできれば、
平均スコアが大幅にアップしますよ。


メルマガ読者さんから、


「最近、急に飛距離が落ちて困っている・・・」


とメールを頂きました。


こんにちは、アオイです。

ということで、今日のテーマは、「飛距離」です。



■ 飛ばそうとするほど、飛距離がおちる?


実は、私も、急に飛距離が落ちて悩んだことがあります。



しかも、「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」という状態。



あなたも経験があるなら、今回の記事は必見です。



「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実は、これは多くのゴルファーで発生していることです。



「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」


なぜでしょうか?

実は、こんなことが発生しています。




「飛距離が欲しいので、飛ばそうとする」



「体重移動を大きくする」



「左右の動きが大きくなる」



「スイング中の頭の位置がうごく」



「スイング軸がぶれる」



「軸がぶれるので、飛距離が落ちる」



という、悪循環です。



■じゃあ、どうすれば良いのか?


はい、


「軸をぶらさないスイング」ができれば、

飛距離は元にもどるか、以前より飛ぶようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらで「安定したドライバーの打ち方」をご紹介しています。

安定したドライバーショットの打ち方(スウェーを防ぐ方法)


飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。

こんにちは、アオイです。


今回のテーマは、『オーバースイングの原因と解決方法』』です。

オーバースイングとはどのような状態でしょうか?


「トップのポジションで、シャフトが地面と平行を超えてしまう状態」です。


トップで、グリップより、ヘッドが低い位置にあればオーバースイングです。

トップで、左の視界にクラブヘッドが見えるなら、オーバースイングです。


では、オーバースイングを抑え、適正なトップ位置を作ると、どうなるか?


ずばり、

「スコアが良くなります。」


なぜなら、こうなるからです。


オーバースイングをおさえ、適正なトップ位置を作る

スイングが安定する

インパクトが安定する

トップ、ダフリ、曲がりが少なくなる

スコアが良くなる

ということで、オーバースイングの原因と解決方法をご紹介します。

オーバースイングの直し方をこちらでご紹介しています。

オーバースイングとスライスを直すシンプルな方法


参考になれば幸いです。

こんにちは、アオイです。

メルマガ読者さんからの質問に対する回答です。


「しゃちさん」からのご質問
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アプローチについて、教えていただきたいです。

私のラウンドは、なるべく転がすようにアプローチしているのですが、正直なと
ころ、転がすことしかできません。

SW以上のロフトのクラブで打とうとすると、トップするのが怖くて、ふわっとし
たやわらかいアプローチを打つことができません。

なので、いつも、PW以上のクラブで、転がすアプローチばかりです。
バンカー越えなど、どうしてもあげなければならないときは、トップしないよう
に、クラブを地面にぶつけて、フォローのないショットを打っています。

どうすれば、柔らかいアプローチを打てるようになるのでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

しゃちさん、ご質問ありがとうございます。


まず、「PW以上のクラブで転がすアプローチばかりです」とのことですが、


とても、いいですよー。

ベリーグッド!


転がせる状況で、柔らかいアプローチを打つ選択をする必要はないです。


アプローチのミスは「ボールを打とう」という意識が強すぎること。

こちらを参考にして下さい。

アプローチのミスを減らし
距離感を作る方法をこちらで紹介しています。


30ヤード以内の打ち方と距離感の作り方

アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」

参考になれば幸いです。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ