アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: 上達する道具選び

dr1
続きを読む

club1

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば175ヤードをワンオンできる?」

170−180の距離が苦手という方は多いです。

スコアを崩しやすいこの距離を攻略できると
大幅なスコアアップを期待できます。

「練習をたくさんする」という方法もありますが、、、

クラブ選びでワンオンの確率は大きくかわります。

ということで今日は
「175ヤードをワンオンするクラブ選び」
をシェアします。


■175ヤードをワンオンするクラブ選び

175ヤードでのクラブ選択は
どうしていますか?

ロングアイアン、ユーティリティー、
フェアーウェイウッドの3択でしょう。

それぞれの特徴を知っていると
ワンオン率を高くできます。


(1)ロングアイアンの特徴

高さが低く、風の影響を受けにくい。

弾道が低い分、ランが増える。

スイートエリアがせまいので
少しのミスで飛距離と方向性が落ちる。


(2)ユーティリティーの特徴

アイアンより高さが出る。

弾道が高くでるので、アイアンよりランが少ない。

スイートエリアが広く
ミスに強く、飛距離と方向性が安定している。


(3)フェアーウェイウッドの特徴

ユーティリティーより高さがでる。

ユーティリティーよりランが少ない。

風の影響を受けやすい。
ユーティリティーより左右に曲がりやすい。

 * * *

ある調査ではアマチュアゴルファーが
175ヤードの距離からグリーンを狙った場合

ワンオン率が一番高かったのは
ユーティリティーだったそうです。

ユーティリティーを難しいロングアイアンの代わりに
使うとワンオン率が向上します。

3,4,5番アイアンが難しいと感じる場合は
ユーティリティーを使ってみてはいかがでしょうか?

スコアアップに方向性はとても重要です。

ユーティリティーは方向性が安定するので
スコアが良くなりやすいです。

苦手だった距離が得意になると
スコアメイクが楽になりますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸

何番をユーティリティーにすれば良いのか?

「ユーティリティーはロングアイアンの代わり」
と考えるとシンプルです。

アイアンの役割は距離の打ち分けです。

9番、8番、7番、6番、5番、4番・・・

と番手をあげるたびに、10ー15ヤード飛距離がかわります。

ロングアイアンで「番手毎の距離が変わらなくなる」
「急に難しく感じる」という番手があると思います。

その番手をユーティリティーに置き換えます。

5番、4番、3番あたりをユーティリティー2、3本に
置き換えるのがオススメです。



club1

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「体格や身長にあわせたクラブの選び方とは? 」

メルマガ読者さんから質問を頂きました。

===================
高齢になってからもらったクラブで
ゴルフを始めました。

いただいた方との年齢と身長が違うのが
気になっています。
頂いた方は50歳180センチ、私は65歳158センチ。

ゼクシオ9のセットを購入しようかと考えています。

身長に関係してクラブの長さや適正を
調整してもらえるでしょうか?
それとも全く関係ないのでしょうか?
===================

自分にあったクラブを使うと
ゴルフは上達が早くなります。

ミスショットをある程度カバーしてくれるので
スコアも良くなります。

あなたの役にも立つと思いますので
「体格や身長にあわせたクラブの選び方」
をご紹介します。


■体格や身長にあわせたクラブの選び方

(1)クラブの長さは身長に比例しない

身長とクラブの長さを比例しません。

プロでも身長に関係なく
クラブの長さは大体同じぐらいです。

さすがに子供用のクラブとかは短すぎてダメですよ。

ドライバーは44〜45インチが主流です。

クラブが長いと最大飛距離はのびますが
ショットが不安定になりやすいです。

長尺ドライバーを使う場合の注意点をこちらで
紹介しています。
長尺ドライバーを検討する場合は参考にして下さい。

長尺ドライバーを使うと飛距離が落ちる?


ゴルフをはじめたばかりなら
市販されている一般的な長さのクラブを使えばよいでしょう。


(2)アイアンのライ角は要確認

クラブの長さは市販のクラブで問題ないですが
アイアンのライ角には注意が必要です。

日本製のアイアンは平均身長の170センチくらいに
あわせた製品が多いです。

海外製クラブの多くは身長が高めの人にあわせて
作成されています。
(平均身長が日本人よりも高いため)

身長にあわせて調整できるクラブもありますので
お店で相談して下さい。

アイアンのライ角についてはこちらで紹介しています。
参考にして下さい。


アイアンのライ角があわないとどうなる?


(3)軽すぎるクラブに注意

最近のドライバーは重量が軽いクラブが多いです。

なぜかというとヘッドスピードが出るからです。

軽いドライバーにすると最初は飛距離が出ます。

お客さんが喜ぶので、ゴルフショップの方も
軽いクラブをすすめるケースが多いようです。

軽いクラブを使うと最初は飛距離が出るのですが
徐々に飛距離が落ちてショットが安定しなくなるケースがあります。

軽いクラブを使うと手打ちスイングになりやすいからです。

手打ちスイングになるとショットが安定しませんし
飛距離も落ちてしまいます。

振りきれる範囲で、重いクラブがおすすめです。
18ホールまわっても余力がある程度の重さが良いです。

軽いクラブを使う危険性についてこちらで紹介しています。

最新ドライバーを使うとゴルフが下手になる?


シニア向けのクラブ選びをこちらで紹介しています。

シニアゴルファーが飛距離を伸ばすドライバーの選び方

 * * *

体格や身長にあわせたクラブの選び方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・クラブの長さは身長に比例しない
・アイアンのライ角は要確認
・軽すぎるクラブに注意

自分にあったクラブを使うと
ゴルフは上達が早くなります。

参考になれば幸いです!




■追伸

飛距離を伸ばそうとクラブを変える方も多いです。

ただ、、最新クラブほど飛距離が出るわけではありません。

10年前はドライバーの開発は最大飛距離を伸ばすことに
重点を置いていました。

そのため「ドライバーを変えただけで飛距離が伸びた」
という事例は多くありました。

ゴルフクラブの進化によりプロゴルファーの
ドライバーの飛距離が飛躍的に伸びました。

その結果、

ミドルホールではグリーン近くまでボールを飛ばせる・・・
ロングホールでは2打でグリーンに乗せることができる・・・

そんなことが目立ちはじめました。
このまま飛距離が伸び続けるとミドルホール、ロングホールという
概念がくずれてしまいます。

ゴルフの面白さを残すために
2008年にSLEルールが施行されました。

SLEルールとはゴルフクラブの飛距離に上限を持たせるルールです。

SLEルールはアイアン、FW、ドライバーにも適用されます。

そのため2008年以後、ドライバーやアイアンを変えることによる
大幅な飛距離アップは期待できなくなりました。

頻繁にクラブを変えてらも飛距離アップの効果には限界があります。



golf_siba

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「アプローチのザックリを減らしたい!」

もしあなたが「アプローチのザックリ」で
悩んでいるなら、今回の記事が役に立つでしょう。


アプローチのザックリを直す方法はいくつかあります。

今回は「ウェッジの選び方」という視点でお話しします。

ウェッジはいろんな種類がありますが、
「ダフリに強いウェッジ」があります。


「ダフリに強いウェッジ」を使うと
多少ダフっても、それなりにボールが飛んでくれます。

ザックリが減るので、
グリーン周りでスコアを崩さずにすみます。


ということで、今日は
「アプローチのザックリが減るウェッジの選び方」
をシェアします。



■アプローチのザックリが減るウェッジの選び方


(1)ソールの広いウェッジはダフリに強い

ウェッジのミスで一番避けたいのは
「ザックリ」です。

アプローチのダフリはスコアに直結します。

ザックリを減らしたいなら、
「ソールの幅がひろいウェッジ」
がオススメです。


ソールとはクラブが地面に接する部分です。

簡単に言うと、ソールの幅が広いほど
ダフリに強いです。

ソールの接地面積が大きいと
インパクトでソールが滑ってくれます。

ダフリのミスを減らせるのです。

ソールの幅が小さいウェッジを使っているなら
上級者向きの難しいクラブです。



(2)抜けが良いウェッジは上級者向け

ソールを丸くしてあるウェッジは
抜けが良いです。

練習場や、ショップで試すと
「スパッ」とヘッドがボールの下を抜けて
気持ちいいかもしれません。


しかし、ソールを丸くしてあるウェッジは
接地面積が小さいです。

接地面積が小さいと
本番ではダフリに弱いのです。

練習場やショップはマットの上から打っているので
それに気づきにくいです。

本番は「芝の上」にボールがあります。
練習場やショップは「マットの上」にボールがあります。

マットは少しくらいダフっても
滑ってくれるのですが、本番の芝はザックリとなります。


本番で安心して使える
ウェッジを選びましょう。

「ソール幅が広いと抜けが悪そう」と
心配になるかもしれません。

よほど地面が硬いコースでなければ問題ないです。



(3)春はソール幅が広い方が有利

寒い冬は地面が硬いのでウェッジのソール幅が広いと、
地面に跳ね返される感触があるかもしれません。

3月から5月は地面はやわらなくなってきます。

今の季節はザックリが出やすい季節なんです。

ソール幅が広いウェッジは
地面がやわらない春先は活躍してくれます。


 * * *


アプローチのザックリが減るウェッジの選び方を
ご紹介しました。

アプローチのザックリを減らせると
スコアがすくに良くなります。

参考になれば幸いです。




■追伸

地面のやわかい春先は、ダフリが出やすい季節です。

ザックリを少しでも減らして欲しいので
アプローチのザックリが減るウェッジの選び方をご紹介しました。

ウェッジでミスを減らせますが、、、

ザックリを根本的に撲滅するには
正しいアドレス、正しい打ち方を覚えるのが
一番の近道です。


001256_li

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


先日、ゴルフショップに行った時の話。

ドライバーの選び方について、
面白い気づきがありました。

あなたの役にも立つと思いますので
シェアします。


■お客さんと店員さんの会話

お客さんと店員さんの会話です。

お客さんは70歳くらいの男性。


お客「最近、飛距離が落ちてきたんだよねー」

店員「新しいドライバーを試打してみますか?」

お客「一番飛ぶドライバーを選んでよ」


と、、、男性は店員さんがすすめた
ドライバーを試打します。

その結果、今のドライバーよりも
飛距離が伸びているようです。


お客「軽くていいねー。ビュンビュン振れるよ」

店員「このドライバー、
   飛距離が伸びると評判なんですよー」

お客「よし!コレください!」

店員「ありがとうございます!」


こんな感じの会話でした。



■軽めのドライバーを使う危険性

お客さんは新しいドライバーで飛距離が伸びたと
ニコニコです。

店員さんもクラブが売れて嬉しいでしょう。

しかし、、、

「軽いクラブで飛距離を伸ばす」という
考えには、ある落とし穴があります。


市販されているアマチュアゴルファー向けの
ドライバーは軽いものが増えています。

なぜ軽いドライバーが増えたかというと
ヘッドスピードが速くなるから。

つまり飛ぶからです。

とくに重いクラブから軽いクラブに変えた直後は

「うわー、軽いわー」

「ビュンビュン、振れる!」

という感じで、飛距離が伸びることが多いです。

しかし、、、飛距離が伸びるのは最初だけ。

しばらくして飛距離が元に戻ることは多いです。

なぜでしょうか?



■軽いクラブは手打ちの原因になる

原因は「手打ち」です。

重いクラブを使っていると
体を使ってクラブを振る必要があります。

しかし、軽いクラブを使うと
手でヒョイと上げやすくなります。

人間は楽をしたがります。

重いクラブから軽いクラブに変えたばかりの頃は
体を使ってスイングをしているので飛距離が伸びます。

しかし軽いクラブを使っているうちに
徐々に手打ちスイングになりやすいのです。

手打ちスイングは楽だからです。

本人が気づかないうちに
徐々に手打ちスイングになります。

そして飛距離が元に戻るというワケです。

手打ちスイングは飛距離がおちて
方向性も安定しません。

以前よりも飛ぶからという理由で
安易に軽いクラブを使うのはゴルフが下手になる
危険があるのです。



■振りきれる範囲で重いクラブを使う

じゃー、どのくらいの重さのクラブを使えば良いのか?

「振りきれる範囲で重めのクラブを使う」

が目安です。

少し重めのクラブを使うことで
バックスイングで肩が回転しやすくなります。

スイング軌道も安定して、
方向性も良くなります。



■手打ちスイングを防止する方法

「軽いクラブで飛距離を伸ばしたい!」

という気持ちもわかります。

軽めのクラブで飛距離を伸ばす場合に
手打ちスイングを防止する方法をご紹介します。

軽いクラブばかりを使っていると
徐々に手打ちスイングになります。

軽いクラブと重いクラブを交互に
振るのと手打ちスイングを防止できます。

またはアイアンを2本持って素振りをするのも
良いドリルです。

自然と体を使ったスイングになります。



 * * *

軽めのドライバーを使う危険性について
ご紹介しました。

さて、、、

あなたが使っているクラブは
あなたの実力を引き出してくれていますか?



■追伸

クラブを変える場合は
「長期的にみて実力アップにつながるか?」
という視点も大事です。

参考になれば幸いです。



■追伸2

実は、、、

本日の夜、ブログのデザインを大幅にリニューアルします。

最近、メルマガ読者さんが急激に増えています。

ブログを読んでくれている方も去年に比べて
大きく増えています。

感謝です!

せっかく多くの方に情報をお届けするのだから
もっとブログを読みやすくしたい!

ということで、プロのデザイナーさんに
デザインの変更をお願いしました。

今回のリニューアルで、重視しているのは2つです。

「記事を読みやすくする」

「必要な情報を探しやすくする」


明日のメルマガをお届けする頃には
リニューアルは完了している予定です。

お楽しみに!


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ