アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: 効果的な練習方法

josigorufa
続きを読む

driver7


FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「なぜ、手打ちになるのか?」

「手打ち」とは体の回転でなく、
腕の力でボールを打とうとしている状態です。

「手打ちのスイング」は
飛距離もロスしスイングも安定しません。

「手打ち」を直すと飛距離アップとスイング安定を
期待できます。

ということで今日は
「手打ちを防いでショットを安定させる方法」
をシェアします。


■手打ちを防いでショットを安定させる方法

(1)手打ちの原因はバックスイング

上手い人は体の動きが主導です。
体の動きに従って手が動きます。

ショットが安定しない人は体が止まって
手先だけでクラブを振っています。

手打ちになる原因はいくつかありますが
一番の原因は「バックスイング」

バックスイングでクラブを「ヒョイ」と
上げてしまうと手打ちになります。


(2)バックスイングで右肩を後ろに引く

手打ちを防ぐにはバックスイングが大切。

「バックスイングで右肩を後ろに引く」
というイメージがオススメです。

手打ちを防止できて
ショットが安定します。

右肩を後ろに引くと
いつもより深く捻転できます。


捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで
飛距離はのびます。

「バックスイングで右肩を後ろに引く」を
お試し下さい。

ショットが安定して飛距離も伸びます。


(2)ヘッドの後ろにペットボトルを置いてテークバックで押す

手打ちを防ぐために次のドリルも有効です。

アドレスしてヘッドの後ろに
中身の入ったペットボトルを置きます。

目標方向にペットボトルの底を向けて倒して置きます。

クラブヘッドでペットボトルを押すように
テークバックをします。


「ヘッドが少し遅れた感じ」を体感できます。

ペットボトルの重さがあるので
手でヒョイとあげられません。

「仮想のペットボトル」をイメージしても良いです。

手打ちを防げるのでショットが安定しますよ。

多くのレッスンプロが推薦する
鉄板のドリルです。

 * * *

手打ちを防いでショットを安定させる方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)手打ちの原因はバックスイング
(2)バックスイングで右肩を後ろに引く
(3)ヘッドの後ろにペットボトルを置いてテークバックで押す

「手打ち」を直すと飛距離アップと
スイング安定を期待できます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!




360yard

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「スコアが良くなるスタート直前の練習とは?」

ラウンド前半でスコアが崩れてしまう、、、

こんな悩みを持つ方は多いようです。

もしかするとあなたも
ラウンド前半でスコアが崩れると
悩んでいるかもしれませんね。

ラウンド前の練習を工夫すると
スコアを崩さずにすみます。

ということで今日は
「ラウンド直前のスコアが良くなる3つの練習(ドライバー編)」
をシェアします。


■ラウンド直前のスコアが良くなる3つの練習(ドライバー編)


(1)ラウンド前の練習は「リズム重視」

上手い人に共通するのは
「毎回同じリズムで打っている」ということ。

ラウンド前の練習ではあまり細かいことを考えず
リズムを整えるために練習しましょう。

「1回素振りして1球打つ」

これを淡々と繰り返すとリズムが整いやすいです。


(2)目一杯のフルスイングで体を目覚めさせる

ミスショットを怖がって小さなスイングをすると
飛距離がでません。

思い切り振ることが大切です。

ラウンド前の練習では1度は「目一杯のフルスイング」
をしておきましょう。

体が目覚めて、飛距離が伸びますよ。


(3)振り切ったフィニッシュ

朝の練習では振り切ったフィニッシュを心がけましょう。

中途半端なフィニッシュはボールが曲がりやすいです。

ラウンドになるとついついプレッシャーから
フィニッシュが小さくなりがちです。

最後まで振り切ったフィニッシュができれば
ボールは曲がらないものです。

フィニッシュを最後まで振り切ると
ショットが安定して飛距離もでやすいです。


 * * *

ラウンド直前のスコアが良くなる3つの練習(ドライバー編)
をご紹介しました。


(1)ラウンド前の練習は「リズム重視」
(2)目一杯のフルスイングで体を目覚めさせる
(3)振り切ったフィニッシュ

ドライバーショットが安定すると
スコアが良くなります。

応援しています!



asaren2

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「スコアが良くなるスタート直前の練習とは?」

ラウンド前半でスコアが崩れてしまうと
悩んでいる方は多いようです。

もしかするとあなたも前半のスコアが悪くなりやすいと
悩んでいるかもしれませんね。

余裕をもって準備をすれば
前半のスコアを崩さずにすみます。

ということで今日は
「ラウンド直前のスコアが良くなる3つの練習」
をシェアします。


■スタート直前のスコアが良くなる3つの練習

(1)充分なストレッチ

練習前やラウンド前のストレッチは欠かせません。

多くのプロはクラブハウスで、20分から30分かけて
念入りにストレッチをするそうです。

ケガの予防になります。

ストレッチをすることで飛距離も伸びます。


(2)いろんなクラブを少しずつ練習する

練習するクラブはいろんなクラブを少しずつ行います。

次のように短いクラブから行なうのが一般的です。

・ウェッジのハーフショット
・ショートアイアンのコントロールショット
・ミドルアイアン
・ロングアイアン または ユーティリティー
・フェアーウェイウッド
・ドライバー

あなたの得意なクラブからはじめても良いです。

あなたが安心して打てるクラブから
練習をはじめるとリズムが整います。

安心感が生まれます。

たくさんのボールを打つのではなく
飛距離や曲がり幅のチェックをしましょう。

まったく打たずにラウンドするより、
少ない数でも練習場でボールを打つと、
その日の調子を確認出来ます。


(3)100ヤード以内の距離感をチェック

30ヤード、50ヤード、70ヤードなど
100ヤード以内の距離感を確認しておくと
スコアアップに直結します。

 * * *


ラウンド直前のスコアが良くなる3つの練習を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)充分なストレッチ
(2)いろんなクラブを少しずつ練習する
(3)100ヤード以内の距離感をチェック

このように、朝の練習は
「気持ちと身体のウォーミングアップ」
がメインの目的になります。

余裕をもって準備をすれば
良いスコアでラウンドできますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸

ラウンド前の練習も大切ですが、

ラウンド後にも練習をすると、
上達が早くなります。

パットやアプローチ練習を
芝の上でできる機会は少ないのですし、
ラウンド時の課題をすぐに克服するチャンスです。

ラウンド後はすぐにお風呂に
入りたくなるかもしれませんが、

ぜひ、可能な範囲でラウンド後にも
練習をしてみてください。

効果は保証します。


ibomi

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「男子プロと女子プロ、スイングを参考にするならどっち?」

あなたはどう思いますか?

多くのゴルファーにとって
女子プロのスイングの方が参考になるケースが多いです。

なぜでしょうか?

ということで今日のテーマはこれ。

「男子プロと女子プロ、スイングを参考にするならどっち?」


■ミスショットの99.9%の原因は「早ぶり」

「山ほどのゴルファーを見てきたが、
 クラブを遅く振りすぎる者はいなかった。
 しかし、ミスショットの99.9%は
 早振りに原因がある」


といったのは伝説のプロゴルファー、
ボビー・ジョーンズ。

練習場では上手くいくのに本番になるとなぜか上手くいかない
と悩んだことはありませんか?

原因はいくつかありますが一番の原因は
「リズムが早くなる」です。

本番ではどうしてもリズムが早くなります。

本番でも練習のときのようにゆったりしたリズムで
スイングすればショットが安定します。


■男子プロと女子プロ、スイングを参考にするならどっち?

ラウンド直前にプロの試合をTVで見て
調子がおかしくなったという経験はないですか?

原因は「スイングリズムが狂った」です。

その理由をお話しします。

あるゴルフ雑誌の調査(2010年)によると
プロの飛距離の平均はこちら

●男子プロ平均
ヘッドスピード 49.2m/秒
ボール初速   72.7m/秒
バックスピン量 2,528回転/分
キャリー    261ヤード


●女子プロ平均
ヘッドスピード 41.3m/秒
ボール初速   61.0m/秒
バックスピン量 2,652回転/分
キャリー    237.2ヤード


アマチュア男性のヘッドスピードは
38〜44m/秒
と言われています。

殆どのアマチュア男性は
女子プロに近いヘッドスピードです。

男子プロ、女子プロどちらにも
学ぶポイントは多いのですが

重要なのは
「スイングリズムは目で見たスイングから影響を受ける」
ということ。

意識しようがしまいが、人は目で見たものを
真似してしまいます。

そのように脳ができています。

専門外なので詳しい話は省略しますが
ミラーニューロンと呼ばれています。

特に「自分が好きな人、尊敬する人」の影響を強くうけて
無意識に真似してしまいます。

(好きな人の口癖がうつりやすいというのも同じ要因です)

ゴルファーならプロゴルファーを
尊敬する気持ちを持っているでしょう。

特にTVで素晴らしいプレーをしているプロをみたら
「こんなスイングをしてみたい!」って思うでしょう。

(私はTVで試合を見るたびに思います)

すると、、、意識しようがしまいが、
あなたのスイングはTVで見ている
プロのスイングに近づきます。

スイングの動きが近づくのは素晴らしいのですが
スイングリズムまで近づいてしまうのは危険です。

男子プロのスイングリズムは一般ゴルファーにとって
早すぎる場合が多いからです。

彼らが早いリズムでスイングできるのは
毎日トレーニングをしているから。

早いリズムでもスイングのバランスが
崩れないのです。

一般ゴルファーが真似をすると
スイングのバランスが崩れてしまいます。

早すぎるスイングリズムは

・テークバックで肩の回転が不足しがちです
 →飛距離がおちる

・振り遅れてインパクトで
 フェースが開きやすくなります
 →スライスになりやすい

・フィニッシュでグラグラと不安定になります
 →スイングの再現性が落ちる

ゴルフスイングはリズムが大切です。

良いリズムはスイングの再現性を高めて
飛距離も伸ばしてくれます。

良いリズムは悪い癖をカバーしてくれます。

理想のスイングリズムは個人差があります。


スイングリズムは遅くなることは少なく
早くなりがちです。

スイングリズムをゆっくりにすると
飛距離が落ちるのでは?

と心配になるかもしれませんが、
殆どの場合はスイングをゆっくりにすることで
飛距離がアップします。

スイング軸が安定し肩が十分に回転するからです。

 * * *

長くなったので結論をまとめます。

「男子プロと女子プロ、スイングを参考にするならどっち?」

という質問の答えですが、

殆どの場合、
「女子プロのスイングの方が参考になる」
です。

参考にするなら
「ヘッドスピードが自分に近い選手」
がオススメです。

自分よりゆったりとしたスイングを見るのもオススメです。
(スイングリズムは徐々に早くなりがちだからです。)

もしあなたがアスリートタイプで
ヘッドスピードが速いのであれば、
好きな男子プロのスイングを見る。

もしあなたが平均的なヘッドスピードなら
好きな女子プロのスイングを見る。

というのがオススメです。

本番のコースにでるとスイングが早くなるという場合は
ゆったりとしたスイングを見てイメージを作ると良いです。

参考になれば幸いです!



■追伸

「速く振る人間に未来はない、ゆっくり振れば飯の種になる」

と言ったのはゴルフ界を代表するトッププロ、
ゲーリー・プレーヤー。

ゆったりしたスイングでヘッドを走らせて
気持ち良く飛ばしたいですよね?
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ