アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: 効果的な練習方法

Practice


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

今日の記事はとても短いです。

3分で読めるでしょう。

ですが、
この3分で、あなたが知ることは

ゴルフ上達を目指す
私達ゴルファーにとって、
重要な内容です。

実際、これを実践することで
スコアアップの大きな効果が
あることを約束します。


■なぜ、最初の3ホールでスコアが崩れるのか

「スタートの3ホールでスコア崩れてしまった」

これはゴルフをしていれば、
誰もが経験することでしょう。


最初の3ホールで崩れる理由はいくつかあります。

理由の1つがこれ。

「練習と本番ではリズムの作り方が違う」

ラウンド前に調子を整えるために
練習する人は多いです。

しかし、せっかくラウンド前に練習しているのに
効果的な練習になっていない方は多いです。

そのために、スタートの3ホールで
スコアを崩してしまうのです。


練習場と本番のコースでは、
「ボールを打つまでのリズム」が違います。

練習場にはOBはありません。

ミスショットをしてもペナルティはありません。

打ち直せばいいだけです。

練習では何度も打ちなおしているうちに
リズムが整います。

しかし、本番は1発勝負。

練習と本番ではリズムの作り方が違うのです。


本番では一発勝負ですが、
3ホールほどプレーをすると
一発勝負のリズムになれてきます。

そのため4ホール目あたりから
ショットが安定し、スコアも安定するのです。



■スタート3ホールでスコアを崩さない方法

では、スタートの3ホールでスコアを崩さないためには
どうすれば良いのか?

とても簡単な方法があります。

「ラウンドの前の練習で模擬ラウンドをする」

という方法です。

ラウンド前に行う練習の最後に
「数ホールの模擬ラウンド」をしましょう。


■模擬ラウンドの進め方


次の手順で行います。

これからラウンドするホールを想定して
ボールを打ちます。

1番ホールを想定しても良いですし、
別のホールでも良いです。

ドライバーでは本番と同じように
プレショットルーティンを行ってから、
ボールを打ちます。

セカンドショットは残り距離を想定して、
クラブを選びます。

セカンドショットも、
プレショットルーティンを行ってから
ボールを打ちます。

狙った距離をショートした場合は
アプローチをします。

狙った場所を10ヤード左に外した場合は
その距離をアプローチします。

こちらもプレショットルーティンや
素振りを本番と同じように行います。


パッティングは省略して
次のホールに進みます。

ショートホールを想定した場合は、
距離にあわせてティーアップして
ボールを打ちます。

こうしてラウンド前に模擬ラウンドをすれば、
本当の1番ティにきたときには、
3ホールほどプレーを終えています。

これにより、「最初の3ホールで崩れる」
を防止できます。


とても単純な方法ですが、効果は大きいです。

スコアが良くなりますし、
スタートホールから集中して
プレーができます。



■追伸

ラウンドの前半でスコアが崩れると
悩んでいた友人にこの方法を教えました。

平均スコアが驚くほど良くなったと喜んでいます。

もしあなたも前半で崩れると悩んでいるなら
お試し下さい。

005297_li

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

もしあなたが、
「ラウンドの前半でスコアを崩してしまう」

と悩んでいるなら、
今回の記事が役に立つでしょう。


さて今日のテーマですが、コレ。



「スタートホールで大叩きしない方法」

はい、ご存知のとおり、
スタートホールというのは、
スコアを崩しやすいですね。

スコアをまとめるのが上手いゴルファーは、
スタートホールから、スコアを崩しません。

逆に、スタートホールでスコアを崩してしまうと、
その後のメンタル面にも影響します。

「今日もダメか、、、」

という気分でスタートするのは嫌ですよね?

では、スタートホールから良いスコアを出すカギは
どこにあるのか?

それは、

「スタート前の準備」

に他ならない。

スタート前の練習で、
同じクラブでショットを繰り返した結果、
いくらナイスショットを打っても
必ずしも、本番で上手くいくとは限らない。

同じクラブで、ショットを繰り返している間に
スイングを微調整してナイスショットに結びつけている
可能性があります。

だから、打ち直しが出来ない状況。

特に、本番がはじまったばかりの
スタートホールになると、

練習場のように微調整で
ナイスショットを打っているスイングでは
役に立たない場合が出てくる。

「もったいないです。」

ナイスショットを打つ実力があるのに
本番ではうまく行かないのですから。

スタートホールさえ、うまく乗り切れば
スコアをまとめやすくなります。


■スタートホールで大叩きしない方法

(1)練習場とコースの調子をあわせる

練習場のスイングリズムは
何度か同じクラブを使ううちに
微調整ができます。

だけど、本番では同じ地点から2度打つことは
殆どありません。

だから、練習場のリズムから、
本番のリムズに切り替えるには
準備が必要になります。


(2)スタート前の練習で、模擬ラウンドをする

オススメはこれです。

「スタート前の練習で、模擬ラウンドをする」

1番ホールのティーショットをイメージして、
ボールを打ちます。

グリーンまでの残り距離をイメージして
セカンドショットを打ちます。

グリーンをはずしたと感じるなら
アプローチをします。

この調子で、ラウンド前にウォームアップすれば、
本番のスタートホールの時点では、

すでに、2、3ホールをプレーしたような
気持ちになります。

ショートホールの模擬ラウンドも行って下さい。

アイアンのティーショットと
ドライバーのティーショットは
感覚が違うからです。


(3)模擬ラウンドでもプレショットルーティン

模擬ラウンドのときは、
本番と同じように
プレショットルーティンを行います。

たとえば、

・本番のラウンドをイメージして、目標を決める
 (練習マットの延長線以外に目標を決めます)

・「風」を確認する

・本番と同じように素振り

・本番と同じようにスパット(アドレス時の目印)を決める

・スパットに対してアドレスする

アドレスで違和感があれば、
本番と同様にアドレスをといて、
やり直します。

・本番のつもりでショットを打つ

同伴競技者に見られているつもりで打ちます。


ゴルフのスイングは、
バックスイングから
はじまるのではありません。

ボールに近づく前から始まります。

ボールに近づくリズムが、
スイングのリズムに影響します。

模擬ラウンドだけでなく、
普段の練習から、プレショットルーティンを行うと
練習が本番に近づきますよ。


以上、スタートホールで大叩きしない方法を
ご紹介しました、

他にもいくつかポイントがありますが
長くなりましたので、
また別の日にご紹介しますね。

ラウンドの前半で調子が悪いなら、

「スタート前の練習で、模擬ラウンドをする」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そうすれば、本番の1番ホール、2番ホールは、
あなたにとって3番ホール、4番ホールの感覚で
ボールを打てるわけです。

スタートホールを良いスコアにまとめることで
平均スコアがアップしますよ。

実際に、「前半でスコアが崩れる」という方に
この方法を教えたところ、
スコアが良くなったと喜んでいました。

以上、参考になれば幸いです。

golfing-78257_150


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

読者さんから、
メールを頂きました。

「年齢とともに飛距離が低下している」


というお悩みの相談です。


私のゴルフ仲間でも
「40才を過ぎて、急に飛距離が落ちはじめた」

と悩んでいる人もいます。


同じ悩みを持っている方は多いですね。

あなたの役にも立つと思いますので
「年齢による飛距離低下を防止する方法」

をシェアします。


■ 年齢による飛距離の低下を防ぐには、ストレッチがオススメ


ストレッチのやり方は、自由です。

スイング時に負担の大きい、
以下を十分伸ばしましょう。

「肩甲骨」
「股関節」
「首まわり」
「手首」
「足首」


■ 柔軟性をアップするコツ


柔軟性アップするコツは、

毎日のストレッチを習慣化すること。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ストレッチをするときのポイントは3つ。

・反動をつけずに、ゆっくりと伸ばす
・イタ気持ち良いあたりで、20秒程度静止
・息を止めずに、ゆっくりと呼吸する


ゴルフで大切な肩まわりのストレッチは、
安眠効果も高いので、
寝る前にストレッチをする習慣もオススメです。

ただし、
四十肩など肩に痛みがある人は
無理をしないでください。



■ボールを打つ直前の簡単ストレッチ


「アドレスに入る前にクラブを、
 頭上に振り上げてまっすぐ振り下ろす」

ゴルフをしていて、こんな動きを
している人を見たことありませんか?

剣道の「面」を打つような動作です。

あの動きには
「飛距離をアップする効果」があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

クラブを両手でグリップした状態で
クラブを頭上に振り上げると、

「肩甲骨が開くからです」


肩甲骨が開くとスイングが大きくなり
飛距離がアップします。



■ 帝王二クラウスも肩をまわすことを重視


帝王二クラウスも
肩を限界までまわすことを重視しています。

帝王二クラウス曰く

「肩の回転を限界まで回し、
 全身ストレッチの感覚でスイングした。」


肩を十分にまわすことで、リズムが良くなり、
ヘッドスピードが向上するとコメントしています。


以上、「飛距離を伸ばすストレッチ」をご紹介しました。

ケガ防止の効果がありますので
ストレッチを習慣化してしまいましょう。


参考になれば幸いです。


golf-244041_150

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


あなたは、
不思議に思ったことはありませんか?



なぜ、
同じくらい頑張っているのに、
ゴルフが上手くなる人と、
ならない人がいるのか?



同じ頃にゴルフをはじめて、
同じくらい練習して
同じくらいラウンドをしている。

それなのに、
1人はあっさりと100を切るが、

もう1人はまったく
100を切れない、、、


なぜ、こんなことになるのでしょうか?

その人の才能?
体格の違い?
ゴルフクラブがいい?


いったい、なぜ、こんなにも結果に
大きな差がでるのでしょか?


これについては、
ずっと不思議に思っていました。

きっと、何か違いがあるはず、、、

そして、
たくさんのゴルファーを見ていて
わかってきました。


■ 今までと同じ行動を続けても、結果は変わらない


上達が早い人は、

いろいろ試しています。



上達が遅い人は
あまり深く考えず、ひたすらボールを打っています。


今よりも上達したいと思っているのに、

今までとまったく同じ行動を
していてはダメですよね。

練習を繰り返すことで
今のスイングは安定していきます。

スイングが安定するので
球筋は安定し
スコアも良くなります。

しかし、、、

今のスイングに、
なんらかの問題があれば
練習を継続することで
その問題もスイングに定着します。


問題のあるスイングをしていると、
ナイスショットの確率が悪くなるというのは
簡単に想像できます。

 
今よりも上達したいなら
練習を繰り返すだけでなく、

「問題の改善をしなくてはいけない」


ということです。



■ 大切なのは「継続」ではなく「試行錯誤」



「継続は力なり」


私の大好きな言葉です。

地道な努力はすばらしいと思いますし、
地道な努力をする人を、心から尊敬します。

ただ、、、

上達が早い人は、

練習を「継続」しているだけでなく、

「試行錯誤」をしています。



同じ練習をひたすら
繰り返せば良いわけではということ。



■ エジソンのどこが偉大だったか?


「継続」といえば
エジソンのこの言葉が有名ですよね。


『わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。
 電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ』


by トーマス・エジソン


実験を繰り返したエジソンですが、
同じ実験を繰り返したわけではありません。

全て違う実験を繰り返して
最後に正解を見つけました。


「ゴルフの上達」と「電球の実験」とは
違いも多いでしょうが、


同じことをひたすら「継続」するよりも
「試行錯誤」をした方が、
正解にたどり着くのは早い。


というのはどちらにも言えそうです。

何も考えずにボールを打ち続けているより、


「もっと良いスコアでラウンドするには、
 どうすれば良いだろうか?」


「もっとシンプルで再現性の高いスイングにするには、
 どうすれば良いだろうか?」


こう考えながら『試行錯誤』していくことで
スコアが良くなりますね。

参考になれば幸いです。


私も日々、試行錯誤しています。
一緒に頑張りましょう!

golfball-65646_150


「ゴルフのスランプを脱出する方法」をご紹介します。

ゴルフでは、急に不調になることも多いです。

そして、その不調をなんとかしようと
スイングを変えると、さらに状態が悪化することが多いです。


実は、スランプを簡単に脱出する方法があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これを知らないと、問題を複雑にして、
スランプが長引く危険性があります。

これを知っていると、すぐにスランプを脱出できますよ。


■ゴルフのスランプを脱出する方法

誰もが調子が悪くなった時には、いろいろとスイングを
いじりたくなりますが、

その前にチェックすべきことがあります。

それは「セットアップ」。

殆どの場合、突然のスランプは、セットアップに問題があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

スイングに問題があるケースは少ないです。

調子が悪くなったら、かならずスイングを変える前に
アドレスをチェックしましょう。

主なチェックポイントをご紹介します。


(1)ボール位置
 左右にずれていないか?
 ティアップの高さを変えていないか?
 ボールに近づきすぎていないか?遠すぎないか?
 
 調子が悪くなると、ボール位置が右にずれたり
 近づき過ぎたりする方が多いです。
 

(2)セットアップのルーティーン
 いつもと違う手順で構えていないか?
 ルーティーンが変わると、アドレスが変わりやすくなります。


(3)グリップ位置
 ハンドファーストの度合いが変わっていないか?


(4)重心位置
 重心位置がカカト過ぎないか?
 つま先過ぎないか?

(5)前傾角度
 疲れてくると棒立ち状態になり、
 前傾角度が浅くなりがちです。
 

(6)向いている方向
 無意識に右を向いてしまうものです。
 ボールが右に出るときは要チェックです。

(7)グリップ
 グリップはいつもと変わっていないか?
 ウィークグリップだとスライスします。
 フックグリップだとフックになります。

(8)背筋
 猫背になっていないか? 
 疲れてくると猫背になりやすいです。


以上、主なチェックポイントをご紹介しました。


不調になったら、スイングを直す前に、
アドレスをチェックしましょう。

あっさりとスランプを脱出できるケースが多いです。


以上、参考になれば幸いです。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ