アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: メンタルマネージメント

syuutyuu

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「ゴルファーは自分の自信を守るために
何でもしなくてはならない」


と言ったのはジャック・ニクラウス。

上手いプレーヤーは、
メンタルが強いです。

「ゴルフが上手いから自信を持てる」
ということもありますが、

本当に上手いゴルファーは
意図的に「自信を持つ努力」をしています。

向上心の強いメルマガ読者のあなたには
言うまでもないでしょうが
ゴルフはメンタルが大切です。

メンタルを強化することで
プレッシャーのかかる場面でも
実力を出せます。

ということで、
あなたの役にも立つと思いますので

「ゴルフのメンタルを強化する方法」

をご紹介します。


■ゴルフのメンタルを強化する方法

(1)失敗も自信につなげる方法

メンタルの強化には「自信を持つこと」が大切。

普通のプレーヤーは
成功体験から自信を向上させます。

本当に強いプレーヤーは
成功で自信をつけるのは当然として
失敗も成長につなげます。

ジャック・ニクラウスは失敗ですら
自信を育てるために利用しました。

ジャック・ニクラウスが実践した
メンタル強化の方法がコレ


『失敗やミスを"学習過程"と位置づける』

強いプレーヤーは何かミスをした時に
「あー、失敗した、駄目だなー」
と考えません。

「このミスは自分の技術を高める良いチャンスだな」
と考えます。

ミスさえも自分が成長する機会と捉えることで
意欲をわかせて、自信を高めています。

こんな話があります

ジャック・ニクラウスがマスターズでボギーを
叩いたときを振り返ってこう言いました。

「このボギーで私はあらためてゲーム終盤に
 気持ちを集中することができた」

さすがです!

ボギーという失敗さえも
集中力を高めるきっかけと位置づけています。


(2)自信を育てる

タイガー・ウッズは
強いメンタルを持つ選手として有名です。

全米プロでタイガー・ウッズは
1位の選手を4打差で追いかけていました。

残り4ホールで連続4バーディーをとりましたが
残念ながら優勝はできませんでした。

この経験を「優勝出来ずに残念」と位置づければ
失敗の経験になってしまいます。

タイガー・ウッズはこう言いました。

「いざというときに、こういうことが出来るとわかるのは
大いに自信を持てます」

さすがです!

優勝を逃したことではなく
連続4バーディーにフォーカスしています。

このように「経験」に「ポジティブな意味」を
つけて解釈することで自信がついていきます。


 * * *

ゴルフのメンタルを強化する方法をご紹介しました。

長くなってしまったのでまとめます。

・失敗は自分を成長する機会と捉える

・失敗よりも成功にフォーカスし、経験にポジティブな意味をつけて解釈する



「ゴルファーは自分の自信を守るために
何でもしなくてはならない」

と言ったのはジャック・ニクラウス。

自信が自然に身につくのを待つのではなく
「積極的に自信を守る」も大切ですね。

自分に自信を持てれば、
プレッシャーがかかるショットでも
いつもと同じように打てます。

緊張するパットでも安定してストロークできます。

自信を持つことでスコアが良くなるワケです。

参考になれば幸いです。




■追伸

『失敗やミスを"学習過程"と位置づける』ために
こんな風に考えてみませんか?

「体調が悪くてスコアが悪かった」ときは、、、

「体調がスコアに与える影響がわかって良い経験になった」

「体調が悪くてスコアは伸びなかったが
 最後まで集中してプレーできたのは上出来だ」



「難しいコースでスコアが悪かった」ときは、、、

「自分を成長させる良い経験になった」

このように自分の経験を「学習過程」として位置づければ
自信を失わずにすみますよね。

あなたはどう思いますか?









mousyo

FROM:アオイ

札幌のスタバより、、、


「暑すぎて、プレーに集中できない!」

猛暑が続いていますね・・・

気温が高い日のラウンドは
集中力が低下しがちです。

「ゴルフで良いスコアをだすために集中力が大事」

というのは、勉強熱心なメルマガの読者さんの
あなたならご存知のとおりでしょう

この猛暑の中でも、集中力を保てれば
スコアも良くなります。

一緒にラウンドしている人からは
「この人は自分の集中力をコントロールできる」
と尊敬されるでしょう。

ということで今日は
「夏のゴルフで集中力を持続する方法」
をシェアします。


■夏のゴルフで集中力を持続する方法


集中力の持続は訓練で向上できますが、
それには時間がかかります。

暑さによる集中力の低下は
すこしの工夫で違いがでます。

簡単な方法をいくつかご紹介します。


(1)喉が乾いてからでは遅すぎる

「喉が渇いたから水分補給」では遅すぎます。

自覚できるころには集中力はさがっています。

「喉が渇いたな・・・」と感じた時点ですでに
集中力が低下した状態で何回かのショットを打っています

そして飲んだ水分が体に吸収されるのには時間がかかります。

「喉が渇いたな・・・」と感じて水分を補給しても
吸収されるために時間がかかるので
集中力が低下した状態でその後も数回はショットを打つことになります

「喉が渇いたから水分補給」では遅すぎるわけです。

対策は簡単です。

「水分補給をこまめに行う」

「喉が渇かなくても
ショットを打つたびに一口飲む」


これくらいの意識で調度良いのです。



(2)直射日光をさける

直射日光は体力を奪います。

体力の低下は集中力を低下させます。

・直射日光にできるだけあたらない

・長袖を着る(通気性の良いインナーも良いです)

・待ち時間はヒカゲにいる

・バイザーでなくキャップをかぶる

・日傘をさす


などの工夫をしてはいかがでしょうか?



(3)ラウンド前にミネラル補給

スポーツドリンクをラウンド前から飲むようにしましょう。

水分やミネラルが吸収されるには
時間がかかります。

ラウンドをはじめてから水分補給をはじめたのでは
スタートホールではすでに水分不足です。

スタート前の練習時からこまめに
スポーツドリンクなどでミネラルを補給しましょう。



 * * *

夏のゴルフで集中力を持続する方法をご紹介しました。

・水分補給をこまめに行う
・直射日光をさける
・ラウンド前から水分補給をする

集中力は意志の力だけではカバーできません。

水分やミネラルが不足すれば集中力は下がります。

体がつかれれば集中力が下がります。

集中力が下がるのは「生理現象」です。

水分補給もルーティン化してしまいましょう。

猛暑でも集中して
良いスコアでラウンドできますよ。

一緒にラウンドする人も
「この人は自分をコントロール出来る人だ」
とあなたに感心するでしょう

参考になれば幸いです。




■追伸

猛暑が続いていますね。

熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。




■追伸2

狙った場所にボールを打てると疲れにくいです。

狙った場所にボールを打てると
コースをジグザクに歩かず最短ルートを歩けます。

狙った場所にボールを打てないと
ボールを探すために体力を使います。

コースをジグザグに歩くことになります。

ラフや傾斜を歩く回数も増えます。

ゴルフはラフや傾斜をあるくと
体力を消耗します。

体力を消耗すること集中力が下がるので
スコアが悪くなりやすいです。

狙った場所に打てるプレーヤーは
「集中力を保ちやすい」という面でも有利なんですね。

飛距離も大切ですが、狙った場所に打てるように
スイングの再現性を高めましょう。



golfer3

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「コースが渋滞するとミスショットになる?」

それなら今回の記事がお役に立てるでしょう。

ゴルフシーズンまっさかりです。

こんなときの土曜日曜にゴルフをすると
コースが渋滞しがちです。

ティーグラウンドで待ち、、、
セカンドショットで待ち、、、

待ち時間が長くなると
リズムが狂いやすくなります。

ミスショットの原因になります。

では、どうすればコース渋滞をしても
リズムを狂わさずナイスショットを打てるのか?

トッププロも実践している方法があります。

これを知ればコース渋滞でもイライラせずに
良いスコアでラウンドできますよ。

ということで今日は
「コース渋滞でもミスショットをしない方法」
シェアします。


■コース渋滞でもミスショットをしない方法

待ち時間が長くなると
ミスになりやすい原因はいくつかあります。

体が固まる。
考えすぎてしまう。

などなど、、

ミスショットの原因の1つが
「ルーティンが崩れる」です。


通常はこんなルーティンだと思います。

・ライを確認する

・風を確認する

・ショットイメージを作る

・素振りをする

・アドレスする

・ボールを打つ

一連の「ショットを打つ前の動作」も
ショットのリズムに影響します。


前の組を待っていると、
ルーティンが変わりがちです。

待っている間に素振りをする。

クラブを持って、今か今かと待つ。

前の組が移動した途端に
素振りもしないで打つ。

これではリズムがいつもと変わって当然です。

コース渋滞をしている時は
どうせ急いでも次のショットで待たされます。

ボールを打つ前の動作から
いつもと同じになるように注意しましょう。


トッププロのアニカ・ソレンスタムは
待たされている間はクラブに触らないそうです。

自分が打つ番になってから
バックからクラブを引き抜くという
ルーティンを守ります。

「待たされている間はクラブに触らない」

単純ですが、効果は保証します。

クラブを持っている間は無意識のうちに
ショットを打つために意識を集中しています。

しかし、人間の集中力には限界があります。

待っている間に集中力が低下します。

待つ間はクラブを地面に置いておくか、
バックから抜かないようにしましょう。

自分の番になってからクラブを持つという
いつものルーティンをスタートしましょう。



 * * *

コース渋滞でもミスショットをしない方法を
ご紹介しました。

待たされている間は
風景を楽しんでも良いです。

友人との会話を楽しんでも良いです。

ショートホールなら、前の組のパットを見て
グリーンの傾斜を観察するのも良いです。

待ち時間をイライラしないで
楽しんで頂ければ幸いです。

ゴルフが楽しくなりますし
スコアも良くなります。

あなたはコース渋滞の対策を持っていますか?

もし対策を持っていないなら
「待たされている間はクラブに触らない」
がオススメです。

参考になれば幸いです。



■追伸

熱心なメルマガ読者であるあなたは
そんなことはないと思いますが、、、

「待たされるとスコアが崩れるよ、まったく!」
と言ってイライラしていませんよね?

これはメンタルコントロールが出来ていないと
言いふらしているようなもの。

気持ちはわかりますが、待ち時間さえ楽しめる
ゴルファーはカッコイイです。

あなたはどう思いますか?


joshigolf2

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「どうすれば、ラウンド中の不安を軽減できるのか?」


想像してください。

================
あなたはゴルフ場でラウンドをしています。

最終ホールのセカンド地点。

ピンまで残り100ヤードです。

距離は短いですが、
グリーンの手前に大きな池があります。

ピンまで100ヤードを乗せて、
2パットならベストスコアを更新です。

いつもなら簡単なショットです。

しかし池に入れてしまえば、
ベスト更新には届かないです。

あなたは勇気をもってショットを打ちました・・・

================

はい、ありがとうございました。

あなたの想像では、
無事にグリーンに乗ったでしょうか?

ラウンド中に不安を感じる場面はいろいろあります。

ゴルフはメンタルなスポーツです。

プレッシャーに負けたために
ミスショットになる場合があります。

不安を克服できれば、いつもの実力をだせて
良いスコアでラウンドできます。

「では、どうすれば不安を克服できるのか?」


ということで今日は
「ラウンド中の不安を軽減する2つの方法」
をシェアします。


■ラウンド中の不安を軽減する2つの方法

不安を軽減する方法はいくつかありますが
2つご紹介します。


(1)良いイメージを作ってから打つ

「イメージで恐怖映像を作らない。
池に落ちたり、林の奥に打ち込むときは
そのイメージの映像をショットの前に
描きだしていることが多い。

いつもグリーンに柔らかくおちるボールとか
フェアウェイの真ん中に高い軌道で
飛んでゆくボールをとかを見る努力をすること」



と言ったのは、日本では「帝王」と呼ばれ、
史上最高のゴルファーとも称される
ジャック・ニクラウスです。

ショットを打つ前に
失敗をイメージしないようにしましょう。

「成功したショットを
 明確にイメージしてから打ちましょう」


失敗の不安が軽減されます。


(2)別のことに集中する

「何かに集中するのは不安に対する特効薬だ」

これもジャック・ニクラウスの言葉です。

人間の頭は同時に2つのことを
考えるのが難しいです。

「自分の課題」や「成功イメージ」などに
集中しましょう。

別のことに集中すれば
不安は自然と消えてしまいます。


ちなみに一度に持つ課題は
1つにした方が良いです。

いくつも課題があると
集中力が分散してしまいますから。


 * * *

ラウンド中の不安を軽減する2つの方法を
ご紹介しました。

ゴルフはメンタルなスポーツです。

自分の感情をコントロールする方法を知っておくと
いいプレーをしやすくなります。

あなたは自分の感情をどのように
コントロールしていますか?



■追伸

「不安を軽減する」をテーマにご紹介しました。

適度な緊張感を持ってプレーすると
スコアも良くなりますし、ゴルフを楽しめます。

参考になれば幸いです。

Brain

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

以前、友人とラウンドした時の話。

スコアを良くするために
面白い気づきがありました。

あなたの役にも立つと思いますので
シェアします。



■前半のスコアが良いと後半で崩れる理由

ゴルフ仲間とラウンドした時の話。

友人「おおー!今日は調子いいなー」

  「前半のスコア、40だったよ!」


友人の平均スコアは90です。

前半のスコアが40だったので
興奮しています。

「これはベストスコアが出るかも!」
 
と思ったけど、、

なぜか後半で50を叩いてしまいました。

結局いつものスコア90です。


あなたもこんな経験はないですか?

なぜ、前半が良いと後半で崩れるのでしょうか?

なぜ、結局いつもと同じような
スコアになるのでしょうか?


原因はいくつかありますが、
心理的な要素も大きいのです。

ということで、今日は
「メンタルの壁を超えて良いスコアを出す方法」
をシェアします。



■いつもと違うとなんだか不安

『コンフォートゾーン』

という言葉をご存知でしょうか?

優秀なメルマガ読者であるあなたは
ご存知かもしれませんね。

コンフォートゾーンとは、
自分が心地よいと感じる
いつもと同じ状況のことです。

人間は無意識にいつもと同じ状態を好みます。

スコア、飛距離、ラウンドのリズム、、、
あらゆる分野で、いつもと同じ状態を好みます。


例えば、平均スコア90の人が
前半で50を打つと嫌な気持ちになります。

通常よりも悪いスコアだからです。

これは当然のようですが、、、

逆に、平均スコア90の人が
前半のスコアが40だと本当は嬉しいはずなのに、
どこか不安になります。

いつもと違う状況を
無意識に不安を感じるのです。

この不安な状況を戻すために
後半で50を打ってしまうのです。

「いつもと違うスコアは、なんだか不安!」

「いつもと同じスコアにしたい!」
と脳は機能するのです。

これは脳の危険回避の機能です。

原始時代の人間にとって、

「いつもと違う状況」=「危険な状況」

だったため、脳にそのような機能があるそうです。

それが現代人の脳にも残っているわけです。

このコンフォートゾーンにとどまろうとする力が
スコアがいつもと同じになる原因の1つです。



■コンフォートゾーンを超えて良いスコアを出す方法

コンフォートゾーンを超えて、
良いスコアを出すにはどうしたら良いのか?

方法は複数あります。

一番シンプルな方法をご紹介します。

それは

「自分より上手い人とラウンドすること」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

人は無意識に周りの人間と同じ状況を好みます。

自分のスコア90で、他の3人のスコアが80
では居心地が悪くなります。

平均スコア90の人が前半を40でラウンドした場合、
いつもなら、不安を感じるものなのですが、、、

一緒にプレーをする3人も40前後でラウンドしているので
違和感はありません。

すると、後半も40でラウンドするのが
当然に感じるようになります。

コンフォートゾーンを
突破しつつあるわけです。

この方法で一度か二度、80のスコアを出せば
あなたのコンフォートゾーンはスコア80になります。

そうすれば80でラウンドするのが当然になります。

前半で40なのは当たり前。
むしろ45では違和感があるのです。

これで後半に崩れる要因を
1つ排除できるわけです。


 * * *

今回はコンフォートゾーンを変えるという方法を
ご紹介しました。

ゴルフはメンタルの影響でスコアが大きく
変わるスポーツです。

メンタルをコントロールする方法を知ると
スコアがアップします。

スコアがアップすると聞けば、、、

優秀なメルマガ読者であるあなたなら
メンタルコントロールについて無視できないですよね?





■追伸

私はメンタルコントロールについて学び
ラウンド中にイライラしなくなりました。

イライラせずにゴルフを楽しむためにも
メンタルコントロールは大切ですよ。




■追伸2

ブログのデザインを変更しました。

以前よりも記事を読みやすくなったと思いませんか?


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ