アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: コースマネージメント

put7続きを読む

dahuri2続きを読む

iron4続きを読む

betapin
続きを読む

kaze2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「なぜかアプローチの距離が合わない・・・」

あなたは「アプローチの距離が合わない」と
悩んだ経験はありませんか?

熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームはスコアアップの鍵です。

50ヤードのアプローチでも
風の影響を受けることをご存知ですか?


ということで今日は
「50ヤードのアプローチも風で流される?」
をシェアします。


■50ヤードのアプローチも風で流される?

(1)距離は短くてもアプローチは風の影響を受ける

そよ風程度なら気にしなくても良いです。

風が強い日は距離の短いアプローチも
風の影響を考慮すべきです。

高くボールが上がるアプローチは
滞空時間が長いです。

ボールの勢いが弱く風の影響を受けやすいです。

以前、ラウンドレッスンを受けたときの話です。

私が打った30ヤードのアプローチが
10ヤードもショートするというミスがありました。

30ヤードのアプローチで20ヤードしか飛ばないのは
あきらかにミスショットです。

アプローチの距離はふり幅で決めています。

これほど距離が狂うことは珍しいです。
何か見落としている可能性が高いです。


「あれ?上手く打てたと思ったけど、、、
 スイングがゆるんだのかな?」

「それとも、傾斜の影響?」

と悩んでいたとき、

ラウンドレッスンをしてくれている
プロが意外な指摘をしてくれました。

「今のは向かい風の影響で、
いつもよりボールが飛ばなかったのですよ」


それまで50ヤード以内になると
風の影響なんてほとんど考えていませんでした。

30ヤードでも風の影響を受けるものなんだと、
大きな学びでした、


(2)フォロー(追い風)は転がりが多くなる

フォロー(追い風)はボールが前に飛ぶ力が強くなります。

キャリーの距離が大きくなります。
キャリーだけでなくランも増えます。


(3)アゲンスト(向かい風)は転がりが少なくなる

アゲンスト(向かい風)はボールが前に飛ぶ力が弱くなります。

ボールが高くあがりやすくキャリーの距離が小さくなります。

ボールが上がる分、ランも少なくなります。


 * * *

「50ヤードのアプローチも風で流される?」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)距離は短くてもアプローチは風の影響を受ける
(2)フォロー(追い風)は転がりが多くなる
(3)アゲンスト(向かい風)は転がりが少なくなる


ショートゲームはスコアの要です。

こんな細かい部分も大切にしていきたいですね。

ちょっとマニアックな話でしたが
勉強熱心なあなたの参考になれば幸いです!




■追伸

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」


と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

あなたはどう思いますか?


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ