アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: コースマネージメント

betapin
続きを読む

kaze2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「なぜかアプローチの距離が合わない・・・」

あなたは「アプローチの距離が合わない」と
悩んだ経験はありませんか?

熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームはスコアアップの鍵です。

50ヤードのアプローチでも
風の影響を受けることをご存知ですか?


ということで今日は
「50ヤードのアプローチも風で流される?」
をシェアします。


■50ヤードのアプローチも風で流される?

(1)距離は短くてもアプローチは風の影響を受ける

そよ風程度なら気にしなくても良いです。

風が強い日は距離の短いアプローチも
風の影響を考慮すべきです。

高くボールが上がるアプローチは
滞空時間が長いです。

ボールの勢いが弱く風の影響を受けやすいです。

以前、ラウンドレッスンを受けたときの話です。

私が打った30ヤードのアプローチが
10ヤードもショートするというミスがありました。

30ヤードのアプローチで20ヤードしか飛ばないのは
あきらかにミスショットです。

アプローチの距離はふり幅で決めています。

これほど距離が狂うことは珍しいです。
何か見落としている可能性が高いです。


「あれ?上手く打てたと思ったけど、、、
 スイングがゆるんだのかな?」

「それとも、傾斜の影響?」

と悩んでいたとき、

ラウンドレッスンをしてくれている
プロが意外な指摘をしてくれました。

「今のは向かい風の影響で、
いつもよりボールが飛ばなかったのですよ」


それまで50ヤード以内になると
風の影響なんてほとんど考えていませんでした。

30ヤードでも風の影響を受けるものなんだと、
大きな学びでした、


(2)フォロー(追い風)は転がりが多くなる

フォロー(追い風)はボールが前に飛ぶ力が強くなります。

キャリーの距離が大きくなります。
キャリーだけでなくランも増えます。


(3)アゲンスト(向かい風)は転がりが少なくなる

アゲンスト(向かい風)はボールが前に飛ぶ力が弱くなります。

ボールが高くあがりやすくキャリーの距離が小さくなります。

ボールが上がる分、ランも少なくなります。


 * * *

「50ヤードのアプローチも風で流される?」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)距離は短くてもアプローチは風の影響を受ける
(2)フォロー(追い風)は転がりが多くなる
(3)アゲンスト(向かい風)は転がりが少なくなる


ショートゲームはスコアの要です。

こんな細かい部分も大切にしていきたいですね。

ちょっとマニアックな話でしたが
勉強熱心なあなたの参考になれば幸いです!




■追伸

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」


と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

あなたはどう思いますか?


rahu1


FROM:アオイ

想像してください。

あなたは真夏のゴルフ場でラウンドをしています。

ミドルホールのティーショットで
フェアウェイを少し外しました。

ボールは深いラフに止まりました。

ラフにすっぽりと埋まっています。

グリーンセンターまで170ヤード。


この「深いラフ」からのショット。
あなたは「どんなショット」を打ちますか?




勉強熱心なあなたもご存知のとおり
夏のゴルフは芝が伸びています。

夏はラフからのショットが難しくなります。

ラフ対策を知っていると
スコアを崩さずにすみます。

ということで今日は
「ラフからのショットを成功させる方法」
をシェアします。


■ラフの状況を確認

ラフ対策で一番重要なのは
「状況をよく確認する」です。

・芝の密集度
・ボールの沈んでいる度合い
などボールの状況をよく確認しましょう。

rahu3


芝の抵抗によりクラブを変える必要があります。


「芝の抵抗」を知るために一番簡単なのは
「素振りをする」です。


ボールの近くのラフで「素振り」をすると
芝の抵抗がわかります。



■状況にあわせた攻略

(1)芝の抵抗が強い時はショートアイアンで刻む

ロングアイアンは芝の抵抗に負けやすいです。

素振りをして芝の抵抗が強いようなら
無理をしない方が良いです。

無理をすると、もう一度ラフにボールが止まったり
距離が足りずにバンカーに入ります。

芝の抵抗が強い時はショートアイアンで刻みましょう。

「フェアウェイにボールを戻す」を優先すると
大叩きを防げます。


(2)フェアウェイウッドはラフから打ちやすい

フェアウェイウッドはラフからでも
打てるケースは多いです。
fw3

アイアンに比べてフェアウェイウッドは
ソールが滑りやすいからです。

距離が残っている場合はファウェイウッドで素振りをして
打てそうか確認しましょう。

「ラフは難しいから刻む」という考えも良いですが、、、

抵抗がそれほど大きくないなら
「フェアウェイウッドで攻める」のもありです。


 * * *

ラフからのショットを成功させる方法を
ご紹介しました。

・ラフの状況を確認する
・抵抗が強い場合はショートアイアンで刻む
・フェアウェイウッドはラフから打ちやすい

状況にあわせてクラブ選択をすれば
スコアを伸ばせますよ。

参考になれば幸いです!





mewotoziru

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「何かに集中するのは不安に対する特効薬だ」

と言ったのはジャック・ニクラウス。

迷いや不安を感じたままボールを打つと、
大きなミスになりやすいです。

ゴルフが上手い人は
ボールを打つ時の集中力が高いです。

高い集中力を保てると
自分の実力を発揮できます。

どうすれば緊張する場面でも
集中力を保てるのか?

ということで今日は
「ラウンド中のプレッシャーを一瞬で克服する方法」
をシェアします。


■ラウンド中のプレッシャーを一瞬で克服する方法

ニクラウスも言うように不安を克服するには
何かに集中することが一番です。

では、何に集中すれば良いのか?

ラウンド中は「今から打つショット」に集中すれば良いです。

アニカ・ソレンスタムのコーチである、
ピア・ニールソンがオススメしている方法をご紹介します。

スイングを打つ動作を3つに分けて
ショットへの集中力を高める方法です。



(1)考える(ボールの後方で情報収集)

情報収集をするステップです。

ライの状態、落下地点の状況、風、傾斜など、
五感をフル活用して、情報を収集します。

情報を収集してから、
徐々にショットのイメージを作ります。

ボールの高さ、軌道、転がる距離をイメージします。


(2)決断する(打ち方を決めてボールに近づく)

ショットのイメージから、
「クラブ」と「打ち方」を決断します。

短めのクラブで強めに打つのか、
長めのクラブで、ハーフショットを打つのか、

どれか1つに決めます。

「考える」「決断」するのプロセスは、
長くても数十秒です。

時間をかけすぎず、
さっと決めてしまいます。


(3)実行する(時間をかけずにボールを打つ)

どういうショットを打つかは決断済みなので、
アドレスで細かいことは考えません。

アドレスで時間をかけると、迷いが出てきます。

「アドレスでは時間をかけない」のがポイントです。

ボールの落下地点と、球筋のイメージだけに集中します。

クラブの重さや、リズムを感じながら
伸び伸びとスイングをします。

3つのプロセスは以上です。

「考える」、「決断」、「実行」を明確に分けると
ショット時の集中力が増します。

 * * *

ラウンド中のプレッシャーを一瞬で克服する方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

ボールを打つ動作を3つにわけて
徐々に集中力を高めます。

(1)考える(ボールの後方で情報収集)
(2)決断する(クラブと打ち方を決めてボールに近づく)
(3)実行する(時間をかけずにボールを打つ)


高い集中力を保てるとプレッシャーを克服できます。
自分の実力を発揮できてスコアも良くなります。

参考になれば幸いです!


joshigolf2

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「1ホールの大叩きでスコアがボロボロ・・・」

そんな経験はないですか?

どうすれば大叩きを防げるのでしょうか?

ヒントは次の言葉にあります。

「トラブルに陥ったときに大切なものは
技術よりも正確な判断である」

といったのは伝説のプロゴルファー、
ボビー・ジョーンズ。

正確な判断ができれば
スイングは今のままでの大叩きを防げます。

ということで今日は
「ゴルフで大叩きしない方法」
をシェアします。


■ゴルフで大叩きしない方法

大叩きの原因の1つは
難しい状況から無理をしてしまうから。


(1)トラブル時の無理は禁物

想像してください、、、

あなたはいつものゴルフ場でラウンドをしています。

あなたのボールは林に入ってしまいました。

グリーンに近づけるには、
木と木の狭い間に打たなければならない。

木と木の狭い間を狙えば
グリーン手前の50ヤードにボールを運べます。

横に出すだけなら簡単。
グリーンまでの距離は150ヤード残ります。

あなたはどうしますか?

殆どの場合「横に出すだけ」が正解でしょう。

残り50ヤードも、残り150ヤードも
スコアを考えた場合に大きな差はありません。

グリーンに近づけようとして林からの脱出に失敗すると
スコアを大きく崩す可能性が高まります。

「状況とリスクを冷静に把握する」

「トラブル時は無理をしない」

これが大叩きを減らすコツです。


(2)安全策を選んでも油断しない

「トラブル時は無理をしない」

勉強熱心なあなたにとって
当たり前かもしれませんね。

「無理をせずに横に出そう」と
安全なルートを選んでも油断は禁物です。

林から横に出すときに注意点があります。

横に出すときは確実にフェアーウェイに
ボールを置きにいきます。

ボールを横にだす場合、弱すぎても強く打ちすぎても、
フェアーウェイにボールが残りません。

せっかく安全策を選択したのに、
次のショットをラフや傾斜面から
打つことにならないように注意しましょう。

ポイントは

・どこにボールを出すか明確に決めること
・打って良い距離の許容範囲を把握すること。

30ヤード以上打てば、
手前のラフを超えてフェアーウェイに届く。

60ヤード以上打つと、
逆側のラフに入る。

この30ヤードから、60ヤードの範囲で
林からボールを出しましょう。

安全策を選んだからといって
適当に打ってはいけません。

落とし場所を明確に決めましょう。


(3)次のショットが優しくなる場所を選ぶ

フェアーウェイに出すといっても
場所によって次のショットの難易度がかわります。

次のグリーンを狙うショットが
バンカー超えにならないようにする。

「どこにボールを打つのか明確に決める」

「次の打つショットが優しくなる場所を選ぶ」

これを意識するとスコアを崩さずにすみます。


 * * *

ゴルフで大叩きしない方法をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・トラブル時の無理は禁物
・安全策を選んでも油断しない
・次のショットが優しくなる場所を選ぶ

正確な判断ができれば
スイングは今のままでの大叩きを防げます。

少しくらいミスショットをしても
スコアを崩さずにすみます。

応援しています!


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ