アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: コースマネージメント


こんにちは、アオイです。


先日、ラウンドを一緒に回った人が、

「傾斜が苦手」と言っていました。


メルマガ読者さんからも、こんな質問を頂きました。
===============================
左足上がりの傾斜ではボールの位置は、
どこに置けばいいんでしょうか・・・?
いつも、トップをしてしまいます。
ご指導のほどお願いします。
===============================



練習場は平地ですが、ラウンド時は傾斜で打つ場合が多いです。


特に、日本のゴルフ場は傾斜が多いです。

傾斜の打ち方をマスターしておくとラウンドが楽になります。

コツさえわかれば、傾斜は難しくないです。


傾斜にも幾つかパターンがありますが、、、


今回は、質問を頂いた

「左足あがりの傾斜の打ち方」

をご紹介します。


左足あがりの打ち方には、2パターンあります。

・傾斜にヘッドをぶつけて、フォローを取らない
・傾斜に沿ってスイングをして、フォローを取る



プロによっても教え方が分かれますが、、、

「傾斜に沿ってスイングをして、フォローを取る」

の方がミスが少ないので、
迷ったらこちらをお勧めします。


それでは、「左足あがりの打ち方」です。

以下を気をつけましょう。


・傾斜はアドレスが大切です
・両肩を結んだラインを地面に平行にして、
 傾斜に沿ったスイングをする
・コンパクトなスイングで、ジャストミートを重視
・右足内側に体重を乗せ、体重移動をしない
・ボールは右足より
・1番手か2番手大きめクラブを使う
・素振りでクラブ軌道を確かめる
(地面にクラブが触れる場所を素振りで確認する)
・ショートアイアンはフックしやすいので注意
・打球をイメージしてから打つとナイスショットの確率がアップします
・アプローチの場合はボールの落とし場所を確認しましょう


言葉にすると、注意点が多いですが、
実践してみれば、それほど難しくないです。


ダフリ、フック、シャンク、トップ、、、
これでまとめて解決します。


傾斜からのショットに共通していますが、、、

体勢が不安定なので、大振りは禁物です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


振り幅を小さく、傾斜に沿ってコンパクトなスイングをすれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
傾斜地からのミスショットを減らせます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




こんにちは、アオイです。


昨日のメルマガでグリーンの傾斜を
把握するコツをご紹介しました。


==============================================

・グリーンあがる前にグリーンの傾斜を確認しましょう。
グリーンに乗ってしまうと傾斜がわかりにくくなります。


・パッティングのラインの後ろからだけでなく、
横から、逆側からラインを読みましょう。

より正確に傾斜を把握出来ます。

==============================================




その記事に対して、次のような質問を頂きました。


==============================================

私は100を切るのが精一杯の人間で、
周りよりプレーが遅い傾向にあります。

その中で、時間をかけてグリーンを
確認する余裕もありませんし、
同伴者にも迷惑をかけてしまいそうです。
そういう場合はどうすればいいでしょうか?

==============================================


はい、スロープレーをしない努力は素晴らしいです。


ということで、スロープレー防止のコツをご紹介します

「スロープレー防止のコツ」
http://blog.secret-golf.com/archives/51626167.html


リンク先のチェックリストを徹底すれば、
スロープレーは防止できます。


パットはスコアに直結します。
グリーンでは次のことは実践した方が良いです。


・グリーンに乗る前に、全体の傾斜を把握
・パッティングする距離の歩測
・カップの反対側からのライン確認
・横からの傾斜確認
・ボールの後ろからのライン確認


慣れてしまえば時間はかかりません。


時間がかかる心配がある場合は、、、

練習グリーンで傾斜を短時間に読む練習を
して慣れましょう。



追加の注意としては、、、


・他の人がセットアップに入ったら動かない

・他の人がラインを読んでいるときに傾斜を読む
(自分の番になったら直ぐに打てるように準備)

・自分が最初にパットする場合、
 少し待たせてしまうのは大目に見てもらいます
(進行が遅延している場合はスピードを重視)


と、こんな感じですね。



■ スロープレー防止のチェックリスト


一応、スロープレー防止のチェックリスト
を掲載しておきます。


[ ] 余裕をもってスタートホールに行く
[ ] 自分の実力にあわせたティグラウンドでプレーしている
[ ] コースレイアウトを教えあう(打つ番になる前に確認しておく)
[ ] ボールを打つ以外の人が、ボールの落ち場所を見てあげる
[ ] ミスショットしたらクラブを数本もって移動
  (使う可能性があるクラブを持つ)
[ ] ボールは2個以上持ち歩く
[ ] ヤーデージ表示方法を確認しておく
[ ] 前の組の位置を把握している(打ち込み防止、遅延防止)
[ ] ボール探しを手伝う(すぐには打つ番にならない人が手伝う)
[ ] ボールを全員で探さない(自分のボールを打つのが優先)
[ ] 他のプレーヤーの状況を把握している
  (自分の番になったらスムーズに打てます)
[ ] クラブ交換は、カートに乗っている人が補助してあげる
[ ] カートは安全な範囲で、できるだけ前に移動する
  (カートは歩くより遅いことが多い)
[ ] 予備ボール、ティーペッグは取り出しやすい位置においておく
[ ] ボールが曲がって林に入ったとき、木の形などを覚えて、      
   できるだけ正確な位置を確認しておく
[ ] グリーン上でスコアをつけない
[ ] グリーンに近づいたら、アプローチ用クラブとパターを持っていく
[ ] カートをグリーン脇に止めた人はパターをまとめて持っていく
[ ] 苦労しているプレーヤーを補助する(バンカーならしを手伝うなど)
[ ] ピンはカップに近いプレーヤーが持つ、抜く
[ ] 最初にホールアウトした人がピンを持つ
[ ] ホールアウト後、クラブをしまわずに移動
[ ] ボールを探す時間を短くする(最大でも5分)
[ ] リズムよく歩く(走るのはミスショットにつながります)


意識するだけでも、スロープレーを防止できます。


全てのコツをマスターすれば、
それほど急がずにプレーしても
ハーフ2時間以内でラウンドできます。


プレーがスムーズになるので
ゲームに集中してゴルフを
楽しめるようになりますよ。


是非、バタバタ走るのではなく、
「スロープレーを防止するコツ」を
マスターしてください。



こんにちは、アオイです。


あなたは、グリーンを狙うショットで、どこを狙いますか?


ピン?
グリーンセンター?

どちらも正解ですが、


より【安全】に【スコアをまとめる】ことを重視するなら、

こちらをご覧ください。


ゴルフのスコアをまとめるには
グリーンの狙い場所も重要です。

こちらの記事を参考にして下さい。

3パットを減らすグリーンの狙い方
3パットを減らすグリーンの狙い方


参考になれば幸いです。

FROM:アオイ



「毎回、後半のスコアがくずれます・・・」



こんにちは、アオイです。
メルマガ読者さんから、ご相談を頂きました。



もし、あなたも、

「毎回、後半になるとスコアがくずれる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、お悩みなら、今回の記事を参考にしてください。


「前半と同じスコアでラウンドする方法」をご紹介します。





■ 後半のスコアがくずれる・・・問題は集中力?


<頂いた質問> 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

18ホール集中力が維持できない。
前半は40前半でラウンドしますが、後半になると50回ほどのスコアです。
なぜか毎回こんな状態です。
ラウンド終了するとスコアは必ず83から93です。
是非1ラウンド集中力を維持できる方法があれば教えてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


実は、私もこの症状に悩んだことがあります。


で、あることを気をつけるようにしたところ・・・

「後半のスコアが崩れる」を防止できました。




毎回ということであれば、

問題は集中力というより・・・


「体力」です!


スコアが良ければ、集中力は継続されるのが普通ですから、
前半のスコアが良いのに、後半になって集中力が急に落ちるのは考え難いです。


後半になるほど、ショットが安定しなくなる。
スライスがでる、トップ、ザックリが増える。


ということでしたら、問題は、「体力」です。


特に、「足の疲労」がスイングを乱します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「バックスイングで右ひざを動かさない」の重要性はご理解されていますよね?


足が疲れてくると、気づかないうちに「バックスイングで右ひざを動かさない」
ができなくなります。


解決策は3つあります。



1.前半のラウンドでは、体力を温存する。
 特に「足の疲労」をためないようにします。
 ラフを歩かないようにする、できるだけカートにのる、
 素振りの回数をへらす、待ち時間は座っている、などです。


2.トレーニングにより、体力を増強する
 日常から、「エレベータの使用を少なくして、
 階段を使うようにする」という程度でokです。


3.疲れてくる後半は「バックスイングで右ひざを動かさない」を気をつける
 通常より、意識を強めることで、
 「バックスイングで右ひざを動かさない」を実践できるようになります。


是非、お試しください。


後半も、前半と同じスコアでラウンドできれば、
平均スコアが大幅にアップしますよ。


冬のゴルフのマネージメント



寒い季節は、いつもより飛距離が出なくなります



それは、

・寒さでボールが硬くなってしまう
・寒さでスイングアークが小さくなり、ヘッドスピードが遅くなる



ルールでは意図的にボールを温めるのは違反になるらしいです。



ラウンド前にストレッチをすることで、スイングアークを通常どおりにす
ることが可能です。


ゴルフは「肘」と「腰」に負担がかかるスポーツです。


いわゆる「ゴルフ肘」はダフリが原因のひとつといわれています。
冬に芝がすくなくなり、硬くなった地面でダフルと肘を痛めてしまいます。


怪我防止のためにも十分にストレッチしましょう。



また、寒いときのラウンドでは飛距離がおちること覚えておきましょう。


わかっていれば、飛距離が落ちることでストレスに感じなくてすみます。
そして、クラブ番手選びで考慮できます。





【今回のポイント】

寒い季節のゴルフの注意点
「飛距離がおちることを前提にしたマネージメントが大切」
「怪我防止のためにもストレッチが大切」



防寒についてはサイトでもご紹介しています。
冬のゴルフの寒さ対策


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ