アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: コースマネージメント

冬のゴルフのマネージメント



寒い季節は、いつもより飛距離が出なくなります



それは、

・寒さでボールが硬くなってしまう
・寒さでスイングアークが小さくなり、ヘッドスピードが遅くなる



ルールでは意図的にボールを温めるのは違反になるらしいです。



ラウンド前にストレッチをすることで、スイングアークを通常どおりにす
ることが可能です。


ゴルフは「肘」と「腰」に負担がかかるスポーツです。


いわゆる「ゴルフ肘」はダフリが原因のひとつといわれています。
冬に芝がすくなくなり、硬くなった地面でダフルと肘を痛めてしまいます。


怪我防止のためにも十分にストレッチしましょう。



また、寒いときのラウンドでは飛距離がおちること覚えておきましょう。


わかっていれば、飛距離が落ちることでストレスに感じなくてすみます。
そして、クラブ番手選びで考慮できます。





【今回のポイント】

寒い季節のゴルフの注意点
「飛距離がおちることを前提にしたマネージメントが大切」
「怪我防止のためにもストレッチが大切」



防寒についてはサイトでもご紹介しています。
冬のゴルフの寒さ対策


冬のゴルフのマネージメント



寒い季節は、いつもより飛距離が出なくなります



それは、

・寒さでボールが硬くなってしまう
・寒さでスイングアークが小さくなり、ヘッドスピードが遅くなる



ルールでは意図的にボールを温めるのは違反になるらしいです。



ラウンド前にストレッチをすることで、スイングアークを通常どおりにす
ることが可能です。


ゴルフは「肘」と「腰」に負担がかかるスポーツです。


いわゆる「ゴルフ肘」はダフリが原因のひとつといわれています。
冬に芝がすくなくなり、硬くなった地面でダフルと肘を痛めてしまいます。


怪我防止のためにも十分にストレッチしましょう。



また、寒いときのラウンドでは飛距離がおちること覚えておきましょう。


わかっていれば、飛距離が落ちることでストレスに感じなくてすみます。
そして、クラブ番手選びで考慮できます。





【今回のポイント】

寒い季節のゴルフの注意点
「飛距離がおちることを前提にしたマネージメントが大切」
「怪我防止のためにもストレッチが大切」



防寒についてはサイトでもご紹介しています。
冬のゴルフの寒さ対策


あなたは、こんな経験をしたことがないですか?


「それまで調子が良かったのに、ラウンド中に前の組を待ってから打ったショッ
トがミスショットになった」


原因は幾つかあります。


「待つことで体温が下がった」
「それまで整えていたスイングリズムを忘れた」
「前の組が空いた時に、後ろの組も待っているので急いでボールを打った」


これでは、ミスショットして当たり前ですね。


では、どうするのか?


「待ち時間の間に、素振りやストレッチをして、リズムを整える」
「ショットを打つ時は、後ろの組を気にしないで、これから打つ打球に集中す
る。」


どうせ待ち時間が発生しているラウンドです。
あなたが今のショットを急いでも、遅延プレーの防止にはなりません。
それよりも、自分のゴルフに集中しましょう。


あなたは、こんな経験をしたことがないですか?


「それまで調子が良かったのに、ラウンド中に前の組を待ってから打ったショッ
トがミスショットになった」


原因は幾つかあります。


「待つことで体温が下がった」
「それまで整えていたスイングリズムを忘れた」
「前の組が空いた時に、後ろの組も待っているので急いでボールを打った」


これでは、ミスショットして当たり前ですね。


では、どうするのか?


「待ち時間の間に、素振りやストレッチをして、リズムを整える」
「ショットを打つ時は、後ろの組を気にしないで、これから打つ打球に集中す
る。」


どうせ待ち時間が発生しているラウンドです。
あなたが今のショットを急いでも、遅延プレーの防止にはなりません。
それよりも、自分のゴルフに集中しましょう。


あなたはラウンドの前に打球練習をしているでしょうか?


打球練習はした方が良いですよ。


その日の調子を見る、リズムを整える。
ラウンド前には打球練習をしましょう。


では、どのように練習するか?


私は、次の順番にリズムを重視して練習します。
アプローチ → ショートアイアン → ミドルアイアン → ウッド


この順番なら、クラブの重さを感じながら、スムーズに調子が整うからです。


スタートホールを想定してボールを打つのも良いでしょう。
アプローチを念入りにするのも良いと思います。


玉数は、疲れない程度がお勧めです。


してはいけないのは、
「時間がないので、急いで打球練習をすること」


これではスイングのリズムがおかしくなってしまいます。
時間に余裕をもってゴルフ場に行きましょう。


スタート前の理想的な過ごし方は


「ゴルフ場に余裕をもって到着」
「充分なストレッチ」
「落ち着いて打球練習」
「余裕をもってパッティング練習」


です。


決まったパターンを作るのがベストです。
ラウンド前の行動もルーティーンを作ってしまいましょう。

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ