アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: コースマネージメント

98_8489083

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「ショートホールのティアップが高すぎる」


この間違いは多くのゴルファーがしています

もしかすると、あなたも
同じ間違いをしているかもしれません。


ティアップが高すぎると
ミスショットになる確率が高まります。

ティアップが高すぎると
飛距離が落ちたり、
ダフリの原因になります。

もしあなたが、ショートホールで

「アイアンの飛距離が出ない」、
「ダフリやすい」

と悩んでいるならティアップの高さに
問題があるかもしれません。


ということで、今日は
「ショートホールでの適正なティアップの高さ」
をシェアします。


■ショートホールでの適正なティアップの高さ


(1)ティアップが高いとダフりやすい

ショートホールでティアップをするとき
「ダフりたくない」という心理から、
ティアップが高くなりがちです。

しかし、ティアップが高いために
ダフっているケースが多いのです。

なぜでしょうか?

ティアップを高くすると
アッパーブローに打ちたくなります。

すると、ボールを右から覗きこむような
アドレスになりやすいです。

スイング軸が右に傾くのです。

スイング軸が右に傾くと、
通常よりもスイングの最下点が
右に移動します。

スイングの最下点が
ボールの手前になるのです。

そのためダフリやすくなります。

ダフリが怖くてティアップを高くしているのに、
逆効果なのです。

ボールを右から見るのではなく、
上から見下ろすようにしましょう。

アッパーに打つ癖がある場合は、
ボールの左側を見るくらいで調度良いです。

ボールの左側を見る意識でアドレスすると
スイング軸が右に傾くのを矯正できます。



(2)ティアップが高すぎると飛距離が落ちる

ティアップが高すぎると
クラブがボールの下に潜りやすくなります。

ボールがフェースの上にあたり、
飛距離が大きくさがるリスクがあります。




(3)芝の葉先とティーの高さをそろえる

では、どのくらいの高さが適正なのか?

ティグラインドの芝の葉先と
ティーの高さをそろえるぐらいが調度良いです。

ちょうど薄い芝の上に「ふわり」とボールが
浮いているような状態です

 * * *

ダフリが怖くてティアップを高くしているために、
逆にダフリやすくなる。

ゴルフではこのように、
「不安のためにミスを誘発する」
というケースが多いです。

不安に負けず、いつもどおりの
プレーを守りましょう。


応援しています。




■追伸

ちなみに私も以前は「ティアップが高すぎる」という
間違いをしていました。

このちょっとした間違いにより
ショットが安定しないと悩んだ時期があります。

ティアップの高さを適正にすることで
ショットが安定しました。

参考になれば幸いです。

golfing-219993_150

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「どうすれば、ショートホールでニアピンを取れるのか?」


短いショートホールは
ニアピンを取りたいですよね?

特にギャラリーが見ているときは、
ピンの近くに「ビタッ!」とボールを打てると
気持ちいいです。


ということで、今日は
「ショートホールでニアピンを取る2つのテクニック」
をシェアします。


■ショートホールでニアピンを取る2つのテクニック

テクニックというより、
むしろ基本といえるかもしれませんが、

意外とできていないポイントが2つあります。


(1)ショートホールはアドレスの方向がズレやすい

グリーンまでの距離が短いと
アドレスの方向が狂いやすいです。

右を向いてしまいがちなのです。

「ナイスショットしても右に外すことが多い」

という場合は、

アドレスで右を向いている可能性が
とても高いです。

後方から目標を確認して、
ボールの近くにスパット(目印)を見つけましょう。

スパットを使うと練習場に近い感覚で
アドレスができます。

狙った方向に正しくアドレスを
しやすくなります。

ショートホールにかぎらず、
狙った方向にボールを打つために
スパットを活用しましょう。



(2)目線の高さが大切

ショートホールは打ち下ろしが多いです。

グリーンが下に見えるので、
目線が低くなりやすいです。

目線が低くなると、いつもよりも
上から鋭角に打ちこみがちです。

すると、ダフりやすくなります。

「打ち下ろしのショートホールでダフりやすい」

という場合は、
目線が低くなっている可能性が高いです。


「打ち下ろしは、目線を高めにする」
 
「打ち上げは、目線を低くする。」

という意識で調度良いです。

目線の高さがいつもと変わると
スイングが崩れます。

打ち下ろし、打ち上げのホールは
目線の高さをいつもと同じにするように
気をつけましょう。


 * * *


ご紹介した2つは、知ってしまえば
すぐに対応できます。

しかし、知らないために
スコアで損をしている方は多いです。


もしあなたが
「ショートホールで右に打ってしまう」
という場合はアドレスの向きをチェックして下さい。


もしあなたが
「ショートホールでダフル」
という場合は目線の高さをチェックして下さい。


知ってしまえば簡単なことですが、
ニアピンの数を増やせますよ。

次のラウンドでは、ピンの近くに「ビタッ!」と
ボールを打ち、ライバルを驚かせましょう!

応援しています。


run

From:アオイ

札幌の自宅より、、、

こんにちは、アオイです。

「ゴルフのスイングリズムを安定させる方法とは?」



ゴルフのスイングはリズムが大事です。

多少、スイングに癖があっても、
リズムさえ良ければ、ナイスショットを
打てるものです。


しかし、どんなにスイングが良くても
リズムが悪いとダメです。

狙った場所に飛ばなくなります。


ということで、今日は
「スイングリズムを安定させる方法」
をシェアします。



■スイングリズムを安定させる方法


ミスショットをするとボールに向かって
バタバタと走りだす人がいます。


「もったいないなー」って思います。


ミスショットを打つ。

ボールに向かって走りだす。

ボールを打とうとしているときは、
呼吸が早くなっている。


こんな状況でリズムの良いスイングができるでしょうか?

まず無理です。

「呼吸が早くなるとスイングのリズムが早くなります」

ナイスショットは期待できません。

スイングのリズムが早いと、
バックスイングで肩の回転が不足しがちです。

スライスになりやすいです。

ミスショットの連続になるわけです。

プレーを早くしようと、走ったのに
むしろプレーが遅くなります。



■ラウンド中は走ってはいけない

もしあなたも、ラウンド中に走ることがあるなら、

次のラウンドから「ラウンド中は走らない」を
徹底して下さい。

それだけでスコアが良くなります。

「歩くリズムは常に一定にしましょう」

上手いプレーヤーは、歩くリズムが一定です。

上手いからリズムよく歩いてプレーできるのではなく、
リズム良く歩くから、上手いのです。



■ボールの行方をしっかりと確認する

ミスショットをして走る人は、

「ミスショットをしたら、
ボールを探すのに時間がかかる」

「だから急いでボールを探しにいく」

と考えている方も多いようです。


走ってボールを探しにいくよりも、

「ボールの行方をしっかりと確認しましょう」


ボールの落ち場所を確認するのはもちろん、
ボールが最終的に止まった場所を確認します。

そして、ボールが止まった場所の近くに
目印を見つけます。


ボールを打った地点から、
ボールが止まったと思われる場所に向かって、
真っ直ぐに歩きます。

真っ直ぐにボールに向かって歩くと
思ったよりも飛んでいなかった場合でも
途中でボールを発見できます。


走るよりも、ボールの行方をしっかりと確認する方が
プレーが早くなります。

ボールが止まった場所を確認してから歩くと、
次のショットをどう打つか考える余裕が生まれます。

ミスショットをしてもリカバリーができるので
スコアを崩さずにすみます。

バタバタと走って、ボールを見つけてから
次の攻め方を考えていては
コース戦略もおろそかになります。


 * * *

「ラウンド中は走らない」

「ボールの行方をしっかりと確認する」


小さなことですが、
スコアを減らす効果は高いです。

参考になれば幸いです。

応援しています。



checklist

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「なぜ、練習場では調子が良くても、
なかなか100が切れないのか?」

理由の1つは
「自分のスイングの実力を正しく把握していない」
というもの。

「自分の実力ならよく知っているよ」

と思うかもしれませんが、、、

本当にそうでしょうか?

例えば、

・ドライバーの飛距離を把握していますか?
 キャリーとランの距離は?

・7番アイアンの飛距離や、
 どのくらい曲がるかを把握していますか?

・アイアンの
 ミスの傾向を知っていますか?

・苦手な傾斜を把握していますか?
 どんなミスが多いかご存じですか?


自分の実力を知らなければ、
何を練習すべきかわかりませんし、

ラウンド中も何を気をつけるかわからず、
漠然と不安を感じるだけです。

自分の実力を知れば、
スコアを崩さないコース戦略を
立てることができます。

スイングを変えずに、平均スコアを良くし、
ベストスコアを狙えます。

ということで、今日は
「スイングを変えずにベストスコアを出す方法」
をご紹介します。


■自分の実力を知る

(1)練習場は実力を知る場所でもある

練習場はスキル向上をめざすだけの場所ではありません。

自分の実力を知るための場所でもあります。

スイング作りだけでなく、
実力確認を行いましょう。


(2)飛距離と曲がり幅を知る

全てのクラブで自分の実力をチェックします。

飛距離はどのくらいか?
どのくらい曲がるか?
前後左右でどのくらいにばらつくか?

全てのクラブをチェックするのが大変であれば、
以下のようにグループ化して
チェックしてもよいです。

・ドライバー
・FW(ラウンドでよく使うクラブ)
・ロングアイアン
・ミドルアイアン
・ショートアイアン
・ウェッジ

クラブ毎に自分の実力をしれば、
バンカー超えや、谷越などで
無謀な攻めをすることもなくなります。

必要以上に守りのゴルフをせずに、
強気のゴルフができるようにもなります。


(3)コントロールショットを確認

アイアンやウェッジはコントールショットについても、
飛距離と曲がり幅を確認しておきます。

より緻密はコース戦略ができるようになります。


(4)100ヤード以内のショット

100ヤード以内のショットは
スコアに直結します。

30、50、70ヤードなどの中途半端な距離の
アプローチの距離感、左右のズレ幅を
チェックしましょう。


■ラウンド時は状況を正確に把握する

自分の飛距離や、ミスの傾向を把握していれば、
無謀な攻めをしてスコアを崩さずにすみます。

必要以上に「守りのゴルフ」をせずに、
「攻めのゴルフ」をできます。

そのためには、

自分の実力を知り、
ラウンド時は状況を正確に把握し、
コース戦略を立てましょう。

・傾斜は?
・ライは?
・風は?
・目標までの残り距離は?
・障害物までの距離は?キャリーで超える?

自分の実力を知り、
コースの状況を把握し、戦略を立てれば、

今のスイングのままでも、
スコアは良くなります。


■スコアを数えるのに忙しい?

ゴルフをはじめたばかりの頃は、
スコアを数えるのに忙しいですよね。

コースマネジメントを考えている余裕は、
ないかもしれません。

もしそうであれば、

「ゴルフスコアを数えない」

というのも良い方法です。

スコアを数える手間を省くかわりに、
コース戦略に集中します。

上達が早くなりますし、
もっとゴルフを楽しめます。

プライベートでプレーをしているときは、
スコアを数える義務はないのです。


 * * *

ゴルフって総合力のスポーツです。

スイング、メンタル、コース戦略、クラブ選び、、、

バランスよく知識をつけることで、
スコアは伸びますし、
ゴルフはもっと楽しくなります。

参考になれば幸いです。

golf-313187_150

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

『ショートホールは、確実にパーオンしたいですよね?』

パーオンすれば、
バーディーやパーを取れる確率は高いです。

逆にショートホールでグリーンを外すと
スコアを崩しやすいです。

グリーンまわりに、
スコアを崩しやすいワナが多いからです。

ショートホールは、
ティーアップして打てる代わりに、
グリーンまわりは難しくなっています。

谷、池、深いバンカー、OBなどが、
通常よりも厳しく配置されています。

そのため、

スコアを崩さないために
「ショートホールは確実にパーオンする」
必要があります。

ということで、今日は
「ショートホールを確実にパーオンする方法」
をシェアします。


■ショートホールを確実にパーオンする方法

(1)「打ち上げ」「打ち下ろし」を把握

「打ち上げ」「打ち下ろし」の
度合いを確認しましょう。

高低差の大きさにより
クラブの番手が変わります。

長いクラブほど、
高低差の影響を受けます。

短いクラブほど、
高低差の影響は少なくなります。

クラブを選ぶ前に、
「打ち上げ」、「打ち下ろし」を確認しましょう。

(2)キャリーとランの距離が変わる

打ち上げは、キャリーが減り、
ランが増えます。

打ち下ろしは、キャリーが増え、
ランが減ります。

キャリーとランを把握していると、
攻めのゴルフをしやすくなります。


(3)風の影響に注意

ショートホールだけではないですが、
必ず風を確認しましょう。

特に、打ち下ろしは風の影響が強くなります。
空中を飛んでいる時間が長くなるからです。

ティーグランドでは風を感じなくても
グリーン上空では風が吹いている場合もあります。


(4)ロフトを信じて打つ

打ち上げのホールは、
ボールを高く上げたくなります。

一番いけないのは、
ボールを打つ前に体が起き上がる動きです。

ボールはクラブが上げてくれます。

クラブのロフト信じて
いつも通りに打ちましょう。


(5)目線をいつも通りに

打ち下ろしは、
目線が低くなりやすいです。

打ち上げは、
目線が高くなりやすいです。

目線の高さが変わると
スイングが変わります。

ティーグラウンドと、
グリーンに高低差があっても、
目線はいつもどおりにしましょう。

(6)グリーンセンターを狙う

ショートホールはピンを狙いたくなりますが、
アイアンに絶対の自信がない場合は、

「常にグリーンセンターを狙う」という方法も良いです。
グリーンを外す確率が少なくなりますし、

グリーンセンターに乗せれば、
ファーストパットもそれほど長くなりません。



 * * *

ショートホールを攻略するポイントは、
他にもいくつかありますが、

ショートホールで、
「攻めのゴルフ」をするには、
アイアンを「ダウンブロー」に打つ必要があります。

ダウンブローに打てると、
アイアンの飛距離が伸びるので、短い番手を使えます。

打球の回転が増えるので、
キャリーの距離が伸びて、
グリーンで「ピタッ」と止まるボールになります。

「短い番手を使える」、「グリーンでボールが止まる」ため、
バンカー超えの位置でもピンを狙えます。

ティーアップしたボールを打つ場合でも、
ダウンブローに打てる方が有利なのです。

参考になれば幸いです。


■追伸

ところで、平日にラウンドすると、
「いつもより、カップの位置が難しい」
と感じませんか?

土曜、日曜のゴルフ場は来場者が増えます。

スムーズにラウンドができるように
やさしい位置にカップが切られています。

平日は来場者が少ないので、
カップの位置が難しくなる傾向があります。

ダウンブローに打てると、
カップの位置が難しくても
攻めのゴルフができます。

平日のラウンドが多いゴルファーは、
土日にラウンドするゴルファーよりも、

ダウンブローを身につける価値が高いかもしれませんね。
あなたはどう思いますか?

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ