アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: コースマネージメント

resize


今回は「フェアウェイバンカーの打ち方と攻略法」をご紹介します。


バンカーには大きく分けて2種類あります。


・ガードバンカー (guard bunker)

グリーンの周りにあり、グリーンをガードする目的のバンカーです。
ガードバンカーには幾つか役目があります。

たとえば、

グリーン直前にあるバンカーは、
転がして寄せるルートを阻止します。

グリーン奥にあるバンカーは、
グリーンを超えたボールがOBにならないように救済する役目があります。


・フェアウェイバンカー (fairway bunker)

フェアウェイの途中にあり、多くはティーショットを難しくさせるためのバンカーです。
フェアウェイを横切るように作られているバンカーはクロスバンカーともいいます。


「バンカーの打ち方」というと、多くのゴルファーが
「ガードバンカーの打ち方」をイメージするでしょう。


ガードバンカーの打ち方を学ぶゴルファーは多いのですが、
フェアウェイバンカーの対策を知らないゴルファーも多いです。


フェアウェイバンカーはハザード(障害物)ですので、
対策を知らないと、スコアが悪くなります。



フェアウェイバンカーの対策を知っておくと
スコアを崩さずにすみます。



では、「フェアウェイバンカーの打ち方と攻略法」
をご紹介します。



■「フェアウェイバンカーの打ち方と攻略法」

フェアウェイバンカーを攻略するには「手順」が大切です。

次の手順でボールを打ちます。


(1)ライを確認

フェアーウェイバンカーはボールが少しでも埋まると
通常どおりにはボールを打てません。

半分も埋まっていたら、距離を出すのも
グリーンを狙うのも難しいです。

「脱出最優先」です。

ボールが埋まっていたら、ボールを直接打たず、
エクスプロージョンで脱出しましょう。


(2)アゴの高さ

次にチェックするのはアゴの高さです。

距離が出るクラブほど、ボールが低く飛びだします。

最低でもアゴを超える番手を選ぶ必要があります。

迷ったら短い番手を使いましょう。

アゴを超えずにバンカーを脱出できないのが、
一番ダメなパターンです。

フェアーウェイバンカーは、
グリーンを狙いたくなる距離にあるものですが、

アゴを超える番手が選べない場合は、
グリーンを狙うのは諦め、
次のショットをフェアーウェイから打てるように
狙う方向を調整しましょう。


フェアーウェイバンカーは「障害物」です。
無理をすると、傷口を広げてしまいます。


「手順」を守り、冷静に「状況判断」をすれば、
スコアを崩さずにすみますよ。


以上、参考になれば幸いです。

leaf-183284_150


あなたは
「雨のラウンドは楽しめない、スコアが崩れる」
と悩んでいませんか?


コツを知っていれば、雨の日でも快適にゴルフを楽しめますよ。


ということで
「雨ラウンドを快適に楽しみながら、良いスコアを出すコツ」
をご紹介します。



<準備編>

雨のラウンドを快適に楽しむには「準備」が大切です。


●レインウェア

ゴルフ用のレインウェアをオススメします。

ゴルフ用のレインウェアは
スイングの邪魔をしない作りになっています。

運動をしても湿気がこもらないので快適です。

長年使っていると防水加工が弱くなります。
そんな場合は「防水スプレー」を使いましょう。


●雨に強いシューズ

雨の日に晴天時と同じシューズを履いてプレーすると、
滑りやすかったり、靴の中に水が染み込んできたりします。

シューズの中が濡れていると、集中力が低下します。

雨水の侵入を防ぐシューズもありますので
一足用意しておくと便利です。


●タオル

雨の日は複数枚のタオルがあると便利です。

濡れたグリップや、服を拭けるように
予備を用意してバックに入れておきましょう。


●グローブ

全天候型の人工皮革がオススメです。
最低でもハーフ2枚、合計4枚は用意しましょう。


●自分用の傘

ゴルフ場についている傘よりも軽量で大きなものが多く
快適なラウンドが出来ます。

傘はゴルフ場で貸してくれるので、
荷物を増やしたくない場合は、
自前で用意しなくても大丈夫です。


●メガネよりもコンタクト

メガネは雨のしずくがついて、集中力が低下します。

雨ラウンドは忙しいのに、
メガネを拭くという作業が増えてしまいます。

お勧めは「使い捨てのコンタクトレンズ」です。

コンタクトレンズなら、雨のしずくを気にすることもなく
ラウンドに余裕が生まれますよ。

1日1枚の使い捨てのコンタクトレンズもあります。
1枚100円程度ですので、雨ラウンド用に用意しても良いでしょう。

私も以前はメガネをしていたのですが、
ゴルフの時にメガネが邪魔だったので
ワンデー(1日使い捨て)のコンタクトを使いはじめました。

あまりに快適なので、今では毎日、ワンデーコンタクトを使っています。


●雨用キャップ

頭が濡れると集中力が低下します。
雨水がしみこまないキャップがあると便利です。



<ラウンド編>

ラウンド中にも注意が必要です。

●カラダを濡らさない

極力、雨で身体を濡らさないようにしましょう。
自前の大きい傘を使うと、濡れにくいです。

待ち時間は屋根のある場所にいるようにしましょう。


●グリップを濡らさない

グリップが濡れて滑ると、力みの原因になります。
「グリップは濡らさない」、「濡れたら拭く」を徹底しましょう。


●グロープ

こまめに交換しましょう。
3ホールに1回は交換した方が良いです。


●グリーン

雨に濡れるとグリーンが遅くなります。
いつもより、ラインは浅めに読み、
タッチを強めにしましょう。


●飛距離

雨の日は飛距離が落ちます。

雨の抵抗でボールが飛ばないのと、レインウェアを着ることで
身体も回しづらくなるからです。

無理していつもの距離を出そうとするのはNGです。

大き目のクラブを持って、コンパクトなスイングを心がけましょう。


●リズム

雨ラウンドではリズムが早くなりがちです。
意識的にゆったりとしたリズムを心がけましょう。


以上。

「雨ラウンドを快適に楽しみながら、良いスコアを出すコツ」
をご紹介しました。


沢山ご紹介しましたが、慣れると当たり前のように実行できます。

参考になれば幸いです。

golf-course-100429_150


「ゴルフは大好きだけど、ストレスを感じることがある」

と友人に相談を受けました。


その友人はゴルフが大好きで、頻繁にラウンドをしています。

それなのに、

「大叩きするかも」と常に「ストレス」を感じているそうです。

せっかくのラウンドです。

ストレスを感じずに、楽しくラウンドをしたいですよね?


ということで「ストレスの無い、賢いラウンドをするコツ」をご紹介します。

このコツを知れば、ラウンドからストレスがなくなり
スコアも良くなります。


●「練習」と「ラウンド」で考え方を変える


まず、練習とラウンドで考え方を変えます。


具体的には、

「練習場では技術を磨く」

「ラウンドでは今ある技術で、スコアを縮める」

と考えを区別します。

ゴルフの本質は、ナイスショットを打つことではありません。

「いかに今ある技術で、1打でも良いスコアを出すか?」
がゴルフの真髄です。


つまり、コースマネジメントですね。

ラウンドではナイスショットを打たなくても良いのです。

「ナイスショットを打たなくても良い」


「今ある実力で、1打でもスコアを縮めるゲームを楽しむ」


このように考えると、ラウンドでミスショットすることに
不安を感じる必要はありませんよね。



●攻め方はあなたの自由


もしあなたが「ティーショットでドライバーを持たないなんて男らしくない」
と感じているなら、その考え方を捨てましょう。

ゴルフの実力向上には、柔軟なクラブ選択が必須です。

ティーショットをドライバーで打つという決まりはありません。

5Wでも、ユーティリティーでも、アイアンでもいいんです。

極端な話、S/Wやパターだっていいんです。

(以前、一緒にラウンドした方が、打ち下ろしホールで、
 全てのショットでパターだけを使って
 パーをとったのを見たことがあります)

ティーショットから、アプローチまで
使用するクラブは完全にあなたの自由なのです。

ティーショットでドライバーを打つと、
OB、バンカー、池に入る危険性が高い。

そんな不安を感じるときは、
不安を感じないクラブまで番手を下げる。


そして、番手を下げることで、
セカンド以後をどのように攻めるか考える。

このように、今の実力にあわせて「不安を感じない攻め方」を選びましょう。

それがストレスを軽減し、スコアを良くするコツです。

以上、「ストレスの無い、賢いラウンドをするコツ」をご紹介しました。


参考になれば幸いです。


■追伸

「コースマネージメント」について、
過去記事をこちらから読めます。

http://blog.secret-golf.com/archives/cat_1193415.html


golf-course-100429_150

勉強熱心なあなたなら、
コースマネージメントの重要性をご存知でしょう。


ゴルフの練習はしなくても
コースマネージメントの知識を増やすことで、5打くらいは節約できます。



コースマネージメントの種類は沢山あるのですが、

今回は「ドッグレックの攻め方のコツ」を2つご紹介します。



このコツを知れば、ドッグレックで
パーセーブできる回数が増えるでしょう。


●ホール全体を把握する

ドッグレック攻略で大切なことは、

「ホールの全体をできるだけ正確に把握すること」です。


安全なルートを見つけるために、次のことを確認しましょう。


・コースの全長
ドッグレックは距離が短いケースが多いです。


・コーナー(曲がり角)付近の状況
ショートカットする方向に、OB、林、バンカーなどの
ハザードが設置されていることが多いです。

ショートカットを失敗した時にペネルティを受けます。


・コーナーまでの距離
どれだけ打てば、コーナーを超えられるのかを確認します。


・突き抜けOBの危険性
ナイスショットなのに ドッグレッグ外側のフェアウェイを突き抜けてしまい、
思わぬペナルティになることも少なくありません。
距離の短いホールでは、このあたりにも注意しましょう。



●ショートカットの誘惑に負けない

ドッグレックでは距離が最短になるルートを狙いたくなりますが、

最短ルートには、OB、バンカー、林など危険が沢山あります。


ハザードに入らなくても、木が邪魔になり、
セカンドショットでグリーンをねらえなくなるケースも多いです。


「ドッグレックは、遠回りでも安全ルートの広い場所にボールを打つ」


この攻め方で、安全にパーセーブ出来ます。

参考になれば幸いです。



■ 追伸

「コースマネージメント」について、
過去の記事をこちらにまとめました。

http://blog.secret-golf.com/archives/cat_1193415.html


コースマネージメントは「知識」なので、
練習をしなくてもスコアがアップします。参考になれば幸いです。


参考になる記事がありましたら、
「いいね」を押して頂けると励みになります。

golfing-78257_150


「ゴルフバックの中で最も大切なクラブを3本選ぶとしたら何か?」

あなたなら、どの3本を選びますか?


この問いに、伝説のゴルファー、ベン・ホーガンは

「1にドライバー
 2にパター
 3にウェッジ」

と答えたそうです。

同じ質問をトッププロにすると、順番は変わるのですが
3本の種類は同じになるそうです。


では、この大切なドライバーについてですが、


「ドライバーを打つときに一番気をつけるべきことは何か?」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これを知らずに、苦労している方は多いです。
これを知っていると、良いスコアでラウンドできます。


「ドライバーを打つときに一番気をつけるべきことはOB、池、林に入れないこと」


「当たり前だよ」と思うかもしれませんが、


100を切れずに悩んでいるゴルファーは
「できるだけ飛ばそう」「2打目を出来るだけグリーンの近くから打とう」
ということを優先に考えます。

そして、無理をしてスコアを崩します。


上級者やプロはこう考えます。

「2打目でグリーンを狙えればいい」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

出来るだけグリーンに近づけようという意識をしてはいません。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

チョロやテンプラ、スライスやフックなど
ミスショットが出ても、OBや池や林に入らなければ、
まだ大丈夫です。

OB、池、林に入ると、ほぼパーは取れなくなりますが、
そういうところに入らなければ、パーをとれる可能性が十分あるからです。


ドライバーは飛距離が出やすいクラブです。
無理に飛ばそうとする必要はありません。


ドライバーで大切なことは

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「飛距離よりも、方向性とコースマネージメント」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これを徹底すると、スコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ