アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: スイング上達

josigorufa
続きを読む

club1
続きを読む

driver7


FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「なぜ、手打ちになるのか?」

「手打ち」とは体の回転でなく、
腕の力でボールを打とうとしている状態です。

「手打ちのスイング」は
飛距離もロスしスイングも安定しません。

「手打ち」を直すと飛距離アップとスイング安定を
期待できます。

ということで今日は
「手打ちを防いでショットを安定させる方法」
をシェアします。


■手打ちを防いでショットを安定させる方法

(1)手打ちの原因はバックスイング

上手い人は体の動きが主導です。
体の動きに従って手が動きます。

ショットが安定しない人は体が止まって
手先だけでクラブを振っています。

手打ちになる原因はいくつかありますが
一番の原因は「バックスイング」

バックスイングでクラブを「ヒョイ」と
上げてしまうと手打ちになります。


(2)バックスイングで右肩を後ろに引く

手打ちを防ぐにはバックスイングが大切。

「バックスイングで右肩を後ろに引く」
というイメージがオススメです。

手打ちを防止できて
ショットが安定します。

右肩を後ろに引くと
いつもより深く捻転できます。


捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで
飛距離はのびます。

「バックスイングで右肩を後ろに引く」を
お試し下さい。

ショットが安定して飛距離も伸びます。


(2)ヘッドの後ろにペットボトルを置いてテークバックで押す

手打ちを防ぐために次のドリルも有効です。

アドレスしてヘッドの後ろに
中身の入ったペットボトルを置きます。

目標方向にペットボトルの底を向けて倒して置きます。

クラブヘッドでペットボトルを押すように
テークバックをします。


「ヘッドが少し遅れた感じ」を体感できます。

ペットボトルの重さがあるので
手でヒョイとあげられません。

「仮想のペットボトル」をイメージしても良いです。

手打ちを防げるのでショットが安定しますよ。

多くのレッスンプロが推薦する
鉄板のドリルです。

 * * *

手打ちを防いでショットを安定させる方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)手打ちの原因はバックスイング
(2)バックスイングで右肩を後ろに引く
(3)ヘッドの後ろにペットボトルを置いてテークバックで押す

「手打ち」を直すと飛距離アップと
スイング安定を期待できます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!




fw3


FROM:アオイ

「フェアウェイウッドのチョロが多い・・・」

もしあなたが
「フェアウェイウッドを使うとチョロになる」
と悩んでいるなら今回の記事が役に立つでしょう

フェアウェイウッドを安定して打てると
ドライバーのミスをカバーできます。

フェアウェイウッドを安定して打てると
距離の長いコースでも
スコアを落とさずにすみます。

ではどうすれば
「フェアウェイウッドのチョロ」
を防止できるのか?

ということで今日は
「フェアウェイウッドのチョロを直すコツ」
をご紹介します。


■フェアウェイウッドのチョロを直すコツ

フェアウェイウッドでチョロを直す方法は
いくつかありますが、その中の1つをご紹介します。


(1)アッパー軌道で打っていませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと
気づかないうちに「アッパー軌道」になりやすいです。

ドライバーの練習を多くしていると
アッパー軌道になりやすいです。

ティーアップして打つドライバーは
アッパー軌道でも打てます。

地面にあるボールをアッパー軌道で打つことはできません。

ボールの前に地面を叩くか
チョロになってしまいます。



(2)アッパー軌道になる原因は「上げたい気持ち」

アッパー軌道になる原因はいくつかあります。

・飛ばしたいという気持ち

・ドライバーの練習をたくさんしている

・アドレスで体重が右足に多めにかかっている

・アドレスで左肩が右肩に比べて高すぎる

・インパクトで軸が大きく右に傾く

いずれも「ボールを上げたい」という気持ちが根本にあります。

そのために無意識にアッパー軌道になっています。



(3)ボールはクラブが上げてくれる

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

フェアウェイウッドのチョロを直すには
スイングでボールを上げようとしないことです。

「低いボールを打つ」という意識にすると
チョロを直しやすいです。


 * * *

「フェアウェイウッドのチョロを直すコツ」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)アッパー軌道で打っていないかチェック
(2)アッパー軌道になる原因は「上げたい気持ち」
(3)ボールはクラブが上げてくれる

フェアウェイウッドを安定して打てると
ドライバーのミスをカバーできます。

フェアウェイウッドを安定して打てると
ロングホールを良いスコアであがれます。

参考になれば幸いです!



■追伸

もしあなたが「フェアウェイウッドでミスが多い」
と悩んでいるなら

ドライバーの飛距離アップが課題かもしれません。

フェアウェイウッドのミスが多いのは

「ドライバーの飛距離不足により
セカンドショットで無理をしている」


というケースも多いです。

「言われなくてもわかっているよ!」

「飛距離がでないから困ってるんだ!」

と怒られるかもしれませんが、、、

ちょっとしたコツで飛距離が伸びるケースは多いです。

飛距離アップの記事をこちらにまとめています。
参考になれば幸いです。

飛距離アップの記事


kakusokudo

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「ドライバーショットが安定しない・・・」

もしあなたが、こんな悩みを持っているなら
今回の記事が役に立つでしょう。

ドライバーショットが安定しないと
良いスコアでラウンドするのは難しいです。

ドライバーで失敗すると「スコアを崩さないように」
という守りのゴルフになります。

ドライバーが安定すると
バーディーを狙えるラウンドができます。

ということで今日は
「体重移動をやめてドライバーショットを安定させる方法」
をシェアします。


■体重移動でショットが不安定になる

アマチュアの9割は体重移動を意識しすぎで
スイングが不安定になっています。

バックスイングで右に体重を移動し過ぎです。

バックスイングで右足に大きく体重を移動すると
ダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなると
インパクトのタイミングがとても難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば
芯で打てる可能性はあります。

しかし、1ラウンドを通して安定したショットを
打つのは難しいです。

アイアンショットも体重移動は注意が必要です。

バックスイングで右足に大きく体重を移動すると
スイングの最下点が右に移動します。

すると、ダフリやチョロになりやすくなります。

アイアンで正確なショットを打つためにも
バックスイングで過度な体重移動は危険です。


■イ・ボミ選手もスイング軸は移動しない

イ・ボミ選手もドライバーでは
「軸がブレないようにする」
を重視しているそうです。

【動画】イ・ボミ選手のスイング






■体重移動をやめてドライバーショットを安定させる方法

(1)右足の角度をキープ

飛ばそうとして、体を左右に動かしすぎてはダメです。

バックスイングで右膝が右に流れないようにしましょう。

アドレスからインパクトまで
「右膝が正面を向いた状態」を保ちます。


するとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。
ショットが安定します。

右足の内側で体重をうけるイメージです。
外側に体重がのったら動きすぎです。

バックスイングで右足と地面の角度を変えないために
下半身のトレーニングをするプロも多いです。


(2)肩を充分にまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると
飛距離がアップします。

「捻転」とはバックスイング時の、
「肩の回転」と「腰の回転」の『差』です。


捻転を大きくするにはいくつか方法があります。

・肩の力をぬく
・ゆっくりとバックスイングをする
・右肩を後ろに引く

右肩を後ろに引くと
いつもより深く捻転できます。

「肩甲骨を背骨に近づける」という
イメージが良いかもしれません。

バランスを崩さない程度でよいです。

捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで
飛距離はのびます。

 * * *

体重移動をやめてスイングを安定させる方法をご紹介しました。

・右足の角度をキープ
・肩を充分にまわす

もしドライバーショットが安定しないなら
お試し下さい。

ゴルフクラブの進化により
体重移動をしないスイングが主流になっています。

ドライバーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸

飛ばそうとすると本人が気づかないうちに
体重移動を多くしてしまうものです。

ゴルフが上手い人もそうなります。

あなたも気づかないうちに
体重移動をしすぎていませんか?

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ