アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: スイング上達

joshigolf

FROM:アオイ

渋谷のスタバより

「飛ばそうとするほど、飛距離が落ちる」

ゴルファーなら誰もがこんな経験があるでしょう。

なぜ飛ばそうとすると飛距離が落ちるのか?

その理由の1つが「体重移動の意識」です。

最近の大型ヘッドは昔と比べて
体重移動を必要としません。

体重移動をおさえて
体の回転でスイングをした方が
飛距離を伸ばしやすいです。

ということで、今日は
「バックスイングの体重移動と飛距離の関係を伸ばす方法」
をシェアします。


■体重移動で飛距離ロス

アマチュアの9割は体重移動を意識しすぎで
飛距離を落としています。

バックスイングで右に体重を移動し過ぎです。

バックスイングで右足に大きく体重を移動すると
ダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなると
インパクトのタイミングがとても難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば
飛距離がでる可能性があります。

しかし、1ラウンドを通して安定したショットを
打つのは難しいです。

アイアンショットも体重移動は注意が必要です。

バックスイングで右足に大きく体重を移動すると
スイングの最下点が右に移動します。

すると、ダフリやチョロになりやすくなります。

アイアンで正確なショットを打つためにも
バックスイングで過度な体重移動は危険です。



■イ・ボミ選手もスイング軸は移動しない

イ・ボミ選手もドライバーでは
「軸がブレないようにする」
を重視しているそうです。

【動画】イ・ボミ選手のスイング


不調の時はスウェーになり
フックがでるそうです。

(スウェーと言ってもほんの少しでしょうが)



■体重移動をやめて飛距離アップを伸ばす方法


(1)背筋を伸ばしてアドレス

体重移動をおさえて飛距離を伸ばすには
アドレスが重要です。

アゴを少しあげて、背筋を伸ばすと
体の回転がスムーズになります。



(2)「右足のたえ」でスウェーを防止する

回転でスイングをするには、
バックスイングでの「右足のたえ」が重要です。

「バックスイングで右足の内側で力を受け止めます」

右足の全体や、右足の外側で力を受け止めようとすると
スウェーになりやすいです。


「右足の内側で体重をうけとめる」

または

「右膝を正面に向けた状態をキープ」

というイメージがオススメです。


(3)背筋を軸に「クルッ」と回転


ダウンスイング、フォローにかけて
ビハインドボールをキープします。

「頭の位置をボールより右側にキープ」が大切です。

ビハインドボールを保ちながら、
背筋を軸に「クルッ」と回転しましょう。

左右の動きをおさえて、軸をキープすると
回転が早くなります。



体の回転が早くなることで、
ヘッドスピードが速くなります。

ヘッドスピードが速くなり
飛距離が伸びます。


 * * *

バックスイングの体重移動をやめて飛距離を伸ばす方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・背筋を伸ばしてアドレス
・「右足のたえ」でスウェーを防止する
・背筋を軸に「クルッ」と回転

正確に言うと、バックスイングでは
重心が移動します。

バックスイングでは背骨を中心に体をまわし、
両腕が右側に移動します。

その分、右側に重心が移動します。

自分からバックスイングで右に移動すると
大抵の場合、過度な体重移動になります。

参考になれば幸いです。



topofswing

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
ドライバーのショットが安定しています。

スコアが崩れる原因の多くは
ドライバーのミスショットです。

ドライバーショットが安定していると
スコアを大きく崩さずにすみます。

ドライバーショットを
安定させるコツがあります。

ということで、今日は、
「安定したドライバーショットの打ち方」
をシェアします。


■安定したドライバーショットの打ち方

(1)アドレスのチェックが最優先

「ドライバーが安定しないのはスイングに問題がある」と
考えている方は多いですが、、、

実は、、、

「ドライバーが安定しない理由はアドレス」
というケースが多いです。

アドレスに問題があるのに、
スイングを直しては問題が複雑になるだけです。

「ショットが安定しない」と悩んだら
まずはアドレスをチェックしましょう。


ショットを安定させるアドレスの作り方は
こちらを参考にしてください。

ショットを安定させるアドレスの作り方


(2)前傾角度のキープがショットを安定させる

ショットが安定しない大きな理由の1つが、
「スイング中の前傾角度が変わる」
です。

スイング中に前傾角度が変わると、、、

・トップやダフリがでます

・スライスやフックもでます

・飛距離も落ちます

などなど、、、


前傾角度が変わると、
あらゆるミスショットにつながります。


スイング中の前傾角度のキープは
「ナイスショットの必須条件」なわけです。

前傾角度をキープする方法はいくつかありますが
「腰の後ろを固定するドリル」はオススメです。


「腰の後ろを固定」して前傾角度をキープするドリル

ただ、、、前傾角度が変わる原因も
アドレスに問題があるケースが多いです。

アドレスが安定しないと、
上半身がぐらついて前傾角度もキープできませんから。

しつこいようですが、
アドレスのチェックが最優先です。


(3)スウェーを防止して飛距離を伸ばす

飛んで曲がらないショットを打つために
絶対にNGの動きがあります。

それは「スウェー」です。

スウェーはスイング最大の敵です。

ショットが安定しなくなり
飛距離を大幅にロスします。

飛ばそうとしてスウェーをしている
ゴルファーは多いです。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法は
こちら参考にしてください



スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法


 * * *


安定したドライバーショットの打ち方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・アドレスのチェックが最優先

・前傾角度のキープがショットを安定させる

・スウェーを防止して飛距離を伸ばす

あなたは3つ全てを問題なく
出来ているでしょうか?

どれもスイングを安定させるために
重要なポイントです。

ドライバーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できます。

ショットが安定すると、
気持よく振りきれるので
飛距離も出しやすいです。

参考になれば幸いです!




■追伸

「あそこでOBがなければなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

ゴルフは飛距離も重要ですが、
スコアを安定させるには、
ショットの安定性が重要です。

ほんの少しでも、今よりショットが安定すると
スコアはとても良くなりますよ。



situnai5

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ゴルフが確実にうまくなる練習方法」

ゴルフの練習には2種類あります。

「ゴルフが上手くなる練習」と
「やっても無駄な練習」です。

あなたの時間は何よりも貴重です。
無駄にしてはいけません。

ということで今日は

「ゴルフが上手くなる練習」と「やっても無駄な練習」

についてお話しします。


■「ゴルフが上手くなる練習」と「やっても無駄な練習」


(1)自分を知る!

上達するために最初のステップは
「自分を知る」ということ。

医者を例にすると
わかりやすいかもしれません。

医者が病気を治療する時に
最初に行うのが「診断」です。

診断をほとんどせず
「とりあえず手術しましょうか」
なんていう医者は嫌ですよね?

(嫌というか、怖いです・・・)

「そんなの当たり前だよ」と思うでしょうが
ゴルフになるとできないものです。

今の自分のスイングを知らずに
とりあえずボールを打っているゴルファーは多いです。

これは診断をせずに手術をする医者と同じです。

効果がないだけでなく、むしろ悪影響があります。

「ボールをひたすら打つ」という反復練習は
今のスイングを固める効果があります。

悪いスイングを繰り返すと
悪いスイングが定着します。

スイングを磨いて上達するには
「今の自分のスイングを把握する」
が上達の近道です。

今の自分のスイングを明確にすることで
理想のスイングに近づけることができます。

今の自分のスイングを把握するために
鏡でスイングをチェックしましょう。

スイングを撮影してチェックしましょう。

面倒に思うかもしれませんが
それが上達の近道です。

ちなみに私が利用する練習場は
ボールを打つ度にスイングを自動で撮影して
自動で再生してくれます。

自分のスイングを常に客観的に見ることができて
気に入っています。

あなたも近くにそんな練習場があったら
ぜひ利用してください。


(2)練習テーマを1つに絞る

練習を行うときはテーマを1つに絞ると良いです。

スイングを直すのは簡単ではありません。

まとめて直したくなる気持ちはわかります。

でも、テーマを1つに決めましょう。

ゴルフスイングは一瞬です。

その一瞬で複数のテーマを直すなんて無理です。

1つ1つ課題をクリアしましょう。

それが上達の近道です。


(3)アドレスとテークバックをメインに練習する

上手い人は知っています。

ゴルフスイングは「アドレス」が何よりも重要だと。

その次に大切なのは「テークバック」です。

スイングの問題の9割は
アドレスとテークバックにあると考えて良いです。


スイングの後半にも悪い動きがあるかもしれません。

スイング後半の悪い動きは
アドレスとテークバックの問題をカバーするために
生まれた動きです。

アドレスとテークバックを直せば
後半の悪い動きは自然に消えるものです。

アドレスとテークバックをメインに練習しましょう。


(4)スイングを直しているときはミスショットを気にしない

スイングを直しているときは
ミスショットを気にすることはありません。

スイングを直すときは
極端な動きで直す場合が多いです。
(そうしないと時間がかかります)

極端な動きをするので
リズムも変わりますし、違和感もあります。

当然ですが、狙ったところにボールは飛びません。

ミスショットが出ると不安になる気持ちはわかります。

でもミスショットが出たからといって
元に戻してはいつまでもスイングを直せませんよね?

スイングを直しているときは
ミスショットを気にしないようにしましょう。


 * * *

「ゴルフが上手くなる練習」と「やっても無駄な練習」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・自分を知る!
・練習テーマを1つに絞る
・アドレスとテークバックをメインに練習する
・スイングを直しているときはミスショットを気にしない



重要なポイントは他にもありますが
大切なのは「ゴルフ練習は質が大切」ということ。

ひたすらボールを打つ練習は反復練習です。

スイングを固める練習です。

良い動きをしているなら
反復練習は素晴らしい練習です。

間違った練習をすると
下手を固めることになるので
練習内容は注意して決めましょう。

「ゴルフが上手くなる練習」は
他にもポイントがあります。

今回は長くなりましたので
別の機会にご紹介しますね。

正しい練習方法を続ければ
ゴルフはかならず上達します。


一緒に頑張りましょう!


rahu2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる・・・」

こんな経験はないですか?

ピンまで残り150ヤード。

「よし!150ヤードは7番アイアンでピッタリ!」

気合を入れて打ち、完璧なナイスショット!

しかし、、、なぜかショートしてしまった。

なぜナイスショットなのに
距離が合わなかったのでしょうか?

ということで今日は
「コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる理由と対策」
をシェアします。

狙った場所にボールを打てるようになると
大幅なスコアアップが期待できますよ。


■コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる理由と対策

コースに出るとアイアンの飛距離が落ちる理由は
いくつかあります。

その中でも影響が大きいのは「斜面」です。

ゴルフコースに平坦な場所は殆どないです。

ティーグラウンドでさえ傾斜があります。

斜面からのショットは飛距離が落ちます。

たとえば、、、

「左足上がり」はボールが高くあがり
飛距離が落ちます。

「つま先上がり」はクラブを短く持つので
飛距離が落ちます。

「つま先下がり」はフルショットをしにくいので
飛距離が落ちるケースが多いです。

傾斜が強くなるほど
飛距離が落ちやすくなります。

傾斜を考慮せずに残り距離だけでクラブを選ぶと
当然、ショートしてしまいます。

傾斜面を確認してから
使うクラブを選択しましょう。

それだけでグリーンに届かなかった
という失敗を減らせます。


■斜面からナイスショットを打つ方法

斜面からの打ち方は過去の記事で
何度か紹介しました。

よろしければ参考にしてください。

スイングのバランスを作る2つの方法

スイングのバランスが良いと斜面からナイスショットを打ちやすくなります。


フェアウェイウッドの斜面からの打ち方

セカンドショットでフェアウェイウッドを使う回数が多いなら
必見です。


つま先あがり傾斜の打ち方と攻略法

スライスする人はセカンドショットで
つま先上がりになりやすいので必見です。


左足あがり傾斜の打ち方と攻略法

左足上がりはとても多い傾斜なので
対策を覚えておくと安心です。


■ほとんどのゴルファーが傾斜を甘く見過ぎ

多くのゴルファーを見ていて思うのですが
傾斜を甘く見すぎている方は多いです。

傾斜の重要性を教えてくれる人が少ないので
ある意味仕方がないかもしれません。

傾斜から狙った距離を打てるようになると
大幅なスコアアップが期待出来ますよ。

参考になれば幸いです!


impact

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ティーショットがトップやチョロになる・・・」

と悩んでいませんか?

ドライバーのトップやチョロは辛いですよね。

チョロとはボールの上を叩きすぎて
ボールがチョロっとしか飛ばない状態。

気合を入れたティーショットがチョロ。

あの悲しい気持ちはなんとも言えません。

そんな悲しい思いをあなたに
してほしくありません。

ティーショットのトップやチョロを防ぐには
どうしたら良いのか?

ドライバーのトップやチョロを防ぐ
シンプルな方法があります。

ということで今日は
「ティーショットのトップやチョロを防ぐ3つの方法」
をシェアします。


■ティーショットのトップやチョロを防ぐ3つの方法

(1)ボールの位置をチェック

最初にチェックして欲しいのはコレ。

ボールの位置です。

スイングは簡単には変わりませんが
ボールの位置やアドレスは徐々に変わるものです。

ボールの位置が左になるほど
体からボールが離れます。

するとクラブが届かなくなり
トップやチョロになります。

ボールの位置がいつもより
左過ぎないかチェックしてください。

アッパーブローに打って飛ばしたいと思うと
ボールが左にズレやすいです。


(2)インパクト後もボールがあった場所を見る

チョロやトップになる原因の1つがヘッドアップです。

ボールの行方が気になってインパクトの前に頭が上がると
トップやチョロになります。

インパクトでの動きは一瞬なので
ラウンド時に意識して直すのは難しいです。

練習の時点から
「インパクト後もボールがあった場所を見続ける癖」
を付けましょう。

そうすればコースでも頭があがらず
チョロやトップを防止できます。


(3)ボールを上げようとしない

ボールを上げようとすると
すくい打ちになります。

すくい打ちになるとスイングの最下点が
ボールの手前になります。

ティーアップしたボールは
トップやチョロになりやすいです。

地面の上にあるボールは
ダフルかトップになります。

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

スイングで上げようとしてはいけません。
ショットが安定しなくなります。


 * * *


ティーショットのトップやチョロを防ぐ3つの方法
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ボールの位置をチェック
・インパクト後もボールがあった場所を見る
・ボールを上げようとしない


ドライバーはレベルブローに打つ。
(ほんの少しのアッパーは良いです)

アイアンは緩やかなダウンブローに打つ。

ショットが安定して良いスコアを出せますよ。

参考になれば幸いです。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ