アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: スイング上達

slow

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
ドライバーショットが安定しています。

ドライバーのミスを減らすには
いくつか方法がありますが

ドライバーショットを安定させるには
「スイングの始動」が大切。

ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから
打てます。

パーオンの回数も増えます。

当然、スコアは良くなります。

ということで、今日は、
「ドライバーショットを安定させるスイング始動」
をシェアします。


■ドライバーショットを安定させるスイング始動

この方法はスイングが安定すると同時に
飛距離アップにも有効です。


(1)大きな捻転を作る「ゆっくり始動」

スイングの始動とはアドレスから
バックスイングをはじめる動きです。

スイングの始動を急いで行うと
手先で「ひょい」と上げてしまいがちです。

腕の筋肉は小さくて器用に動くので
スイングの再現性は落ちてしまいます。

ゆっくりと始動すると
体の大きな筋肉を使えるので
スイングの再現性が高くなります。

肩を深く捻転できるので
飛距離を出すための準備もできます。

飛ばそうとするとテークバックが早くなりがちですが
これが飛距離ロスの原因になっているのです。

「ゆっくり始動」をお試しください。

体幹を使ったスイングができて
ショットが安定して、飛距離アップも期待できます。

「そんなことわかっています」
「自分はできています」
と思うかもしれませんが、、、

本人が気づかないうちに
スイング始動は早くなるものです。

トッププロでもプレッシャーのかかる場面では
スイングリズムが早くなるそうです。

練習量が少ないアマチュアゴルファーは
定期的にチェックする必要がありそうですよね?



(2)「右肩を後ろに引く」というイメージ

ただ、、、「ゆっくり始動が良い」と言われても
難しいものです。

どうすれば「ゆっくり始動」が出来るのでしょうか?

オススメの方法があります。

バックスイング時の意識を手先ではなく
「肩の動きに意識を向ける」という方法です。

今までヘッド、手、腕の動きを意識していたなら

テークバックで「右肩を後ろに引く」
というイメージもオススメです。

「右肩を後ろに引く」というイメージにすると
体幹を使ってスイングできます。

ゆっくりとしたスイング始動をしやすいです。

肩の回転も深くなります。

「手でヘッドを持ち上げる」のではなく
「右肩を後方に引く」がオススメです。


(3)肩、ヒジ、右手から力を抜く

肩とヒジから力を抜くと「ゆっくり始動」を
しやすくなります。

アドレス時に「肩がストン」と落ちるイメージです。

さらに右手のグリップから力を抜きましょう。

スイング軌道が安定して
体幹を使ってバックスイングをしやすくなります。

 * * *

ドライバーショットを安定させるスイング始動を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・大きな捻転を作る「ゆっくり始動」
・「右肩を後ろに引く」というイメージ
・肩、ヒジ、右手から力を抜く


ゆっくり始動で体幹を使ったスイングをすれば、
大幅な飛距離アップが期待できますよ!

ぜひお試しください!



■追伸

宮里藍プロは小柄ですが、ゆっくりテークバックで
正確で飛距離のでるショットで活躍しているプロです。

飛距離を伸ばすのに特別な才能なんて必要ありません。

必要なのは「飛距離を伸ばすためのちょっとしたコツ」を
知ることだけです。

そして、そのコツの1つが「ゆっくりテークバック」です。

ゆっくりテークバックすることで
大きな筋肉を使えて芯で捉えやすくなるのです。

参考になれば幸いです。


club_longiron

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「ロングアイアンを使うと
 ボールが右に飛んでしまう」


と悩んでいませんか?

安心してください。
みんなそうですから。

アイアンの構造が原因です。

ロングアイアンは右に
ショートアイアンは左に
飛びやすくなっているのです。

どんなに上手い人でもそうです。
プロも例外ではないです。

じゃあ、どうすれば良いのか?

「ロングアイアンでボールが右に飛ぶ」を
防止するシンプルな方法があります。


ということで今日は
「ロングアイアンで右に飛ぶ」を防止する方法
をシェアします。


■「ロングアイアンで右に飛ぶ」を防止する方法

なぜロングアイアンは右に飛びやすいのか?

クラブの特性が主な理由です。

ロングアイアンはシャフトが長いので
振り遅れになりやすいです。

そのためインパクトで
フェースが開きやすいのです。

対策は、、、

「トップで間を持つ」

これだけ。

ロングアイアンは難しいというイメージがあるため
ダウンスイングで打ち急ぎになりやすいです。

打ち急ぎになると振り遅れになりやすいです。

トップで間を持つと振り遅れを防止できます。

インパクトでフェースが開かず
まっすぐにボールを打てるようになります。

ただ、、、

「トップで間を取れ」と言われても
簡単ではないですよね?

トップで間を取る方法をご紹介します。


■トップで間をとる方法

いくつか方法がありますが、、、

「ダウンスイングで重力を使う」
という方法がオススメです。

「重力でクラブが落ちる」を
ダウンスイングのスタートにします。


ダウンスイングを自分の力でスタートしない。

重力でクラブが落ち始めたら、
徐々に自分の力を加えて加速させます。

スイングリズムが一定になる効果もあります。

重力を活かしてヘッドスピードが上がります。
飛距離アップの効果も高いです。

リズムもバランスも良い
素晴らしいスイングになりますよ。

ロングアイアンで打ったボールが右に飛ばず
真っ直ぐに飛びます。


 * * *

「ロングアイアンで右に飛ぶ」を防止する方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ロングアイアンは右に飛びやすいクラブ
・トップで「間」を作ると振り遅れを防止できる
・重力でダウンスイングを開始すると「間」を作りやすい


ロングアイアンが安定すると
距離の長いコースでもパーオンできます。

アイアンショットの精度が良くなると
スコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです。


hidari

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

『なぜ、ボールが左に飛ぶのか?』

先日、メルマガの読者さんから、
こんな質問をいただきました。

====================
ドライバーが安定しないです。
当てにいった感じで振り切れていないです。

左にまっすぐ飛びます。右へは出ません。
何を注意すればよいでしょうか?
====================



なぜ、ボールが左に飛ぶのでしょうか?

あなたも同じ悩みをお持ちかもしれませんね。

ボールが左に飛ぶのは
「アウトサイドインの軌道」
になっている可能性が高いです。

ほんの少しのアウトサイドインなら
フェードで安定させるという方法もあります。

しかし、、、

極端なアウトサイドインは飛距離も落ちますし、
ショットも安定しないです。

「インサイドアウト」か「インサイドイン」のスイング軌道に
することをオススメします。

そうすれば飛距離も伸びてショットも安定します。

ということで今日は
「アウトサイドインを直す練習方法」
をシェアします。



■アウトサイドインになる原因

アウトサイドインになる主な原因は2つ。

(1)ボールに当てに行くスイング

「クラブフェースにきちんと当てたい」
という意識が強いケースです。

「クラブにボールをあてる」ではなく
「フィニッシュまで振りぬく」という
イメージにすると改善されます。


(2)スライスを嫌がるため

ゴルフをはじめた頃
殆どの方がスライスします。

特にドライバーはクラブの構造から
スライスしやすいです。

右に曲がるので、何とか真っ直ぐに打ち出そうとして、
アウトサイドインのスイングになってしまうのです。

本人が気づかないうちに
徐々にアウトサイドインになります。

しかし、、、

それが更に問題を深刻にします。

アウトサイドインが強くなるほど
スライスやフックが出やすくなります。


■アウトサイドインの軌道をチェックする方法

あなたは自分のスイング軌道は
どんなタイプか把握していますか?

もしかするとあなたもアウトサイドインの軌道に
なっているかもしれません。

そのためにショットの再現性が落ち
飛距離もロスしているかもしれません。

チェックは簡単です。

狙った方向よりも左にボールが出たら
アウトサイドインの軌道になっている証拠です。

アドレスで最初から左に向いているのでなければ、、、

「左にボールが飛び出す=アウトサイドイン」です。



■アウトサイドインの軌道を直す簡単な方法

(1)ボールの上にヘッドを通す素振り

まずは練習場でお試し下さい。

ティーアップしたボールの上(10cm上)を空振りします。

ポイントは2つです。

・フィニッシュまで振りぬく
・上半身の力を抜く(グリップする力を弱くする)

ボールを意識せず、気持よく振りぬきましょう。

徐々に「ボールを打つ」という意識から
「クラブを振る」という意識に変わってきます。

「ボールを打つ」ではなく、
「クラブを振る」を意識することで、
アウトサイドインの軌道が直ります。


(2)素振りとショットを繰り返す

この方法で素振りを1回してから、
ボールを打つ。

これを繰り返して下さい。

繰り返して練習をすると
素振りに近い感覚でボールを打てるようになります。

ボールの飛ぶ方向が左ではなく、
真っすぐか、少し右になれば合格です。


(3)ラウンド中にも活用

この素振りはラウンド中にも使えます。

・ボールが狙いよりも左に出る
・プレッシャーを感じて、スイングが小さくなっている
・スライスになる
・チーピンになる

こんな場合は、ボールを打つ前に、
「ボールの上にヘッドを通す素振り」をしましょう。

ボールを意識せずスムーズなスイングが出来ますよ。

 
 * * *

アウトサイドインの軌道に
なっているゴルファーは多いです。

アウトサイドインの軌道は、
極度のスライスや、チーピンの原因になります。

飛距離も落ちてしまいます。

狙った場所にボールを打てないので、
スコアがまとまりません。

今回、ご紹介した
「ボールの上にヘッドを通す素振り」を
練習やラウンドで活用して下さい。

ショットの方向性が安定し
飛距離も伸びますよ。

参考になれば幸いです。



■追伸

最近、たくさんのレッスンプロの方と
お話しする機会が多いです。

話をしていてあることを再確認しました。

「ゴルフの上達が早い人」と
「上達が遅い人」の違いです。


上達が早い人は
積極的にいろいろな事を試します。

上達が遅い人は
効果の低い練習を続けてしまいます。

このメルマガを読んでくれている
熱心なあなたに言うまでもないですが、、、

効果の低い練習を続けても
上達しませんよね?

効果の高い練習は個人差があります。

自分にとって何が効果的な練習なのかを知るには、
いろいろ試してみる必要があるのです。

上達を望むなら
いろいろと試す方が良いです。


あなたはどう思いますか?

iron3

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ショートアイアンのひっかけが多い・・・」

この悩みを持っているゴルファーは多いです。

あなたも同じような悩みを持っているかもしれませんね。

ショートアイアンのミスは
スコアダウンに直結します。

ショートアイアンで狙った場所に打てると
スコアがすぐに良くなります。

ということで今日は
「ショートアイアンのひっかけを防ぐ3つの方法」
をシェアします。


■ショートアイアンのひっかけを防ぐ3つの方法


(1)アドレスで右を向いていない?

知らないうちにアドレスの向きはズレるものです。

自分では正しい方向にアドレスをしているつもりでも
右を向きやすいです。

フェースはターゲットを向いているけど
肩や足が右を向いている。

これはフックを打つための
アドレスになっています。

ショートアイアンでひっかけが多い場合は
アドレスの向きをチェックしましょう。

「両足のかかとを結んだ線」が
ターゲットラインと並行かチェックしましょう。


(2)アドレスで右肘が伸びていませんか?

下半身が正しい方向を向いているなら
次は上半身のチェックです。

アドレスで右肘が伸びきっていると
フックがでやすいです。

アドレスで右肘が伸びていると
右肩が前に出やすくなります。

右肩が前にでるとインパクトでフェースがかぶり
ひっかけになりやすくなります。

アドレスでは右肘の余裕をもたせましょう。

そして「両肩を結んだ線」も
ターゲットラインと並行かチェックしましょう。


(3)大きめのクラブでライン出しショットを打つ

ショートアイアンはひっかけが出やすいクラブです。

強めのフルスイングをすると
ひっかけになりやすいです。

大きめのクラブでライン出しショットを
打つのも良い方法です。

たとえば、PWのフルスイングでギリギリの距離なら
「9番アイアンで8割のスイングをする」
という方法です。

大きめのクラブで方向性重視のショットをすれば
狙った場所にボールを運びやすいです。

 * * *

ショートアイアンのひっかけを防ぐ3つの方法を
シェアしました。


「スコアの70%はピンから120ヤード以内で打たれる。
だから、アプローチとパットを重点的に練習すべきだ」

と言ったのは圧倒的な強さで日本では「帝王」と呼ばれ、
史上最高のゴルファーとも称されるジャック・二クラウスです。

ショートアイアンのミスは
スコアダウンに直結します。

ショートアイアンを狙った場所に打てるようになると
スコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです。



■追伸

先日、メルマガ読者さんから
「過去の記事を全て読んでいます!」
と言っていただきました。

いつも時間をかけてメルマガを書いているので
本当に嬉しかったです。

その中でこんな質問も頂きました。

「メルマガでたくさんのノウハウを公開しているけど
 有料プログラムの内容をメルマガで全部話しているの?」

結論を言いますと、、、

メルマガでご紹介できていないノウハウは多いです。

有料プログラムの内容をメルマガでそのままご紹介すると
とても長い記事になります。

記事を短くするためにレッスン内容を削ってご紹介すると
読者さんに誤解をさせてしまう心配もあります。

そのためメルマガでご紹介できていないノウハウも多いです。

できるだけ役立つ情報を
ご紹介したいと思っていますが、、、

諸事情により全てをメルマガで
ご紹介できているわけではないです。

ご理解くださいませ。

club_iron2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「うわー、中途半端な距離が残ったなー」

ピンまで140ヤード。

7番のフルショットが150ヤード。
8番だと135ヤード。

あなたならどうしますか?

7番で弱めに打つ?

8番で強めに打つ?

どちらも間違っていませんが

「中途半端な距離を打ち分ける方法」を
知っていれば安心です。

ピンの近くにボールを打てる確率が高くなり
スコアが良くなります。

ということで今日は
「中途半端な距離をアイアンで打ち分ける方法」
をシェアします。


■中途半端な距離をアイアンで打ち分ける方法

(1)通常より「+5ヤード」の打ち方

アイアンショットで通常よりも5ヤード飛距離を伸ばすには
次の方法があります。

・スイングスピードを少し強める

・インパクトを強めにする

・スタンスを少し広めにする

・ボールを少し右に移動する

など、、、どれを選んでも良いです。

自分の感覚にあう方法を見つけましょう。


(2)通常より「−5ヤード」の打ち方

アイアンショットで通常よりも5ヤード飛距離を落とすには
次の方法があります。

・スイング幅を小さくする

・クラブを短く持つ

・「ベロ出しショット」でインパクトを弱める

など、、、どれを選んでも良いです。

自分の感覚にあう方法を見つけましょう。


(3)普段から中途半端な距離を練習しておく

大切なことは
「練習時から中途半端な距離を打つ練習をしておく」
ということ。


実際のラウンドではフルスイングで
ピッタリの距離になる方が珍しいです。

中途半端な距離を打つ練習は
スコアアップにつながると約束します。

 * * *

中途半端な距離をアイアンで打ち分ける方法を
ご紹介しました。

アイアンで狙った距離を打てるようになると
ゴルフが面白くなります。

ピンの近くに打てる確率が高まり
パット数が少なくなります。

当然、、、スコアが良くなります。

独学でも誰かに習っても良いです。

「アイアンで狙った距離を打つ」
を練習してみてはいかがでしょうか?



book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ