アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: アプローチの打ち方

5
バンカーショット これだけ守れば一発脱出♪



◆ 「簡単!バンカーショットのコツ」


苦手な人が多い、バンカーショットについてです。


なぜ、バンカーが苦手な人が多いのか?
その原因は。。


・練習の機会が少ない
・バンカーショットは他のショットと打ち方が違う
・ある心理が働く


からです。


あなた   「ある心理?」
蒼(アオイ)「そう、ある心理的な働くことが、バンカーで失敗する最大の理由」 


でも大丈夫。基本をおさえれば簡単ですから♪ (#^.^#)


聞いたことありますよね?
「バンカーの基本は、オープンフェース、オープンスタンス」


では、何故そうするのか、ご存知ですか?




なぜ、オープンフェース、オープンスタンスなのか?

それは。。。


「上手くダフるため」


なんです。


バンカーでは、普通に打っても、ダフりやすい状況で、ボールは通常よりも飛ばない。
だから、見た目よりも大きくスィングする必要があります。


これです。ここがポイント!
「見た目よりも、大きくスィングしなければいけない。」


そうすると、
「ミスショットをすると、大オーバーになってしまう。」
こんな心理が、働くのです。



その結果、スィングが中途半端になり、本当にミスショットになるのです。


では、どうするのか?


それは。。。


・「バンカーショットは大きくスィングしても飛ばない」と信じること
・上手にダフる為のアドレスを作ること


この2つです。



◆ 「上手くダフるための構え方」

ポイントは3つ!


1.「フェースをオープンにする」

それは、なぜか?
フェースオープンにするほど、遠くに飛びません。
だから、強く振ることができ、スィングが安定します。
フェースを開くほど、ボールは高くあがります。




2.「ボール位置は左足の前」

それは、なぜか?
ダフるためです。
ランニングアプローチはクリーンヒットするために、ボールを右におきますよね。
その逆です。
通常のショットと同じあたり



3.「グリップは軽く、クラブを短く持たない」

手首が使えるので、振りぬきが自然にできるようになります。



はい! これで完璧♪



◆ 「上手くダフるための振り方」

ポイントは。。


「大きなヘッドアップをしない」


多少なヘッドアップは問題ありませんが、大きくヘッドアップしてしまうと、
前傾が保たれません。


すると、大トップになってしまうのです。
前傾さえ保てば、大トップによる、ホームランはなくなります。


それと、気をつけていただきたいことが、1つあります。


「フォローをとる」


ということ。


ダフることを重視しすぎると、インパクトを意識するあまり、インパクトでスイングを止めてしまう方がいます。


これでは、上手くダフることができません。
素振りのときに、フォローの位置をどこにするかを意識すると、インパクトでスイングを止めてしまうことを防止できます。





 ⇒バンカー上達のヒントが満載♪(ブログランキング)




 ⇒読むとバンカーショットが上手くなる♪ 無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。







5
バンカーショット これだけ守れば一発脱出♪



◆ 「簡単!バンカーショットのコツ」


苦手な人が多い、バンカーショットについてです。


なぜ、バンカーが苦手な人が多いのか?
その原因は。。


・練習の機会が少ない
・バンカーショットは他のショットと打ち方が違う
・ある心理が働く


からです。


あなた   「ある心理?」
蒼(アオイ)「そう、ある心理的な働くことが、バンカーで失敗する最大の理由」 


でも大丈夫。基本をおさえれば簡単ですから♪ (#^.^#)


聞いたことありますよね?
「バンカーの基本は、オープンフェース、オープンスタンス」


では、何故そうするのか、ご存知ですか?




なぜ、オープンフェース、オープンスタンスなのか?

それは。。。


「上手くダフるため」


なんです。


バンカーでは、普通に打っても、ダフりやすい状況で、ボールは通常よりも飛ばない。
だから、見た目よりも大きくスィングする必要があります。


これです。ここがポイント!
「見た目よりも、大きくスィングしなければいけない。」


そうすると、
「ミスショットをすると、大オーバーになってしまう。」
こんな心理が、働くのです。



その結果、スィングが中途半端になり、本当にミスショットになるのです。


では、どうするのか?


それは。。。


・「バンカーショットは大きくスィングしても飛ばない」と信じること
・上手にダフる為のアドレスを作ること


この2つです。



◆ 「上手くダフるための構え方」

ポイントは3つ!


1.「フェースをオープンにする」

それは、なぜか?
フェースオープンにするほど、遠くに飛びません。
だから、強く振ることができ、スィングが安定します。
フェースを開くほど、ボールは高くあがります。




2.「ボール位置は左足の前」

それは、なぜか?
ダフるためです。
ランニングアプローチはクリーンヒットするために、ボールを右におきますよね。
その逆です。
通常のショットと同じあたり



3.「グリップは軽く、クラブを短く持たない」

手首が使えるので、振りぬきが自然にできるようになります。



はい! これで完璧♪



◆ 「上手くダフるための振り方」

ポイントは。。


「大きなヘッドアップをしない」


多少なヘッドアップは問題ありませんが、大きくヘッドアップしてしまうと、
前傾が保たれません。


すると、大トップになってしまうのです。
前傾さえ保てば、大トップによる、ホームランはなくなります。


それと、気をつけていただきたいことが、1つあります。


「フォローをとる」


ということ。


ダフることを重視しすぎると、インパクトを意識するあまり、インパクトでスイングを止めてしまう方がいます。


これでは、上手くダフることができません。
素振りのときに、フォローの位置をどこにするかを意識すると、インパクトでスイングを止めてしまうことを防止できます。





 ⇒バンカー上達のヒントが満載♪(ブログランキング)




 ⇒読むとバンカーショットが上手くなる♪ 無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。







アプローチが簡単になるドリル



■ はじめに

◆ アプローチの重要性

プロでもアマチュアでもパーオンしない限り、必ずしなくてはいけないのがアプローチです。


プロの世界では統計的に見て、アプローチが上手い選手がスコアが良く、賞金ランキングも上位に入っています。
ドライバーの飛距離ならタイガーウッズより飛ばせる選手は沢山います。


ゴルフスコアアップの秘訣はアプローチにあります。


アプローチの基本と練習のコツを紹介します。
基礎を押さえて楽しく、簡単に上達しましょう。




■ これから覚えよう ピッチエンドラン

◆ 何はともあれピッチエンドラン


ピッチ(あげて)&ラン(転がす)はアプローチの基本です。
実際のラウンドで一番使う場面が多いでしょう。



◆ 寄せやすい構え


ボールを投げるつもりで構える。
足を30度くらい開いたオープンスタンスが自然です。
ターゲットに対する視界が広くなるのも大きなメリット。

◆ ボールは右足の前


ボールを右足の前に置くことで自然にダウンブローに打てます。
これでダフリもトップもなくなります。


◆ 左腕とクラブを直線に


正確なインパクトの為に、左腕とクラブを直線にしてアドレスしましょう。



◆ 体重移動は不要


正確なインパクトの為に体重移動は不要です。
左足体重に構えてそのまま打ちましょう。


◆ リズムが良ければミスはでない


イチで手元を左に少しだします。
ニーでバックスィング
サンでインパクト

イチ、ニー、サン♪



■ アプローチ ちょっと 応用編


◆ ボールの位置を変えると

ピッチエンドランのとき、ボールを右に置くほど、ボールは低くでます。
左に置くとボールは高く飛びます。


◆ フェースを開くと
フェースを少しだけ開いてみましょう。
ボールが高く上がって、転がる距離が短くなります。



■ アプローチの練習

◆ 沢山練習しましょう


アプローチの練習は疲れませんし、練習するほど上達します。


◆ 目標を変えて


ラウンド時は同じ位置からアプローチをすることはありません。
1球打つたびに目標を変えて練習しましょう。
より実践的な練習になります。



■ お気に入りのウェッジを探す


◆ お気に入りのウェッジを探しましょう


殆どのプロ、上級者はアイアンセットとは別のウェッジを使っています。
それ程こだわりのクラブなんです。
お気に入りのウェッジを使うとアプローチが楽しくなります。



■ アプローチ まとめ


◆ アプローチを大切にする


アプローチの練習は面白いです。
ボールをイメージどおりの高さ、スピン量、距離で打てると最高です。(#^.^#)
普段の練習の半分くらい、アプローチをして欲しいと思います。





 ⇒アプローチ上達のヒントが満載♪(ブログランキング)




 ⇒読むとアプローチが上手くなる♪ 無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。







アプローチの練習を楽しくするコツ!


それは、

「ゴルフ仲間とアプローチ勝負をする」


ルールは、
目標を決めて一番近くにボールを止めた人が勝ち。


目標は30yの看板、15y先にあるボール。
なんでもかまいません。



順番に目標に向かってアプローチをします。
負けた人が勝った人にジュースをおごることにしています。


150円程度なんですが、お金以上に負けたことが悔しい。


だから、アプローチ勝負に負けないように練習を沢山するようになります。


効果抜群なので、是非お試しあれ♪

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ