アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: アプローチの打ち方

今日のテーマは「アプローチの基礎」です。


■ アプローチの「技術」「知識」「道具」


アプローチで大切なのは、「技術」と「知識」と「道具」です。


「技術」とは
高い確率で、イメージしたボールをうてること。
まずは、「基本のピッチエンドランを打てるようになること」
次に、「少しの応用した、ピッチエンドラン、ロブショットを打てるようにな
ること」



「知識」とは
状況に応じてアプローチの打ち方を選択できるようになること。
「状況を正確に把握すること」、「状況に合わせてアプローチを応用できるこ
と」の2つがポイントです。
高い確率で、安全にアプローチをするために、ピッチエンドラン、ランニング、
ロブショットを状況に応じて選択できることが重要です。
また、スタンス位置の傾斜やライなどの状況把握も「知識」に含まれます。



「道具」とは
自分のイメージを素直にボールに伝えることができるものを選べること。
スピンをかけたいなら、スピンをかけられる道具が必要になります。
自分にあっている道具を使うことで上達が早くなります。



【ここまでのポイント】

「アプローチは「技術」、「知識」、「道具」が大切」




では、重要なのに、軽視されることが多い「アプローチの知識」についてお届

します。




■ 知識編 成功確率が高いアプローチとは


 ・グリーンの狙いどころ


あなたはアプローチするとき、カップを意識していますか?
それともボールを落とす所を意識していますか?


人それぞれでしょうが、私はボールを落とす場所を意識しています。
その方が簡単だからです。


ボールの落とし所の決め方が、アプローチの大失敗を防いでくれます。


では、どうやって落とし所を決めるか?
アプローチのルーティーンと一緒に確認してみましょう。




■ 「カップに寄るアプローチのルーティーン


・まず、ボールのライを確認します。

ボールの状況によって、打ち方、グリーンでのボールの転がり方が変わるから
です。



・グリーンに近づきながら、歩測します。

歩測していますか?見ただけでは正確な距離はつかめません。



・グリーンにあがる前に、傾斜をチェック

傾斜のチェックは重要なので、後ほど詳しくお届けします。



・ボールからグリーンエッジ、グリーンエッジからカップまでの距離をチェッ




・ボールの転がる距離を考えて、ボールの落としどころを決める

 ここがポイント!
 ボールのライ、グリーンの傾斜で転がる距離がかわります。
 あまりエッジぎりぎりでは、ミスしたときに大変です。

 失敗しても大丈夫なように、余裕をもって落とし所を決めましょう



・ボールのところまで、ゆっくりと戻る

ゆっくりがポイント!
走ったりしては駄目ですよ。何故か?
ショットを打つ前に走ると、ショットのリズムも速くなります。
ショットを打つ前にいつものリズムで歩くと、いつものリズムで打つことがで
きます。


・落とし所を見ながら軽く素振り
・後は、細かいことは気にせずに、気持ち良く打つだけ


アプローチが苦手な人はカップに近づけるより、グリーンにのせることを最優
先にしましょう。



■グリーンの傾斜を読む


ボールの落とし所を決める時に大切になるのが。。


「グリーンの傾斜の読み方!」


アプローチのときのボールの転がる距離、曲がり幅に、大きく影響しますから、
すごく大切です。


グリーンの傾斜を正確に読めると、アプローチもパッティングも簡単になりま
す。


実は簡単なコツがあります。
それは。。。。


「グリーンの傾斜は、グリーンにあがる前に読め!」
なぜ、グリーンにあがる前なのか?


グリーンにあがる前なら、グリーンの全体が見渡せます。
当然、どの位置が高いのか、どの位置が低いのか。見ただけで把握できます。


グリーンにあがってしまうと、グリーンの全体を見渡すことができなくなりま
す。
すると、グリーンの傾斜が把握するのが難しくなります。


是非、グリーンの傾斜は、グリーンにあがる前に読みましょう。


そしてもう1つ、傾斜を把握することができたら、実践して頂きたいのが。。


「グリーンの一番低い場所から、グリーンにあがる」


そうすると、更にグリーンの傾斜を素直に感じとることができます。



【今回のポイント】

アプローチで大切なのは、「技術」「知識」「道具」。

先日につづき、メルマガ読者さんから嬉しい報告をいただきました。

アプローチ練習をしたことでスコアが 85⇒78 と良くなったそうです。


−−−(ここから)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
北野です!年齢は58歳 HDC8です。

私がアオイさんに教えて頂いた事を素直に受け止めて練習した
結果が今になっていると思います。

今年は2つ位HDCを縮めたいと思っています。
アプローチ練習の前と後では85⇒78と云うように7つ位は確実に変わりました。

セカンドを打つ時にグリーンの近くに落ちてくれれば大丈夫だ!という気持ちで
打てるからセカンドが楽に打てるようになり、それが好結果につながりました。

練習方法は基本に戻り確実にフェースにボールを当てる事から始めました。
室内にかご(ネット)を置き2m〜3m位の位置からかごに入れるように打ちました。

1時間〜2時間、毎日打ちましたね!5か月で確実に結果がでましたけど1年続けました。
(現在は週1回)

練習場では週2回50ヤードからのショットを続けました。(現在は週1回)
スコアアップをしたいと思うならアプローチの練習ですね。

まだトップ、ダフリがあるのでアオイさんの教えを聞いて練習します。
アオイさん何時もありがとうございます。
−−−(ここまで)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




アプローチは本当にスコアアップの近道ですね。

重要なポイントがあるので、抜粋します。

「アプローチ練習の前と後では85⇒78」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


普通、85からスコアを1打、2打減らすだけでも大変な努力を必要とします。

それをいっきに7つですから、
アプローチ練習がスコアアップの近道だということの証拠ですね。



>練習方法は基本に戻り確実にフェースにボールを当てる事から始めました。
>室内にかご(ネット)を置き2m〜3m位の位置からかごに入れるように打ちました。


室内練習も良いですね。
スイングリズム、アドレス、打点が安定してくるので、アプローチのミスが減ります。


>練習場では週2回50ヤードからのショットを続けました。(現在は週1回)
>スコアアップをしたいと思うならアプローチの練習ですね。


とても効率の良い練習メニューです。

室内で、安定したスイングを身につける。
練習場で、距離感をつかむ。
そして、ラウンドで成果を試す。


また、どんなスポーツにもいえることですが、
短期間に集中して練習することで、一気に上達できます。


練習場で、50ヤード以内の目標にむかってボールを打つのは良い方法です。
その場合は、目標を変えながら練習すると良いです。


最近、アプローチの練習を増やすことで、スコアアップしたというご報告を
何通も頂いています。

スコアアップだけでなく、ラウンド自体が楽しくなったという方も多いです。


だまされたと思って、アプローチの練習量をふやしてくださいね。


最初はうまくいかないかもしれませんが、大丈夫です。
数週間で目に見えて効果がでてきます。

多くの方が実証してくれています。


よろしければ参考にしてください


「速効!アプローチ上達術」



「速効!アプローチ上達術」をご購入いただいた方から、
嬉しいご報告をいただきました。


(購入後はじめてのラウンドで、110 ⇒92 )
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「速効!アプローチ上達術」購入させていただいた伊藤です。

ここ数年アプローチがダメでまったくスコアになりませんでした。

ショットがそこそこ良くても100はおろか110も切れない状況でした。

アプローチでのザックリ、トップがなければ90台なのにと、いつも悔しい思いをしていました。
今回ダメもとで購入させていただき、書かれている通りに練習しました。

最初はアドレスや打ち方に違和感がありましたが、続けていくうちにしっくりしてきました。
先日購入後はじめてラウンドしてきました。

結果 なんと92でまわってしまいました。
今までは、アプローチが残るといやな気持でボールに向かっていたのですが、今では逆に楽しい気持ちで向かえます。

また、アプローチに苦手意識がなくなったせいかグリーンの狙うアイアンショットが気楽に打て、結果オンする確率も高くなりました。

まだ完全に習得したとは言い難いのですが、これからも練習を続けて完成度を高めたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


購入後のはじめてのラウンドで、110 ⇒92 とのことです。
嬉しいご報告ありがとうございます。


アプローチはゴルフスコアアップの最重要項目です。


練習不足の場合、アプローチの練習を増やすことで、確実にスコアアップできます。


アプローチの練習をしないと、いつまでもグリーンまわりでスコアをロスします。

もし、あなたが、アプローチの練習をあまりしていないなら、
是非、アプローチの練習量を増やしてください。

スコアアップをお約束します。


アプローチの練習を十分しているなら、是非、練習を継続してください。
アプローチは正しい練習を続ければ、続けるほど上達します。




よろしければ参考にしてください
「速効!アプローチ上達術」の詳細はこちら


想像してください。


今、あなたはバンカー越えのアプローチを打とうとしています。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カップはバンカーを超えてすぐのところに切ってあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あなたはどうしますか?


ロブショットを打ちますよね?


ロブショットを打つには、2つの方法があります。


1・S/W(ロフト56°)のフェースを少し開いて打つ
2・L/W(ロフト60°)で打つ


L/W とはロブウェッジのことです。


ここで注意点があります。


S/Wはフェースを開くほど、バウンスによってリーディングエッジが地面
より浮く設定になっています。


そのため、ラフなどでボールが少し浮いている場合は良いのですが、フェア
ウェーや芝の少ないラフでは、トップになりやすくなります。


そんな時にL/Wがあると楽にロブショットを打つことができます。


ラウンド時、クラブは14本持てます。


ラウンド中に使用するクラブが、14本に達していないということであれば、
L/W(ロフト60°)を持つのも良い方法です。


【今回のポイント】
「ロブショットはL/Wを使うと簡単に打てる」
「14本未満ならL/Wの使用を検討してみましょう」



<本日のオススメ>

スコアアップのカギはショートゲームです。

アプローチを上達してスコアアップしたいなら、
こちらがオススメです。

アプローチを上達するシンプルな方法はこちら


冬はどうしても体が動きにくくなります。


アイアンの練習をしていると、冷たくなった手が痛くなったりします。


ですので、


冬はショートゲームの練習に時間を使うことをお勧めします。


・50ヤード以内を10ヤード刻みで打つ練習
・ロブショットで距離を打ち分ける練習
・S/W、A/W、P/W、9番、8番とことなるクラブで寄せる練習


いろいろなアプローチ練習をすればあきることなく練習できます。


一緒に練習する友人と、暖かいコーヒーをかけてアプローチ勝負をするのもお
勧めです。



アプローチの練習をするときは2点を注意してみてください。



「毎回、目標をかえてアプローチを練習する」



本番は一回しか打てません。
練習でも、目標をどんどん変えて距離感を高めましょう。



「ボールの落とし場所、止める場所の目標をはっきりさせてから打つ」


練習でもなんとなく打たず、目標をきっちりときめた方が練習効果が高くなり
ます。


冬はショートゲームの実力をつけてスコアアップしましょう!



【今回のポイント】
「冬はショートゲームの練習に時間を使う」


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ