アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: アプローチの打ち方

15年ほど前、新潟で2人の男がゴルフをはじめました。

2人はとても似ていました。

同じ高校、同じ大学に入り、一緒にゴルフをはじめました。
2人とも身長も体格も殆ど同じです。


2人はゴルフが面白くて、毎日練習をしていました。
そして、どちらが100を早く切れるか勝負しました。

そして4ヵ月後・・・

2人のゴルフに大きな違いが生まれていました。



「90台でラウンドする男 VS 100を切れない男」


ひとりは安定して90台でラウンドが出来るようになりました。

しかし、もう1人は・・・
もう少しで100を切れるけど、「100の壁」にぶつかっていました。


「オレは上達するんだっ!」と思い続けていますが、スコアは良くなりません。
「楽しいから良いんだ・・・」と言っていますが、
心の底では、100を切れる人がうらやましくて仕方がありません。


この2人の違いは何から生まれたのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


持って生まれた才能の違いではありません。

違いはただひとつ、
「ショートゲームを練習したかどうか」です。


実は、これは実話を少しだけアレンジしたものです。


4ヶ月で100を切った男性は、フルスイングとショートゲームを
半々で練習していました。
「ゴルフはショートゲームが重要」と上級者に聞いたからです。


100を切れない男性は、フルスイングばかり練習していました。
「パーオンすればアプローチなんかしなくて良い。
だからフルスイングを完璧にする。」
と考えたからです。



この話には2つ教訓があります。


1.上級者のアドバイスを聞くこと

2.ゴルフはショートゲームが重要だということ


上級者はスコアをアップする「コツ」を知っているので、
アドバイスは参考になります。


ゴルフではどれほど上手になっても、
パーオンできないホールが多数あります。

アプローチ、パットが上手いかどうかが
スコアの差になります。


あなたも例外ではないでしょう。

参考になれば嬉しいです。


ちなみに、、、
フルスイングばかりを練習していた男性も
その重要性に気づいてショートゲームの練習を増やすと、
直ぐにスコアが良くなりました。


もともとスイングは上手かったので、
すぐに成果がでました。


いずれにしろ、練習は無駄にはなりませんね。




■本日のお勧め

もし、あなたがショートゲームを効率的に上達したいなら
このプログラムをお勧めします。

アプローチを上達するならコチラ!
http://www.secret-golf.com/RF/r_approach_a.htm


こんにちは、アオイです。

先日、一緒にラウンドした男性の話です。


グリーン周りからボールを打つ時に、
パターで打つか、ウェッジで打つか迷っていました。

「パターの方が安全だけど・・・
 ウェッジの方が良いのかな?」


あなたもグリーン周りでクラブ選択に迷ったことはありませんか?

グリーン周りにあるボール。。。
パターで打つべきか?
ウェッジで打つべきか?
別のクラブで打つべきか?


パターなら、ダフりやザックリのミスを防げます。
しかし、芝の抵抗があるので力加減が難しいです。


どうすべきなのか?

答えは簡単です。


「芝の抵抗が読めるなら、パターで転がす」
「芝の抵抗が読めないなら、ウェッジで芝を超える」


つまり、

・グリーンまでの距離が短い
・グリーンまでの芝が薄く、芝の抵抗は少ない

なら、パターで転がす。


・グリーンまでの芝が強い、逆目で芝の抵抗が読めない

なら、ウェッジ、ショ−トアイアン、ミドルアイアンで
芝をキャリーで超えてグリーン上は転がす。


もしかすると・・・

「高くフワッと上げるロブショットを完璧にすれば
 アプローチで迷う必要がないのでは?」


と思うかもしれませんが、

ロブショットは難易度が高く、失敗時のリスクが
高いショットです。
バンカー越えなどで、どうしても必要なとき意外は
出来るだけ転がすショットがお勧めです。


「グリーン周りからの寄せはサンドウエッジに
 統一すれば アプローチで迷う必要がないのでは?」

と思うかもしれませんが、

ボールを低く打ち出すクラブを選択することで
距離感も出ますし、ミスショットの確率が減ります。


【まとめ】

・アプローチショットの基本は転がし
・芝の抵抗が読めない場所をキャリーで越える


ではでは、熱い日が続いていますので
熱射病に気をつけてゴルフを楽しみましょう!


興味深いゴルフの実験をご紹介します。


あなたもご存知のとおり、


ゴルフで良いスコアを出すためには
ショートゲームが何よりも大切です。


これはプロゴルファーの中でも常識となっています。


しかし、本当でしょうか?


本当にショートゲームの方が
ドライバーやアイアンショットより
重要なのでしょうか?


そんな疑問に応えるために
実験が行われました。


【実験方法】

・ツアープロと、ハンディ20のアマチュアが
 ラウンドします。


・ロングホールまでは3打目まで
・ミドルホールでは2打目まで
・ショートホールではティーショットまで

自分のボールを打ちます。
その後、ボールを取り替えてホールアウトします。

つまり、

プロはアマチュアがグリーン近くまで運んだボールを
ショートゲームだけしてホールアウトするのです。


アマチュアはプロがグリーン近くまで運んだボールを
ショートゲームだけしてホールアウトするのです。


その結果は?

プロがショートゲームをした方が良いスコアで
ホールアウトできました。


【結論】
ゴルフで良いスコアを出すためには
ショートゲームが何よりも大切。


ハンディ20のアマチュアは
ドライバーやアイアンショットよりショートゲームの
練習を優先した方がスコアが良くなる。



■ 追伸

ショートゲームに関するブログ記事です。
よかったら参考にしてください。


「アプローチ上達」36記事
http://blog.secret-golf.com/archives/cat_1213658.html


「パット上達」18記事
http://blog.secret-golf.com/archives/cat_1213659.html


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。




こんにちは、アオイです。


以前、ラウンドレッスンを受けたときのお話です。

私が打った30ヤードのアプローチが、
狙ったところより10ヤードもショートするという
ミスがありました。


30ヤードのアプローチで
20ヤードしか飛ばないのは
あきらかにミスショットです。


アプローチの距離はふり幅で決めています。

これほど距離が狂うことは珍しいです。

何か見落としている可能性が高いです。


「あれ?上手く打てたと思ったけど、、、
 スイングがゆるんだのかな?」

「それとも、傾斜の影響?」


と悩んでいたとき、


ラウンドレッスンをしてくれている
プロが意外な指摘をしてくれました。


「今のは向かい風の影響で、
いつもよりボールが飛ばなかったのですよ」


それまで、50ヤード以内になると
風の影響なんてほとんど考えていませんでした。


30ヤードでも風の影響を受けるものなんだと、
大きな学びでした、


レッスンプロとのラウンドは、自分だけでは
見つからない発見があるものですね。


もし、あなたも機会があれば、
レッスンプロのラウンドレッスンを受けてみてください。

スコアを伸ばす意外な発見があるかもしれませんよ。

こちらの記事は保護中になっています。(メルマガ読者限定)

こちらから無料メルマガに登録をしてください。

無料メルマガの登録はこちら

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ