アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: アプローチの打ち方

rahu2
続きを読む

fb_apr1
続きを読む

situnai3
続きを読む

fb_apr1

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすればアプローチのダフリを減らせるのか?」

もしあなたが「アプローチがダフル」と
悩んでいるなら今回の記事が役に立つでしょう。

熱心なあなたもご存知のとおり
アプローチの上達はスコアアップの近道です。

どうすればアプローチのダフリを減らせるのか?

ということで今日は
「ダフらないアプローチの打ち方(コレだけは守って!)」
をシェアします。


■ダフらないアプローチの打ち方(コレだけは守って!)

(1)ダフリの原因は「すくい打ち」

アプローチでダフりやすいなら
「すくい打ち」の可能性が高いです。

グリーンが近くに見えると
高いボールを打ちたくなります。

ボールを上げようとすると
「すくい打ち」になりやすいです。

どうすれば「すくい打ち」を直せるのか?


(2)手首を固定してコックをしない

アプローチのダフリを減らすには
「手首を固定してコックをしない」
という方法がオススメです。

距離の短いアプローチはこの方法が有効です。

アプローチをノーコックで打つと
次のメリットがあります。

・入射角が安定する
・打点が安定する
・大きなミスにならない



(3)ボールを上げようとしない(低いボールを打つイメージ)

ショートアイアンは何もしなくても
ボールが上がってくれます。

ボールはクラブが上げてくれます。

スイングで上げようとするとダフリやすいです。

「低いボールで方向性を出す」という
気持ちで打ってはいかがでしょうか?

ショートアイアンでは低いボールを打つつもりでも
自然にボールは上がってくれるものです。

高いボールより低いボールの方が
距離感、方向性もあいやすいです。


寄せワンの確率も増えます。

アプローチがダフル場合は
「手首を使わず」「低いボールを打つイメージ」
をお試しください。


 * * *

ダフらないアプローチの打ち方をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ダフリの原因は「すくい打ち」
(2)手首を固定してコックをしない
(3)ボールを上げようとしない(低いボールを打つイメージ)


アプローチの上達はスコアアップの近道です。

アプローチのダフリを減らせると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています!



■追伸

ほぼ毎日メルマガを書いていますが
つねに次のことを考えています。

「どうすればメルマガ読者さんがもっとゴルフを楽しめるか?」

アプローチはスコアアップの近道なので
たくさんお伝えしたいことがあります。

ですが注意点が多すぎると混乱しますよね?

なので、、、

「コレだけは気をつけるべき」を厳選してご紹介しました。

参考になれば幸いです!



■追伸2

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」


と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

ショートゲームがスコアを作ります。

あなたは大幅なスコアアップをしたいですか?
そのために何をしますか?

betapin

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば50ヤードのアプローチでベタピンになるのか?」

熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームはスコアアップの鍵です。

50ヤード前後の中途半端な距離を
苦手としている方は多いです。

50ヤード前後を得意になると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで今日は
「50ヤードはベタピンを狙え!(スタンスと肩のライン)」
をシェアします。


■50ヤードはベタピンを狙え!(スタンスと肩のライン)


(1)狭いスタンス、オープンスタンス

フルショットをしないアプローチは
オープンスタンスが良いです。

距離が短いアプローチほど
オープンスタンスの度合いを大きくします。

オープンスタンスとは
左足を少し後ろに引いた状態です。

オープンスタンスにすると
フォローで体を回転しやすくなります。

狙った方向に打ちやすくなります、

通常より狭いスタンスで
軸を安定させるとインパクトが安定します。

オープンスタンスにするとバックスイングが
少し窮屈になり振り幅が安定します。

距離感も安定しやすくなります。


(2)肩のラインはスクエア

スタンスをオープンにするとき
注意点があります。

「肩のラインはスクエアにする」です。

これが出来ていないゴルファーは多いです。

両肩を結んだ先はターゲットラインと
並行にします。

スタンスにあわせて肩もオープンにすると
「カット打ち」や「ひっかけ」になりやすいです。

肩の方向をスクエアにすると
狙った方向に打ちやすくなります。


 * * *

「50ヤードはベタピンを狙え!(スタンスと肩のライン)」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)狭いスタンス、オープンスタンス
(2)肩のラインはスクエア

肩の向きはとーっても重要。

「肩の向きがターゲットラインと並行になっているか?」
をチェックして下さい。

本人が気づかないうちに
ズレているケースも多いです。

50ヤード前後を得意になると
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!




■追伸

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」


と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

あなたはどう思いますか?



book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ