アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: パターの打ち方

short5
続きを読む

asaren3

続きを読む

put1
続きを読む

short5


FROM:アオイ
札幌のカフェより、、、

「パターをパチンと打ってしまい、大オーバー!!」

または、、、

「オーバーが怖くてインパクトが緩んで、ショート!!」

これはゴルフをしていれば
誰もが体験することでしょう。

パットの上手い人は距離感が良いです。

「ラウンドに慣れている」というのもありますが
距離感を良くするにはコツがあります。

どうすればパットの距離感が良くなるのか?

ということで今日は
「3パットを減らす距離感の作り方」
をシェアします。


■3パットを減らす距離感の作り方


(1)芯で打つ

距離感が悪い方はパットの芯を外しています。

ショットマーカーをフェース面に貼ると
芯で打てているかをチェックできます。

芯で打てると自然に距離感が良くなります。

「芯で打つ」ために効果の高いドリルをご紹介します。

輪ゴム2本をフェースに装着
スイートスポット以外で打てない状態にして
パット練習をします。

ただ、、パット練習は続けるのが大変ですよね?

「何回連続できちんと打てるか?」
など、記録をつけると練習にゲーム性が生まれます。

ゲーム性を持たせると練習を継続しやすくなります。


(2)リズムを一定にする

パットのリズムが一定になると
距離感が良くなります。

パットのテンポを整える方法はいくつかありますが
そのうちの1つをご紹介します。

一番シンプルなのは、
「心の中で、1,2,3と数える」
という方法です。

パットのテンポがいつも同じになり
距離感が良くなりますよ。


(3)パットの基本は自宅で身につける

ラウンド時に「芯で打つ…」「リズムを同じ…」
と意識していては距離感に集中できません。

できれば自宅練習で「芯で打つ」「リズムを同じ」を
身につけましょう。


練習グリーンは「傾斜」「距離感」
の練習をしましょう。

ラウンド中はグリーンの傾斜や芝目など
他にも注意すべきことがたくさんあります。

「パットのライン」や「振り幅」は
状況により変える必要があります。

「芯で打つ」「リズムを一定にする」は
どんなパットでも変える必要がありません。

この2つはパット上達の必須ポイントであり
自宅で練習できます。

「パッティングで毎回同じことは、
 無意識にできるようにしておく」


これが理想です。

パッティングがシンプルになり
パット数を減らせますよ。


 * * *

3パットを減らす距離感の作り方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)芯で打つ
(2)リズムを一定にする
(3)パットの基本は自宅で身につける

3パットが減ると
スコアはすぐに良くなります。

参考になれば幸いです。



■追伸

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。



■追伸2

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」


と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

あなたはどう思いますか?



asaren3

FROM:アオイ

「どうすれば3パットを減らせるのか?」

ゴルフに熱心なあなたもご存知のとおり
パットはゴルフスコアの4割をしめます。

もし3パットが多いなら
スコアアップの鍵はそこにあります。

ゴルフが上手い人は
3パットが少ないです。

「ストロークが安定している」ということも
ありますが、

パット数を減らすにはコツがあります。

ということで今日は
「3パットを減らしてスコアアップする方法」
をシェアします。


■朝の練習はロングパットで距離感を確認せよ!

3パットが多い1番の理由は
ロングパットの距離が合わないから。

イ・ボミ選手も「パットでは距離感が一番大切」
と言っています。

3パットが多いならラウンド前に
ロングパットを練習しましょう。

練習グリーンの平らな場所で
10ヤード、20ヤード、30ヤードと
距離を変えて練習します。

ストロークの大きさで距離感を作ります。

自分が苦手と感じる距離を重点的に
練習しても良いです。

平らな場所で距離感をつかんだら
上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ラウンド前に練習した距離は、
本番でも距離があいやすいです。



■グリーンの傾斜を正確に読め!

「練習をしているけど
 本番で3パットが減らない」


という場合、、、

パットのストロークは問題なくて
「傾斜を読めていない」という可能性が高いです。

練習グリーンでは打ち直しができるので
傾斜を読めなくても、1発目の転がりをみれば
2回目、3回目は上手く行きます。

しかし本番では1発勝負です。

そのため「傾斜を正確に読む」が大切なのです。

傾斜を読めていないと、、、


・上りパットで大ショートする

2打目のパットで距離が残るので
3パットになりやすいです。


・下りパットで大オーバーする

傾斜によってオーバーしたことに
気づいていないと、、、

「あれ?このグリーンすごく早い?」

と勘違いします。

そして2打目の上りパットをショートします。


・予想より大きく曲がる(または曲がらない)

傾斜を読めていないと
どれだけ曲がるかわかりません。

距離感はあっていたのに
カップの手前から曲がってしまう。

曲がると予想したのにまっすぐだった。

カップに寄らない、入らないのは
打ち方が原因ではありません。

「傾斜を正確に読めているか」どうかです。

では、どのように傾斜を読めば良いのか?

いくつかポイントをご紹介します。


(1)グリーンの傾斜はグリーンにあがる「前」に読め

グリーンにあがると傾斜が読み難くなります。

グリーンで一番高い所と、一番低い所がわかれば
パットする傾斜を読みやすくなります。

グリーンに上る前に、
「このグリーンの一番低いところは?」
を見つけましょう。


(2)ラインは低い位置から読む

ボールとカップの付近で、一番低い場所からも
ラインを確認しましょう。

一番低い場所で、目線を下げると、
傾斜を読みやすくなります。


(3)カップ側から目線を下げて読む

パッティングラインは、カップの後ろ側から読むと
わかりやすいです。

スロープレーにならないように、
自分の打つ番になる前に、
カップの後ろ側からもラインを確認しましょう。

その時に、「目線を下げてラインを読む」と良いです。

プロの試合をTVで見ていると
目線を下げてラインを読んでいますよね。

目線を下げるとラインが読みやすいのです。

 * * *

3パットを減らしてスコアアップする方法を
ご紹介しました。


長くなったのでまとめます。

・朝の練習はロングパットで距離感を確認せよ!
・グリーンの傾斜はグリーンにあがる「前」に読め
・ラインは低い位置から読む
・カップ側から目線を下げて読む


ショートゲームはスコアアップの要です。

フルスイングと同じくらい
ショートゲームにも情熱をかたむけると
スコアが大きく変わりますよ。

参考になれば幸いです。

応援しています!



■追伸

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。



book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ