アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: パターの打ち方

asaren3

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

あなたは

「3パットが減らない」

と悩んでいませんか?

メルマガ読者さんは
ゴルフに熱心な方ばかりです。

ゴルフに熱心なあなたに
パットの重要性は言うまでもないでしょう。

「3パットが多い」とお悩みなら、、、

ロングパットの距離感を磨くことで
スコアが大幅に良くなる可能性が高いです。


3パットが多いのはショートパットが
入らないからではないです。

ロングパットの距離感が
合わないことが原因です。

ということで、今日は
「パターの打ち方、距離感の作り方」
をシェアします。


■パターの打ち方、距離感の作り方


(1)自宅練習でストロークを安定させる

パターマットを使った練習は
距離感とは無関係と感じるかもしれません。

しかし、パターマットを使った練習は
距離感を養うために重要です。

ストロークが安定し、
芯で打てるようになるからです。

芯で打てて、ストロークが安定すれば
振り幅で距離感を作れます。

本気でゴルフを上達したいと思っている人は
自宅で練習をしています。

下半身を固定し肩でストロークする動きを
練習しましょう。

手を使いすぎると距離感があいません。

距離感を作るのは肩のストロークです。

そのために安定感のあるアドレスが大切です。

正しいストロークが出来て
はじめて距離感をつくることができます。

ロングパットの距離感を高めるには
自宅練習が効果的なです。



(2)ラウンド前にロングパットの距離感を確認

距離感が合わないと悩むなら、
ラウンド前にロングパットを練習しましょう。

ストロークの練習は自宅で行っているので、
練習グリーンで行うのは「タッチの確認」です。

練習グリーンの平らな場所で
10ヤード、20ヤード、30ヤードと
距離を変えて練習します。

ストロークの大きさで距離感を作ります。

自分が苦手と感じる距離を重点的に
練習しても良いです。

平らな場所で距離感をつかんだら
上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ラウンド前に練習した距離は、
本番でも距離があいやすいです。


3パットが多いのはショートパットが
入らないからではないです。

ロングパットの距離感が合わないことが原因です。

距離感が合わないと悩むなら、
ラウンド前にロングパットを練習しましょう。


 * * *

パターの打ち方、距離感の作り方をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・自宅練習でストロークを安定させる
・ラウンド前にロングパットの距離感を確認



独学でも、誰かに習っても良いです。

重要なのは、
「スコアの半分はパッティングがしめる」
ということ。

パットの距離感が良くなると
3パットが減ります。

3パットが減ると
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!



■追伸

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。


3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。

あなたはどう思いますか?


put1

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば、ねらった方向に正確にパットできるのか?」

これは私達ゴルファーにとって永遠の課題ですよね。

1.5〜2mのパットを確実に入れる事ができたら
ゴルフスコアは驚くほど良くなります。

曲がるラインだと難しいでしょうが
真っすぐ上りの2mのパットは入れたいです。

2mを確実に入れるには
「ねらった方向に正確に打てるか?」
が勝負です。

実は簡単な方法で
狙った方向に正確にパットできます。

ということで今日は
「ねらった方向に正確にパットをする方法」
をシェアします。


■ねらった方向に正確にパットをする方法

(1)フェース面の向きが勝負

パターの方向性はストロークの方向性よりも
フェース面の向きが大切です。

パットではフェースとボールの接触している
時間が一瞬です。

そのためストロークの方向は
ボールの転がる方向に殆ど影響を与えません。

フェース面が向いている方向にボールは転がります。

そのため
「どれだけアドレスで狙った方向に正しくフェース面をむけるか?」
「どれだけアドレスのフェース面をキープしてストローク出来るか?」
が勝負になります。

ちなみに、、、

2mのパットではフェース面が1.5度ずれると
カップを外れるそうです。


かなりシビアな世界ですね。


(2)ボールに線を引く

ボールの線をターゲットへ向けて
その線をガイドにフェースを合わせると
パットの方向は合わせやすくなります。

ラインが入っているボールを使うか、
ボールにラインをマジックペンで記入すると良いです。

(ペンで書くと見た目は悪いですが、、、パットが楽になります)

グリーンにボールを置くときに
ターゲットにこの線を向けてボールをセットします。

ボールに線が入っていると
フェース面を合わせやすくなります。


(3)パターのシャフトをガイドラインにする

ボールの線をターゲットの方向に正確にあわせます。

2mのパットではフェース面が1.5度ずれると
カップを外れます。

2m先のカップに、ボールの線を正確に合わせるのは
難しいですよね?

オススメの方法は
「パターのシャフトをガイドラインにする」です。

ターゲットとボールを結んだ線に
パターのシャフトをあわせます。

このパターのシャフトをガイドラインに
ボールの線をあわせます。

パターのシャフトを使うことで
時間を短縮できますし、正確にボールを置けます。


何も使わずにボールの線をあわせるよりも
はるかに簡単です。


(4)フェース面をボールの線に直角にあわせる

フェース面をボールの線に直角にあわせて
アドレスをします。

2mのパットではフェース面1.5度ずれると
カップを外れます。

慎重にあわせましょう。

ボールの横に立つとボールの線が
ズレている気がするかもしれません。

でも信じるしかありません。

フェース面の狂いの許容される範囲は
「2mのパットで1.5度」。

もはやアドレスしてから微調整はできません。
外れる確率が高くなるだけです。

これまで慎重に行った自分を信じましょう。



(5)ボールを打った後もボールのあった場所の芝生を見続ける

2mのパットではフェース面1.5度ずれると
カップを外れます。
(え?しつこい?)

アドレスと同じフェース面でボールを
打てば狙った方向にボールが転がるはずです。

ストローク中に頭を動かしたらアウトですよ。
フェース面がずれるからです。

ボールを打った後も
ボールのあった場所の芝生を見続けます。


手首を使わずに、肩の上下でストロークすると
正確なストロークをしやすいです。

ボールがカップインするまで(止まるまで)
フォローの形をキープしましょう。

ショートパットはカップインの音を耳で聞きましょう。

ロングパットなら打った後にゆっくりと
首だけ回してボールの転がるところを見守りましょう。

ボールの線がブレずに転がっているなら
正確に打てた証拠です。

これで外れたなら、ラインの読み方を
間違えていたということです。

ボールの線がブレて転がっているなら
手順のどこかの精度が悪かった証拠です。

でも、がっかりする事はありません。

パットを外したとき「何が悪かったのか?」の
フィードバックを受ける事が大切です。

適切なフィードバックを受ける事で
上達が早くなります。


 * * *

ねらった方向に正確にパットをする方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・フェース面の向きが勝負
・ボールに線を引く
・パターのシャフトをガイドラインにする
・フェース面をボールの線に直角にあわせる
・頭を動かさず、手首を使わずストローク

パットの精度が高くなると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです。




■追伸

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。




short5

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「どうすれば3パットを減らせるのか?」

メルマガ読者さんから
こんなメールを頂きました。

==========================
今の一番の悩みはパットです。

あまりにもパットが悪いので毎週土曜、日曜と
近くのコースにあるパッティング練習場で
2時間ほど練習してます。

(中略)

しかし、練習場では上手くいくのですが、
不思議なことにコースではどうやってもダメ。
良い対策があれば教えて下さい。
==========================


もしあなたも「練習しているのに3パットが減らない」
悩んでいるなら今回の記事が参考になるでしょう。

ゴルフが上手い人は
3パットが少ないです。

「ストロークが安定している」ということも
ありますが、

パット数を減らすにはコツがあります。

ということで今日は
「3パットを撲滅する2つの方法」
をシェアします。


■3パットを撲滅する2つの方法


(1)グリーンの傾斜を正確に読め!

「練習をしているけど
 本番で3パットが減らない」

という場合、、、

パットのストロークは問題なくて
「傾斜を読めていない」という可能性が高いです。

練習グリーンでは打ち直しができるので
傾斜を読めなくても、1発目の転がりをみれば
2回目、3回目は上手く行きます。


しかし本番では1発勝負です。

そのため「傾斜を正確に読む」が大切なのです。


傾斜を読めていないと、、、


・上りパットで大ショートする

2打目のパットで距離が残るので
3パットになりやすいです。


・下りパットで大オーバーする

傾斜によってオーバーしたことに
気づいていないと、、、

「あれ?このグリーンすごく早い?」

と勘違いします。

そして2打目の上りパットをショートします。

問題はストロークではありません。

「傾斜を正確に読めているか」どうかです。

こちらで「グリーンの傾斜を正確に読む方法」を
ご紹介しています。

「グリーンの傾斜を正確に読む方法」


練習グリーンでは
「ボールを1球だけ使って目標を次々に変える」
という練習もオススメです。



(2)3パットを減らすグリーンの狙い方

「グリーンの狙いどころが悪い」という場合も
3パットが増えやすいです。

上りのパットと下りのパットでは
難易度がまったく違います。


2段グリーンではカップのある段に乗せないと
3パットの確率が大幅に増えます。

セカンドショットで
グリーンを狙う段階から
パット数を減らす工夫があるのです。

こちらで「3パットを減らすグリーンの狙い方」を
ご紹介しています。

「3パットを減らすグリーンの狙い方」


 * * *

3パットを撲滅する2つの方法を
ご紹介しました。

・グリーンの傾斜を正確に読め!
・3パットを減らすグリーンの狙い方

ストロークの練習も大切ですが
パット数を減らすにはコツがあります。

参考になれば幸いです。



■追伸

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。


アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせてスコアが良くなります。




<本日のオススメ>

「アプローチがもう少し寄せられればなー」

とラウンドが終わると
いつも言っていませんか?

もし、あなたがアプローチを上達したいけど、
「何をすれば良いのかわからない」と悩んでいるなら、
こちらがおススメです。

少ない練習でアプローチを上達する方法を紹介しています。

「少ない練習でアプローチを上達する方法」はこちらをクリック


put1

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「パターをパチンと打ってしまい、大オーバー!!」

または、、、

「オーバーが怖くてインパクトが緩んで、ショート!!」

これはゴルフをしていれば
誰もが体験することでしょう。

パットの上手い人は
距離感が良いです。


「ラウンドに慣れている」というのもありますが
距離感を良くするにはコツがあります。

「どうすればパットの距離感が良くなるのか?」

大切なのは「テンポを安定させる」です。

パットのテンポが安定すると
軌道もフェース面も安定します。

ロングパットの距離感が良くなり、
ショートパットは入りやすくなります。

ということで今日は
「3パットを減らすテンポの整え方」
をシェアします。


■3パットを減らすテンポの整え方

パットのテンポを整える方法はいくつかありますが
そのうちの1つをご紹介します。

(1)ロングパットとショートパットを交互に打つ

「パットのテンポが悪い」という人は
ロングパットとショートパットでテンポが変わります。

距離によってテンポが変わると
距離感が安定しません。

「ロングパットとショートパットを交互に打つ」
というドリルがオススメです。


(2)1mと10mを同じテンポで打つ

1mと10mの地点に目印を付けます。

ティーをさしておけば良いでしょう。

ボールを4つ使います。

1m、10m、1m、10m
と順番に打ちます。


ここで重要なのは
「同じテンポでポン、ポン、ポン、・・・」
と打ち続けること。

「ストロークのふり幅」や「ボールの初速」で
「転がる距離が変わる」を体感できます。

パットのテンポがいつも同じになり
距離感が良くなりますよ。




■安定したリズムは練習で身に付ける

ラウンド時にリズムを意識するのも良いですが、
できれば普段の練習でリズムを安定させましょう

ラウンド中はグリーンの傾斜や芝目など
他にも注意すべきことがたくさんあります。

安定したリズムを身につければ
ラウンド時はリズムを意識しないですみます。


パットのリズムはいつも同じです。

ロングパットもショートパットも同じです。

上りでも下りでも、
スライスラインでも、フックラインでも
テンポは同じです。

「パッティングで毎回同じことは、
 無意識にできるようにしておく」


これが理想です。

パッティングがシンプルになり、
パット数を減らせますよ。



■追伸

パットがシンプルになると距離感が良くなり
スコアが良くなります。

パットの調子が良いと
スイングのリズムも良くなり、
ラウンド全体の調子が良くなります。

あなたはパットを打つたびに
いろいろなことを考えすぎていませんか?



put1

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


先日、友人とラウンドした時の話です。

あなたの役にも立ちそうな気付きがあったので
シェアします。

友人は3パットが多いと悩んでいました。

原因はコレでした。

「ファーストパットの距離感が悪い」

ラウンド中に見ているとあきらかに
上りはショートして、下りはオーバーする。

原因は「グリーンの傾斜を読めていない」です。

グリーンの傾斜を正確に読めると、

・上りのパットでショートせずにすみます
・下りのパットでオーバーせずにすみます
・パットで曲がる幅も正確に読めるようになります


ファーストパットの距離感があうので
3パットが減ります。

3パットが減る分だけ、スコアが良くなります。

友人にグリーンの傾斜を読むポイントを
いくつか教えたところ
3パットが減ったと喜んでいました。

ということで今日は
「グリーンの傾斜を正確に読み3パットを防止する方法」
をシェアします。



■パットの距離感を向上させて3パットを防止する方法

もしあなたが
「上りのパットはショートして、下りのパットはオーバーする」
「パットすると思ったよりも曲がる」
という場合は、、、

傾斜を読めていない可能性が高いです。

では、どのように傾斜を読めば良いのか?

いくつかポイントをご紹介します。


(1)グリーンの傾斜はグリーンにあがる「前」に読め

グリーンにあがると傾斜が読み難くなります。

グリーンで一番高い所と、一番低い所がわかれば
パットする傾斜を読みやすくなります。

グリーンに上る前に、
「このグリーンの一番低いところは?」
を見つけましょう。


(2)ラインは低い位置から読む

ボールとカップの付近で、一番低い場所からも
ラインを確認しましょう。

一番低い場所で、目線を下げると、
傾斜を読みやすくなります。


(3)ラインを反対側から目線を下げて読む

パッティングラインは、カップの後ろ側から読むと
わかりやすいです。

スロープレーにならないように、
自分の打つ番になる前に、
カップの後ろ側からもラインを確認しましょう。

その時に、「目線を下げてラインを読む」と良いです。

プロの試合をTVで見ていると
目線を下げてラインを読んでいますよね。

目線を下げるとラインが読みやすいのです。

 * * *

グリーンの傾斜を正確に読む方法をご紹介しました。

3パットはスコアダウンに直結します。

参考になれば幸いです。



■追伸

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。


アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせて、スコアが良くなります。



■追伸2

「アプローチがもう少し寄せられればなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

もし、あなたがアプローチ練習をしていないなら
フルショットの練習を少し減らして
アプローチ練習を増やしてください。

スコアが良くなることを保証します。

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ