アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: パターの打ち方

golf_siba


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

上手いゴルファーは
3パットが少ないです。

「パットが上手い」
ということもありますが、

セカンドショットで
グリーンを狙う段階から
パット数を減らす工夫があるのです。


3パットはスコアダウンに直結します。

3パットを減らせれば
その分スコアは良くなります。

ということで、今日は
「3パットを減らすグリーンの狙い方」
をシェアします。


■3パットを減らすグリーンの狙い方

(1)上りのラインを残せ!

上りのパットと下りのパットでは
難易度がまったく違います。

「50cmの下りパットより
 3mの上りパットの方が安心して打てる」

というプロもいます。

上りパットは、
ラインがあっていれば、
タッチが強めでもカップに届きさえすれば、
カップインします。

下りパットは、
ラインとタッチの両方が合っていないと
カップインしません。

パット数を減らすには
「下りラインを残さず、
 上りラインを残すことが重要」


グリーン手前にバンカーなどの
ハザードがある場合は別ですが

50ヤード以内のアプローチでは、
カップ手前にボールを運び
「上りのパット」を残すようにしましょう。


「上りパットの扇に入れる」というイメージです。

hannkei



(2)2段グリーンは同じ面にのせる

2段グリーンではカップのある段に乗せないと
3パットの確率が大幅に増えます。

「同じ段に乗せる」をまずは考えます。

グリーンセンターまでの距離をなんとなく打つのではなく
「ピンがグリーンのどこにあるのか?」
を把握しましょう。

「ピンの位置を把握してから攻め方を決めましょう」

2段グリーンでピンが奥にある場合は
グリーンオーバーに注意して下さい。

エッジからピンが近くて、
下り傾斜のアプローチが残るとやっかいです。



(3)手前から奥に傾斜しているグリーンに注意

ほとんどのグリーンは手前よりも奥側が高いです。

いわゆる「受けグリーン」です。

全体の7〜8割ほどは受けグリーンです。

逆に考えると、
全体の2〜3割は受けグリーンではないのです。

左右の傾斜もありますし、

中には奥から手前に登っているグリーンもあります。

そんなグリーンの場合はグリーンの奥からパットをした方が
やさしい攻め方になります。

ピンの位置だけでなく
「グリーンの傾斜を把握してから攻め方を決めましょう」


パット数を減らせますよ。

傾斜を考えて攻めればグリーンを外した場合でも
アプローチが楽になります。

 * * *

3パットを減らすグリーンの狙い方をご紹介しました。

「グリーンを狙うときにそんな余裕はないよ」

と思うかもしれませんが、
慣れれば難しくありません。

まずはアプローチでグリーンを狙うときから
はじめましょう。

ショートゲームはスコアのカギを握っています。

アプローチを打つときに「グリーン全体の傾斜」
を把握してから攻め方を決めるようにしましょう。



■追伸

もしあなたが「3パットが多い」と悩んでいるなら
アプローチを練習するのも良い方法です。

3パットの1番の要因は
「ファーストパットの距離が長いから」です。


アプローチでピンに近づければ
3パットを減らせて、スコアが良くなります。




■追伸2

「アプローチがもう少し寄せられればなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

もし、あなたがアプローチ練習をしていないなら
フルショットの練習を少し減らして
アプローチ練習を増やしてください。

スコアが良くなることを保証します。




put

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「1mのショートパットをはずしてしまう・・・」

もしあなたが、このような悩みを持っているなら
今回の記事が役にたつでしょう。

1mのショートパットをはずす場合、
殆どの方は左に外しています。

ショートパットを左にはずさなくなるコツがあります。

1m前後のパットが入るようになると
劇的にスコアが良くなりますよ。

ということで、今日は
「ショートパットが得意になる意外な方法」
をシェアします。


■ショートパットが得意になる意外な方法


(1)ショートパットを左に外す理由

1mのショートパットをはずす場合、
殆どの方は左に外しています。

なぜか?

カップインが気になりインパクトの直前に、
右目、右肩、右腰が前に出てしまうからです。


ショートパットはターゲットが近いために
安定したストロークをするのが難しいのです。

ヘッドアップをしないために
強い意志と反復練習が必要になります。

ですが、、、

ショートパットのヘッドアップを防止する
あまり知られていない方法があります。


(2)ショートパットは左手でボールを拾う

その方法とは、、、




「ショートパットはカップインしたボールを左手で拾う」

これだけです!

「は?それだけ?」

と思うかもしれませんが、
簡単なのに効果は大きいです。

インパクトで右目、右肩、右腰が前に出る動きを
防止できます。

ショートパットでカップインしたボールを右手で拾うと、
ボールを打った後に、体の右側が前に動きます。

これが習慣になっているので、ボールを打つ瞬間に
体の右側が前に動くのです。

ボールを左手で拾うとその動きがなくなります。

効果がある方と無い方がいます。

ショートパットはスコアに直結します。

すぐに出来る方法ですので、一度はお試し下さい。



(3)具体的な動き

「ショートパットはボールを左手で拾う」
の具体的な動きを解説します。


・下半身と頭の位置を不動にしてストローク

・ボールをしっかりと見る
(ヘッドアップを防止する効果があります)

・1mのパットを打つ

・ボールが止まるまでフォローを崩さない

・カップインした後、右足は動かさずに
 左足をカップへ平行移動

・ボールを左手で拾い上げる
 



 * * *

ショートパットが苦手な方は
ボールを打つ瞬間、少し右肩、右腰が
前にでてしまうのです。

「フェース面をスクエアにしよう」

「ヘッドアップに注意しよう」

と思っていても、一瞬の動きなので簡単ではありません。

土台となる下半身や肩が動いては
安定したストロークはできません。

ショートパットを引っ掛けると悩んでいるなら、、、

「ショートパットは左でボールを拾う」

この方法で劇的にショートパットが
安定する方もいます。

ぜひお試し下さい。



■追伸

「パットが上手くなればなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

「ゴルフスコアの半分近くはパットです」

もし、あなたがパット練習を自宅でしていないなら
毎日5分で良いのでパットを練習してみませんか?

スコアが良くなることを保証します。

put

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
ショートパットが上手いです。

ショートパットが上手いのは
「ラウンドに慣れている」
ということもありますが、

ショートパットを上達するにはコツがあります。

ドライバーのミスはセカンドショットや
アプローチでリカバリーできます。

ショートパットのミスはリカバリーできません。

カップに近い場所でのミスほどリカバリーが難しく
スコアダウンに直結します。

当たり前のことですが、今まではずしていた
ショートパットを入れる分だけスコアが良くなります。


ということで、今日は、
「ショートパットが得意になる練習方法」
をシェアします。


■ショートパットが得意になる練習方法


(1)「自信」と「慣れ」を作る

ショートパットを上達するには
いくつかポイントがあります。

あまり意識していな方も多いですが
「自信」と「慣れ」も大切です。

自信がないとヘッドアップになり、
インパクトでフェースがズレやすいです。

ショートパットに慣れていないと、
不安が生まれます。

不安がヘッドアップや、
インパクトでの緩みになります。

「ショートパットの自信や慣れを養うドリル」
をご紹介します。


(2)50cmのショートパットからスタート

練習グリーンで行います。

出来るだけ平坦な場所にあるカップを選びます。

より簡単にするために上りのラインを選びます。

50cmの距離のパットをします。

この距離なら自信を持って
カップインできるでしょう。


(3)10cmずつ距離を伸ばします

60cm、70cm、、、、1m

と徐々に距離を伸ばしていきます。

ポイントは
「カップインするときのボールのスピードを一定にすること」

ボールを打つ場所は、ティーを使って目印を
つけておいても良いです。

距離を伸ばしていくと
外しやすい距離がでてきます。

外したら、10cm近い距離に戻します。
入れたら、10cm伸ばします。

これを繰り返すことで
ショートパットの慣れと自信を養えます。

外しやすい距離を重点的に練習できます。


(4)上りラインに慣れてきたら、他のラインを練習する

上りラインに慣れてきたら、
他のラインで練習しても良いです。

フック、スライス、下りのラインです。

上りのラインに比べて圧倒的に難しいです。

カップを外し続けると練習がつまらなくなりますので
はずさないように距離を短くしても良いです。


この方法は「いつもは外していた距離のパット」を
念入りに練習できます。

そのためスコアアップに直結します。

カップインを何度も行うので
自信と慣れも養えます。


 * * *


ショートパットを上達する方法は
他にもあります。

独学でも良いですし、誰かに習っても良いです。

ただ重要なのは
「パットはゴルフスコアの半分近くをしめている」
ということ。

練習を工夫してパット練習をすると
短期間にスコアアップできますよ。

参考になれば幸いです。



■追伸

「パットが上手くなればなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

もし、あなたがパット練習を自宅でしていないなら
毎日5分で良いのでパットを練習してみませんか?

スコアが良くなることを保証します。

cup_ball


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
3パットが少ないです。

3パットが少ないのは
「ラウンドに慣れている」
ということもありますが、

3パットを減らすコツがあります。

当たり前のことですが、
3パットを減らした分だけ
スコアが良くなります。

ということで、今日は、
「3パットを減らす3つの方法」
をシェアします。


■3パットを減らす3つの方法


(1)アプローチで上りラインを残す

パット数を減らすために重要なことは

「難しいラインを残さない」

ということです。

上りのパットと下りのパットでは
難易度がまったく違います。

「50cmの下りパットより
 3mの上りパットの方が安心して打てる」

というプロもいます。

上りパットは、
ラインがあっていれば、
タッチが強めでもカップに届きさえすれば、
カップインします。

下りパットは、
ラインとタッチの両方が合っていないと
カップインしません。

パット数を減らすには
「下りラインを残さず、
 上りラインを残すことが重要」


グリーン手前にバンカーなどの
ハザードがある場合は別ですが

50ヤード以内のアプローチでは、
カップ手前にボールを運び
「上りのパット」を残すようにしましょう。


「上りパットの扇に入れる」というイメージです。
hannkei






(2)パットのリズムを一定にする

3パットを減らすには
ロングパットの距離感が重要です。

距離感を養うには、パットのリズムを
一定にする必要があります。

リズムが安定すると打つ距離を
ふり幅で作れるので、自然に距離感が良くなります。


パットのリズムを一定にする方法はこちらを参考にして下さい。

パットのリズムを一定にする方法



(3)グリーンの傾斜を正確に読む

3パットを減らすには
グリーンの傾斜を把握する必要があります。

グリーンの傾斜を把握すれば
下りで大オーバーをしなくなりますし、
上りで大ショートをしなくなります。

ファーストパットでカップに寄せられるようになり
3パットを減らせます。

グリーンの傾斜を正確に読む方法はこちらを参考にして下さい。

グリーンの傾斜を正確に読む方法


 * * *

3パットを減らす方法は他にもあります。

重要なのは「スコアの半分近くはパット」ということ。

ちょっとした知識を増やすことで、
パット数を減らせます。

参考になれば幸いです。



■追伸

「パットが上手くなればなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

もし、あなたがパット練習を自宅でしていないなら
毎日5分で良いのでパットを練習してみませんか?

スコアが良くなることを保証します。

golfing-219993_150

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「ショートパットを上達する練習方法とは?」

もしあなたがショートパットで
悩んでいるなら、今回の記事が役に立つでしょう。


上手いプレーヤーは、
ショートパットが上手いです。

「練習量が多い」
「ラウンド量が多い」
ということもありますが、

ショートパットを上達するには
コツがあるのです。

ということで、
あなたの役にも立つと思いますので

「ショートパットを安定して入れる2つの練習方法」

をご紹介します。


■カップインの確率が高いのは「43cmオーバー」

一番カップインする確率が高い強さは、
「43cmオーバー」と言われています。

最後の1転がりで、ギリギリ「コロン」と入る
ジャストタッチでは「弱い」のです。


カップまわりは、多くのゴルファーが踏んでいるため、
デコボコしています。

そのため、ジャストタッチでは、
カップ手前でボールが曲がるケースが多いです。

43cmオーバーの強さで打てると、
グリーンのデコボコの影響が少なくなり、
カップインの確率が高まります。


ちなみに、よく整備された高速グリーンでは
30cmオーバーが良いとも言われています。



■ショートパットを安定して入れる2つの練習方法


「ショートパットの強さ」を養う練習方法を
2つご紹介します。


この練習をすれば、
ショートパットがガンガン入りますよ。


(1)「ガツン」と「コロン」を交互に練習

カップの向こう側の壁に「ガツン」とあてる強めのパット。

最後の1転がりで「コロン」と入る、
ジャストタッチのパット。

これを繰り返します。

本番ではこの2つの強さの間で打てば必ず入ります。

2つの強さの差はかなり大きいです。

「あ、ショートパットの強さって、
 許容範囲がこんなに広いんだ!」


という体験になります。

ショートパットを安心して打てるようになります。

本番のラウンド前に1mをサクサクっと
何度かカップインしましょう。

そうすれば、本番でも
そのイメージで簡単にカップイン出来ますよ。



(2)練習グリーンでカップコースターを使う

カップの大きさに切った丸い紙や
カップコースターを使います。

この丸い紙を仮想カップとして練習します。

練習グリーンで他の人を気にせず
好きな場所で練習できます。

ボールが紙の上をとおり、
43cmオーバーで打てればokです。



ラウンド前は1〜2mのパットを
多めに練習しましょう。

スコアが良くなりますよ。

ショートパットがサクサク入ると
ゴルフが簡単になります。



■追伸

もし「パット数が減らない」とお悩みなら、
アプローチの距離感に課題があるかもしれません。

アプローチの距離感が良いと
パット数は減りますから。

パット数を減らすためには
アプローチの上達も必要です。

応援しています!

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ