アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: ドライバー上達

メルマガ読者さんから、


「最近、急に飛距離が落ちて困っている・・・」


とメールを頂きました。


こんにちは、アオイです。

ということで、今日のテーマは、「飛距離」です。



■ 飛ばそうとするほど、飛距離がおちる?


実は、私も、急に飛距離が落ちて悩んだことがあります。



しかも、「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」という状態。



あなたも経験があるなら、今回の記事は必見です。



「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実は、これは多くのゴルファーで発生していることです。



「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」


なぜでしょうか?

実は、こんなことが発生しています。




「飛距離が欲しいので、飛ばそうとする」



「体重移動を大きくする」



「左右の動きが大きくなる」



「スイング中の頭の位置がうごく」



「スイング軸がぶれる」



「軸がぶれるので、飛距離が落ちる」



という、悪循環です。



■じゃあ、どうすれば良いのか?


はい、


「軸をぶらさないスイング」ができれば、

飛距離は元にもどるか、以前より飛ぶようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらで「安定したドライバーの打ち方」をご紹介しています。

安定したドライバーショットの打ち方(スウェーを防ぐ方法)


飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。

ドライバーの飛距離を伸ばしたいですか?


今回は、ドライバーの飛距離をアップする方法をご紹介します。

飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。

今回のテーマは「飛ばし!」です。

スイングのスロー再生を使ってご説明します。



■ ドライバー飛距離アップの最重要ポイントとは?


飛距離を出すために最優先することは、
バックスイングで頭の位置を安定させることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


飛ばしたいと思った時、スイング中の 腕の動き 肩の回転 腰の回転 の動きが
無意識のうちに大きくなってしまいます。


これらの動きが大きくなると、インパクト時にクラブの芯にボールが当たれば
距離が出ることもありますが、スイング軌道が不安定になりやすくなり、方向
性が安定しにくくなります。


飛ばしたいショットの時ほど、バックスイングで頭の位置を安定させることを
意識してください。



セットアップからトップのポジションまで、頭の位置ができるだけ変わらない
ように意識してください。


バックスイングでの頭の位置というのは、腕の動き、肩の回転、腰の回転の動
きを表しています。


腕の動き、肩の回転、腰の回転の動きが安定すると結果として頭の位置も安定
します。


逆に、バックスイングでこれらの動きが安定していないと頭の位置も安定しま
せん。


バックスイングで頭をできるだけ動かさないように意識することにより、腕の
動き、肩の回転、腰の回転の動きを抑えることができます。



飛ばし屋で有名なジョン・デイリー選手と横峯さくら選手がいます。


どちらの選手も飛ばし屋で有名で、どちらの選手も極度なオーバースイングで
す。


どちらの選手もセットアップのポジションからトップのポジションまで頭がほ
とんど動きません。


バックスイングで肩や腕が大きく動き、オーバースイングになっても頭の位置
はほとんど変わりません。


そのためセットアップからトップのポジションまで体の軸が左右上下前後に流
れにくくなり、インパクトでのブレがなくなります。


これが安定して飛距離を出せる原因です。


飛距離を出したい時には、セットアップからトップのポジションまでに頭の位
置ができるだけ動かないように意識して下さい。





【今回のポイント】
飛距離を出したい時には、
「セットアップからトップのポジションまでに頭の位置ができるだけ動かない
ように意識する」

今回のテーマは、「飛ぶ人と、飛ばない人の違いとは?」です。

それでは、今週も驚くほどゴルフ上達しましょー♪


■ 飛ぶ人と、飛ばない人の違いとは?

練習場で気づきました。

飛ばしそうな人は、アドレスを見ると飛ばしそうな雰囲気があります。

飛ばない人は、アドレスを見ると飛ばない雰囲気があります。


飛ぶ人と、飛ばない人はスイングも違いますが、アドレスから大きな違いがあ
ります。


アドレスなら、直すのは難しくないので、飛距離アップのためにぜひ試してく
ださい。


「飛ぶ人のアドレスとは?」

・全体的なバランスがとれている

・スタンスは肩幅より広めで、安定している

・肘が伸びきっていおらず、ゆとりがある

・猫背ではなく、ほどよく背筋が伸びている

・腰からではなく、股関節から前傾している


スイングを直すのは簡単ではありません。
アドレスを直すのは難しくありません。


アドレスを見直して飛距離アップをしてください。


【今回のポイント】
飛ぶ人と、飛ばない人の違いとは?
「アドレスから、飛ばしそうな雰囲気がつたわってくる」



■ 売れているゴルフアイテムのご紹介 


あと8日で値上がりです。

ゴルフ 7日間シングルプログラム

購入後5ラウンドで100をきれなかった場合、購入金額を全額返金してくれ
るそうです。


メルマガ読者さんから質問メールをいただきました。
「スライス」についてのご相談です。



●読者さんからのご相談


> 長年、スライスに悩んでおりました。
> スライスもタイプが段々変化しており、
> 1.真っ直ぐかやや左に出て、どスライス
> 2.最初から右に出て、そのままスライス
> 3.一時期、引っ掛けやフックが多くなり、ほとんどスライスは出ず
> 4.現在は大体は左にストレートボールが出て、たまに右に出てややスライス軌道
>
> とこんな感じです。
> 自分の中では、フェースコントロールが出来ていないのが一番の理由のような気
> がしています。
> ちなみにアイアンはほとんどストレートボールで、スイング軌道もストレートに
> 近いです。
>
> ドライバーだけがなぜか暴れてしまいます。



●アオイの返信

スライスの件ですが、原因は「インパクト時にフェースが開いている」の可能性が高いです。

また、アイアンが問題ないなら、原因はスイングでない可能性が高いです。
グリップやアドレスなど、スイングを始める前のセットアップを重点的にチェックしてみてください。

・アドレスでのクラブフェースがオープになっていないか?
・グリップがウィーク過ぎないか?
・フォローで右足体重になっていないか?
・ボールの位置が左足の方に寄り過ぎていないか?


グリップやアドレスなど、スイングを始める前のセットアップを重点的にチェックしてみてください。
アイアンが問題ないなら、原因はスイングでない可能性が高いです。

あまり悩まずに、レッスンプロにスイングをチェックしてもらうのが早いですよ。


−−−−− ここまで −−−−−−−


重要なポイントは・・
「あまり悩まずに、レッスンプロにスイングをチェックしてもらうのが早い」という部分です。(笑)

笑っている場合ではないですね。


自己診断でスイングを改造するより、チェックしてもらった方が断然はやいです。
プロゴルファーでさえ、レッスンプロにスイングをチェックしてもらいます。

時間のないアマチュアなら、迷わずプロに診断してもらうことをお勧めします。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ