今回も飛距離アップがテーマです。


男性より、力がなくヘッドスピードが遅い女子プロゴルファーが250ヤード
以上の飛距離を出せます。


スイングの効率がとても良いです。



今回も、女子プロゴルファーのスイング動画を参考にします。



前回のメルマガで飛距離アップのコツについてお伝えしました。


飛距離アップのコツは「バックスイングで右ひざの位置が変えない」

前回の記事はこちらから読むことができます。
http://archive.mag2.com/0000138114/20100307171344000.html



スイング中に気をつけることができるのは、一か所くらいです。
まずは、「右ひざの位置を変えない」をマスターしましょう


それでは、「右ひざの位置を変えない」ができたら、次の課題です。


次のポイントは「体を充分に回転させる」です。


トップでは左肩があごの下までくるが正解です。

背中が目標方向に完全にむくまで回転しています。

体を充分に回転させることで飛距離が伸びますよ。

是非、お試しください。


一度、ご自分のスイング動画を撮影してチェックしてみることをお勧めします。


体が充分に回転させるための良いドリルがあります。


「シャドウスイング」

1「まず、アイアンを1本肩にかつぎます」
2「バックスイングをするように、肩を回転します」
3「ダウンスイングでは、重心を左に動かします」
4「フォローでは、しっかりと右肩を左にまわします」



クラブを振らないことで、体の動きに集中できます。
クラブを持ってスイングをすると、クラブの動きを意識してしまうので、体の
動きに意識を集中できません。


体の動きに集中できるこのドリルがお勧めです。


【今回のポイント】
飛距離アップのコツ
「体を充分に回転させる」


クラブを持たずにできる「シャドースイング」は、体の動きを覚えるために良
いドリルです。