アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: ゴルフ飛距離アップ

こちらの記事は削除されました。

「最短でゴルフを上達する秘訣」を無料メルマガでご紹介しています。

こちらから無料メルマガに登録をしてください。

無料メルマガの登録はこちら


FROM:アオイ

札幌の自宅より

「気温が低くなってきましたね」

寒くなると、どうしても飛距離は落ちます。

原因としては、いくつかあります。

・気温の低下で空気抵抗が大きくなる
・ボールが硬くなり反発力が弱まる
・筋肉が硬くなる
・着膨れでスイングスピードが低下する


今回は「筋肉が硬くなる」を解決するために、
ストレッチこコツをご紹介します。


ストレッチにより、飛距離の低下を防止できますし、
何よりも怪我の防止になります。

ゴルフの飛距離アップには、
柔軟性がとても大切です。

石川遼プロも
「体の柔軟性があると絶対に飛ぶようになる」
と断言しています。

石川遼プロはアマチュア時代からお父さんに勧められ、
肩の可動域を広げるためのストレッチを
毎日のようにしていたそうです。

賞金王の片山晋呉プロも石川選手の柔軟性を絶賛しています。

飛距離アップには、筋トレをするより、
ストレッチによる柔軟性アップがお奨めです。


■ 帝王二クラウスも肩をまわすことを重視

帝王二クラウスも肩を限界までまわすことを
重視しています。

帝王二クラウス曰く
「肩の回転を限界まで回し、
全身ストレッチの感覚でスイングした。」

肩を十分にまわすことで、リズムが良くなり、
ヘッドスピードが向上するとコメントしています。


■ ストレッチをする時の注意点

ストレッチをするときのポイントは3つあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・反動をつけずに、ゆっくりと伸ばす
・気持ち良いあたりで、20秒程度静止
・息を止めずに、ゆっくりと呼吸する


無理をせずに、ゆっくりとストレッチをしましょう。

参考になれば幸いです。

「アドレスに入る前にクラブを、
 頭上に振り上げてまっすぐ振り下ろす」


ゴルフをしていて、こんな動きを
している人を見たことありませんか?

剣道の「面」を打つような動作です。


実は、あの動きには
「飛距離をアップする効果」があります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なぜかと言うと、

クラブを両手でグリップした状態で
クラブを頭上に振り上げると、

「肩甲骨が開くからです」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

肩甲骨が開くとスイングが大きくなり
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
飛距離がアップします。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

石川遼プロも飛距離を伸ばすために
肩甲骨の柔軟を重視しています。

日常的に肩甲骨まわりのストレッチをすると
飛距離アップを期待出来ます。

是非、次の練習時にこのエクササイズを試して下さい。

「アドレスに入る前にクラブを、
 頭上に振り上げてまっすぐ振り下ろす」


ただし、急な動きは筋を痛める心配がありますので、
ゆっくりと動かして下さい。

とても簡単ですが、
飛距離アップの効果がありますよ。

参考になれば幸いです。

こちらの記事は削除されました。

「最短でゴルフを上達する秘訣」を無料メルマガでご紹介しています。

こちらから無料メルマガに登録をしてください。

無料メルマガの登録はこちら


先日、ゴルフ練習場に行った時のことです。


知り合いの男性が、
一生懸命ドライバーでボールを打っていました。


後方の打席から見ていて、
100%の力でクラブを振っているのがわかります。


その姿を見て思いました。

「頑張って飛ばそうとしているけど、
 飛距離が出なくて悩んでいるのだろうな・・・」


しばらくして、その男性に話しかけられました。


「頑張ってクラブを振っているけど
 ヘッドスピードがあがらない。」

「ヘッドスピードはどうしたら上がるのか?」


彼が飛ばない原因は、

「腕の力に頼りすぎ」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

というものでした。


クラブを早く振ることに意識をして、
手打ちになっていました。


次の2点を意識するように指摘しました。



飛距離がでない、ダフリ、トップの原因の1つが「軸ブレ」です。

軸がブレる一番の原因は「スウェー」です。

こちらで詳しくご紹介しています。

安定したドライバーショットの打ち方(スウェーを防ぐ方法)

参考になれば幸いです。


飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ