アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: スライスを直す

もしあなたがスライスで悩んでいるなら
この記事は参考になると思います。

スライスを直すコツをこちらでご紹介しています。

ドライバーの打ち方(スライスを直す緊急対処法)

根本治療にはなりませんが即効性の高い方法です。

参考になれば幸いです。

もしあなたがスライスで悩んでいるなら・・・

これをチェックしてください。



スライスを直すコツをこちらでご紹介しています。

ドライバーの打ち方(スライスを直す緊急対処法)

根本治療にはなりませんが即効性の高い方法です。

参考になれば幸いです。


スライスを直すコツをこちらでご紹介しています。

ドライバーの打ち方(スライスを直す緊急対処法)

根本治療にはなりませんが即効性の高い方法です。

参考になれば幸いです。

こんにちは、アオイです。

先日、友人とゴルフ練習に行きました。

彼はとても綺麗なスイングをしていました。
しかし、打ったボールは出だしから右に飛びます。

本人はその理由がわからず、長年悩んでいました。


「出だしから右へ飛び出し、その後はまっすぐ飛ぶ…」

この球筋を「プッシュアウト」と言います。

ドライバーの右プッシュアウトを直す方法を
こちらでご紹介しています。

ドライバーの右プッシュアウトを直す方法

参考になれば幸いです。

こんにちは、アオイです。

「最新のクラブを使えば、
 本当に飛距離は伸びるのか?」


と、ゴルフ仲間に質問されました。

これは、多くのゴルファーが勘違いをしていることです。


私の答えは…

「ドライバーや、アイアンを変えることによる、

 飛距離アップは、あまり期待できない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

ちょっと、極論になるので、反対意見も
あるかもしれませんが…


以前のドライバー開発は、最大飛距離を
伸ばすことに重点を置いていました。


そのため、
「ドライバーを変えただけで、飛距離が伸びた」
という事例は多くありました。


実際に私もクラブを変更したことで、
飛距離が伸びたことが何度かあります。

しかし、今は違います。

2008年にSLEというルールができたからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2008年より以前の話です・・・

ゴルフクラブの進化により、
アマチュアゴルファーだけでなく、
プロゴルファーも、ドライバーの飛距離が
飛躍的に伸び続けました。


その結果、


ミドルホールでは、グリーン近くまでボールを飛ばせる・・・
ロングホールでは、2打でグリーンに乗せることができる・・・


そんなことが、目立ちはじめました。


これが、さらに進むと、ミドルホール、
ロングホールという概念がくずれてしまいます。


ゴルフの面白さを残すために、
2008年にSLEルールが施行されました。


SLEルールとはゴルフクラブの飛距離に
上限を持たせるルールです。


SLEルールは、アイアン、FW、ドライバーにも
適用されます。


そのため、2008年以後、
ドライバーや、アイアンを変えることによる、
飛距離アップは期待できなくなりました。


じゃあ、飛距離を伸ばすには
どうすれば、良いのか?

『飛距離をロスしないスイングをする』
をお勧めします。


あなたが飛距離で悩んでいるなら、
おそらく、飛距離の10〜30%を損しています。

簡単に言うと、本来最大で260ヤード飛ぶのに、
200ヤードしか飛んでいないということです。


原因はいくつかあります。
・ボールをクラブヘッドの芯で捕らえていない
・スイングリズムが早すぎる
・インパクトでヘッドが減速している

などです。


スイングの、ちょっとしたことを
見直すだけで、飛距離は伸びます、


飛距離アップの最短ルートは…

『飛距離をロスしないスイングに直す』です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ