アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: スライス

headpu
続きを読む

driver5

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「どうすればスライスは直るのか?」

もしあなたがスライスをしているなら
今日の記事が参考になるでしょう。

スライスって辛いですよね。
私もゴルフをはじめた頃はスライスに悩みました。

スライスは飛距離が落ちますし
OBになりやすいです。

スライスを直せば、、、

・飛距離が伸びます
・ショットが安定してOBが減ります
・良いスコアでラウンドできます


実際、、、

「スライスを直して、ドライバーの飛距離が30ヤード伸びた!」
「スライスを直して、100を打たなくなった!」

という方も多いです。

スライスを直すのは
それほど時間はかかりません。

ということで今日は
「スライスを矯正する素振りドリル」
をシェアします。



■スライスを矯正する素振りドリル

スライスにはいくつか原因があります。

中でも多いスライスの原因はコレ

「スイング軌道がアウトサイドインになっている」

アウトサイドインの軌道は
スライスやフックになりやすいです。

ショットが左右にばらつきやすくなり
方向性が安定しません。

素振りでアウトサイドインを直すドリルをご紹介します。

ボールを打たないのでラウンド中にも使える方法です。


(1)ダウンスイングで目線を右下に落としたまま振り切る

ダウンスイングで目線を右下に落としたまま
振りきって下さい。

ボールより1m後方あたりを見ながら振りぬきます。



(2)連続素振りをする

目線を右下に落とした状態で連続素振りをします。

すると、、、

通常よりもインサイド・アウトの軌道になります。

スイングを直すときは通常よりも
オーバーな動きで直す必要があります。

スライスの原因であるアウトサイドインの軌道を直すには
インサイド・アウトの軌道で素振りをするわけです。



(3)感覚を忘れないうちにボールを打つ

頭を残す感覚を忘れないように
実際にボールを打ってみましょう。

いつもよりもボールが右に出ればOKです。

スイングの修正中ですので
ミスショットになっても
気にする必要はありません。


軌道は修正されていますので、
フェースの向きやタイミングがあってくると
ドローボールになります。


 * * *

今回は「アウトサイドインが原因のスライス」を
直す方法をご紹介しました。


スライスを直すのは、
それほど時間はかかりません。

ちょっとした意識の変化や、
スイングの修正で直ることも多いです。

スライスを直すと飛距離が伸びて、
方向性が安定します。

ただし、、、次が重要なのですが、

「スライスを直すには、
 まずは原因を明確にしてからにしましょう」


スイング軌道は良いのに、グリップがウィークすぎて
スライスしている場合もあります。

その場合、グリップを少しストロングにするだけで
スライスが直ります。

グリップが原因なのに、スイングを変更すると
問題が複雑になり迷宮入りします。


「スライスを直すには、原因を明確にしてから」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これが重要です。

今回のドリルでスライスを直す場合は
「スイング軌道がアウトサイドインになっているか?」
を確認してから行ってくださいね。


応援しています!




■追伸

ベテランのゴルファーさんには
スライスを直すことを
あきらめている方も多いようです。

何度も試行錯誤をして結果が出なかった
諦めてしまっているわけです。

私も「スライスが直らない」と悩んだ経験があるので
諦めたくなる気持ちもわかります。

でもスライスを直すことを
諦める必要はありません。


実際、5年間もスライスに悩み続けた男性が
「ドローが打てるようになった」
嬉しい報告をしてくれました。

雑誌やネットでいろいろ調べて
対策をしてもスライスが直らなかったそうです。

なぜ、この男性はスライスを直して
ドローを打てるようになったのでしょうか?

こちらで頂いた感想をご紹介しています。


「スライスが直り、ドローボールが打てるようになりました!」




utiorosi


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「最近、オーバースイングになっている」

「突然、スライスになる」

「ショットが安定しない」


と感じたら今回の記事が
お役に立てるでしょう。

あなたはスイングのトップでクラブヘッドが
左側の視界に入りませんか?

もしそうなら「オーバースイング」の可能性が高いです。

オーバースイングは
ショットが不安定になりやすいです。

振り遅れによるスライスになりやすいです。

私もオーバースイングとスライスに悩んだことがあります。
ショットが安定せずに大変でした。

オーバースイングを直せば
飛距離が伸びてショットが安定します。

スライスも直る可能性は高いです。


ということで今日は
「オーバースイングとスライスを直すシンプルな方法」
をシェアします。


■オーバースイングとスライスを直すシンプルな方法

「バックスイングで右膝を伸ばさない」

バックスイングで右膝が伸びると、
腰が回転しすぎてしまいます。

肩と腰の捻転はすでに最大になっているのに、
どこまでも肩がまわる。

肩がまわるは良いように感じるかもしれませんが・・・

肩と腰の捻転はすでに最大になっているのに
それ以上にクラブを上げても飛距離はアップしません。

ショットが不安定になるだけです。



■バックスイングで「右膝の曲げた状態」をキープせよ!

「バックスイングで右膝の曲げをキープする」

これだけでオーバースイングが直る場合は多いです。

腰の回転が制限されます。

肩を充分に捻転した状態で
バックスイングも終了。

トップでクラブが地面と並行になります。

オーバースイングにならないので
インパクトが安定します。


オーバースイングになったら、
「バックスイングで右膝の曲げをキープできているか?」
をご確認下さい。


肩の回転が浅くなるように感じるかもしれませんが、
それでokです。


捻転が最大になり充分なパワーが溜まっています。

それ以上に肩を回そうとするのは
スイングを不安定にするだけです。

バックスイングで右膝の曲げをキープしましょう。

もっと捻転したいなら、柔軟性を高めるために
ストレッチをしましょう。

「バックスイングで右膝の曲げをキープする」

そうすればオーバースイングが直り
スライスも直る可能性は高いです。

参考になれば幸いです。

 * * *

オーバースイングとスライスを直すシンプルな方法を
ご紹介しました。


スライスについては、原因が複数ありますので
今回、ご紹介した方法で直らない可能性もあります。

自分のスライスの原因を明確にしてから
対応すれば直りますよ。

応援しています!







001256_li

FROM:アオイ

札幌の自宅より

「スライスを克服するゴルフクラブ選びとは?」

スライスって辛いですよね。

飛距離でも出ないし、
狙った場所にボールが飛ばない。

スライスを直さないと、
スコアをまとめるのが難しいです。

で、、、実はスイングを変えずに、
スライスを直す方法があります。

それは「クラブを変える」という方法です。

スイングを直さないので、
すぐに効果があります。


ということで、今日は
「スライスを克服するゴルフクラブ選び」
をシェアします。



■スライスは原因を明確にしてから対策をする

「スライスを克服するゴルフクラブ選び」
をお話しする前に、、、、

スライスを直すときの注意点をお話しします。

スライスは大きく分けて「4つのタイプ」があります。

スライスする原因は「複数」あります。

ですので、スライスを直す万能薬はないのです。

あなたがスライスをしているなら、
原因を確認してから対応をすることが大切です。


グリップやアドレスに問題があるのに、
スイングを直そうとしてはいけません。

問題が複雑になります。


スイングに問題があるのに、
グリップやアドレスを直そうとしてはいけません。

問題が複雑になります。


ゴルフ雑誌では、その辺りの話を省略して
スライスの防止策として紹介しています。

そのために、スライスが直らないと
悩む人が増えている気がします。

間違った対策は、効果がないだけでなく、
スイングを壊してしまいます。

必ず、スライスの原因を明確にしてから、
対策をしましょう。



■スライスを克服するゴルフクラブ選び

スライスにはいくつかタイプがありますが、

今回ご紹介するのは、
「ボールが右に出て、さらに右に曲がる」
というスライスに有効な対策です。

ボールが右に出て、さらに右に曲がるのは、
「振り遅れ」の可能性が高いです。

振り遅れが原因でスライスをしている場合、
次のようにゴルフクラブを変えると、
スライスが直る可能性が高いです。


(1)グリップを細くする

グリップが太いと、
手首の動きが少なくなります。

グリップを細くすると、
フェースターンをしやすくなり、
スライスを防止できます。



(2)軽いシャフトにする

シャフトを交換することで、
スライスを直せる場合もあります。

たとえば、シャフトを10グラム軽くします。

振り遅れが軽減されるため、
スライスが直るケースがあります



(3)短いシャフトにする

たとえば、ドライバーのシャフトを
1インチ短くする。

振り遅れが軽減されるため、
スライスが直るケースがあります


このようにグリップやシャフトを
わずかに変えるだけで、
スライスが直るケースもあります。


 * * *


スライスは方向性も安定しませんし、
飛距離も大幅に落ちます。

スライスを直せば、
飛距離も伸び、スコアも良くなります。

スライスを直すことで、
飛距離が30ヤード伸びることも珍しくありません。

もしあなたがスライスをしているなら、
早めに直しましょう。

独学でも、誰かに習っても良いです。

ただ、、、


スライスには複数の原因があります。

その原因に合わせた対応をしないと、
効果がないだけでなく、
スイングを壊す可能性があります。

スライスの原因を明確にしてから
対策することが大切です。

応援しています。

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ