アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: フックを直す

golf_josei2

FROM:アオイ

「ドライバーのフックが直らない・・・」

もしあなたが
「ドライバーがフックになる」
と悩んでいるなら今回の記事が役に立つでしょう。

フックは悩んでいる人が多くないため
ゴルフ雑誌のテーマにもなりにくいです。

ドライバーが安定するとスコアを崩さずにすみます。

ではどうすれば
「ドライバーのフック、チーピン」
を直せるのか?

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(フック、チーピンを直す方法)」
をご紹介します。


■ドライバーの打ち方(フック、チーピンを直す方法)

ドライバーのフック、チーピンを直す方法は
いくつかありますが、その中の1つをご紹介します。


(1)「右手の返し」が強すぎませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと
気づかないうちに「右手の返し」が強くなりやすいです。

中級者がフックに悩むのは
「右手を使えているから」です。

ヘッドが返りすぎているのです。

右手を積極的に使うと良い場合もあります。

でもゴルフで「やり過ぎ」は禁物です。



(2)「右手の返し」が強くなる原因はグリップ圧

右手の返しが強いのは
左サイドと右サイドのバランスが悪い状態です。

左手よりも右手が強くなっていないか?

左腕より右腕が強くなっていないか?

をチェックしましょう。


(3)右のグリップを少し弱くする

「右のグリップを少し弱くする」と
フックが直るケースは多いです。


アドレスで右手のグリップが強いと
右手の返しが強くなりやすいです。

左手の方を右手よりも
グリップ圧を強くするべきです。

中部銀次郎さんはグリップの力の入れ方を
次のように表現しています。

「左手の小指が10だとしたら
 そこから徐々に9、8,7・・と力を弱めて
 右手の親指が最も弱く1になるような力の入れ方がいい」


左手の小指、薬指、中指でしっかりとグリップします。

右手はとても弱い握り方です。

ゴルフを矯正するときは
オーバー目にして直すと効果が早いです。

ですので、

もし「右手に力が入りやすい」という場合は

「アドレスでは右手は添えるだけ」
という意識でも調度良いです。

 * * *

「ドライバーの打ち方(フック、チーピンを直す方法)」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)「右手の返し」が強すぎないか?
(2)「右手の返し」が強くなる原因はグリップ圧
(3)右のグリップを少し弱くする(右手は添えるだけ)

ドライバーが安定するとスコアを崩さずにすみます。

参考になれば幸いです!


■追伸

「最も大切なクラブを3本選ぶとしたら何か?」
この問いに、伝説のゴルファー、ベン・ホーガンは

1にドライバー
 2にパター
 3にウェッジ」
と答えたそうです。

ドライバーが安定するとスコアも安定しますね。
70台、80台を出すにはショットの安定性が大事です。
あなたはどう思いますか?

hook4

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ドライバーのチーピンを直すシンプルな方法とは?」

ドライバーのチーピンに悩んでいる
ゴルファーは多いです。

もしかするとあなたもチーピンで
悩んでいるかもしれませんね。

チーピンはOBになりやすいので
辛いですよね。

ということで今日は
「ドライバーのチーピンを直すシンプルな方法」
をシェアします。


■ドライバーのチーピンを直すシンプルな方法

(1)「下半身が止まる」がチーピンの原因

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
インパクトでフェースがかぶるとチーピンになります。

インパクトでフェースがかぶる大きな原因が
「下半身が止まる」です。

スイングの細かいことを気にするより
「下半身を回転させる」を重視しましょう。

チーピンを軽減できます。

ボールを打つ前の素振りで
「フィニッシュで腰を充分にまわす」
を注意してはいかがでしょうか?


(2)「スタンスを狭くする」と下半身が回転しやすい

スタンスを狭くすると下半身が回転しやすくなります。

10cmほどで充分な効果があります。

ワイドスタンスの方が飛距離は出そうですが
やり過ぎは禁物です。

チーピンが出そうなときは
いつもよりスタンスを狭くしてみてください。

腰の回転がスムーズになり
チーピンを軽減できます。

回転がスムーズになるので
飛距離も出るものです。


 * * *

ドライバーのチーピンを直すシンプルな方法
をご紹介しました。

(1)「下半身が止まる」がチーピンの原因
(2)「スタンスを狭くする」と下半身が回転しやすい

ドライバーショットが安定すると
スコアが良くなります。

応援しています!




hook4

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「チーピンの直し方がわかりません!」

先日、メルマガ読者さんから
こんなメールを頂きました。

=============
ドライバーのチーピン撃退治療法について
教示願えませんでしょうか?   

数年間シャンクになやみ続け
これを克服したと思ったら、
今度はチーピンの嵐に見まわれてしまいました。 
==============


チーピン(ひっかけ、フック)は
中級者、上級者に多い悩みです。

悩んでいる人が少数のためか
ゴルフレッスンのテーマとして
あまり人気がないです^^;

(ゴルフ雑誌のテーマにもなりにくい)

でも悩んでいる読者さんがいるなら
気合をいれてご紹介しますよ!

ひっかけを直すには
ちょっとしたコツがあります。

ということで、今日は
「ひっかけを直す3つの方法」
をシェアします。


■ゴルフの「ひっかけ」を直す3つの方法

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
インパクトでフェースが左を向いていると
フックになります。

では、、、

なぜインパクトでフェースが左を向くのか?

原因はいくつかありますが、
代表的なパターンをご紹介します。


(1)グリップがストロング過ぎる

最近の大型ヘッドのドライバーは少しくらい
ストロンググリップでもokです。

ただ、、、本人が気づかないうちに
過度のストロンググリップに
なっている場合があります。

右手の親指と人差し指でできる
Vの字の向きをチェックしてください。

Vの字が「右肩を向いている」
というくらいが一般的です。grip_v


Vの字が右肩よりも右を向いている場合は
ストロンググリップが強すぎるかも。

右手がストロンググリップになっていると
インパクトで手を返しすぎてしまいます。

Vの字が右肩よりも右を向いているなら
すこしだけ右肩に向けると
フックが直る可能性が高いです。

左手だけがストロングになっているケースもあります。

グリップは本人が気づかないうちに
徐々に変わってしまうものです。

定期的にチェックすることを
オススメします。

グリップを変えるのは
スイングに大きな影響を与えます。

近々、大事なラウンドがあるなら
グリップを直すのは慎重に検討してください。



(2)体の回転が止まって腕が返りすぎる

「ラウンドの前半でフックが出る」という場合は、、、

インパクトで体の回転が止まっている可能性が高いです。

ドライバーショットが曲がるのが怖くて
体が動いていないのです。

インパクトで体の回転が
止まると腕だけが返ります。

インパクトでフェースが左を向きます。
そのためフックになります。



(3)ゆっくりテークバックでチーピンが直る

アウトサイドインの軌道のために
低いチーピンになっているケースも多いです。

その場合は
「テークバックをゆっくりにする」
という方法も有効です。

テークバックが早いと
手や腕だけで「ひょい」とクラブをあげてしまいます。

手や腕の小さな筋肉で「ひょい」とクラブをあげると
テークバックで肩の回転が不足しがちです。

肩の回転が不足するとアウトサイドインの軌道に
なりやすいです。

ゆっくりとテークバックすると肩の回転が大きくなり、
アウトサイドインの軌道を防止できます。


ゆっくりテークバックでチーピンを直す方法は
こちらでご紹介しています。

ゆっくりテークバックで低いチーピンを直す方法


 * * *

ゴルフの「ひっかけ」を直す3つの方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・グリップがストロング過ぎる
・体の回転が止まって腕が返りすぎる
・ゆっくりテークバックでチーピンを直す


いろいろご紹介しましたが

「まずはチーピンの原因を確認すること」が大切です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

原因を明確にしないでスイングを直すと
問題が複雑になりますから。

ただ「アドレスで左を向いているだけ」という
ケースもあります^^;

チーピンを直すと飛距離が伸びます。

OBに悩まなくなります。

当然、スコアが良くなりますよ。

応援しています!



■追伸

私は以前、強烈なフックに悩んでいました。

フックというか、、、チーピンです。

原因は右手のグリップが強すぎたこと。

「アドレス時の右手のグリップを少しゆるくする」

これだけでフックが直りました。

グリップのプレッシャーを少し変えるだけで
球筋が変わる場合もあります。

ゴルフって奥深いですね。

jpg2


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「どうすればドライバーのフックが直るのか?」

メルマガ読者さんから
こんなメールを頂きました。

==================
ドライバーのフックに悩んでいます。

特にラウンドの前半でフックになります。

OBにならないまでも
飛距離がでないのでスコアが悪くなります。
==================


フックは中級者、上級者に多い悩みですね。

熱心なメルマガ読者であるあなたも
同じ悩みをお持ちかもしれませんね。

ということで今日は
「ドライバーのフックを直す2つの方法」
をシェアします。


■ドライバーのフックを直す2つの方法

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
インパクトでフェースが左を向いていると
フックになります。

では、、、

なぜインパクトでフェースが左を向くのか?

原因はいくつかありますが、
代表的なパターンをご紹介します。


(1)グリップがストロング過ぎる

最近の大型ヘッドのドライバーは少しくらい
ストロンググリップでもokです。

ただ、、、本人が気づかないうちに
過度のストロンググリップに
なっている場合があります。

右手の親指と人差し指でできる
Vの字の向きをチェックしてください。

Vの字が「右肩を向いている」
というくらいが一般的です。

grip_v

Vの字が右肩よりも右を向いている場合は
ストロンググリップが強すぎるかも。

右手がストロンググリップになっていると
インパクトで手を返しすぎてしまいます。

Vの字が右肩よりも右を向いているなら
すこしだけ右肩に向けると
フックが直る可能性が高いです。

左手だけがストロングになっているケースもあります。


(2)体の回転が止まると腕が返りすぎる

「ラウンドの前半でフックが出る」という場合は、、、

インパクトで体の回転が止まっている可能性が高いです。

ドライバーショットが曲がるのが怖くて
体が動いていないのです。

インパクトで体の回転が
止まると腕だけが返ります。

インパクトでフェースが左を向きます。
そのためフックになります。

左肩を先行させてスイングをすると
フックが出にくくなります。

これを試してみてください。

「ショットの前に左手一本で素振りをする」

左手一本で素振りをすると
自然に左手手動のスイングになります。

フックが軽減しますよ。

「左手主導で飛距離をアップする方法」は
こちらを参考にして下さい。

左手主導で飛距離をアップする方法



 * * *

フックを直すポイントはまだまだありますが、

今日は効果が出るのが早い方法を
2つご紹介しました。

あなたがフックに悩んだときはお試し下さい。


hook3

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「フックを直す3つのステップとは?」


ゴルフをはじめた頃は
スライスしている人が多いです。

でも、、、

せっかくスライスが直ったと思ったのに
今度はフックになるケースって多いです。

フックを直せば、狙った場所にボールを打てます。

フックを直せば、飛距離も伸びます。

フックを直せば、スコアも安定して良くなるわけです。



ということで、今日は
「フックを直す3つのステップ」
をシェアします。


■フックを直す3つのステップ

フックには3つの種類があります。

それぞれにフックの直し方が違います。

まずは自分のフックの種類を知ることから
はじめましょう。


3つのフックの種類とは、、、

・目標方向に飛んでから、左に曲がる
hook1


・目標方向より右に出てから、左に曲がって戻ってくる
hook2


・目標方向より左に出てから、左に曲がる
hook3

この3つです。

自分のフックの種類を知るのは簡単です。

「ボールが目標方向に対して、どの方向に飛んでいるか?」
をチェックすれば一発でわかります。


■種類別のフックの直し方

フックの種類により直し方が違います。

まず、知っておいてほしいことは、

「ボールはクラブヘッドの動く方向に飛び、
フェースの向いた方向に曲がる」ということ。


これを理解していると、
何をすれば良いかが見えてきます。



(1)目標方向に飛んでから、左に曲がるフック
hook1

スイング軌道はok。

インパクトでフェース面がかぶる点を直しましょう。


(2)目標方向より右に出てから、左に曲がって戻ってくるフック
hook2

インパクトでフェース面はokです。

ドローとして安定しているなら直す必要はありません。

右に飛ぶ度合いが強すぎるなら
インサイドアウトが強すぎます。

その場合はスイング軌道を直しましょう。

インサイドアウトのフックを直す方法は
こちらで紹介しています。

インサイドアウトのフックを直す方法



(3)目標方向より左に出てから、左に曲がるフック
hook3

アウトサイドインの軌道と
インパクトでフェース面がかぶる点のどちらも対応が必要です。


■フックを直す

フックに悩む多くのゴルファーが3つ目の

「目標方向より左に出てから、左に曲がる」

というフックをしています。

このフックを直すには「アウトサイドイン」の
スイング軌道を直しましょう。



■アウトサイドインを直す

アウトサイドインの軌道は次の方法で直せます。


(1)スイングを直すときは素振りがオススメ

スイング軌道を直すときは
素振りがオススメです。

スイング軌道を直しているときは
ボールを打っても打球が安定しません。

ストレスを感じるだけです。

ボールを打ってストレスを感じると
元のスイングに戻したくなります。

ボールを打つ場合は、
ボールの変化を確認するだけです。

スイングを直している間は
ナイスショットを期待してはいけません。



(2)スイングを直すときは小さなスイングがオススメ

スイングを直すときはフルスイングよりも
ハーフスイングが良いです。

小さなスイングの方がスイングを直しやすいからです。

ハーフスイングからフックを直して
徐々にフルスイングに近づけます。



(3)スイングを直すときはオーバー気味の動きで直す

スイングを直すときは「オーバー気味の動き」をすると
直しやすいです。


「アウトサイドイン軌道」を直す場合は、
「インサイドアウト軌道」を目指してスイングをします。
hook2


バックスイングをいつもよりも、
内側(体に近づける側)に上げます。

フォローを外側(右側)に振りぬきます。


「アウトサイドイン軌道」を直すには
逆の動きである「インサイドアウト軌道」を意識します。

すると中間の「インサイドインの軌道」に近づきます。

「間違った動きを直すには、オーバー気味の動きで直す」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これはゴルフスイングを直すときに
全般的に使える考え方です。



* * *


フックを直す方法をご紹介しました。


「フックを直すことで
 大きく飛距離が伸びることは多いです」


まずは「小さなハーフスイングの素振り」から始めては
いかがでしょうか?

力強いドローを打てるようになり
ショットが安定して、飛距離が伸びますよ。

応援しています。



■追伸

いつもラウンドのときに
「狙った方向にボールが飛ばない!」
と悩んでいませんか?

打ち出し方向を安定させる練習をしましょう。

ラウンドでは飛距離よりも「狙った方向に打てるか?」
が重要になるケースが多いです。

狙った方向に打ちだす練習をしておくと
トラブル対応も楽になります。

セカンドショットでピンを狙いやすくなり
スコアが良くなりますよ。

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ