アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: シャンクを直す

fb_apr1


FROM:アオイ

札幌の自宅より


「アプローチのシャンクを直す方法とは?」

今回の記事は短いです。


ですが、もしあなたが「アプローチでシャンクになる」と
悩んでいるならお役に立てるでしょう。

ゴルフに熱心なあなたならご存知のとおり
グリーン周りのミスはスコアダウンに直結します。

中でも嫌なのがシャンク。

シャンクが直せないと悩む方は多いです。

実はアプローチのシャンクを直す
シンプルな方法があります。


ということで
「アプローチのシャンクを直す2つのコツ」
をご紹介します。



■アプローチのシャンクを直す2つのコツ

(1)右足を動かさない(右足をベタ足)

アプローチのシャンクになる主な原因は
「インパクトで右膝が前にでる」です。

インパクトで右膝が前にでると
クラブヘッドが前にずれます。

クラブの付け根部分にボールがあたりやすくなります。

右膝を前に出ないようにするにはどうしたら良いのか?

「右足をベタ足にして動かさない」
という方法が効果的です。

右足体重にするということではありません。

アプローチは左足体重で
体重移動をしません。


ダウンスイングで右足が動かないように
ベタ足でボールを打ってみてください。

シャンクが激減しますよ。


(2)クラブを短く持つ

クラブを短くもつと
打点が安定しやすくなります。

シャンクになりにくくなります。


 * * *

アプローチのシャンクを直す2つのポイントをご紹介しました。

・右足を動かさない(右足をベタ足)
・クラブを短く持つ

ちょっとしたコツを知っていれば
ミスを減らせます。

アプローチのミスが減ると
大幅なスコアアップが期待できます。

参考になれば幸いです!




■ 追伸

「ショートゲームの練習こそスコアを5つ縮める方法」

と言ったのは伝説のレッスンプロ、
ハーヴィー・ペニック。

スコアアップの近道はショートゲームですよね?

あなたはどう思いますか?

iron3

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「どうしたらアプローチのシャンクを直せるのか?」

もしあなたがアプローチのシャンクに悩んでいるなら
今回の記事が役に立つでしょう。

私も経験がありますが、
アプローチのシャンクって辛いですよね。

アプローチのシャンクは
スコアダウンに直結します。

実はアプローチのシャンクを直す
シンプルな方法があります。

簡単ですが効果が高いので
お試し下さい。

ということで今日は
「アプローチのシャンクを直す方法」
をシェアします。


■アプローチのシャンクを直す方法

(1)遠くに立つは危険

アプローチのシャンクはボールがネック部分に
あたっています。

フェースの先にあたるケースもあるのですが
たいていはネック部分です。

「ネックにあたるのだから、
ボールから離れてアドレスすれば良いか?」
と言うとそうでもないです。


ネックにあたる原因はいくつかあるのですが
その1つが、

「インパクトでグリップの位置が体から離れる」
というもの。

「アドレスでボールから遠くに立つ」では
ますますグリップが体から離れて
シャンクになりやすいケースもあるのです。


(2)左ワキを締めて体の回転で打つ

インパクトで手元が体から離れるのは
手打ちになっているからです。

次の対策を試して下さい。


・左ワキを軽く締めます

・体の回転で振りぬきます

・この2つを意識してボールを打つ前に
「素振り」をする


素振りでクラブヘッドの通り道をします。

素振りの感覚を残したまま、
ボールを打ちます。

アドレス時より体から手元が離れなければ
シャンクにはならないです。

 * * *

アプローチのシャンクを直す方法を
ご紹介しました。

シャンクが出ると焦ってしまいがちですが
落ち着いて対応しましょう。

今まで出来ていたなら、
直すのは難しくありません。

応援しています!

こちらでもシャンクの直し方を
いくつか紹介しています

「シャンクの直し方」の過去記事


参考になれば幸いです。




■追伸2

アプローチはスコアアップのカギを握っています。

シャンクを直して寄せワンを量産しましょう!

グリーン周りが得意になると
ゴルフが面白くなりますよ。

ゴルフが上手い人ほど
アプローチの練習をたくさんしています。

あなたはアプローチ練習を
どのくらいしていますか?

ap_tiger

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「シャンクの原因と直し方とは?」

シャンクって嫌ですよね。

「ペキッ!」というあの感触は
本当にガッカリします。


シャンクがでると心理的にあせりますし
スコアも悪くなります。

すぐに直せれば良いのですが、
慢性的なシャンクに悩む方も多いです。

シャンクには、いくつか原因がありますが、、、

シャンクの8割はある1つの原因によるもの。

そして、それを直すコツがあります。

ということで今日は
「シャンクの原因と直し方」
をシェアします。


■シャンクの原因と直し方

シャンクには2種類あります。

「クラブの先っぽにあたる」または「ヒールにあたる」の2つ。

2種類ありますが殆どのシャンクは
「ヒールにあたる」が原因です。


ボールがフェースではなく
シャフト付近にあたっています。

ヒールにあたる原因はいくつかありますが
大抵の場合は、

「テークバックをインサイドに引き過ぎる」

これが原因です。


(1)テークバックをインサイドに引き過ぎるとシャンクになる理由

テークバックでインサイドに引きすぎると
重心が前に動きやすくなります。

重心が前後に動くので
クラブのネックにあたりやすくなります。


テークバックでインサイドに引きすぎると
バックスイングでフェースを開いて
ダウンスイングでフェースを閉じるという動きになります。

フェースローテーションが大きくなり
ボールを打つ許容範囲が狭くなります。


これもシャンクの原因になります。


(2)インサイドに引きすぎる原因

では、なぜインサイドに引いてしまうのか?

テークバックでインサイドに引きすぎるのは

「肩の回転でなく、手でクラブを上げているから」

手の動きをおさえて、肩の回転でスイングしましょう。


(3)シャンクは小さなスイングで直す

シャンクの原因の殆どは
「テークバックでインサイドに引きすぎ」です。

インパクトのスイング軌道を直すには
腰から腰の小さなスイングで直しやすいです。
ビジネスゾーンと呼ばれている部分です)

手の動きをおさえて、
肩の回転でスイングすると直せます。

シャンクを直すには積極的に肩を回転させましょう。

インサイドインの正しいスイングプレーンを
マスターしましょう。

この練習は「シャンクを直す」というだけでなく
「ショットの再現性を高める」ためにも効果の高い練習です。


シャンクが出てきたら、
「腰から腰の小さなスイングで、
インサイドインの正しいスイング軌道を練習する」
これがオススメです。


 * * *

シャンクの原因と直し方をご紹介しました。

シャンクはスイング軌道に問題があるケースが殆どです。

独学でも誰かに習っても良いです。

大切なのは「早めに直すこと」です。

スイング軌道の悪い動きが癖になる前に
直してしまいましょう。



■追伸

偉そうなことを言いましたが、
以前は私もシャンクに悩んだ時期があります。

あのタイガーウッズでさえマスターズで2度も
シャンクをしました。

アマチュアゴルファーがシャンクをしたからといって
恥ずかしがる必要はありません。

原因を確認して、冷静に対応しましょう。

golf_angry

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「シャンクを直すには、どうすれば良いのか?」

もしあなたが、シャンクに悩んでいるなら
今日の記事が役に立つでしょう。

シャンクって本当に辛いですよね。

シャンクが出はじめると
ゴルフにならないです。

ということで、今日は
「シャンクを直すシンプルなドリル」
についてシェアします。


■シャンクの原因

シャンクにはいくつか原因があります。

・ボールと体が近すぎる

・ボールと体が遠すぎる

・ダウンスイングで右膝が前にでる

など、、、他にもいくつか原因があります。



■シャンクを直す方法

ボールと体の距離が原因の場合は、

連続素振りをして、
気持よく打てるボールの位置を見つければokです。


スイングに問題がある場合は、
即効性のあるシンプルなドリルがあります。



■シャンクを直すシンプルなドリル


(1)癖を直すにはオーバーな動きをする

スイングの癖を直すときの
基本的なポイントをご紹介します。

それは「オーバーな動きで直す」です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

たとえば、、、

オーバースイングを直す時は
理想よりもバックスイングを小さくする。

アウトサイドインを直す時は
極端なインサイドアウトのスイングをする。

このように、オーバーな動きをしないと
スイングを直せないのです。

ボールを打たずに、素振りで直すと良いです。

ボールを打つことを気にせずにすむからです。

素振りなら、スイングを直すことに
集中できるのです。



(2)ゴムティーの手前にボールをおく

アイアンのシャンクには
フェースの先にあたるケースと
ヒールにあたるケースがあります。

ヒールにあたるシャンクの原因は
ボールに近すぎる、ダウンスイングで体が前に出る
という場合が多いです。

次のドリルがオススメです。

練習場で行います。

ゴムティーより内側(体に近い方)に
ボールを置きます。

ゴムティーとボールの距離は
ボール一個分程度です。

アドレスでゴムティーにあわせてセットアップし、
手前のボールを打ちます。


アドレス時よりも
クラブヘッドを手前に通すという動きです。

極端な動きにより
ダウンスイングで体が前にでる動きを直せます。

ボールを打つのが怖い場合は
ボールを打たなくても良いです。

アドレスではゴムティーの位置に構えて、
ゴムティーの内側でスイングをする。

極端な動きにより
ダウンスイングで体が前にでる動きを直せます。


 * * *

「シャンクを直すシンプルなドリル」を
ご紹介しました。


「スイングを直す時は、オーバーな動きで直す」

「スイングを直す時は、素振りで直す」

この2つを覚えておくと
効果的な練習をできますよ。

参考になれば幸いです。




■追伸

最近、読者さんから
嬉しい報告をたくさん頂きます。

あなたからのメールもお待ちしております。


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ