アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: ダフリ防止

situnai2


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

先日、「ダフリが直るダウンブローの秘密」
という記事を書いたのですが好評でした。

本日はその続きです。

アイアンの上手い人は
ダウンブローに打ちます。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つことです。

ダウンブローのメリットは

・ライが悪くても打てる

・距離が安定する

・ロフトが立つので飛距離が出る

・ダフリやトップになりにくい

・スピンがかかるのでグリーンでボールが「キュッ!」と止まる

など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ではどうすればダウンブローに打てるのか?

ということで今日は
「ダフりが直るダウンブローの打ち方」
をご紹介します。


■ダフりが直るダウンブローの打ち方

ダウンブローに打つためのポイントは
いくつかあります。

その中の1つをご紹介します。


(1)スウェーしていませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと
気づかないうちに「体重移動」が大きくなりやすいです。

体重移動をしようとすると
バックスイングで右膝が右に動きやすいです。

右膝が右に移動すると
腰も右に移動します。

腰が右にずれると
クラブ軌道の最下点が右に移動します。


最下点が右に移動するので
トップやダフリになりやすいです

トップやダフリまではいかなくても
アイアンのあたりが薄くなりがちです。

「最近、アイアンショットでボールのつかまりが悪い」
と感じたら要注意!

バックスイングでスウェーしている可能性は高いです。


(2)チェックしてみましょう

スウェーをしていることに
本人が気づいていないケースは多いです。

スウェーをしていないか
チェックしてみましょう。

スウェーをしているかをチェックする
簡単な方法をご紹介します。

クラブは使わずに出来るので、
今、試して下さい。


・右足の右側が壁についた状態でアドレスします。
 (壁がなければ机や椅子でもokです)

・右腰と壁の間に隙間ができます。

・手を胸の前でクロスしてシャドースイングします。

・バックスイングで右腰が壁に近づくようなら、、、残念!


あなたはスウェーをしています。

バックスイングで右腰が壁に近づかず
クルッとその場で回転できるならokです。



■スウェーを直す簡単なドリル


スウェーを直す簡単なドリルをご紹介します。

(1)通常通りにアドレスをする

まずはいつもと同じようにアドレスをします。


(2)右足カカトを5ミリ〜1センチほど上げる

右足のカカトを少し浮かせた状態です

靴の中で5ミリほどあげるだけでも効果はあります。


(3)トップまで右カカトを浮かせた状態でテークバック

カカトを少し浮かせた状態で
テークバックをします。

ダウンスイングはいつも通りで
気持よく振りぬきましょう。


右カカトを浮かせることで
右ヒザ、右腰が右に移動しにくくなります。


下半身が右に移動しないので、
上半身はクルッと回転します。


 * * *

ダウンブローに打つ方法はいくつかあるのですが
その1つをご紹介しました。

ダウンブローのメリットは多いです。

・ライが悪くても打てる
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ダフリやトップになりにくい
・スピンがかかるのでグリーンでボールが「キュッ!」と止まる

など、、、スコアアップのために多くのメリットがあります。

独学でも誰かに習っても良いです。
ぜひダウンブローをマスターしてください。

応援しています!




■追伸

「ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、
 すくい上げる打ち方は無い」


と言ったのは、メジャーを7勝し
その美しいスイングに評価が高いサム・スニードです。


「ボールを上げようとする動き」は
ゴルフをはじめる全ての初心者が
一度はおちいる間違いです。

もしあなたがすくい打ちをしているなら
すくい打ちを直しましょう。

「ゆるやかなダウンブロー」を身につけると
ショットが安定しますよ。


dahuri

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
アイアンのミスが少ないです。

スイングが安定している
ということもありますが、

アイアンのダフリやトップを
防止するにはちょっとしたコツがあります。

アイアンのダフリやトップを防げると
パーオンの数が増えて、スコアが良くなります。


ということで、今日は
「アイアンのダフリ・トップを防止する方法」
をシェアします。


■アイアンのダフリ・トップを防止する方法


(1)傾斜にあわせてグリップする

フェアウェイは平らに見えて
必ず傾斜があります。


その微妙な傾斜により
気づかないうちにボールの位置が
いつもと変わってしまします。

ボールの位置が変わるために
ダフリやトップになります。

「つま先上がりはクラブを短く持つ」

など傾斜にあわせてクラブの持ち方を微調整しましょう。


(2)傾斜にあわせてボール位置を調整

ボールの位置も調整が必要です。

「左足下がりはボールを右に寄せる」

など傾斜にあわせてボールの位置を微調整しましょう。


(3)似た傾斜で素振りをする

ボールの位置、グリップの位置などを
素振りで確認します。

素振りをする時は、ライの似ている
傾斜でするとイメージを作りやすいです。


(4)アドレスに入ったらスイングに集中

アドレスをしてからは、スイングに集中しましょう。

グリーン周りの池やバンカーは忘れましょう。

「アドレスする前に決めた
 スパットにボールを打ち出す」

「リズム良くスイングする」

「左腕主導のスイングをする」

など、、、スイングの課題があれば、
その課題に集中しましょう。


ちなみに、スイングの課題は多くても1つにしましょう。

複数の課題があるとリズムが悪くなりやすいです。

良いスイングをするには
リズムとバランスが大切です。



(5)緩やかなダウンブローで打つ

アイアンショットはダウンブローに打つと
ダフリやトップを防止できます。

ダウンブローとは、スイング軌道の最下点に達する前に、
クラブヘッドがボールに接するショットです。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

緩やかなダウンブローで打ちましょう。

払い打ちとダウンブローの違いはこちらを参考にして下さい。

払い打ちとダウンブローの違い



■追伸

「アイアンがダフル・・・」

「アイアンがトップになる・・・」

と悩んでいませんか?


練習場のマットだと、少しダフってもボールが飛ぶので
「少しダフったスイング」をしていると
本人が気づいていないケースも多いです。

本番でナイスショットを打つために
ダウンブローは身につけておきたいショットです。

dahuri

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
アイアンのミスが少ないです。

アイアンが苦手という方は
ダフリが多いです。

何が違うのでしょうか?

上手いプレーヤーは
「スイング軌道が安定している」
ということもありますが、

アイアンのダフリを防止するには
コツがあります。

当たり前のことですが、
アイアンのダフリが減れば
パーオンが増えて、スコアが良くなります。


ということで、今日は、
「アイアンのダフリを直す3つの方法」
をシェアします。


■アイアンのダフリを直す3つの方法


(1)アイアンで払い打ちをしていませんか?

アイアンショットはダウンブローに打つと
ダフリを防止できます。

ダウンブローとは、スイング軌道の最下点に達する前に、
クラブヘッドがボールに接するショットです。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

他に、唯一あるとすれば、
完璧な払い打ちをするしかありません。
シャロー軌道(はらい打ち)と言います。

しかし、シャロー軌道(はらい打ち)は
極めて確率の低いショットです。

難易度が高すぎです。


「ダウンブローと、シャロー軌道(はらい打ち)の違い」
down_impact



ダウンブローの方がクラブ軌道の
許容範囲が広いことがわかります。

払い打ちは許容範囲がせまいです。

少しでもボールの手前を叩けばダフリになります。

ボールの上を叩けば
トップやチョロになります。

ダウンブローに打てば、
ダフリやチョロになる確率は大きく減るわけです。


ダウンブローにはメリットがたくさんあります。

●ロフトが立つので飛距離がでる

●スピンがかかるので、ボールがキュッと止まり、正確な距離を打てる

●クラブフェース面の動きが減り、方向性が良くなる

●ダフリとトップが激減する

●ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる

●ティーアップしていないボールも気持ちよく打てる


簡単にいうと

「ショットが正確になる」
「飛距離が伸びる」
「ミスショットが減る」

というメリットがあります。


シャロー軌道(はらい打ち)は、非常に許容範囲が狭く、
ナイスショットの確率が低い打ち方です。

ダウンブローは、許容範囲が格段に広く、
ナイスショットの確率が高い打ち方です。

払い打ちを目指すのではなく
ゆるやかなダウンブローをめざしましょう。

"ゆるやかな"というのがポイントです。

上から叩きつけるような打ち方は、
インパクトゾーンが小さくなるのでショットが安定しません。


(2)バックスイングでスウェーをするとダフリになりやすい

スウェーとはバックスイングで
軸が右に流れている状態です。

腰が右にずれると
クラブ軌道の最下点が右に移動します。

クラブ軌道の最下点が右に移動すると
ボールの手前を打ってしまい、ダフリやチョロという
ミスが多発するのです。

スウェーを防止する方法はこちらを参考にして下さい。

スウェーを防止する方法



(3)ダウンブローを身につける簡単ドリル

ダウンブローを身につける簡単なドリルを
ご紹介します。

こちらを参考にして下さい。

ダウンブローを身につける簡単なドリル



 * * *

アイアンのダフリを直す方法は他にもあります。

重要なのは次の3つです。

「正しいインパクトを知る」(ゴールを明確にする)

「今の自分のインパクトを正確に理解する」(現状を把握する)

「何を直せば良いのか明確にする」(ゴールと現状の差を理解する)


何を直さなければいけないか「確信」を持てれば
スムーズに上達できます。

何をすれば良いのか迷いがあれば
上達が遅くなります。

新しいレッスンを見るたびに試したくなります。

課題を持たずにボールをたくさん打っても
上達はしません。

上達するには課題を明確にしましょう。

そのためにも
「最終目標である正しいインパクト(ダウンブローのインパクト)」
を知ることが重要です。

参考になれば幸いです。



■追伸

「アイアンが飛ばないなー」
と悩んでいませんか?

「アイアンで少しダフっている」ために
飛距離が落ちているケースは多いです。

練習場のマットだと、少しダフってもボールが飛ぶので
「少しダフったスイング」をしていると
本人が気づいていないケースも多いです。

アイアンの飛距離アップのためにも
ダウンブローは身につけておきたいショットです。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ