アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: フェアウェイウッドの打ち方

fw5
続きを読む

fw5続きを読む

fw3

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすれば、フェアーウェイウッドのミスを減らせるのか?」

練習では上手くいくのに
本番ではフェアーウェイウッドのミスが多い、、、

こんな悩みを持つゴルファーは少なくないです。

もしかすると、あなたもフェアーウェイウッドのミスが多いと
悩んでいるかもしれませんね。

フェアーウェイウッドを得意になると
距離の長いホールでもスコアを崩さずにすみます。

ティーショットで飛ばそうとせずに済むので
ミスショットが減ります。

フェアーウェイウッドを得意になると
ゴルフが楽になります。

ということで今日は
「フェアーウェイウッドの打ち方(コースで気をつけること)」
をシェアします。


■フェアーウェイウッドの打ち方(コースで気をつけること)

コースでは多くのことを注意していられません。

できれば1つ、多くても2つくらいしか
注意できないでしょう。

フェアーウェイウッドのミスを減らす
2つのポイントを厳選しました。


(1)ボールの位置は体の中心よりやや左

フェアーウェイウッドが苦手という方は
ボールの位置が間違っているケースが多いです。

ドライバーのように左過ぎたり
アイアンのように体の正面になっていたりします。

ボールの位置は個人差がありますが
次の位置を標準と考えて良いです。

「体の真ん中から5センチほど左」

体の真ん中はクラブの最下点になりやすいです。

そこから少し左のあたりにボールをおくと
払い打ちができるようになります。


(2)ボールを上げようとしない(低いボールを打つイメージ)

フェアーウェイウッドで多いミスは
ボールを上げようとする動きです。

ボールはクラブが上げてくれます。

ボールをスイングで上げようとすると
ダフったり、トップになりやすいです。

「低いボールを打つ」というイメージもおすすめです。

すくい打ちを防止しやすくなります。


 * * *

フェアーウェイウッドの打ち方(コースで気をつけること)を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ボールの位置は体の中心よりやや左
(2)ボールを上げようとしない(低いボールを打つイメージ)

フェアーウェイウッドを得意になると
ゴルフが楽になります。

応援しています!



■追伸

フェアーウェイウッドのミスが多いと悩んでいませんか?

ドライバーの飛距離が落ちてきたために
フェアーウェイウッドの使用回数が増えているのかもしれませんね。

飛距離アップの方法をこちらにまとめてあります。

「飛距離アップの方法」

参考になれば幸いです!

fw3

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「フェアウェイウッドの斜面からの打ち方とは?」

もしあなたが
「フェアウェイウッドを斜面から上手く打てない」
と悩んでいるなら今回の記事が役に立つでしょう

というか、、、
実際のラウンドでは平坦な場所から打つ機会って
意外と少ないです。

フェアウェイウッドを斜面から安定して打てると
ドライバーのミスをカバーできます。

距離の長いコースでも
スコアを落とさずにすみます。

ではどうすれば斜面からフェアウェイウッドを
上手く打てるのか?

ということで今日は
「フェアウェイウッドの斜面からの打ち方」
をご紹介します。


■フェアウェイウッドの斜面からの打ち方


(1)つま先下がりは「下半身固定」

つま先下がりのショットを成功させるコツは

「下半身を動かさないこと」です。

スイング軸を動かさないために
下半身を固定します。

がに股でアドレスをすると
下半身を固定しやすいです。

やってみるとわかるのですが
意外と飛距離はおちません。

下半身を動かさないことで
捻転で飛距離がでるのです。


(2)左足下がりは「斜面なりに低いボールを打つ」

打ち下ろしのホールで多いのが
左下がりのライ。

他の斜面に比べて難易度が高いです。

左足下がりのショットを成功させるコツは
「斜面なりに振る」です。

・スタンスを広め

・左足体重でアドレスをする

・体重移動をせずにスイングをする

低いボールを打つようにします。

左足下がりでボールを上げようとすると
ボールの手前を叩いてチョロになりやすいです。

低いボールを打つイメージにすると
成功しやすいです。



すくい打ちの癖があると
左足下がりのライで失敗が多くなります。

ダウンブローに打てる人は
左足下がりのライでも失敗が少ないです。


ダウンブローの練習をするのも
左足下がりの傾斜で上手く打つコツです。


(3)同じ斜面で素振りをする

実際にボールを打つライと同じ斜面で
素振りをしましょう。

平坦な場所で打つのとは
アドレスもボールの位置も変わります。

実際にボールを打つライと同じ斜面で
素振りをするとミスを防げますよ。


 * * *

フェアウェイウッドの斜面からの打ち方を
ご紹介しました。


・つま先下がりは「下半身固定」

・左足下がりは「斜面なりに低いボールを打つ」

・同じ斜面で素振りをする


この3つを覚えておけば
ミスショットを減らせるでしょう。

フェアウェイウッドを斜面から安定して打てると
ドライバーのミスをカバーできます。

距離の長いコースでも
スコアを落とさずにすみます。

参考になれば幸いです。




■追伸

フェアウェイウッドはゴルファーの強い味方です。

斜面からでも安定して打てるように
攻略法を覚えておくとスコアがよくなりますよ。

斜面の打ち方は難しく感じるかもしれませんが
一度打ち方のコツを覚えれば大丈夫。


極端な傾斜でなければ
上手く打てるようになります。




book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ