アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: バンカーショットの打ち方

banker3
続きを読む

banker2
続きを読む

misu

ROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすれば、バンカーショットのミスを減らせるのか?」

バンカーショットのミスで大叩きをしてしまう、、、
こんな悩みを持つゴルファーは少なくないです。

もしかすると、あなたもバンカーショットのミスが多いと
悩んでいるかもしれませんね。

バンカーショットを得意になると
スコアを崩さずにすみます。

ということで今日は
「バンカーショットの打ち方(コースで気をつけること)」
をシェアします。


■バンカーショットの打ち方(コースで気をつけること)

コースでは多くのことを注意していられません。

できれば1つ、多くても2つくらいしか
注意できないでしょう。

バンカーショットのミスを減らす
2つのポイントを厳選しました。


(1)フェースを開く

バンカーショットは直接ボールを打たず
砂の勢いでボールを運びます。

フェースを開かないとクラブが砂に潜ってしまい
砂が前に飛びません。

フェースを開くとクラブヘッドが
砂に潜りにくくなります。

慣れていないと違和感があると思いますが
バンカーショットの基本は「フェースを開く」です。

勇気をもってフェースを開きましょう。


(2)砂をバンカーの外に飛ばす

フェースを開いて打ち込むだけでは
ボールが前に進む力が弱いです。

「砂をバンカーの外に向かって飛ばす」
というイメージもおすすめです。

バンカーショットで
「ボールが前に進まない」
「グリーンに届かない」
という場合はこのイメージがおすすめです。

「砂をバンカーの外に向かって飛ばす」

砂と一緒にボールもグリーンに運べます。


 * * *

バンカーショットの打ち方(コースで気をつけること)を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)フェースを開く
(2)砂をバンカーの外に飛ばす

バンカーショットを得意になると
ゴルフが楽になります。

応援しています!



■追伸

バンカーショットのミスが多いと悩んでいませんか?

ドライバーやアイアンの飛距離が落ちてきたために
バンカーに入れてしまう回数が増えているのかもしれませんね。

飛距離アップの方法をこちらにまとめてあります。

「飛距離アップの方法」


ドライバーの飛距離が伸びれば
セカンドショットで短いクラブが使えます。

アイアンの飛距離が伸びれば
さらに短いクラブを使えます。

ドライバーとアイアンの飛距離が伸びると
グリーンを狙う時に短い番手が使えて有利なのです。

参考になれば幸いです!



banker

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、


「ピンまで30ヤード!距離の長いバンカーショットの攻略法」


ピンまでの距離が30ヤードもある
バンカーショット。

あなたはどうやって打ちますか?

多くのアマチュアゴルファーが
S/Wを使おうとしますが、、、

30ヤードの距離があるバンカーショットは
プロでも簡単ではありません。


30ヤードの距離があるバンカーショットを
ピンに寄せるのは簡単ではありませんが、

グリーンに乗せるだけなら
簡単にできる方法があります。


グリーン周りでのミスショットは
スコアダウンに直結します。

距離のあるバンカーショットを攻略できると
スコアが良くなります。

ということで今日は
「ピンまで30ヤード!距離の長いバンカーショットの攻略法」
をシェアします。


■ピンまで30ヤード!距離の長いバンカーショット


(1)「砂を薄くとる」は難しいショット

残り距離が30ヤードというバンカーショットで
S/Wを使うのは危険です。

「砂を薄く取る」という方法もありますが、
これは難易度が高いです。


砂を薄くとる正確なショットが必要です。

「いつもよりスイングを大きく・・・」
というのも簡単ではないです。

アマチュアが無理をすると、
体の動きが必要以上に大きくなり
ボールを直接打ってホームランになります。


(2)S/WではなくA/W、P/Wを使う

オススメはこれです。

「S/Wの代わりに、A/WやP/Wを使う」

ロフトがある分、前に飛ぶ力が大きくなり
30ヤードの距離を打ちやすくなります。

S/Wより低くでて、ランの多いボールになります。


(3)打ち方を変えない

打ち方はS/Wと同じです。

クラブフェースを開き
エクスプロージョン(砂を叩く)します。

A/W、P/Wもフェースを開くことで
バンス効果が使えます。

「砂を薄く取ろう」という意識は不要です。

砂を厚めにとっても良いので
大きなミスになりにくくなります。



* * *

距離の長いバンカーショットの攻略法を
ご紹介しました。

S/Wで30ヤードの距離を出すのは難しいです。

ご紹介した方法なら大きなミスにならず
グリーンにボールを運べます。

ポイントは
「クラブの番手を上げて、S/Wと同じ打ち方をする」
です。

ぜひお試し下さい。



■追伸

「あのバンカーさえ入れなければなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

もし、あなたが「バンカーにいつも入る」
と悩んでいるならバンカーの打ち方を練習する前に
「ショットの方向性」に課題があるかもしれません。

バンカーはグリーンの左右に
設置されている場合が多いです。

「左右のバンカーにつかまりやすい」のは
セカンドショットが左右にズレやすい可能性が高いです。


セカンドショットの方向性を安定させる
練習をしてみてください。

セカンドショットの方向性が安定すると
多少、距離をショートしても花道にボールが残ります。

花道からなら寄せワンでパーを取りやすくなります。

「いつもバンカーに入る」と悩んでいるなら
「セカンドショットの方向性を安定させる」
という練習をしてみてはいかがでしょうか?

golf-313187_150


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「どうすればバンカーショットが簡単になるのか?」

コツさえつかめば、
バンカーショットは簡単です。

バンカーショットに自信を持てると
グリーンを狙う時のプレッシャーも小さくなります。


つまり、、、バンカーが得意になると

・セカンドショットのプレッシャーが小さくなり
 ショットが安定する

・バンカーから確実にグリーンに乗せることができる

・スコアが良くなる


というわけです。


ということで、今日は
「バンカーショットが簡単になる打ち方」
をシェアします。


■バンカーショットの注意点

まずはバンカーショットで
駄目なパターンをご紹介します。

・不安で「力がはいる」

・フェースを開けない
 (ロフトを立てすぎ)

・短く持ちすぎ

・バックスイングが小さい


「バンカーが苦手」というゴルファーは
上記にあてはまる項目が多いです。

あなたは大丈夫ですか?


■バンカーショットの基本

バンカーショットのポイントをご紹介します。

・腕をリラックス

 クラブの重さでスイングをします。
 トップでもフォローでも腕に力を入れません。

・フェースを開く

 フェースを開くことで
 クラブが砂に潜らなくなります。

・バックスイングをゆったりと大きく

・リズム良く

 腕の力を抜き、クラブの重さを利用すると
 リズムが良くなります。

・振りぬく位置をイメージしておく
 
 怖がってフォローが小さくなると
 ボールが飛ばずに、バンカーをもう一度行うことになります。
 フォローの位置をイメージしておくと良いです。




それと、、、

「バンカーショットは易しいライで練習しましょう」

難しいライで練習してミスをすると
「不安」な気持ちが残ってしまいます。

易しいライで練習して
「バンカーって簡単なんだ」を体験しましょう。




■基準となる距離を作る

バンカーショットを得意になるには
「基準となる距離」を作ると良いです。



・ふり幅はいつも一緒

 肩から肩のスリークオーターを基準にすればokです。
 腰を回転させましょう。手打ちは駄目です。

・取る砂の量もいつも一緒

・下半身を安定、上半身をリラックス

 腕の力を抜いてリズムよく振りぬきましょう。
 

25ヤードくらいの距離を打てると思います。

基準となる距離ができると
自然に距離感も安定してきます。


フェースを開けば、ボールは高く上がり
距離を短くできます。

振り幅を少し変えると、
打つ距離を微調整できます。

まずは「基準の打ち方をマスター」が大切です。

 * * *

バンカーショットは練習不足から
不安を感じるかもしれませんね。

「練習場でティーアップしたボールを
 フェースを開いて打つ」


という練習をしてみてください。

バンカーショットに近い練習をできますよ。

参考になれば幸いです。



■追伸

先日、メルマガ読者さんから
嬉しいメールを頂きました。


読者さんより
===============
いつもメルマガ参考にさせて頂き
有難うございます。

天候も暖かくなって来たせいか、
調子戻ってきました。

ショットの飛距離、方向性とも
調子がよくパーオン率61%

43+39=82 

シーズンベストです。

パット38が残念賞です。
1m下りラインのパットを外し
3パットが6つもありました。

===============


3パットが6つで、82とは今年は
大きな期待ができそうです。

あなたにも参考にしていただきたいポイントが
2点あります

・パーオン率をつける

・スコアが悪くなっている原因を把握している

「数値として把握」していることが重要です。

人間は「印象の強いプレー」が記憶に残りがちです。

数値として記録にすれば、自分の課題や成長を
客観的に見ることができます。


パーオン率61%はかなりレベルが高いです。
ショットの良さが数値から伝わってきます。

スイングについて大きな課題はなさそうです。
(多少調子が悪くなったとしても、
 リズムやアドレスチェックで充分です)

パットですが、このスコアで
パット38はちょっと多いです。

パーオン率が高いとパット数が増えてしまう
傾向はありますが、やはり課題はパットですね。

この方には「1mのパットを重点的に練習しましょう」
と返信させていただきました。

メルマガの記事を書くときは、いつも
「何を書けば読者の役に立てるのか?」
を考えています。


もしあなたも良い結果がでたら
ご連絡を頂けると嬉しいです。

メルマガを続けるモチベーションになりますし、
あなたの役にたつ記事を書きやすくなります。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ