アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: ドライバーの打ち方

joseigolf_fw

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば、朝一のティーショットを成功できるのか?」

私達ゴルファーなら誰もが
朝一のティーショットは緊張しますよね。

トッププロでも「朝一のティーショットは震える」
と言います。

朝一のティーショットでミスをして
OBになるのはつらいですよね。

どうすれば、朝一のティーショットを成功できるのか?

ということで今日は
「朝一のティーショットを成功させる方法」
をシェアします。


■朝一のティーショットでミスになりやすい理由

朝一のティーショットでミスになりやすい理由は
いくつかあります。

たとえば

・スイングリズムが整っていない
・体が温まっていない
・ミスを怖がってスイングが中途半端になる


などなど。

ではどうすれば良いのか?

いろいろ考えると混乱するので
シンプルに考えましょう


■朝一のティーショットを成功させる方法

(1)スタート10分前にストレッチをして体をほぐす

朝一で大切なのはストレッチ。

肩周り、肩甲骨まわりを重点的
ストレッチします。

体がほぐれるといつものスイングをしやすくなります。

ティーショットの10分くらい前から行なうと
体も温まって良いです。


(2)7割程度の力で素振りをする

7割程度の力で素振りをしましょう。

100%のフルスイングをすると
リズムが早くなりやすいです。

力みの原因にもなります。

「ゆったりと7割程度の力で素振り」
をすると良いです。

良いリズムは悪い癖をカバーしてくれます。


(3)スイングを緩めない

ゴルフは逆説のスポーツです。

曲がることを怖がると曲がりやすいです。

曲がるのを怖がらずに気持ちよく振り切れば
まっすぐ飛ぶ。

飛ばそうとせずに、ゆったりと振れば
遠くまで飛ぶ。

100%のマンブリをしなくても良いですが
スイングを緩めずフォローまで振り抜きましょう。

振り抜いた方が曲がりにくいものです。

 * * *

朝一のティーショットを成功させる方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)スタート10分前にストレッチをして体をほぐす
(2)7割程度の力で素振りをする
(3)スイングを緩めない

ティーショットのミスを減らせると
大幅なスコアアップを期待できます。

あなたはもっと良いスコアを出せますよ。

応援しています!


■追伸

ミスをしても命を取られるわけではありません。

緊張している自分を受け入れて
ラウンドを楽しんでください。


■追伸2

「ゴルフバックの中で最も大切なクラブを3本選ぶとしたら何か?」
この問いに、伝説のゴルファー、ベン・ホーガンは

「1にドライバー
 2にパター
 3にウェッジ」

と答えたそうです。

ドライバーが安定するとスコアも安定しますね。

70台、80台を出すにはショットの安定性が大事です。
あなたはどう思いますか?



golf_josei2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「なぜ、ドライバーショットが安定しないのか?」

もしあなたが「ドライバーが安定しない」と
悩んでいるなら、今回の記事が役に立つでしょう。

ゴルフが上手い人は
ドライバーショットが安定しています。

ドライバーショットが安定すると
スコアを崩さずにすみます。

どうすればドライバーショットが安定するのか?

大切なのは「リズム」です。

スイングのリズムが安定すると
ショットが安定します。

芯で捉えやすくなり飛距離も伸びます。

ということで今日は
「ドライバーが安定するリズムの整え方と練習方法」
をシェアします。


■ドライバーが安定するリズムの整え方と練習方法

ドライバーショットのリズムを整える方法は
いくつかあります。

(1)ショートアイアンとドライバーを交互に打つ

「ショートアイアンとドライバーを交互に打つ」
というドリルはオススメです。

「ドライバーのリズムが早い」という人は
使うクラブによってスイングリズムが変わります。

クラブによってリズムが大きくかわると
ショットが安定しません。

特にドライバーは「飛ばしたい」という気持ちから
リズムが早くなりやすいです。

練習場で同じクラブで何度もボールを打てば
続けているうちにリズムはあってきますが、、、

本番では1発勝負です。

ショートアイアンとドライバーを交互に打ち
同じリズムで打てれば、本番でもリズムが安定します。

ショートアイアンで「飛ばしたい」と
思う方は少ないでしょう。

ショートアイアンはクラブが短く
安心してボールを打てます。

ショートアイアンのスイングは
ゆったりとしたリズムになりやすいです。

「ショートアイアンとドライバーを交互に打つ」
というドリルをお試し下さい。

自然とドライバーのリズムも
ショートアイアンのリズムに近づきます。

何度か繰り返すとドライバーのスイングリズムも
安定していきます。



(2)得意なクラブを使ってリズムを整える

ショートアイアンではなく
得意なクラブを使っても良いです。

得意なクラブとドライバーを交互に打ちます。

得意なクラブというのは
スイングリズムが安定しているものです。

ここで重要なのは
「同じリズム」で打ち続けること。

得意なクラブのリズムで
ドライバーも打てるようになります。

スイングリズムが最適になり
ショットが安定しますよ。


(3)スイングリズムは練習で身に付ける

ジャック・ニクラウスは「ゆっくり振れ」
いつも念頭において練習をしていたそうです。
jn_wiki
(写真はウィキペディアより)

「いつも一定のリズムでスイングする」

これは練習をしなければ身につきません。

ラウンド時にリズムを意識するのも良いですが、
練習でリズムを安定させましょう。

ラウンド中はOB、池、林、バンカーなど
他にも注意すべきことがたくさんあります。

ラウンドではコース戦略や
ターゲットに集中したいです。

安定したリズムを身につければ
ラウンドでリズムを意識しないですみます。

あなたにとって最適なスイングリズムはいつも同じです。

「スイングリズムは
 無意識にいつも同じになる」


これが理想です。

ショットが安定し、飛距離が伸びて
スコアが良くなりますよ。

 * * *

「ドライバーが安定するリズムの整え方と練習方法」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ショートアイアンとドライバーを交互に打つ
(2)得意なクラブを使ってリズムを整える
(3)スイングリズムは練習で身に付ける

ドライバーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています!



■追伸

「山ほどのゴルファーを見てきたが、
 クラブを遅く振りすぎる者はいなかった。
 しかし、ミスショットの99.9%は
 早振りに原因がある」


といったのは伝説のプロゴルファー、
ボビー・ジョーンズ。

スイングリズムが最適になると
ショットが安定し、飛距離がアップします。

あなたはボールを打つたびに
スイングリズムが変わっていませんか?



golf_josei2

FROM:アオイ

「ドライバーのフックが直らない・・・」

もしあなたが
「ドライバーがフックになる」
と悩んでいるなら今回の記事が役に立つでしょう。

フックは悩んでいる人が多くないため
ゴルフ雑誌のテーマにもなりにくいです。

ドライバーが安定するとスコアを崩さずにすみます。

ではどうすれば
「ドライバーのフック、チーピン」
を直せるのか?

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(フック、チーピンを直す方法)」
をご紹介します。


■ドライバーの打ち方(フック、チーピンを直す方法)

ドライバーのフック、チーピンを直す方法は
いくつかありますが、その中の1つをご紹介します。


(1)「右手の返し」が強すぎませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと
気づかないうちに「右手の返し」が強くなりやすいです。

中級者がフックに悩むのは
「右手を使えているから」です。

ヘッドが返りすぎているのです。

右手を積極的に使うと良い場合もあります。

でもゴルフで「やり過ぎ」は禁物です。



(2)「右手の返し」が強くなる原因はグリップ圧

右手の返しが強いのは
左サイドと右サイドのバランスが悪い状態です。

左手よりも右手が強くなっていないか?

左腕より右腕が強くなっていないか?

をチェックしましょう。


(3)右のグリップを少し弱くする

「右のグリップを少し弱くする」と
フックが直るケースは多いです。


アドレスで右手のグリップが強いと
右手の返しが強くなりやすいです。

左手の方を右手よりも
グリップ圧を強くするべきです。

中部銀次郎さんはグリップの力の入れ方を
次のように表現しています。

「左手の小指が10だとしたら
 そこから徐々に9、8,7・・と力を弱めて
 右手の親指が最も弱く1になるような力の入れ方がいい」


左手の小指、薬指、中指でしっかりとグリップします。

右手はとても弱い握り方です。

ゴルフを矯正するときは
オーバー目にして直すと効果が早いです。

ですので、

もし「右手に力が入りやすい」という場合は

「アドレスでは右手は添えるだけ」
という意識でも調度良いです。

 * * *

「ドライバーの打ち方(フック、チーピンを直す方法)」を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)「右手の返し」が強すぎないか?
(2)「右手の返し」が強くなる原因はグリップ圧
(3)右のグリップを少し弱くする(右手は添えるだけ)

ドライバーが安定するとスコアを崩さずにすみます。

参考になれば幸いです!


■追伸

「最も大切なクラブを3本選ぶとしたら何か?」
この問いに、伝説のゴルファー、ベン・ホーガンは

1にドライバー
 2にパター
 3にウェッジ」
と答えたそうです。

ドライバーが安定するとスコアも安定しますね。
70台、80台を出すにはショットの安定性が大事です。
あなたはどう思いますか?

grip2

FROM:アオイ

「ドライバーショットが安定しない」

「フェアーウェイキープ率が低い」


と悩んでいませんか?

ドライバーが安定するとスコアが良くなります。

夏はラフが深いので
ティーショットでフェアーウェイをキープしないと
スコアが崩れやすいです。

どうすれば、ドライバーショットが安定するのか?

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(飛んで曲がらないシンプルな方法)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(飛んで曲がらないシンプルな方法)

(1)ドライバーを短く持つ

フェアーウェイをキープするシンプルな方法とは
「クラブを短く持つ」です。

短く持つメリットはたくさんあります。

スイートエリアで打てる確率が
大幅にアップします。

芯で打ちやすくなります。

ショートアイアンに比べて
ドライバーは苦手な人が多いです。

ドライバーを難しく感じる一番の理由は
「クラブが長いから」です。


「ドライバーを指3本分ほど短くもつ」を試して下さい。

簡単にショットが安定しますよ。


(2)飛距離が落ちない理由

「クラブを短くもつと飛距離が落ちそうでやだな・・・」
と思うかもしれません。

はい、そう思うのが当然です。

ただ、、、実際に試してみるとわかります。

多くの場合で飛距離は落ちません。
むしろ平均飛距離は伸びるケースが多いでしょう。

理由はいくつかありますが、、、


・芯で打つ確率が上がる

これは短く持つので直感的に理解できます。


・フェース面が安定する

もしあなたがボールを打つと「フェース面がズレる」と
悩んでいるなら「クラブを短く持つ」は効果絶大です。

クラブを短く持つとグリップがグラグラせずに
フェース面が安定します。

力強いボールを打ちやすくなります。


・カウンターバランスの効果でヘッドが走る

クラブを短く持つとグリップエンド側の重量が増えます。

するとヘッドが走りやすくなります。

ドラコン選手には飛距離をのばすためにグリップエンド側に
重りを入れる方もいます。

他にも飛距離が落ちない理由はいくつかありますが
まずは騙されたと思って試して下さい。

クラブを短く持つだけで飛距離は落ちず
ショットが安定するなんて素晴らしいですよね。


(3)プロだってドライバーを短く持っている

ドライバーを短く持つと有名なのは福嶋晃子プロです。

福嶋晃子プロは男子プロなみの飛距離でした。

こちらの動画が参考になります。

【動画】 福嶋晃子プロ ドライバー


ドライバーを短く持っているのがわかりますね。

「福嶋プロはパワーがあるから短く持っても大丈夫なんだよ」
と思うかもしれませんが、、、

クラブを短く持つ効果は
実際に試せば一発でわかりますよ^^


 * * *

ドライバーの打ち方(飛んで曲がらないシンプルな方法)を
ご紹介しました。

短く持つと飛距離が落ちそうで不安に感じるかもしれません。

実際にはミート率が高まりしっかりと打てるので
飛距離が伸びるケースも多いです。

ティーショットが安定すると
OB、林、バンカーに入らなくなります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てると
グリーンを狙うショットも楽になります。

特にラフが厳しくなる夏は効果が大きいです。

大幅なスコアップを期待できます。

参考になれば幸いです!




kokansetu

FROM:アオイ

「ドライバーショットが安定しない」

と悩んでいませんか?

ドライバーが安定すると
スコアが良くなります。

特に夏はラフが深いので
ティーショットでフェアウェイをキープしないと
スコアが崩れやすい
です。

スイング中の前傾角度をキープできると
ドライバーショットは安定します。

どうすれば前傾角度をキープできるのか?

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(前傾角度をキープするドリル)」
をシェアします。


■まずは現状のチェックから

「前傾角度をキープできているか?」
のチェックは簡単です。

スイングを後方からカメラで撮影して、
スイング中の頭の高さをチェックしてください。

頭の位置が上下に動いていれば、
前傾角度が変わっています。


他の人に見てもらっても一発でわかります。



■前傾角度をキープするドリル

前傾角度をキープしようとすると
上半身ばかりを意識しがちです。

実は、、、前傾角度がブレるのは
「腰の高さが安定していない」
というケースも多いです。

「スイング中の腰の高さを変えない」がポイントです。

腰の高さが安定すると、
上半身の前傾角度も安定します。

では、どのように腰の高さを安定させるか?


(1)腰の後ろを固定

背中側のゴルフズボンのベルト通しを
他の人に軽くつまみ上げてもらいます。

(つまみ上げられているとイメージしてもokです)


(2)素振り

背中側のベルト通しが動かない状態で
素振りをします。


(3)素振りの感覚が残っている状態でボールを打つ

この背中側のベルト通しが動かない状態で
スイングをすると下半身が安定します。

下半身が安定することで、
前傾角度が変わらなくなり、
上半身のブレを改善できます。

素振りの感覚が残っている状態で
ボールを打ちます。

「素振り」と「ボールを打つ」を
交互に行なうのも良いです。

 * * *

前傾角度をキープするドリルを
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)腰の後ろを固定
(2)素振り
(3)素振りの感覚が残っている状態でボールを打つ


前傾角度をキープするは
ナイスショットの必須条件です。

スイング軸が安定するので、
飛距離もアップしますよ。

参考になれば幸いです!





book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ