アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: ドライバーの打ち方

kokansetu

FROM:アオイ

「ドライバーショットが安定しない」

と悩んでいませんか?

ドライバーが安定すると
スコアが良くなります。

特に夏はラフが深いので
ティーショットでフェアウェイをキープしないと
スコアが崩れやすい
です。

スイング中の前傾角度をキープできると
ドライバーショットは安定します。

どうすれば前傾角度をキープできるのか?

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(前傾角度をキープするドリル)」
をシェアします。


■まずは現状のチェックから

「前傾角度をキープできているか?」
のチェックは簡単です。

スイングを後方からカメラで撮影して、
スイング中の頭の高さをチェックしてください。

頭の位置が上下に動いていれば、
前傾角度が変わっています。


他の人に見てもらっても一発でわかります。



■前傾角度をキープするドリル

前傾角度をキープしようとすると
上半身ばかりを意識しがちです。

実は、、、前傾角度がブレるのは
「腰の高さが安定していない」
というケースも多いです。

「スイング中の腰の高さを変えない」がポイントです。

腰の高さが安定すると、
上半身の前傾角度も安定します。

では、どのように腰の高さを安定させるか?


(1)腰の後ろを固定

背中側のゴルフズボンのベルト通しを
他の人に軽くつまみ上げてもらいます。

(つまみ上げられているとイメージしてもokです)


(2)素振り

背中側のベルト通しが動かない状態で
素振りをします。


(3)素振りの感覚が残っている状態でボールを打つ

この背中側のベルト通しが動かない状態で
スイングをすると下半身が安定します。

下半身が安定することで、
前傾角度が変わらなくなり、
上半身のブレを改善できます。

素振りの感覚が残っている状態で
ボールを打ちます。

「素振り」と「ボールを打つ」を
交互に行なうのも良いです。

 * * *

前傾角度をキープするドリルを
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)腰の後ろを固定
(2)素振り
(3)素振りの感覚が残っている状態でボールを打つ


前傾角度をキープするは
ナイスショットの必須条件です。

スイング軸が安定するので、
飛距離もアップしますよ。

参考になれば幸いです!





golf_josei2

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「スウェーと体重移動って何が違うのか?」


先日の「芯でボールを捉える方法」
という記事が好評でした。

この記事を読んだ読者さんから
こんなご相談を頂きました。

=====================

体の一軸を中心に回転するスイングする
お話は大変理解できました。

ただ実践すると右に体重が残り
プッシュ球が増えてしまいます。

スウェーと体重移動の違いを教えて下さい。

=====================


スウェーと体重移動は似ていますが
まったく違います。

重要なポイントなのですが
教えてくれる人は少ないです。

スウェーと体重移動の違いを知る事で
スイングが安定します。

大幅な飛距離アップを期待できます。

ということで今日は
「スウェーと体重移動って何が違うのか?」
という話をします。


■スウェーと体重移動って何が違うのか?

簡単に言いますと

体全体が左右に大きく動いてしまうのが
「スウェー」です。

上半身の回転を下半身で受け止めているのが
「体重移動」です。


「バック・スイングで体重が右足に移動するのは
腰と肩が右に回転するからであって、
腰と肩が右に移動するからではないのだ。」


といったのはディック・メーヤー。


肩と腰を右に「移動するのではない」、
「回転させる」というのがポイントです。

もう少し詳しくお話ししますね。


(1)スウェー

体全体が左右に大きく動いてしまうのが「スウェー」です。

スイング軸が左右にブレてヘッドが走りません。

軸のないコマです。

軸がブレて、アイアンではダフリやすくなります。

ドライバーは芯を外しやすくなります。

フックやスライスの原因にもなります。

頭を動かさず、腰だけが左右に動くと
リバースピボットになります。

腰が移動すると肩の回転が不十分になります。
(腰が肩の回転を邪魔するからです)

バックスイングでパワーがたまりません。

スウェーは「スイング最大の敵」なのです。

体重移動を意識して行うと
スウェーになりがちです。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法を
こちらで紹介しています。

スウェーを防止して飛距離を伸ばす方法


(2)体重移動

上半身の回転を下半身で受け止めているのが
「体重移動」です。

飛ばすために体重移動は必要です。

重要なのは「右股関節で力を受けとめること」です。


・アドレスで股関節から前傾する

・バックスイングで右足と地面の角度を変えない

を意識すると良いです。

バックスイングで右足と地面の角度を変えないために
下半身のトレーニングをするプロも多いです。



■トッププロもスウェーに悩んでいる

「スウェーなんて初心者のミスでしょ・・・」

「オレは大丈夫だよ」

って思うかもしれませんが
油断大敵です。

どんなに上手い選手でも気づかないうちに
スウェーになっている事があります。

特にラウンド後半で疲れてくると
スウェーになりやすいです。

アマチュアとプロでは程度の差がありますが
トッププロでも調子が悪いときスウェーになります。

イ・ボミ選手も
「調子が悪いときにはスウェー気味になりフックが出る」
と言っています。

この動画の1分27秒あたりで、
そのようにコメントしています。





もしあなたが「ショットが安定しない」「飛ばない」
と悩んでいるなら

気づかないうちにスウェーになっている
可能性もありますよ。

***

「スウェーと体重移動って何が違うのか?」を
ご紹介しました。

トッププロもスウェーにならないように
注意しています。

あなたも気づかないうちに
スウェーになっていませんか?

スウェーはスライス、フック、ダフリなど
あらゆるミスの原因になります。

スウェーを直すとショットが安定して
力強いスイングができますよ。

「自分は大丈夫」と思わないで
ぜひ定期的にチェックしてくださいね。

参考になれば幸いです。




impact

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「ドライバーショットが安定しない・・・」

もしあなたが「ドライバーが安定しない」と
悩んでいるなら今日の記事が役に立つでしょう。

ドライバーのミスを減らすには
いくつか方法がありますが

ドライバーショットを安定させる
自宅でできるドリルがあります。

ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンの回数も増えます。

当然、スコアは良くなります。

自宅でできるドリルなのでスキマ時間に出来ます。

ということで、今日は、
「ドライバーの打ち方(スイング軸を安定させる鉄板ドリル)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(スイング軸を安定させる鉄板ドリル)

ドライバーショットが安定しない理由は
いくつかありますが、

最大の要因は「スイング軸のブレ」です。

スイング軸がブレると、
テンプラ、チョロ、スライス、フック、、、

あらゆるミスがでます。

スイング軸のブレを防止する鉄板のドリルがあります。


(1)額を壁にくっつけてシャドースイング

クラブを持たずにアドレスをします。

額が壁に触れた状態をつくり、
シャドースイングをします。
wall_drill

フォローでは右肩に押されて
頭が上がるのはokです。

フォローでは、右肩に押し出されるように
頭と上体が自然と起き上がります。

フォローで無理に頭を動かさないようにすると、
スイングにブレーキがかかります。

このドリルは
「肩から肩までのスリークオーターのスイング」
で試して下さい。

額をあたまにつけると、
左右の動きを防止できますし、

前後や上下の動きも防止できます。

額を壁に押し付けずに
軽く振れる程度でokです。



(2)腰のスウェーに注意

このドリルを行うときの注意点が1つあります。

バックスイングで腰が
右に移動しないようにしましょう。


バックスイングで軸が右に流れている状態は
スウェーです。

頭が動かなくても、腰が左右に移動すれば
スイング軸がぶれてしまいます。

バックスイングで右膝を右に流さないようにしましょう。

スウェーを防止できます。

スウェーの直し方はこちらでも解説しています。

バックスイングで腰が右に移動する場合は
参考にしてください。

スウェーの直し方


(3)シャドースイングでグリップが壁にぶつかる?

額を壁につけてシャドースイングをすると
グリップが壁にぶつかってしまう人もいます。

「ダウンスイングでは、ほとんどの人が思っているより
 グリップを体の近くを通さなくてはいけません」

ダウンスイングからボールを打ち抜くまで
両手のグリップは必ず両目の真下より
体の近くを通る必要があります。

上手いプレーヤーは後方から見ると
こういうスイングをしています

額を壁につけてシャドースイングをしたとき
グリップが壁にぶつかるのは
手の軌道が外に出すぎています。

体の近くを通すことで
再現性の高いスイングができますし、飛距離も伸びます。

額を壁につけてスイングするドリルは
スイング軸をキープすると同時に
手の正しい通り道を確認できます。


(4)ボールを打つ時は「イメージの壁」に額をつける

シャドースイングで体の動きを覚えたら
実際にボールを打ちます。

練習場でも「イメージした壁」に額をつけて
ボールを打ちます。


 * * *

ドライバーの打ち方(スイング軸を安定させる鉄板ドリル)を
ご紹介しました。

スイング軸を安定する定番のドリルです。

ドライバーだけではなくアイアンショットも安定します。

あなたのスコアはまだまだ良くなりますよ!

応援しています!




■追伸

「額を壁につけてシャドースイング」は
地味な基本練習ですが効果の高いドリルです。

打点が安定しないと悩んでいるならおすすめです。



dr_tenpura

FROM:アオイ
札幌の自宅より


先日、友人とラウンドをしてきて
面白いことに気づきました。

友人は80台でラウンドするのですがその日は絶不調。

「なぜかドライバーでテンプラになる」
と悩んでいました。

いくつかアドバイスをしたら問題は一発で解決しました。

もしあなたが「ドライバーでテンプラになる」
と悩んでいるなら今回の記事が参考になるでしょう。

ということで今日は
「ドライバーのテンプラの原因と直し方」
をシェアします。


■テンプラのメカニズム

テンプラとはクラブヘッドの上部に
ボールがあたりボールが高々とあがる状態です。

アイアンショットの場合、ボールは地面の上にあるため
緩やかなダウンブローで打つ必要があります。

アイアンのダウンブローについては
こちらで紹介しています。

ダウンブローの打ち方(インパクトで左足体重)


ドライバーはティーアップして打てるので
緩やかなアッパーブローで打つのが望ましいです。

テンプラの主な原因はドライバーを
過度なダウンブローで打っているためです。

過度なダウンブローでインパクトするため
フェース面にきちんとボールがあたりません。

クラブヘッドの上部にボールがあたります。
その結果ボールが高くあがり、飛距離もでないのです。



■テンプラの原因と直し方

(1)ティーアップが高すぎないか確認

テンプラが多い場合、まずはティーの高さを確認しましょう。

ティーアップが高すぎるとテンプラになりやすくなります。

標準的な高さはこれくらいです。

「アドレス時にドライバーのクラブヘッドの上に、
 ボールが半分出る高さ」


テンプラを怖がって低すぎるティーアップは危険です。

ティーが低くすぎると打ち込むスイングを
してしまうケースがあるのでご注意下さい


(2)アウトサイドインの軌道になっていないか確認

スイング軌道がアウトサイドインになると
ヘッドが鋭角に入りやすくテンプラになりやすいです。

テンプラが多い場合はスイング軌道が
アウトサイドインになっていないか確認しましょう。

アウトサイドインのチェック方法と
直し方をこちらで紹介しています。

アウトサイドインの軌道を直す簡単な方法


(3)ビハインドザボールで打てているか確認

インパクトで頭が目標方向に動くと
テンプラになりやすいです。

クラブヘッドの入射角が過度な
ダウンブローになるからです・

ビハインドザボールをキープすると
テンプラを防いで飛距離もでます。

ビハインドザボールの打ち方をこちらで紹介しています。

ビハインドザボールで飛距離をのばす方法


 * * *

テンプラの原因と直し方をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ティーアップが高すぎないか確認
(2)アウトサイドインの軌道になっていないか確認
(3)ビハインドザボールで打てているか確認

テンプラが多い場合は
この3つをチェックしてみてはいかがでしょうか?

ちょっとしたコツでショットが安定して飛距離がのびますよ。

応援しています!



■追伸

先日、メルマガ読者さんにメールを頂きました。

その人は飛距離がでないことを
友人にバカにされていたらしいのです。

で、、、

このメルマガで学んだことを実践して
飛距離が伸びたと報告をしてくれました。

友人と同じくらい飛ぶようになったそうです。
ゴルフは飛距離が出ると楽しいですよね。


driver7

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすればティーショットを曲げずに打てるのか?」

ゴルフが上手い人は
ティーショットのミスが少ないです。

ティーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで今日は
「ドライバーショットを安定させる3つの方法」
をシェアします


■ドライバーショットを安定させる3つの方法

(1)ドライバーを短く持つ

ドライバーを短く持つと方向性が安定します。

クラブが短くなるとなぜ方向性が安定するのか?

・クラブが短くなるので芯にあてやすくなる

・スイングプレーンがアップライトになるので
 インパクトゾーンが直線的になる

・シャフトがしなりにくいのでインパクトが安定する

などなど他にもいくつか理由がありますが、、、

スライスに悩んでいる場合も有効な方法です。
短く持つことでフェースが返りやすくなります。

ドライバーを短くもつと「最大飛距離」は少し落ちますが
方向性は大幅にアップします。

(ミート率が上がるので「平均飛距離」は伸びるケースが多いです)


(2)「目を閉じて素振り」でスイングをリセットする

「もっと飛ばそう!」と100%以上のフルスイングを
何回も続けるとショットが不安定になってきます。

不安定になったスイングを安定させる
簡単な方法があります。

「目を閉じて素振り」です。

「目を閉じて素振り」でショットを安定させる方法を
こちらで紹介しています。

「目を閉じて素振り」でショットを安定させる方法


(3)重心移動をおさえる

アドレスではないですが、バックスイングの始動でも
スイングが不安定になっている方が多いのでご紹介します。

ここも動きがゆるやかなので、
直しやすい部分です。


飛ばそうとして、体を左右に動かしすぎてはダメです。

右膝が右に流れないようにアドレスからインパクトまで
右膝が正面を向いた状態を保つとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。
ショットが安定します。

右足の内側で体重をうけるイメージです。
外側に体重がのったら動きすぎです。

こちらの記事も参考にして下さい。

体重移動をやめてスイングを安定させる方法

 * * *

ティーショットを曲げない3つの方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ドライバーを短く持つ
(2)「目を閉じて素振り」でスイングをリセットする
(3)重心移動をおさえる


ティーショットが安定すると
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ