アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: ドライバーの打ち方

joseigolf_haru

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

『冬が明けた時期に見られる過ちは常に、
 スイングのタイミングが速すぎることにあることを
 覚えておくべきだ』

といったのは伝説のプロゴルファー、
ボビー・ジョーンズ。

ゴルフが上手い人は
スイングのテンポが安定しています。

暖かくなってきて久しぶりに
ラウンドに行く人もいるでしょう。

久しぶりのゴルフで一番気をつけたいのは
スイングのテンポです。

良いテンポは悪い癖をカバーしてくれます。

テンポが良いとショットが安定して
スコアが良くなりますよ。

ということで今日は
「ショットが安定するスイングテンポの作り方」
をシェアします。


■ショットが安定するスイングテンポの作り方

ショットが安定するスイングテンポの作り方を
3つご紹介します。


(1)本番では練習よりゆっくりで良い

スイングテンポが早いと肩の回転が不十分になります。

軸もぶれやすくなります。
インパクトのタイミングもズレます。

スイングテンポが早くなることが
ミスショットの原因になるのです。

ついつい本番のコースになると
テンポが早くなりがちです。

「本番ではスイングテンポを練習時よりもゆっくり」
と意識するくらいで調度良いです。


(2)いろいろなスイングスピードを試す

自分の体感で結構です。

スイングスピードを50%、70%、90%、120%・・・

というように、複数のテンポを試してみるのです。

その中で「一番気持ち良いテンポ」を探します。


殆どの場合、「一番気持ち良いテンポ」が
一番スイングが安定します。

芯で打てるようになり、
飛距離も伸びることが多いです。


(3)左腕の片手素振りでテンポをリセット

スイングのテンポは左腕が作り出します。

「左腕の片手素振り」には
早くなりがちなテンポをリセットして
スイングのバランスを最適化する効果があります。


 * * *

ショットが安定するスイングテンポの作り方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・本番では練習よりゆっくりで良い
・いろいろなスイングスピードを試す
・左腕の片手素振りでテンポをリセット


良いテンポは悪い癖をカバーしてくれます。

テンポが良いとショットが安定して
スコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです!



club1

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「ドライバーとアイアンのスイングは違う?」

メルマガ読者さんから質問を頂きました。
============================
ドライバーが安定しないです。
次のついて教えて下さい
・ドライバーとアイアンの打ち方の違い
・ドライバーとアイアンのリズムの違い
・ドライバーとアイアンのスタンスの違い
============================

メルマガ読者さんにはゴルフを上達しようと
熱心な方が多くて嬉しいです。

ドライバーとアイアンのスイングは違うのでしょうか?

この悩みをお持ちの方は多いです。

ゴルフ理論を勉強されている熱心なあなたも
同じ疑問をお持ちかもしれませんね。

あなたの役にも立つと思いますので
「ドライバーとアイアンのスイング違い」
をシェアします。

厳密にいうと違います。でも基本は同じです。

違うのは3つです。


・前傾角度が違う
→長いクラブほど前傾角度が浅くなる

・ボールの位置が変わる
→長いクラブほどボール位置が左になる

・スタンス幅が変わる
→長いクラブほどスタンスを広く

それ以外は基本的には同じです。
リズムは変わる人と、同じ人がいます。

アマチュアは練習量を増やしにくいです。

シンプルに「全てのクラブを同じイメージでスイングをする」がオススメです。

setup

FROM:アオイ

渋谷のカフェより、、、

「山ほどのゴルファーを見てきたが、
 クラブを遅く振りすぎる者はいなかった。
 しかし、ミスショットの99.9%は
 早振りに原因がある」


といったのは伝説のプロゴルファー、
ボビー・ジョーンズ。

多くのトッププロがテークバックを
ゆっくりしろと言っています。

テークバックをゆっくりすると捻転が深くなります。
クラブの芯で打ちやすくなります。

つまりショットが安定して飛距離が伸びます。

ということであなたの役にもたつと思いますので
「テークバックをゆっくりあげるコツ」
をシェアします。


■ゆっくりテークバックのメリット

ミスショットの多い人ほど
バックスイングが早いです。

早すぎるバックスイングは
スイング軌道が安定しません。

ゆっくりテークバックすることで
大きな筋肉を使えて芯で捉えやすくなります。

宮里藍プロは小柄ですが、
ゆっくりテークバックで正確で飛距離がでます。

ゆっくりテークバックする方が
肩が深く入りやすくなります。

テークバックが早いほうが
肩が回転しやすそうですが、、、

むしろ逆です。

ゆっくりとテークバックすることで
肩が深くはいります。

スイング軌道も安定して
芯で打ちやすくなります。

飛んで曲がらないショットが打てるのです。


■テークバックをゆっくりあげるコツ


テークバックをゆっくりする方法の1つが
「ラウンド中に走らない」です。


「ラウンド中に走らない」と「テークバックをゆっくり」
に何の関係があるんだって思いませんでした?

実は関係があるんです。

ラウンド中に走ると体内のリズムが早くなります。

体内のリズムが早くなると
いつもと同じスイングをしているつもりでも
スイングリズムが早くなります。

リズムの変化に本人が気づくのは難しいです。

「ラウンド中は絶対に走らない」

これだけを厳守するだけでスコアが良くなる方は多いでしょう。



 * * *

テークバックをゆっくりあげるコツをご紹介しました。

「ラウンド中に走らない」

シンプルなことですが
スイングリズムに大きな影響を与えます。

テークバックが早くならずにすみます。

テークバックをゆっくりすると捻転が深くなります。
クラブの芯で打ちやすくなります。

つまりショットが安定して飛距離が伸びます。

参考になれば幸いです!




■追伸

「ゆっくりあげるから藍は強い」
といったのは宮里藍プロを育てた宮里優コーチ。

「テークバックはできるだけゆっくり」
と言ったのはプロより強いアマと言われた中部銀次郎。

スイングに癖があっても
良いリズムでスイングをしているプレーヤーは
ショットが安定しています

良いリズムはスムーズでゆったりとした
テークバックが作ります。

テークバックは小さく静かな動きですが
スコアアップのカギが隠れています。



finish


FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「飛んで曲がらないスイングのコツが知りたいです。」

こんな質問を読者さんから頂きました。

あなたも同じ悩みをお持ちかもしれませんね。

ドライバーが安定しないとショートゲームでカバーする
「守りのゴルフ」になってしまいます。

ドライバーが安定するとパーやバーディーを狙う
「攻めのゴルフ」ができます。


あなたの役にも立つと思いますので

「飛んで曲がらないスイングの3つコツ」

をシェアします。


■飛んで曲がらないスイングの3つコツ

(1)右腕の使いすぎに注意!

「右手の返しは必要ない。
 頭が残って左手でリードしていれば
 自然に手は返る」

といったのは「プロより強いアマチュア」と称された
中部銀次郎さんです。

「右手の使いすぎ」によるミスショットは多いです。

ショットが安定しない場合、
右手の使いすぎに注意です。



(2)飛距離がアップするグリップの「Vの字」

熱心なメルマガ読者である
あなたもご存知のとおり
ゴルフはグリップが大切です。

グリップを少し直すだけで
ショットが安定し、飛距離が伸びることも多いです。

ポイントは「右手のV字は必ずしめる」です。

「飛距離がアップするグリップのVの字」は
こちらを参考にして下さい。

飛距離がアップするグリップの「Vの字」とは?



(3)最近のドライバーは体重移動をおさえた方が良い

「飛ばそうとするほど、飛距離が落ちる」

ゴルファーなら誰もがこんな経験があるでしょう。

なぜ飛ばそうとすると飛距離が落ちるのか?

その理由の1つが「体重移動の意識」です。

最近の大型ヘッドは昔と比べて
体重移動を必要としません。


体重移動をおさえて
体の回転でスイングをした方が
飛距離を伸ばしやすいです。



 * * *

飛んで曲がらないスイングの3つコツをご紹介しました。

・右腕の使いすぎに注意!

・飛距離がアップするグリップの「Vの字」

・最近のドライバーは体重移動をおさえた方が良い

いかがでしたか?

メルマガ読者のあなたは勉強熱心ですから
知っていることばかりだと思います。

でも気付かないうちにアドレスやスイングは変わるものです。

「出来ている」と思っていても
念のためにチェックしてみませんか?

ドライバーが安定するとパーやバーディーを狙う
「攻めのゴルフ」ができます。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!



rizumu

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

ゴルフが上手い人は
いつも同じテンポでスイングしています。

スイングのテンポが良いと、

・ショットが安定します
・再現性が高まります
・多少スイングに悪い癖があってもナイスショットを打てます

スイングのテンポを良くする
練習方法があります。

ということで、今日は、
「ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法」
をシェアします。


■スイングのテンポが悪くなる理由

スイングのテンポが悪くなる原因は
いくつかあります。

とても多いケースとして以下があります。

・ボールを意識し過ぎ

・グリップを意識し過ぎ

・クラブの動きを意識し過ぎ

など、、、

目の前にボールがある状態でクラブを持つと、
どうしても細かい部分が気になります。


良いテンポでスイングができなくなるのです。


■ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法

(1)クラブやボールを使わないでシャドースイング

クラブやボールがあると
細かい部分が気になりテンポが悪くなります。

クラブやボールを使わないシャドースイングが
オススメです。


(2)アドレス、トップ、フォローとチェック

クラブを肩にかついでスイングをします。

クラブを肩にかついでスイングをするので
体の動きに集中できます。

以下をチェックしましょう。

・アドレス
 股関節から前傾したバランスの良いアドレス
 上半身のリラックス

・トップ
 右膝を右に移動せず股関節に重心をのせる

・インパクト
 前傾姿勢をキープ

・フィニッシュ
 体重を左足にしっかりとのせる
 腰を目標方向にむける

練習場でボールを打つと
「ナイスショットを打つ」に意識がいきます。

シャドースイングなら
体幹の動きをしっかりと確認できます。



(3)トップで「間」を作ろう

スイングのテンポが悪い大きな要因があります。

トップに”間”がないことです。

ゴルフが上手い人は
トップに”間”があります。

トップで慌ててダウンスイングを開始せず
間をとりましょう。

リズムが整いやすくなります。


(4)左足に踏み込んで良いテンポを体感

スイングの全体をチェックしたら
次は良いテンポを身につけるドリルです。

このドリルもシャドースイングで行います。

・肩にクラブを担ぐ

・バックスイングで左足を右に移動

・ダウンで左足を踏み込む

・上半身はリラックスして
 しっかりと回転させてフォローまで振りぬく


クラブをかついでいるので
自然と体の回転がしやすくなります。

左足を踏み込む動きでスムーズな重心移動ができます。
テンポが整いやすくなります。

体重移動を意識すると殆どの場合、
動き過ぎになりミスショットの原因になります。

左足を踏み込む動きで「自然な重心移動」を身につけましょう。
テンポが整いやすくなります。


 * * *

ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・クラブやボールを使わないでシャドースイング
・アドレス、トップ、フォローとチェック
・トップで「間」を作ろう
・左足に踏み込んで良いテンポを体感

良いテンポのスイングは再現性が高くなります。

テンポを最適にするだけなので
スイングの変更も必要ありません。

芯で打てる確率が高まり
飛距離アップの効果も高いです。

ゴルフはコツがわかれば
短期間にスコアが良くなります!

参考になれば幸いです!



■追伸

「もう少しドライバーが飛べばなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

スイングのテンポが良くなると
スイングが安定して、飛距離が伸びます。

飛距離が伸びるテンポは個人差があるので、
人の真似をしても意味がありません。

特にプロのスイングテンポは
アマチュアにとって早すぎるケースが多いです。

あなたにとって最適なテンポを
身につけて下さい。

最適なテンポでスイングをすれば
短期間にスコアが良くなると約束します。



book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ