アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

カテゴリ: ドライバーの打ち方

rizumu

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

ゴルフが上手い人は
いつも同じテンポでスイングしています。

スイングのテンポが良いと、

・ショットが安定します
・再現性が高まります
・多少スイングに悪い癖があってもナイスショットを打てます

スイングのテンポを良くする
練習方法があります。

ということで、今日は、
「ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法」
をシェアします。


■スイングのテンポが悪くなる理由

スイングのテンポが悪くなる原因は
いくつかあります。

とても多いケースとして以下があります。

・ボールを意識し過ぎ

・グリップを意識し過ぎ

・クラブの動きを意識し過ぎ

など、、、

目の前にボールがある状態でクラブを持つと、
どうしても細かい部分が気になります。


良いテンポでスイングができなくなるのです。


■ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法

(1)クラブやボールを使わないでシャドースイング

クラブやボールがあると
細かい部分が気になりテンポが悪くなります。

クラブやボールを使わないシャドースイングが
オススメです。


(2)アドレス、トップ、フォローとチェック

クラブを肩にかついでスイングをします。

クラブを肩にかついでスイングをするので
体の動きに集中できます。

以下をチェックしましょう。

・アドレス
 股関節から前傾したバランスの良いアドレス
 上半身のリラックス

・トップ
 右膝を右に移動せず股関節に重心をのせる

・インパクト
 前傾姿勢をキープ

・フィニッシュ
 体重を左足にしっかりとのせる
 腰を目標方向にむける

練習場でボールを打つと
「ナイスショットを打つ」に意識がいきます。

シャドースイングなら
体幹の動きをしっかりと確認できます。



(3)トップで「間」を作ろう

スイングのテンポが悪い大きな要因があります。

トップに”間”がないことです。

ゴルフが上手い人は
トップに”間”があります。

トップで慌ててダウンスイングを開始せず
間をとりましょう。

リズムが整いやすくなります。


(4)左足に踏み込んで良いテンポを体感

スイングの全体をチェックしたら
次は良いテンポを身につけるドリルです。

このドリルもシャドースイングで行います。

・肩にクラブを担ぐ

・バックスイングで左足を右に移動

・ダウンで左足を踏み込む

・上半身はリラックスして
 しっかりと回転させてフォローまで振りぬく


クラブをかついでいるので
自然と体の回転がしやすくなります。

左足を踏み込む動きでスムーズな重心移動ができます。
テンポが整いやすくなります。

体重移動を意識すると殆どの場合、
動き過ぎになりミスショットの原因になります。

左足を踏み込む動きで「自然な重心移動」を身につけましょう。
テンポが整いやすくなります。


 * * *

ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・クラブやボールを使わないでシャドースイング
・アドレス、トップ、フォローとチェック
・トップで「間」を作ろう
・左足に踏み込んで良いテンポを体感

良いテンポのスイングは再現性が高くなります。

テンポを最適にするだけなので
スイングの変更も必要ありません。

芯で打てる確率が高まり
飛距離アップの効果も高いです。

ゴルフはコツがわかれば
短期間にスコアが良くなります!

参考になれば幸いです!



■追伸

「もう少しドライバーが飛べばなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

スイングのテンポが良くなると
スイングが安定して、飛距離が伸びます。

飛距離が伸びるテンポは個人差があるので、
人の真似をしても意味がありません。

特にプロのスイングテンポは
アマチュアにとって早すぎるケースが多いです。

あなたにとって最適なテンポを
身につけて下さい。

最適なテンポでスイングをすれば
短期間にスコアが良くなると約束します。



yazirushi

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「ドライバーショットが安定しない・・・」

もしあなたが「ドライバーショットが曲がる」と
悩んでいるなら今回の記事が役に立つでしょう。

「100を切る」という目標をお持ちなら
ドライバーの安定が最優先です。

ドライバーが安定すると
スコアを大きく崩さずにすみます。

セカンドショットも有利な場所から打てます。

ドライバーショットが安定すると
ゴルフは簡単になります。

ということで今日は
「曲がらないドライバーの打ち方」
をシェアします。


■曲がらないドライバーの打ち方

ショットを安定させる方法をいくつかご紹介します。


(1)ダウンスイングから徐々に加速する

ショットが安定しない人の多くが
切り返しのタイミングを急ぎすぎです。

トップでは「間」が必要です。

ダウンスイングを急加速した方が飛距離は伸びそうな気が
するかもしれません。

でも逆効果です。

ダウンスイングを急加速すると飛距離は落ちます。
方向性も安定しません。

クラブの重さを利用して
ダウンスイングを徐々に加速させましょう。

「徐々に加速させる」というのがポイントです。

インパクトで終わらず、フォローにむけて
思いっきり肩をまわしましょう。

飛距離も伸びますし
ショットも安定します。


(2)アドレスで右手を弱くグリップする

グリップに力を入れすぎると
手首の関節が固まります。

ヘッドが走らなくなって飛距離がおちます。

グリップに力が入ると肩にも力が入りやすいです。

肩に力がはいると、
スイングの振り抜きが悪くなります。

アドレス時に「右手のグリップ」と「右肘」から
力を抜きましょう。


肩の力も抜けてクルッと回転できますよ。

飛距離も伸びますし
ショットも安定します。


(3)インパクトの意識しすぎに注意

インパクトでボールを打つ意識が強すぎると
振り抜きが悪くなりがちです。

「インパクトでボールを打つ」

ではなく

「スイングの途中にボールがある」
という意識がオススメです。

スイング軌道が安定します。

飛距離も伸びますし
ショットも安定します。


 * * *

曲がらないドライバーの打ち方をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ダウンスイングから徐々に加速する
・アドレスで右手を弱くグリップする
・インパクトの意識しすぎに注意

どれも簡単ですが効果は高いです。

実践しやすいものからお試し下さい。

ドライバーショットが安定すると
大幅なスコアアップが期待できます。

参考になれば幸いです!



driver5

FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

上手いプレーヤーは
ドライバーのショットが安定しています。

ドライバーのミスが少ないのは
「スイングの実力が高い」
ということもありますが、

ドライバーショットを安定させるコツがあります。

ということで今日は
「ドライバーの打ち方、ショットを安定させるコツ」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方、ショットを安定させるコツ

スイング軸が安定するとショットは安定します。

スイング軸を安定させるにはアドレスが重要です。


(1)アゴを少し上げて背筋を伸ばす

アドレスでアゴを少し上げて背筋を伸ばします。

ボールを見下す感じで調度良い。

アゴを上げることで肩の回転がスムーズになります。


(2)おしりを少し上に突き出す

おしりを上にあげるとスイング軸が作りやすいです。


(3)ヒザはゆとりを持ち軽く曲げる

「ポンッ」と軽くジャンプして
着地したときの軽くヒザを曲げた状態が調度良いです。


(4)肩や腕に力をいれすぎない

肩の力を抜くと肩がスムーズにまわります。
するとスイング軸が安定します。

肩を落として「ホッ」と息をはいてみましょう。
肩の力が抜けてクラブヘッドが走ります。

スイング軌道も安定しますし、飛距離も伸びます。


(5)右肘を少し曲げる

アドレスでは右肘を軽く曲げた状態にします。



 * * *

ドライバーの打ち方、ショットを安定させるコツを
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・アゴを少し上げて背筋を伸ばす
・おしりを少し上に突き出す
・ヒザはゆとりを持ち軽く曲げる
・肩や腕に力をいれすぎない
・右肘を少し曲げる

勉強熱心なあなたなら
知っていることばかりだと思います。

でも、、、アドレスは気づかないうちにズレます。

プロもアドレスは徐々に狂うので
頻繁にチェックしています。


スイングを直すのは難しいですが
アドレスは直しやすいです。

アドレスを少し直すだけで
スイングが安定しますよ!

ドライバーショットが安定すると
スコアが良くなります。

あなたはどう思いますか?



■追伸

「あそこでOBがなければなー」
とラウンドが終わるといつも言っていませんか?

ほんの少しでも、今よりショットが安定すると
スコアはとても良くなりますよ。

driver3

FROM:アオイ

札幌の自宅より

「長いクラブになると振り遅れる」

と悩んでいませんか?

安心してください。

あなただけではないです。

多くのゴルファーが振り遅れで悩んでいます。
(本人が気づいていないケースも多いですが・・・)

振り遅れとはダウンスイングで
腕が上半身に対して遅れている状態。

振り遅れになるとインパクトで
フェースが開きます。

するとスライスになりやすいです。

スライスになると
飛距離を大幅にロスします。

振り遅れを防ぐとスライスが直って
飛距離がアップします。

ということで
「ドライバーで振り遅れる原因と対策」
をご紹介します。


■ドライバーで振り遅れる原因と対策

(1)バックスイングは肩の回転で行なう

振り遅れになる原因はバックスイングにある
ケースが多いです。

バックスイングを腕でヒョイとクラブをあげると
振り遅れになります。

腕でヒョイとクラブをあげると
体の正面からクラブが外れます。

体の正面からクラブが外れると
インパクトまでに戻す必要があります。

一度、体の正面から外れたクラブを
元に戻すのは難しいです。

ではどうすれば良いのか?

バックスイングを腕でなく、
肩の回転で行なうと良いです。


体の正面に腕とクラブをキープできるので
振り遅れを防止できます。


(2)トップでクラブの重さを感じる

切り返しのタイミングでダウンスイングを急ぎ過ぎると
振り遅れになりやすいです。

腕とクラブが体の正面から外れてしまいます。

トップでクラブの重さを感じると
振り遅れを防げます。

「トップで左手の親指にクラブの重さを感じる」
というイメージがわかりやすいです。

 * * *

ドライバーの振り遅れの対策を2つご紹介しました。

・バックスイングは肩の回転で行なう
・トップでクラブの重さを感じる

クラブが体の正面にある状態をキープできると
シャフトのしなりも活用できます。

シャフトのしなりを使えると
ヘッドが走って飛距離がアップします。

ほんの少しの注意で
飛距離って伸びるものです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

応援しています!



■追伸

振り遅れになると
スライスになりやすいです。

スライスになるとOBになりやすいですし
飛距離も大きくロスします。

もしあなたがスライス気味のボールを
打っているなら、、、

スライス対策にスコアアップの近道がありそうです。

スライスが直ると
大幅な飛距離アップを期待できます。

OBが減ってスコアが良くなります。

参考になれば幸いです!


driver3


FROM:アオイ

札幌の自宅より、、、

「どうすればドライバーショットが安定する?」

私達ゴルファーなら誰もが思うことです。

ドライバーショットを安定させる方法は
いくつかありますが、、、

「短尺ドライバーを使う」
という方法もあります。

普通よりも短いドライバーを
短尺ドライバーと呼びます。

短尺ドライバーは「ショットが安定しやすい」という
メリットがあります。

ドライバーショットを安定させることで
スコアアップを期待できます。

ということで今日は
「短尺ドライバーの打ち方とメリット」
をシェアします。



■短尺ドライバーのメリット

一般的なドライバーの長さは
45インチ程度が主流です。

一般的には44.5インチ以下のドライバーが
短尺と呼ばれています。


短尺ドライバーの主なメリットは3つです。


・ミート率があがる

・スイングに安定感がでる

・平均飛距離が伸びる可能性がある


シャフトが短くなるので遠心力が小さくなります。

当然、最大飛距離は落ちます。

そのかわり

スイートスポットにあたりやすいので
平均飛距離は伸びる可能性はあります。

シャフトが短いので振り遅れを防止する効果もあります。

振り遅れを防止することで
スライスを軽減できます。



■短尺ドライバーの打ち方


(1)力を抜いてゆっくり振る練習

短尺ドライバーの打ち方と言っても
基本的には普通のドライバーと同じです。

短尺ドライバーを使っている方には
「ドライバーが安定しない」
と悩んでいる方が多いです。

ドライバーが苦手という方には共通点があります。

一番多いのは
「力が入りすぎていて、ゆっくり振れない」
というもの。


「山ほどのゴルファーを見てきたが、
 クラブを遅く振りすぎる者はいなかった。
 しかし、ミスショットの99.9%は
 早振りに原因がある」


といったのは伝説のプロゴルファー、
ボビー・ジョーンズ。


ドライバーが安定しない」と悩んだら
「早ぶりになっていないか?」を
チェックしては如何でしょうか?


ゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばす方法を
こちらで紹介しています。

ゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばす方法



(2)ここ一番で飛距離を出す場合

短尺ドライバーを使っていても
ここ一番で飛距離を伸ばしたいときもあるでしょう。


ここ1番で飛距離を伸ばす方法を
こちらで紹介しています。

ここ1番であと15ヤード飛ばすため3つの方法



* * *

短尺ドライバーの打ち方とメリットをご紹介しました。

ドライバーを安定させると
大幅なスコアアップを期待できます。

ドライバーでOBになると悩んでいる場合は
短尺ドライバーも検討の価値があります。

ただ、、、

クラブを変えるまえに「リズムが早くないか?」を
確認することをおすすめします。


「山ほどのゴルファーを見てきたが、
 クラブを遅く振りすぎる者はいなかった。
 しかし、ミスショットの99.9%は
 早振りに原因がある」

とボビー・ジョーンズも言っていますしね。

少しリズムをゆったりすればドライバーを短くしなくても
ナイスショットを打てる可能性は高まります。

ドライバーを短くしなければ
最大飛距離も落ちずにすみます。

あなたのスイングも早くなっていませんか?


book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ