finish2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすればショートホールをワンオンできるのか?」

あなたはショートホールのパーオン率が低いと
悩んでいませんか?

ショートホールはティーアップするので
コツを知っていればパーオンしやすいです。

ということで今日は
「ショートホールでワンオンする3つの方法」
をシェアします。


■ショートホールでワンオンする3つの方法

ショートホールでワンオンするポイントは
いくつかありますが、

その中から3つをご紹介します。

(1)グリーン上空の風を把握

ショートホールは「情報収集」で
ワンオンの確率が変わります。

距離、高低差、風などです。

特に「風」の把握がおろそかになりやすいです。

特に打ち下ろしのホールは
風の影響を受けやすくなります。

ボールが飛んでいる時間が長くなるからです。

さらにティーグラウンドと
グリーン上空の風向きが違うこともあります。

場所によって風向きが違う場合はどうすれば良いのか?

風の影響を一番受けるのはグリーン上空の風です。

ボールの勢いが弱くなってからの方が
風の影響を受けやすいからです。

場所によって風向きが違う場合は
グリーン上空の風を優先して考慮しましょう。


(2)ティーアップが高すぎませんか?

「ショートホールのティーアップが高すぎる」

この間違いは多くのゴルファーがしています

もしかすると、あなたも
同じ間違いをしているかもしれません。

ティーアップが高すぎると
「ひっかけ」や「ダフリ」の原因になります。

もしあなたがショートホールで

「ひっかけになる」
「ダフリやすい」

と悩んでいるならティーアップが高すぎるかも。

ショートホールでは「ダフりたくない」という心理から、
ティーアップが高くなりがちです。

しかし、ティーアップが高いと
ダフりになりやすいです。

なぜでしょうか?

ティーアップを高くすると
アッパーブローに打ちたくなります。

するとボールを右から覗きこむような
アドレスになりやすいです。

スイング軸が右に傾くのです。

スイング軸が右に傾くと
通常よりもスイングの最下点が右に移動します。

スイングの最下点が
ボールの手前になるのです。

そのためダフリやすくなります。

ダフリが怖くてティーアップを高くしているのに、
逆効果なのです。

ダフリにならなくても
ひっかけになりやすいです。

ティーアップが高いと
左にひっかけやすくなります。

ティグラインドの芝の葉先と
ティーの高さをそろえるぐらいが調度良いです。

ちょうど薄い芝の上に「ふわり」とボールが
浮いているような状態です


(3)目線の高さをいつもと同じにする

ショートホールでミスの原因の1つが
「目線の高さが変わる」です。

打ち下ろしホールだと
目線が低くなりやすいです。

目線が低くなると、いつもよりも
上から鋭角に打ちこみがちです。

緩やかなダウンブローはナイスショットの確率を高めますが
鋭角すぎるとミスの原因になります。

目線を下げず緩やかなダウンブローで打ちましょう。


打ち上げホールだとボールを上げたくなり
目線が高くなりやすいです。

目線が高くなるとスイング軸が右に傾きやすいです。

スイング軸が右に傾くと
通常よりもスイングの最下点が右に移動します。

スイングの最下点が
ボールの手前になるのです。

そのためダフリやすくなります。

グリーンが下にあっても
上にあっても、、、

目線の高さはティーグラウンドと水平にしましょう。
(いつも同じアドレスをする!)


「打ち下ろしは、目線を高めにする」
 
「打ち上げは、目線を低くする。」


という意識で調度良いです。

目線の高さがいつもと変わると
スイング軸がズレます。

打ち下ろし、打ち上げのホールは
目線の高さに気をつけましょう。


 * * *

ショートホールでワンオンする3つの方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)グリーン上空の風を把握
(2)ティーアップを最適な高さにする
(3)目線の高さが大切

ショートホールは1ラウンドに4回あります。

ショートホールのパーオン率が高くなれば
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!



■追伸

ダウンブローのスイングをしていないため
ショートホールが苦手な方も多いです。

アイアンショットはダウンブローに打つと
ダフリやトップが減ります。

アイアンのキャリーの距離が伸び
小さな番手を使えます。

スピンでボールが止まるので
バンカー超えでもピンを狙えます。

ゆるやかなダウンブローをマスターしましょう。

バンカー超えでもピンを狙う
「攻めのゴルフ」ができますよ。

応援しています!