アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

タグ:ゴルフ

『ドライバーの飛距離をアップする方法』


飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。



「ダウンブローってなに?」

先日、友人にこの質問されました。



質問をしてきた友人は、1年前からレッスンプロにゴルフを習っています。



私 「え? レッスンの先生は教えてくれなかったの?」

友人「聞いたことないよ。重要なこと?」

私 「めちゃくちゃ、重要だよ。ダウンブローって言うのはね・・・」



ということで、今日のテーマは、

「”ダウンブロー”とは?」 です。


「ダウンブロー」は、とても大切な考え方なのに、
ゴルフ雑誌や、レッスンでも、きちんと解説されることが少ないです。



■ ダウンブローとは

ダウンブローとは、

“スイング軌道の最下点に達する前に、クラブヘッドがボールに接するショット”です。

ダウンブローだけが、アイアンでナイスショットを打つ方法です。


他に、唯一あるとすれば、完璧な払い打ちをするしかありません。
シャロー軌道(はらい打ち)と言います。


しかし、シャロー軌道(はらい打ち)は極めて確率の低いショットです。
難易度が高すぎです。



言葉では、説明が難しいので図にしてみました。


ダウンブローと、シャロー軌道(はらい打ち)の違いをご確認ください。

down_impact






ダウンブローのメリットは、


●ロフトが立つので飛距離がでる。(飛距離アップ)

●スピンがかかるので、ボールがキュッと止まり、正確な距離を打てる。(距離感アップ)

●クラブフェース面の動きが減り、方向性が良くなる。(方向性アップ)

●ダフリとトップが激減する。(ナイスショット率アップ)



簡単にいうと“ショットが正確になる”、”飛距離が伸びる”、”ミスショットが減る”です。


シャロー軌道(はらい打ち)は、非常に許容範囲が狭く、
ナイスショットの確率が低い打ち方です。


ダウンブローは、許容範囲が格段に広く、ナイスショットの確率が高い打ち方です。



再度、ダウンブローと、シャロー軌道(はらい打ち)の違いをご確認ください。

down_impact





ダウンブローとシャロー軌道(はらい打ち)では、
クラブヘッドの通り道の許容範囲が大きく違います。


ダウンブローの方が、許容範囲が“圧倒的に広い”です


たとえば、


カップの大きさが1.5倍になったら、
めちゃくちゃパッティングが楽になると思いませんか?


ダウンブローは、シャロー軌道に比べて、それくらいショットが楽になります。



是非、「ダウンブロー」のスイングをマスターしてください。

ゴルフが楽しくて簡単になりますよ。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたが、今以上にゴルフを楽しめますように。 アオイ

■ 「掴んだ!」と思ったスイングをモノにできていますか?


読者さんから質問を頂きました。
------------------------------------------------------------------
いつも楽しくメルマガを拝見しています。
私の悩みを聞いてください。

スイングの悪癖がなかなか直らず、スイングが安定しません。
練習でGoodショットが続いた日があったとしても、日が変わるとまた悪癖が
戻ってしまいます。

原因や修正箇所は頭では分かっているつもりなのですが、体が思うように動いて
くれないのは、真に原因を理解していないからでしょうか?

それとも「掴んだ!」と思った時は体で覚えさせるために反復練習を毎日繰り返
すしかないのでしょうか?

仕事上なかなか毎日打撃練習場に行ける環境にはありません。部屋も狭いので素
振りも困難な状況です。

正しい動きを自分のモノにするコツみたいなものがあればメルマガで教えてくだ
さい。
------------------------------------------------------------------

なるほど、
ナイスな質問、ありがとうございます。


・「掴んだ!」と思ったスイングをモノにしたい
・ 部屋も狭いので素振りも困難
・ 正しい動きを自分のモノにするコツ


あなたも、同じ悩みをお持ちかもしれませんね。


了解!
 
とても良い方法があります。

それは、

 スローモーションドリル
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


スローモーションドリルのやり方

・クラブを持たずに、ゆっくりと正しいスイングを行います
・本当に、ゆっくり、ゆっくり、できるだけスローモーションでスイングします。
・我慢できずに速めるのは駄目です。とにかくゆっくりと丁寧に。
・正しいアドレスする
・ボールの位置を想定してカーペットや床の模様から視線をはずさずにバックス
イング
 仮想のボールから目をはなさずにダウンスイング。
 目線、頭を動かすとその動きを覚えてしまいます。
・体重移動も正しいタイミングでゆっくりと


注意点としては、

かならず「正しい動き」をスローで行うこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このドリルを毎日おこなうと、驚くほどスイングが良くなります。


ただ、やってみると、結構、きついドリルだということがわかります。

そして、スイング中に曖昧な部分があることに気づきます。

スローモーションはごまかしがききません。

曖昧な部分は明確にして、ドリルを進めましょう。


このドリルは実際に練習場でボールを打つのと同じか、
それ以上に質の高い練習です。


スローモーションドリルのメリットは

・正しいスイングをモノにできる
・不調になった時にスイング調整がしやすい
・ミスをしにくいので、質が高く、上達がはやい
・室内でできるので、雨の日でも、夜でもできる


このドリルは忍耐力が必要ですし、何度も繰り返すことで効果がでてきます。

大変なドリルですが、その苦労に十分応えてくれる価値のあるドリルです。

数日、続けた後に練習場やラウンドに行って下さい。
きっと、効果に驚きますよ。


数多くのプロを育てた、レッスンの神様 ハーヴィーペニックもこのスローモー
ションドリルを最高のドリルと言っています。


是非、お試しください。



【今回のポイント】

頭で理解したことをできるようになる最高のドリルはこれ!

 ・完璧スイングをスローモーションで行う
 ・そして、それを何度も繰り返す


■ 編集後記


スローモーションドリルは、
「頭で理解したことをできるようになる最高のドリル」です。


あなたは完璧なスイングを頭で理解しているでしょうか?

おめでとうございます!

あなたが完璧なスイングを理解しているなら、このスローモーションドリルを繰
り返せば、どんどん、完璧なスイングに近づいていきます。


こんにちは、アオイです。

あなたは、S/Wで自由自在に打球をコントロールできますか?


■ S/Wで自由自在に打球をコントロール


あなたは、S/Wで自由自在に打球をコントロールできますか?


今日、ご紹介するのは、

S/Wで自由自在に打球をコントロールするためのドリルです。


S/Wに親しむためのドリルです。


ドリルというか、昔からある遊びの1つです。


もし、あなたが「S/Wが苦手」と思われるならおススメのドリルです。


必要なのは、S/Wとボール1個です。


S/Wのフェースを使って、ボールのお手玉をします。


お手玉のことをリフティングと言います。

こんな動きです。


石川遼選手 リフティング篇



神業!ゴルフリフティング




まあ、ここまでできる必要はないのですが(笑)



この遊びをするメリットは、

ボール、クラブ、クラブの重さ、クラブフェースの扱いがうまくなる。

S/Wで思いどおりの打球を打つことができるようになります。


S/Wリフティングのコツ

・コツはフェース面を真上に向ける
・クラブを短めにもつ
・右腕を柔らかく使う



【今回のポイント】

ボール、クラブに親しむことで、打球を自由にコントロールできる



■ 編集後記


S/Wのリフティングは大学時代にゴルフ部の先輩に教えて頂いたドリルです。

このドリルを行うことで、S/Wに親しみがましていきました。

ドリルといっても、遊び感覚で気軽にためしてください。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。

あなたが今以上にゴルフをたのしめますように アオイ



■ ご意見お待ちしてます

何か私に聞いてみたいことや、ブログにご意見・ご感想がありましたら
こちらから、お気軽にご連絡ください。

 アオイ宛
http://www.secret-golf.com/questionnaire.htm


これをお願いする理由は、ブログをあなたのご意見を反映したものに
したいからです。


こんにちは、アオイです。

メルマガ読者さんからの質問に対する回答です。


「しゃちさん」からのご質問
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アプローチについて、教えていただきたいです。

私のラウンドは、なるべく転がすようにアプローチしているのですが、正直なと
ころ、転がすことしかできません。

SW以上のロフトのクラブで打とうとすると、トップするのが怖くて、ふわっとし
たやわらかいアプローチを打つことができません。

なので、いつも、PW以上のクラブで、転がすアプローチばかりです。
バンカー越えなど、どうしてもあげなければならないときは、トップしないよう
に、クラブを地面にぶつけて、フォローのないショットを打っています。

どうすれば、柔らかいアプローチを打てるようになるのでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

しゃちさん、ご質問ありがとうございます。


まず、「PW以上のクラブで転がすアプローチばかりです」とのことですが、


とても、いいですよー。

ベリーグッド!


転がせる状況で、柔らかいアプローチを打つ選択をする必要はないです。


アプローチのミスは「ボールを打とう」という意識が強すぎること。

こちらを参考にして下さい。

アプローチのミスを減らし
距離感を作る方法をこちらで紹介しています。


30ヤード以内の打ち方と距離感の作り方

アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」

参考になれば幸いです。
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ