アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

タグ:ドライバー

メルマガ読者さんから、


「最近、急に飛距離が落ちて困っている・・・」


とメールを頂きました。


こんにちは、アオイです。

ということで、今日のテーマは、「飛距離」です。



■ 飛ばそうとするほど、飛距離がおちる?


実は、私も、急に飛距離が落ちて悩んだことがあります。



しかも、「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」という状態。



あなたも経験があるなら、今回の記事は必見です。



「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実は、これは多くのゴルファーで発生していることです。



「飛ばそうとすればするほど、飛距離が落ちる」


なぜでしょうか?

実は、こんなことが発生しています。




「飛距離が欲しいので、飛ばそうとする」



「体重移動を大きくする」



「左右の動きが大きくなる」



「スイング中の頭の位置がうごく」



「スイング軸がぶれる」



「軸がぶれるので、飛距離が落ちる」



という、悪循環です。



■じゃあ、どうすれば良いのか?


はい、


「軸をぶらさないスイング」ができれば、

飛距離は元にもどるか、以前より飛ぶようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらで「安定したドライバーの打ち方」をご紹介しています。

安定したドライバーショットの打ち方(スウェーを防ぐ方法)


飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。

ドライバーの飛距離を伸ばしたいですか?


今回は、ドライバーの飛距離をアップする方法をご紹介します。

飛ばそうとするほどリズムが早くなりがちです。

飛ばしに必要なのは「クラブフェースの芯」でボールを打つこと。

芯でボールを打つには、飛ばしたいときこそ、ゆっくり振るべきです。

こちらで「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」をご紹介しています。

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法

参考になれば幸いです。

今回のテーマは、「飛ぶ人と、飛ばない人の違いとは?」です。

それでは、今週も驚くほどゴルフ上達しましょー♪


■ 飛ぶ人と、飛ばない人の違いとは?

練習場で気づきました。

飛ばしそうな人は、アドレスを見ると飛ばしそうな雰囲気があります。

飛ばない人は、アドレスを見ると飛ばない雰囲気があります。


飛ぶ人と、飛ばない人はスイングも違いますが、アドレスから大きな違いがあ
ります。


アドレスなら、直すのは難しくないので、飛距離アップのためにぜひ試してく
ださい。


「飛ぶ人のアドレスとは?」

・全体的なバランスがとれている

・スタンスは肩幅より広めで、安定している

・肘が伸びきっていおらず、ゆとりがある

・猫背ではなく、ほどよく背筋が伸びている

・腰からではなく、股関節から前傾している


スイングを直すのは簡単ではありません。
アドレスを直すのは難しくありません。


アドレスを見直して飛距離アップをしてください。


【今回のポイント】
飛ぶ人と、飛ばない人の違いとは?
「アドレスから、飛ばしそうな雰囲気がつたわってくる」



■ 売れているゴルフアイテムのご紹介 


あと8日で値上がりです。

ゴルフ 7日間シングルプログラム

購入後5ラウンドで100をきれなかった場合、購入金額を全額返金してくれ
るそうです。


こんにちは、アオイです。


ショートゲーム上達の秘訣をメールで無料配信中です。


ショートゲーム上達の秘訣をメールで無料配信中

たくさんの方にお礼のメールをいただきます。

素敵な感想をありがとうございます。
すべてのメールに返信をできていませんが、かならず全部読んでいます。



■ ドライバーの飛距離アップ

「ドライバーの打球が低くて飛ばない」


そんな悩みをお持ちなら、まずチェックするのは、

「スイングではなく、アドレスです。」


次の2つを試してください


・ボールのティーアップを高くする

・ボールの位置を少しだけ左にしてみる



どちらもスイングを変更しないで、ボールの位置だけを変えています。


こんな簡単なことで、
「スイングを変えずに飛距離がアップします」


是非、お試しください。


「まずは、アドレスをチェックする」
ゴルフはアドレスが大切です。



【今回のポイント】
ドライバー飛距離アップのコツ
「ボールの位置、高さを変えてみて、一番気持ちよく飛ばせる位置を探す」

ドライバーの飛距離をアップするために、大切なことは


「ヘッドを加速させること」


ということで、


ヘッドを加速させるためのドリルをご紹介します。



・グリップは緩めでアドレスをします

・ゆっくりとスイングをして、理想とするするフォローまで振りぬきます

・そのフォローを覚えます

・そこから、ご自分のリズムでゆったりと連続素振りをします。

バックスイング → フォロー バックスイング → フォロー


このとき、「大きなフォローを意識してください。」


徐々にスイングスピードを上げていきます。
バランスを崩さずに気持ちよくスイングしましょう。


練習場でボールを打つ前にこのドリルをお試しください。

フォローが大きくなり、飛距離がアップします。



【今回のポイント】
ドライバーの飛距離アップのコツ
「フォローを大きくする」




■ 編集後記1


安い!

なんと、サスクワッチSUMOが19,800円です。
http://tinyurl.com/6mbt3t


先日、友人がサスクワッチSUMOを購入しました。
とても彼には教えることができません・・



■ 編集後記2


「ドライバーの飛距離をアップしたい」とお悩みのお友達に、このブログをご紹介頂けると嬉しいです。


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。 アオイ
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ