アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

タグ:作り方

アプローチの距離感があわない!


もし、あなたがこんな悩みをお持ちなら、今回の記事はお役に立てるはず
です。



ピッチエンドラン、ロブショット、ランニングアプローチ、バンカーショット。


全てのアプローチに応用できる方法です。


その方法とは?


「3回素振り」です!



「たった3回の素振り」で距離感があってきます。


練習場、ラウンドで実践に試してください。


ボールを実際に打つことをイメージしながら、素振りをしてください。


1回目、明らかにショートする素振り
2回目、明らかにオーバーする素振り
3回目、その中間で、ちょうどカップに入る素振り



3回目の距離感を信じてボールを打ってください。

素振りと同じリズムで、自信をもって打ちましょう。


なぜなら、今のあなたにとって3回目が最善の距離感だからです。


驚くほど距離があってきますよ。


是非、お試しください。



【今回のポイント】
アプローチの距離感の作り方
「3回の素振り」で距離感を作る

■ 「ロングパットの距離感の作り方」


3パットが多い方は必読です。


3パットが多いのは、最初のロングパットの距離感があっていないからです。


1m、1.5mのパットは自宅の練習マットで練習できます。


10mのパッティングは、ゴルフ場にいかないと練習できないです。


だから、ラウンドの日に、早めにゴルフ場について、ロングパットの距離感
を磨きましょう。



ロングパットの距離感を磨く、練習方法をご紹介します。



1.できるだけ傾斜のすくない場所を選びます
  
 

2.気持ちよく打てる振り幅で、ボールを3球打ちます

  おそらく、3球ともほぼ同じ場所に集まります。
  この距離を「今日の距離感の基準にします」


3.基準の距離から1ヤードきざみで、長い距離、短い距離を練習します

  ポイントは、
 「リズムを一定にする」
 「距離の打ち分けは、クラブの振り幅でつくる」


気持ちよくうてる距離を基準にすることで、スムーズに距離感を養うことが
できます。



【今回のポイント】
ロングパットの距離感の作り方

 「気持ちよく打てる距離を基準にする」
 「リズムを一定にする」
 「距離の打ち分けは、クラブの振り幅でつくる」



こちらも参考にしてください。

パットが得意になるドリル
http://www.secret-golf.com/putting.htm

book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ