アオイの1分間ゴルフ上達ブログ

タグ:璽好ネ

ハンドファーストの練習

メルマガ読者様からハンドファーストの練習方法についてご質問を頂きました。

メルマガでも、いくつかご紹介していますが、今日は「インパクトでの踏み込み」をマスターする練習方法です。


1. ショートアイアン(9番など)を持ってアドレスする
2. 左足を右足に寄せる
3. 足をそろえたままテークバックしトップへ
4. 左足を元の位置に踏み込みながら(戻しながら)ダウンスイング
5. インパクトしフォロー


このドリルはインパクトでの体重移動ができてしまうドリルです。
今までより力強いボールが打てます。

この動きをマスターしてください。



メルマガの無料購読はこちらから
無料メルマガ「1分間ゴルフ上達術」


あなたが今以上にゴルフを楽しめますように。 蒼(アオイ)



「ヘッドスピードは普通なのに、他の人よりアイアンの飛距離がでな
い・・」



そんな、悩みの原因と解決方法です。


「ヘッドスピードは普通なのに、他の人よりアイアンの飛距離がでな
い・・」


この原因で一番多いのが・・・


「アイアンショットのインパクト時にハンドファーストになっていない」


ハンドファーストとは手元がボールより左にある状態です。
(右利きの場合です。)


ハンドファーストになっていないで、インパクト時に手元がボールの真上あ
たりに来ている方が多いです。


そうすると、アイアンのロフトが寝ている状態。。
つまり、7番アイアンが9番アイアンのロフト角のような状態になります。


これでは思ったとおりの飛距離はでませんね。


「アイアンショットのインパクト時はハンドファースト!!」
これが大切です。



インパクトを直すときは、スイングのふり幅を小さくすると直しやすいです。


腰から腰までのふり幅の小さいスイング(またはハーフスイング)でインパクト時の「ハンドファースト」を意識するとフルスイングより直しやすいです。


慣れたら、徐々にスイングを大きくしてください。





【今回のポイント】

ヘッドスピードが普通なのに、アイアンの飛距離がでないなら・・・
「インパクト時のハンドファーストを要チェック!!」


ハンドファーストの練習方法は・・・
「腰から腰までのふり幅の小さいスイングで正しいインパクトを覚える」






あなたが今以上にゴルフを楽しめますように アオイ
book_c [無料レポート集]

今すぐゴルフスコアを7つ縮めるゴルフ上達の秘訣

「飛距離アップ」「ショートゲーム」「スライス改善」
「スイング安定」「メンタルコントロール」など
すぐに使えるスコアアップのコツをご紹介しています。

無料レポートをダウンロードするには、下のフォームにいつも使っているメールアドレスを入力して、
[今すぐ無料レポートをダウンロードする]ボタンをクリックしてください!

メールアドレス

↑このページのトップヘ